コナン「光彦ー、光彦はいらんかね」元太「一つくれ」コナン「毎度」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ルフィ「こいつには勝てねぇ・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 21:25:58.12 ID:N6BShDqZ0

コナン「しっかし元太も好きだなー」

コナン「あ、五百円ね」

元太「まぁな。こいつ海に放ると楽しいんだ」チャリン

コナン「マジ?どうなんの?」

元太「た、助けてください元太くん!って言うんだぜwww」

コナン「マジかよwww」

元太「しかもスッゲーマジな顔でさwww」

コナン「ヤベッ、想像しただけでwwwwww」

元太「wwwwww」

コナン「wwwwww」

光彦「」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 21:29:40.49 ID:N6BShDqZ0

元太「じゃ、ちょっと行ってくるわwww」

コナン「おうwww」

コナン「俺も今度やってみよう」

コナン「つか、今日も全然売れねーな」

園子「あんたなにやってんの?」

コナン「おわ!」

コナン「あ、あぁなんだ。園子ねーちゃんか」

園子「何だとはなによ」

コナン「いや、別に...」

園子「まぁいいわ。ところでなにそれ?」

コナン「光彦」

園子「」

コナン「」

園子「え?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 21:33:22.55 ID:N6BShDqZ0

園子「光彦?あんたの友達の?」

園子「まぁ言われてみれば光彦くんだけど」

コナン「あぁ!ダメダメさわっちゃ!」

コナン「うちは新鮮が売りなんだから!!」

園子「ご、ごめん」

コナン「ったく。一つ、五百円だよ」

園子「え?買うの?」

コナン「なに?冷やかしにきたの園子ねーちゃん?」ギロ

園子「」ビク

園子「ひ、一つもらおうかしら」

コナン「毎度ありぃ!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 21:35:35.90 ID:N6BShDqZ0

コナン「ちなみに、常連からの情報なんだけど」

園子「常連?」

コナン「海に放ると楽しいらしいよ」

コナン「僕がやった訳じゃないからなんとも言えないけどね」

園子「へ、へぇわかったわ」

園子「じゃ、じゃあね」

コナン「バイバーイ」

コナン「あと二匹。売り切らねぇと」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 21:39:25.96 ID:N6BShDqZ0

小五郎「ん?コナンか」

コナン「あ、おじさん」

小五郎「なにしてんだお前、こんなところで」

コナン「ちょっと光彦売ってるんだ!」

小五郎「はぁ?」

コナン「おじさんもどう?安いよ」

小五郎「み、光彦ってお前の友達の」

コナン「海に放ると楽しいんだってさ!やってみたら?」

小五郎「いや、それは犯罪だろ」

小五郎「お前が今やってる行為もだ!」

コナン「固いなーおじさん」

園子「が、ガキンチョー!」

小五郎「ん」

コナン「あ、園子ねーちゃん」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 21:45:51.01 ID:N6BShDqZ0

コナン「どうしたの園子ねーちゃん?」

園子「そ、それがね。私、ついやっちゃったの」

コナン「? なにを?」

園子「光彦を海に放ったの」

コナン「...そ、それで」ゴクリ

園子「そしたらね...」

園子「wwwwwwwww」

園子「あwwwwwwもうダメwwwwww」

園子「くっそwwwおもしろかったwwwwwwヤバイwww」

園子「あれやばいwww」

コナン「い、一体どうなるんだ!?」

園子「なんかこうwww言葉じゃ伝えらんないよwwwwww」

小五郎「」ウズ

小五郎「こ、コナン。一つ」

コナン「え?毎度!!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 21:52:52.23 ID:N6BShDqZ0

コナン「くっそー。気になるなぁ」

コナン「でも、光彦も一つしか余ってねーし」

コナン「自分で使うのも気が引けるな」

「んー!んー!」モガモガ

コナン「あん?」

コナン「ちっ、オリジナルか」

コナン「目ぇ覚ますと、相変わらずうるせーな」ピシュン

「!」zzz

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 21:54:27.00 ID:N6BShDqZ0

コナン「オリジナル溺れさすわけにもいかねーしなぁ」

小五郎「こ、コナーン!」

コナン「おじさん!どうしたの?」

小五郎「俺、放ったんだ...」

コナン「え?どっ、どうだった!!」

小五郎「あwwwれwwwはwwwヤバイwww」

小五郎「いやー、あんなに人の顔で笑ったのは生まれて初めてかもしれんwww」

コナン「顔!?き、気になる!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 21:59:24.04 ID:N6BShDqZ0

コナン「あぁクソ!我慢できない!」

海ザザーン

コナン「きょ、今日は店じまいだ」ドキドキ

コナン「いっけぇ!光彦!!」

光彦「!」

光彦「うわっぷ!た、助けっ...コナンくん助けてっください!!」バシャバシャ

コナン「」

光彦「あっぷ!ケフッ!」パシャパシャ

コナン「」

光彦「こ、コナ...!!」バシャバシャ

コナン「wwwwwwwww」

コナン「おまっwww顔wwwwwwwww」

コナン「必死すぎwwwwwwwww」

光彦「ちょっ!うわっぷ」バシャバシャ

コナン「顔wwwwwwwww」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:04:10.84 ID:N6BShDqZ0

