ゼハート「これはEXA-DBの……?」 デシル「らしいんだけどな」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン 「長門!大丈夫か!?長門ぉ!?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 23:54:30.76 ID:rvSdn7ab0

ギーラ・ゾイ「ガンダム… あのモビルスーツが登場してから、我らの計画は大幅に狂った」

デシル「僕たちだって、もっとすごいヤツを作ればいいでしょ?」

ギーラ「ああ、そこでイゼルカント様に封印されていたEXA-DBのデータを一部解放したのだ」

ギーラ「もうじき新兵器が完成するだろう。デシルよ、お前にそのテストをしてもらいたい」

デシル「えぇ〜 そんなの、この間捕まえた地球種にやらせればいいじゃない」

ギーラ「ユリン・ルシェルか。あれは検体として使う予定が入っていてな」

ギーラ「それに、テストパイロットにはより高度な技術が必要なのだ。お前が適任だろう」

デシル「いいよ、そういうことなら。出来上がったら教えてね」

ギーラ「ああ、楽しみにしていなさい」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 23:58:21.05 ID:rvSdn7ab0

ギーラ「ううむ、せっかく例の新兵器が完成したのだが」

デシル「負けてない! ぼくはまだ負けてなあぁぁぁい!!」

ギーラ「デシルがこの様子ではテストにならんな……」

アラベル「父さん、それはどうするの?」

ギーラ「わたしが使おう。ヤツらは次にこのアンバットへ攻めて来るだろうからな」

アラベル「気をつけてよ。それに…」

 ヴヴヴヴヴヴヴヴヴ

アラベル「その武器、ちゃんと使えるの? あんまり強そうじゃないけど…」

ギーラ「EXA-DBに記録されていたものだ。現代の常識は通用しないのだろう」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 00:00:39.32 ID:6Gi2/Ldh0

ギーラ「デファース… 地球侵攻を視野に入れて開発された最新最強のモビルスーツ」

ギーラ「そしてこの新兵器。たしか大人のオモチャとかいったな」

 ヴヴヴヴヴヴヴ

ギーラ「未知の感覚に目覚めさせるという記述があった。どうやらX領域を拡張するものらしい」

ギーラ「これを尻に…… こうか?」ズボッ

ギーラ「ううっ… だが耐えねば!」

ギーラ「ギーラ・ゾイ、デファース! 出すぞ! いや、出るぞ!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 00:04:09.80 ID:6Gi2/Ldh0

ギーラ「少し慣れてきたかな… これで本物のXラウンダーにどこまで立ち向かえるか」

フリット「お前が親玉か!」

ギーラ「まぁ、そんなところだ」



ギーラ(しまった、X領域を拡張どころか)

フリット「なぜユリンを巻き込んだ!」

ギーラ(これでは尻が気になって戦いに集中できん!)

フリット「彼女は戦争をする人じゃなかった!」

ギーラ「うおおおお! 知ったことか! 今はそれどころではないのだ!」

フリット「そんなの言い訳になるかよ! ユリンを返せ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 00:08:22.77 ID:6Gi2/Ldh0

ギーラ「終わりだ、性的に未熟なXラウンダアーッ!!」

ウルフ「フリット」ズギューウン!!

フリット「うおおおおお!!」

ギーラ「なんだと!」

ギーラ(ええい、ここまでか!)

フリット「あれはUE? 逃がさない!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 00:13:02.44 ID:6Gi2/Ldh0

——司令室——

クルー「人間…?」

ギーラ「醜い化物とでも思ったかね?」

フリット「思ったさ! お前たちUEは人間じゃない!」

ミレース「フリットくん! 銃をおろしなさい!」

ギーラ「君に撃てるかね? 生身の人げ…… ウッ!」

 PAM!!

ミレース「艦長!?」

ギーラ(体を貫かれるようなこの刺激…)

ギーラ(エ、X領域が拡張されていくのか… 今になって…!)

