ミサト「これからいくつか質問するから直感で答えてね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:月「DEATHNOTE…直訳で…直訳で…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:04:26.24 ID:jsLnHgOmO

シンジ「テストですか?」

ミサト「んーん、そんな難しく考えなくていいから」

アスカ「なんでこいつまでいるのよ」

カヲル「ふふ、よろしくシンジくん」

レイ「・・・」

ミサト「パッと思いついた答えをそのフリップに書いてちょーだい。じゃあいくわよ」

ミサト「あなたが歩いていると少し先にフェンスがありました。そのフェンスの高さは?」

アスカ「なにそれ。その質問に」

ミサト「いーから黙って書く」

レイ「・・・」キュッキュッ

ミサト「はい、みんな書いた?じゃあせーので見せて。せーの」

シンジ『2mくらい』
レイ『自分の身長くらい』
カヲル『1m』
アスカ『10m』

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:12:15.32 ID:jsLnHgOmO

ミサト「へぇ〜なるほど」

シンジ「なにか意味があるんですか?」

ミサト「この質問はね、プライドの高さがわかるのよ」

シンジ「へぇ・・・」

ミサト「シンジくんが意外に高くてちょっち驚きかな」

シンジ「そ、そんな。僕は別に・・・」

アスカ「ふーん、確かにあんたってプライドとかなさそうだもんね」

カヲル「きみが高すぎるんじゃないかい?」

レイ「・・・プライドだけは高い」ボソッ

アスカ「・・・は?今なんか言った?」

レイ「プライドが高いと言った」

アスカ「プライドだけは、って聞こえたんだけど」

レイ「・・・聞こえてるなら聞き返さないで欲しい」ボソッ

アスカ「喧嘩売ってんの!?」ガタッ

ミサト「はいはい一問目から喧嘩しない。次いくわよ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:37:20.96 ID:jsLnHgOmO

ミサト「そのフェンスを超えると自宅がありました。ドアを開けてテーブルを見ると蝋燭が立っています」

ミサト「何本立っていますか?」

アスカ「・・・」キュッキュッ

シンジ「うーん・・・」


ミサト「はい。もういい?せーの」

シンジ『5本』
レイ『5本』
カヲル『数えきれないほど』
アスカ『1本』キョロキョロ

アスカ「はんっ!5本とかいっぱいとか馬鹿じゃない!?テーブルに蝋燭ったら1本t」

ミサト「これは将来の家族の人数よ。あら〜一緒ねお二人さん」

シンジ「い、一緒だね」

レイ「・・・」ニコッ

カヲル「なかなか面白いね」

アスカ「・・・・・・」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:53:34.55 ID:jsLnHgOmO

レイ「・・・1本」

アスカ「悪い?悪いの!?別に家族なんかいらないのよ!」

レイ「碇くん・・・プライドが高いセカンドが怖い」クイクイ

シンジ「そうやってすぐ大きな声出すのやめなよアスカ」

レイ「・・・だから一人」ボソッ

アスカ「このっ・・・!!」プルプル

ミサト「はいじゃあ次いくわよ次」

ミサト「家を出て森に入るとある動物と出会いました」

ミサト「その動物はなに?」

アスカ(次は・・・あの根暗女をぎゃふんと言わせてやる・・・!!)キュッキュッ

シンジ(動物・・・動物)キュッキュッ

ミサト「できた?」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 22:05:24.42 ID:jsLnHgOmO

ミサト「いい?せーの」

シンジ『うさぎ』
レイ『イタチ』
カヲル『シンジくん』
アスカ『ライオン』

シンジ「か、カヲルくん?」

カヲル「人と動物に違いなんてないのさ」

アスカ「わたしのライオンからしたらみんな餌ね!」

レイ「・・・」

ミサト「これはもうストレートにあなたの好みのタイプです。渚くんはちょっち・・・あれね、うん」

シンジ「か、カヲルくん!?」

カヲル「好きってことさ」

レイ「うさぎ・・・草食動物。わたしもベジタリアン」

アスカ「やっぱり男は強くないと」

ミサト「ていうかライオンってそもそも森にいるのかしら」

アスカ「えっ」

レイ「・・・」クスッ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 22:20:18.44 ID:jsLnHgOmO

アスカ「もっ、森にいるライオンだっているわよ!!」

シンジ「森にいるのって虎じゃ」

アスカ「じゃああんたは世界中の森見て回ったの!?」

レイ「碇くん、セカンドはプライドが高いから」

シンジ「そうだね、ごめんアスカ」

アスカ「きぃぃぃいい!!プライドが高いからなんなのよ!?さっきからあんたほんとなんなの!?」

ミサト「こらアスカ。そうやってすぐ怒るから」

アスカ「そもそもあんたがこんな問題やらせんのが悪い!!三十路のくせして心理テストなんてバッカじゃないの!?」

ミサト「これ考えたのわたしj」

ゲンドウ「わたしが発案した」

アスカ「えっ・・・」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 22:21:46.06 ID:jsLnHgOmO

アスカはドイツに強制送還された

シンジとレイは結婚して幸せになった


終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:麗子「あぁっ、両ちゃんっ……///そんなに激しく突かないでっ///」