灰原「博士ー。私のプリン知らない?」

博士「あぁ、名前の書いてないプリンなら」

博士「さっき新一が食っとったぞ」

灰原「え?」

灰原「あのガキ...」

prrrr

コナン『はい?』

灰原「あんた今どこ?」

コナン『海』

灰原「海?」

コナン『そうだwwwオメーも来いよwww』

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:08:47.53 ID:N6BShDqZ0

海ザザーン

灰原「なによこんなところに呼び出して...」

灰原「え?」

光彦「灰原さん!」

光彦「灰原さんだ!」

光彦「灰原さんですよ!」

ミツヒコワラワラザワザワガヤガヤ

コナン「あ、わりぃ。こんな早く来るとは思わなくて」

コナン「まだ途中なんだ」

灰原「...なんの?」

コナン「量産」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:14:39.56 ID:N6BShDqZ0

灰原「な、なに言ってんの?」

灰原「というかなんなのこの円谷くん達は!?」

コナン「まぁ見てろって」

ドン!ザパァ!ドン!ザパァ!ドン!ザパァ!ドン!ザパァ...

灰原「ちょっ!何してるの!?」

光彦「な、うわっぷ!コナンくん!灰原さん!助け...!」バシャバシャ

光彦「ゲパァ!こ、コナンくん!」バシャバシャ

コナン「顔wwwwww」

灰原「(お、面白くない面白くない)」プルプル

コナン「wwwwwwwww」

灰原「(笑っちゃダメ笑っちゃダメ笑っちゃダメ)」プルプル

光彦「すはー!!」

コナン「すはーwwwwwwwww 」

灰原「」プルプル



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:17:57.83 ID:N6BShDqZ0

ウォッカ「アニキ、間違いありやせん」

ウォッカ「シェリーのガキの頃そっくりですぜ」

ジン「まさか本当にガキになっていたとはな」

ジン「双眼鏡貸せ」

ウォッカ「へい」スッ

ジン「」

ウォッカ「」

ジン「」ピク

ウォッカ「どうです?そっくりでしょう?」

ジン「」プルプル

ウォッカ「アニキ?」

ジン「顔wwwwwwwww」

ウォッカ「アニキ!?」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:22:48.68 ID:N6BShDqZ0

ジン「ちっ!出直すぞ!」ニヤニヤプルプル

ウォッカ「アニキ!どうしたんですか!?」

ジン「う、うるせぇ!」

ジン「...くそwww」

ウォッカ「(あ、アニキに一体なにが?何を見たんだ?)」

ウォッカ「(シェリーは普通だ。いや普通ではないが)」

ウォッカ「(他に何が?)」

ウォッカ「」

ウォッカ「(な、なんだあの死体の数は!?)」

ジン「ウォッカ、行くぞ」

ウォッカ「(あの死体の山見て笑ってたってのか...)」

ウォッカ「(さすがはアニキ...)」

ジン「(あの顔は反則だろwwwwww顔wwwwww)」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:28:26.42 ID:N6BShDqZ0

コナン「そろそろ帰ろうぜ」

灰原「え、えぇ」

灰原「ねぇ工藤くん」

コナン「あ?」

灰原「一つ聞きたいんだけど」

コナン「なんだよ」

灰原「あの円谷くん達はなに?」

コナン「へ?そりゃおめー」

コナン「あ、わかったwww本物かと思ったんだろwww」

コナン「安心しろwwwあれは作り物だwww」

灰原「(作り物?)」

コナン「(本物でやってみたいが、量産出来なくなってはこちらが困る)」

灰原「作り物ってなに?」

コナン「今日はお前の作ったハンバーグが食べたいなっ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:31:31.24 ID:N6BShDqZ0

灰原「はぁ?帰りなさいよ」

コナン「たまにはいーじゃねーかよー」

「んー!んー!」モガモガ

コナン「ちっ」

灰原「?」

灰原「いまの声...」

コナン「(しまった!麻酔銃切らしてた!)」

コナン「お、俺先お前ん家行ってるから!」タッタッタッ

灰原「あ!ちょっと...」

灰原「あの円谷くん達は何なのよ...」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:35:00.54 ID:N6BShDqZ0

コナン「おい博士!」

博士「おぉ新一。頼まれてたもんできとるぞ」

コナン「マジで!うおスッゲー!」

コナン「トカレフ型麻酔銃だ!」

博士「早速試してみなさい」

コナン「あぁ!言われなくても!」

光彦「んー!んー!」モガモガ

ッターン...