 ドサッ

ギーラ「これで… わたしの魂は地球へ還れる…」

ギーラ「そうですよねぇ、イゼルカント様……」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 00:18:33.00 ID:6Gi2/Ldh0

——27年後——

デシル「くそっ! 何故だ、何故いつもフリットに勝てない…!!」

ゼハート「兄さん、相手は司令官なんです。あまり一対一の戦いに拘らなくても…」

デシル「そうだアンバットで開発していた新兵器があったじゃないか」

ゼハート「そんな古いものが使えますか?」

デシル「何でもX領域を拡張するものらしい。どこかにデータが残ってないか、探してくる!」

メデル「……これでしばらく勝手に出撃しなければ助かりますがね」
 ※ゼハートの部下のピンク髪

ゼハート「データがすんなり見つからないことを期待しよう」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 00:23:10.93 ID:6Gi2/Ldh0

——だがゼハートの期待とは裏腹に——

デシル「出来たぞ! こいつを使えば今度こそフリットに勝てる!」

ゼハート「兄さん、それは……」

デシル「いいだろう? いずれお前の分も作ってやるよ」

ゼハート「しかし兄さん… その造形には何か意味が……?」

ゼハート(あの形状はまさか…? いや、いくら兄さんでもそんな)

デシル「どうやらこの突起と材質がキモらしいな」

ゼハート「……た、ただの装飾ではなかったのですね……」

ゼハート(まずいぞ、兄さんがあんなものを持ってる姿を見られでもしたら……)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 00:29:19.59 ID:6Gi2/Ldh0

ゼハート「しかしX領域を拡張するなどと」

デシル「ユリン・ルシェルで実験しておくんだったな」

ゼハート「い、今更そんなもの、必要ないのではありませんか?」

デシル「Xラウンダー能力が向上するなら、それに越したことはないだろう」

ゼハート「しかし… 兄さんほどのXラウンダーでは、これ以上拡張すると無理がかかるのでは」

デシル「うむ、言われてみれば一理ある……」

ゼハート「兄さんならそんなものに頼るまでもないでしょう」

デシル「せっかく作ったのに勿体ない気もするけどな、使うのはやめておくか」

ゼハート(なんでこうチョロいんだろうこの人…)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 00:34:52.01 ID:6Gi2/Ldh0

ダズ・ローデン「相手はガンダムか… 敵わないことはわかっている」

ダズ「だが私とて、大人のオモチャの出力をフルパワーにすれば!」ググッ

フリット「こいつ、捨て身か!?」

ダズ「うおおおおお!!!!」

フリット「ちぃっ!」

ダズ「ゼハート様! ヴェイガンに未来を、お導きくださ… アーーーーッ!!!!」ビュルッビュルッ!

フリット「そうはさせんぞ!」シュバッ!

フリット「ふぅ、自爆させずに済んだか」

フリット「ヴェイガンのMS、それもコクピットブロックを手に入れられるとはな」

フリット「さて、どんな結果が出るかな」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 00:41:05.55 ID:6Gi2/Ldh0

ディケ「推力も機体の反応速度も、連邦のMSとは比べ物にならない」

ディケ「そっちは何かわかったのか?」

フリット「ああ、パイロットの尻にこんなものが入っていた」ズッ

ディケ「…せめて密封して持って来てくれないか」

フリット「この機体は最後におかしな挙動をみせた。もしかしたら、これが鍵を握っている可能性がある」

ディケ「そんなことが可能なのか?」

フリット「東洋の医学によると、尻にはツボというのが集中しているらしい」

フリット「それを刺激して、Xラウンダー能力を引き出すのかもしれん」

ディケ「パーフェクトなモビルスーツに、Xラウンダーを引き出す装置」

フリット「加えて、尻を塞ぐ覚悟」

ディケ「強かったわけだ……」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 00:46:25.36 ID:6Gi2/Ldh0

アセム「これでXラウンダー能力を手に入れれば、俺だって…」

ディケ「おい、何をしている!」

アセム「すみません! でも、見逃してください!」

ディケ「バカを言うな! こいつは危険なんだ! 衛生的にも」

アセム「だけど、それを挿れてXラウンダー能力を手に入れないと」

ディケ「とにかく、これはダメだ!」

ディケ「このケースにしまっておいたからな、絶対に出すんじゃないぞ」

ディケ「いいか、絶対だぞ! 間違っても開けるなよ! 俺はもう持ち場へ戻るけど!」

アセム「そ、そうですよね! 僕ももう出撃しないと」

アセム(チャンス!!)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 00:51:19.50 ID:6Gi2/Ldh0

——戦闘終了後——

ウルフ「こんなものを挿れていたのか」

アセム「はい……」

ウルフ「アセムよ、そんなにXラウンダーになりたいのか?」

アセム「そうしないと、あの敵には勝てませんから」

ウルフ「だったらお前は、スーパーパーロットになってみたらどうだい?」

アセウ「スーパー… パイロット?」

ウルフ「ああ、Xラウンダーじゃないが、すげぇパイロットってことさ!」

アセム「そんなの、どうやって…」

ウルフ「簡単なことさ」

ウルフ「こんな偽物に頼らなければいい」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 00:55:11.69 ID:6Gi2/Ldh0

——23年後 ルナベース——

フラム「いざとなれば、私も出撃します」

ゼハート「君がか?」

フラム「モビルスーツの操縦訓練は受けています」

ゼハート「しかし、ガンダムに乗っているのは強力なXラウンダーで……」

ゼハート「そうだ、いいものがある」

フラム「何でしょう?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 01:00:43.15 ID:6Gi2/Ldh0

ゼハート「ああ、X領域を拡張する…」

ゼハート(ん? いや、待てよ)

ゼハート(あれを使うのか? フラム・ナラに……)

フラム「それは是非使わせてください!」

ゼハート(確か新造したものがあったはずだが、いろいろと問題あるような…)

フラム「あの、ゼハート様?」

ゼハート「? ああ、あのなぁ、フラムよ……」

フラム「はい?」

ゼハート「今の話、聞かなかったことにしてもらえないか」

フラム「いけません! 私のフォーンファルシアはXラウンダー用の機体」

フラム「能力が拡張するなら、よりお役に立てるはずです」

ゼハート「熱心なのはありがたいんだが……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 01:07:57.05 ID:6Gi2/Ldh0

ゼハート「ね、念のため確認しておこう。本当に使いたいのだな?」

フラム「勿論です!」

ゼハート「しかしだな… 使用者にも幾分デメリットが」

フラム「それを踏まえた上で、使うか使わないか判断します」

フラム「どういったデメリットがあるのですか? 何か後遺症が残るとか」

ゼハート(いや、たしかこう言ってたな……)

 デシル『尻に入れるものだからな、内部に傷がつかないよう、最深の注意を払ってある』
 ゼハート『それでこの造形が肝心なんですね』
 デシル『EXA-DBにも特に入念に注意書きしてあったからな』

ゼハート「そういう訳では… 無いようなのだ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 01:15:54.67 ID:6Gi2/Ldh0

ゼハート(ううむ… 兄さんと違って、どうすれば折れてくれるか、掴みづらい…)

ゼハート(現物を見てもらうのが最も手っ取り早いか)

ゼハート「ではここへ持ってこよう。少し待っていてくれ」

フラム「はい!」ワクワク



 フシュウ
ゼハート「待たせたな。これだ」ボロン

フラム「これは……」

ゼハート(頼む!)

フラム「何に使う装具なのですか?」

ゼハート(気付けよ……!)

フラム「スイッチらしいのがついてますね。入れてもいいですか?」

ゼハート「……ああ、好きにするといい」

 カチッ
 ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ

フラム「…この振動に何か効果が……?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 01:20:09.74 ID:6Gi2/Ldh0

ゼハート「……いいのか? これを使うんだぞ」

フラム「構いません。使い方を教えてください」

ゼハート「…こ、これを……」

フラム「はい」

ゼハート「し… 尻に入れるんだ……///」

フラム「ほぉ……」



フラム「えっ!!?///」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 01:24:22.21 ID:6Gi2/Ldh0

フラム「なな何を言ってるんですかゼハート様!」

フラム「こんなのお… おし……  は、入るわけないでしょう!」

ゼハート「そ、そうだな… いや、わたしも入れたことはないぞ!」

フラム「当たり前です! 本当にこんなのでXラウンダー能力が拡張するんですか!?」

ゼハート「あ、そういえば…」

フラム「今度はどうしました?」

ゼハート「確かこれはアンバット防衛戦で初めて実戦に投入されたものだが」

フラム「妙に歴史あるものなんですね」

ゼハート「使用者が少ないため、まだ効果は立証されていないのだ」

フラム「そんなもの入れさせようとしたんですか!?」

ゼハート「一応、わたしも躊躇していたではないか!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 01:30:44.32 ID:6Gi2/Ldh0