コナン「」

博士「」

光彦「...」カク

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:42:04.54 ID:N6BShDqZ0

コナン「はぁ!はぁ!」

コナン「これで、ばれることはない!結構掘ったからな」

コナン「とりあえず当面は余ってる量産に日常を任せて、俺と博士がいない日に別の光彦に殺させよう」

「安心しろ」

コナン「だ、誰だ!」

ジン「」

コナン「じ、ジン!?」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:42:47.39 ID:N6BShDqZ0

ジン「貴様が殺ったのはオリジナルではない」

コナン「なんだと!?」

ジン「この事態を想定し、すり替えておいた」

コナン「い、いつの間に?」

ジン「さぁ量産するんだ」

コナン「ホンキ...なのか?」

ジン「冗談でこんなことが言えると思うか?」

コナン「」

ジン「」

コナン「任せろ」

ジン「(キターwww)」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:47:18.12 ID:N6BShDqZ0

灰原「あれから一ヶ月」

灰原「工藤くんは学校にも顔を出さなかった」

灰原「そんなある日」

コナン(手紙)「今夜、ショータイムだ」

灰原「こんな手紙がきた」

灰原「一体なんなのこれは」

歩美「哀ちゃんもコナンくんから?」ヒョコ

灰原「え?吉田さんも?」

歩美「元太くんももらったみたいだよ!」

灰原「(工藤くん!あなた一体なに考えて!)」


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:51:21.63 ID:N6BShDqZ0

海ザザーン

元太「うー、さびぃ」

歩美「もう冬だねー」

灰原「これ着てなさい」

歩美「え?ありがとう哀ちゃん!」

灰原「」ニコ

小五郎「なんだなんだぁ?こんなに集まって」

園子「あー寒。ったくガキンチョはどこよ」

小五郎「まったくだ!」

灰原「こんな見張らしの良いとこ。花火でも打ち上げようとでもしてるのかしら」

「その通りだ灰原」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 22:56:50.49 ID:N6BShDqZ0

その瞬間、膨大な数の花火が打ち上げられた

赤、緑、青、紫、黄...

様々な色、形をする花火をみて子供たちがはしゃぐ

「たーまやー」

誰かがそう言った。でも言いたくなる気持ちもわかる
それほどまでに美しいのだ。この花火は...

ふと、灰原は視線を下へ向ける...色とりどりの花火を反射する

海を見たくて



でもそこには





色とりどりの光彦がいた

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 23:00:20.56 ID:N6BShDqZ0

灰原「ちょっ!」

灰原「ちょっと!」

小五郎「コポォwww」

園子「こwwwれ
wwwはwww」

元太「wwwwwwwww」

光彦「おわっぷ!た、たすっ!」

光彦「だれっかっぷわ!助けって!ゴポポ」

歩美「w」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 23:04:22.35 ID:N6BShDqZ0

元太「ヤベーwwwあの光彦顔ヤベーwwwwww」

小五郎「必死すぎんだろwwwwww」

光彦「っぷ!ガパポップ!!ゲパア!!」

歩美「今青かったやつ?www光彦くん顔オモシローいwwwwww」

園子「wwwwwwwww」

光彦「ヒュー!ヒュー!」

コナン「ヒュー!wwwwwwwww」

ジン「ヒューってwwwヒューってwwwwww」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 23:08:27.58 ID:N6BShDqZ0

歩美「あー、花火終わっちゃったぁ」

灰原「急に真っ暗になったわね」

小五郎「懐中電灯なら持ってきてる」カチ

園子「いきなり光彦くん照らさないでwww」

コナン「あの光彦目がいっとるwwwwww」

ジン「こっちのは舌出してやがるぞwwwwww」

元太「なんのホラーだよwww」

「なんのホラーでしょうね」

元太「え?」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 23:11:45.92 ID:N6BShDqZ0

「なんなんですかあなた達はぁ!」

コナン「」

「人のクローンを勝手につくって!たくさん殺して!」

「なにがしたいんですか!?」

コナン「やべぇ見ろよジンwwwあの光彦の顔www」

ジン「ちょwwwちょっと待ってwwwwwwえ?wwwwww」

「聞いてください!!」ドン!

歩美「あんた喋ると萎えるからマジ黙ってて」

「」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 23:16:53.69 ID:N6BShDqZ0

灰原「ね、ねぇ工藤くん」

コナン「んあ?」

灰原「いい加減、やめてあげたら?」

コナン「でもあの顔笑えるだろwww」

灰原「えっ!?え、えぇまぁ...」

コナン「ならいーじゃねぇか灰原」

コナン「それでさ」

コナン「《笑う》ってのは、スゲー大切なことなんだぜ...?」

灰原「(絶対なんか違う)」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 23:25:58.18 ID:N6BShDqZ0

冬間近の秋の埠頭

一般人が趣味で打ち上げた花火は多数の人から支持を受け、市の恒例行事となった

秋の終わりと、冬の始まりを伝える今年最後の花火大会


そこにはある


空を見上げれば色とりどりの美しい空が...
海を見れば勿論、花火を反射し輝く海が...








人々を癒す、美しき《ヒカリ》が





えんど

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/15(土) 23:43:14.33 ID:N6BShDqZ0

あっしたー



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「なぁ古泉…?」