フラム(でもこれはチャンスかも)

フラム(まだ実測データが揃ってないなら、私が使えってみせれば……)


ゼハート『フラムのおかげで、大人のオモチャの効果が立証されたぞ』

フラム『やりましたね!』

ゼハート『軍でも正式に採用されるようだ。これで兵士たちの犠牲も減るだろう』

フラム『またエデンが一歩近づきましたね』

ゼハート『ああ、ではこの功績に見合う褒美をとらせなくてはな』

フラム『えぇと…』

ゼハート『どうした? 何でも言ってみなさい』

フラム『何でもいいなら… 私をゼハート様のお嫁さんにしてください!///』キャア




フラム「やります!」キリッ

ゼハート「……いいのか、これで……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 01:34:47.12 ID:6Gi2/Ldh0

ゼハート「まぁ、やるおであれば、使い方は簡単だ」

フラム「入れて、さっきのスイッチを入れる……だけですか?」

ゼハート「ああ…」

フラム「……」

ゼハート(どうしよう気まずい)

フラム「あの… ゼハート様…」

ゼハート「どうした?」

ゼハート(早く受け取って更衣室へ行ってくれたらいいのに)

フラム「……いれ、入れ方も教えてください!」

ゼハート「」

フラム「その… 自分でするのって、何だか怖くて」

フラム「でも、ゼハート様なら、扱い方も上手そうですし……」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 01:40:33.58 ID:6Gi2/Ldh0

ゼハート「…わたしに入れろと……?」

フラム「すみません… イヤですよね。私のおしりになんて……」

ゼハート「いや… 決してそんなことは」

ゼハート(どうする? どっちに転んでも地雷のような気がして仕方ないが)

ゼハート(そして今更ながら尻の扱いが上手そうとはどういうことだ!?)

フラム「でも… 人の手で入れてもらうなら、初めはゼハート様に、って……」

ゼハート「わかった、引き受けようではないか」

フラム「ほ、本当ですか!? ありがとうございます!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 01:46:24.61 ID:6Gi2/Ldh0

ゼハート「で、ではまず… 服を」

フラム「」

ゼハート「服を… 脱いでもらえるかな」プルプル

フラム「はい…」

ゼハート「ああ、待った! 余計な所まで脱がなくていいぞ!」

フラム「…下着も、ですよね///」

ゼハート「うむ…… 入れられないからな」

 スル スルッ

フラム「お願いしておいて何ですけど… その……」

フラム「あんまり、見ないでくださいね…///」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 01:52:23.15 ID:6Gi2/Ldh0

ゼハート(そうだな。なるべく正視しないように)

ゼハート「このローションを垂らして…… では、広げるぞ」

フラム「お願いします!」

 ムニゥ

ゼハート(うっわぁ…… この感触)

フラム(お、おしりが… おしりがゼハート様に広げられて///)カタカタ

ゼハート(早く入れてしまおう)

ゼハート(…入れるとなったら、見なければならんのか?)

ゼハート(ええい、仕方がない!)


 ガラッ
ジラード「ゼハート〜! フラムを見かけ…」

ジラード「あ、いたわ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 01:57:10.53 ID:6Gi2/Ldh0

 ガタッ!!
フラム「ジラード!? 何よ急に!」

ジラード「あんたらこそナニやってたのさ?」チラッ

ジラード「ゼハート… こんな小さい子に手を出すなんて、やっぱり……」

ゼハート「誤解だ! これはXラウンダー能力を拡張するために」

ジラード「火星人は面白い言い訳考えるなぁ」

フラム「本当なの! これは大人のオモチャっていって、EXA-DBにも載ってたんだから!」

ジラード「ゼハートが持ってるヤツのこと? でもこれってさぁ」

ゼハート「あっ……」

ジラード「どう見てもちんこだよね」

ゼハート(言っちゃった……)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 02:01:53.39 ID:6Gi2/Ldh0

フラム「えっ… それってまさか」

ジラード「男の股間についてるヤツ。ゼハートにもあるよな?」

ゼハート「何を言わせる気だ!」

フラム「ウソだぁ〜」

ジラード&ゼハート「えっ?」

フラム「だって、こんな変なカタチのものが、ゼハート様についてるわけないでしょ!」

ジラード「どういうことだオイ……」

ゼハート(そういえば、>>29でも見たことないような反応だったな)

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 02:05:03.73 ID:6Gi2/Ldh0

ジラード「あんたもしかして、見たことないの?」

フラム「あるよ! 小さい頃にだけど」

ゼハート(ドール・フロスとのことか…)

ジラード「あのね、男だって大人になれば変わるもんなのよ」

ジラード「つまり今のゼハートについてるのは、あんたが昔見たモノとはけっこう違ってるのよ」

フラム「それがコレなの?」ヴヴヴヴヴヴヴヴ

ジラード「まぁ、振動機能はないと思うけどな」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 02:10:35.91 ID:6Gi2/Ldh0

ジラード「それにさぁ、男同士ならまだしも、年頃の女の子に入れるんでしょ?」

ジラード「だったら尻は無いだろ」

ゼハート「しかし、これはそうやって使うものなのだ」

フラム「そうだよ。他に入れるとこなんて」

ジラード「いや、あるでしょ。すぐ隣に」

フラム「隣に?」

ゼハート「何だ? 蒙古斑か?」

ジラード「逆方向だよバカ! 前についてるだろ」

フラム「ああ……///」

フラム「ふざけないでよ! あれは入れる所じゃないでしょ」

ジラード「……お前ら火星人はどういう教育うけてんだ?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 02:15:09.59 ID:6Gi2/Ldh0

フラム「あんなとこに入れるなんてウソに決まってるわ!」

フラム「そうですよね、ゼハート様!?」

ゼハート「すまない、フラム… たしかに、私も心当たりがある……」

ジラード「ほらね」

ゼハート「デシル兄さんから、子供を作る時のことを聞いたことがあったのだ…」

ゼハート「あの時は今ひとつ理解できなかったが、今考えれば妙に符号が合う!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 02:18:20.20 ID:6Gi2/Ldh0

ジラード「で、子供作るのとは別にそういうのを楽しみたいって人がいるわけさ」

ジラード「だから大人のオモチャっていうわけ」

フラム「そんな……」

ゼハート「まったく、子作りをなんだと思っているんだ!」

ジラード「?」

ゼハート「命は… オモチャじゃないんだぞ!」

ジラード「あたしに言ってどうすんだよ!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 02:21:58.90 ID:6Gi2/Ldh0

——その後——

ゼハート「ついに見つけたぞ… あn巨大なモビルスーツが、大人のオモチャの情報を守り続けていたのだな」

フラム「ゼハート様、敵機が近づいています!」

ゼハート「アセムか!?」

 ガキィィィン!

アセム「どけ、ゼハート! EXA-DBはここで破壊する!」

ゼハート「そうはさせん! 今の私なら、大人のオモチャをより正しく使いこなせるはずなのだからな!」

ジラード「練習したからね……」

フラム「黙ってなさい!///」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 02:31:25.48 ID:6Gi2/Ldh0

アセム「あれは人類の過ち! 黒歴史を繰り返させてはいけないんだ!」

ゼハート「過ち、か……」

ゼハート「……」

アセム「ん? どした?」

ゼハート「そうだな、わたしが間違っていたのかもしれない」

アセム「あ、あぁ……」

ゼハート「子作りに道具など邪道! 行くぞ、アセム!」

シド「ウソだろ!?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 02:32:03.91 ID:6Gi2/Ldh0





アセム「何とか破壊できたようだな」

ゼハート「ゾイ司令… 兄さん… ダズ…… 終わったよ……」

フラム「ゼハート様! 泣いているの…? どうして」

アセム「そっとしておいてやりなさい」


こうして

アンバット攻略戦から50年にわたる大人のオモチャの歴史が

終わりを告げたかに思えた……


  完

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 02:34:48.95 ID:6Gi2/Ldh0

地球とヴェイガンの100年にわたる戦いって言ってるけど
本編で描かれたのはフリット編からの50年だけなんだよな……



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「…………変な人」