シンジ「綾波ってなんであんまり喋らないの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「お疲れ様でーす」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 01:43:19.39 ID:/zABAN2dO

レイ 「・・・」

シンジ 「それって無口な私カッコイイとか思ってやってるの?」

レイ 「・・・」

シンジ 「え・・・まさか本当に・・・?」

レイ 「・・・」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 01:47:26.47 ID:/zABAN2dO

シンジ 「ほら、そうやってだんまり。なんか喋ってよ」

レイ 「・・・別に」

シンジ 「そういうところを言ってるんだよ。なんか自分の中で設定つくってるの?」

レイ 「・・・」

シンジ 「そういうのやめたほうがいいよ?友達できないよ?」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 01:51:06.52 ID:/zABAN2dO

レイ 「・・・そう」

シンジ 「そうって・・・綾波のために言ってるんだよ?実際綾波友達いないでしょ?」

レイ 「・・・」

シンジ 「綾波いつも学校で一人だもんね。寂しくないの?」

レイ 「・・・」

シンジ 「同年代とのコミュニケーションて大事だよ。そういうとこ直さないと・・・」

レイ 「・・・!」バンッ!!

シンジ 「!?」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 01:57:13.59 ID:/zABAN2dO

レイ 「・・・」プイッ

ダッ

シンジ 「ちょっと綾波どこ行くのさ!ちょっと待ってよまだ話は終わってないよ!綾波!」

ダッダッ

シンジ 「・・・」

シンジ (コミュ障か・・・)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 02:04:40.85 ID:/zABAN2dO

夕方 コンビニ前

アスカ 「ふーんふんふー♪ん?」

アスカ 「げ、ファーストじゃない。あんた何やってんの・・・って何その袋いっぱいにつめた肉まん!?あんた1人で全部それ食べるつもり!?」

レイ 「・・・」ジー

アスカ 「な、何よ」

レイ 「・・・」ウルッ

アスカ 「えっ?ちょっちょっと何よ!?なんで急に泣きそうになってるのよ!?」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 02:13:53.42 ID:/zABAN2dO

レイ宅


アスカ 「何あんたそれでバカシンジに言われたことがショックでヤケぐいってワケ?」

レイ 「・・・」コク

アスカ 「あんたって本物のバカ?たかがバカシンジの言葉を本気にするなんて。」

レイ 「・・・」

アスカ 「な、何よ・・・」

レイ 「・・・」ウルウル


アスカ 「あーあーあーっ!わかった!わかったから泣くのやめなさいよ!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 02:23:30.47 ID:/zABAN2dO

レイ 「・・・」ウルウル

アスカ 「もう!しょうがないわねぇ!私がバカシンジにガツンと言ってやるわよ!」

レイ 「・・・」パァーッ

アスカ 「べ、別にあんたのためじゃなくてただバカシンジが調子に乗ってるのがムカつくだけなんだからね!」

レイ 「・・・」コクコク

アスカ 「まったくしょうがないわねぇ」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 02:33:55.29 ID:/zABAN2dO

翌日

シンジ 「アスカ話ってなに?」

アスカ 「シンジあんたちょっとそこ座りなさい」

シンジ 「え?あぁ・・・うん。で話って?」

アスカ 「あんた昨日・・・」

シンジ 「あ、その前に僕も前からちょっとアスカに聞きたいことあったんだけどさ」

アスカ 「え・・・」

シンジ 「アスカってなんでいつもそんなに挑発的な態度なの?」

アスカ 「えっ?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 02:46:01.68 ID:/zABAN2dO

シンジ 「すぐにケンカ腰でつっかかってくるでしょ」

アスカ 「べ、別に私は・・・」

シンジ 「あっ、もしかして本当は素直に話したいんだけど恥ずかしくて照れ隠ししちゃうとか?」

アスカ 「そ、そんなんじゃないわよ!///」

シンジ 「14歳にもなってそういうのひくよ。友達できないよ」

アスカ 「」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 02:58:38.28 ID:/zABAN2dO

シンジ 「そういえばアスカって友達いたっけ?」

アスカ 「い、いるわよ!!」

シンジ 「誰?」

アスカ「ヒ、ヒカリとか・・・」

シンジ 「他には?」

アスカ 「・・・」

シンジ 「委員長だけじゃん」

アスカ 「〜っ!!」

シンジ 「だいち委員長は人ができてるからアスカのそういうとこ寛大に受け止めてくれてるだけだけど、他の人はそうは思わないよ」

アスカ 「・・・」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 03:03:34.82 ID:/zABAN2dO

シンジ 「それにアスカにとっては委員長は唯一の友達かもしれないけど
委員長にとってはアスカなんてたくさんいる友達の内の一人にすぎないんだよ」

シンジ 「委員長みたいに人ができてる人はやっぱり人望もあって友達たくさんできるんだよ。
アスカも友達欲しいでしょ?これはアスカのために言うけどまずはその・・・」

アスカ 「・・・」バンッ!!

アスカ 「うるさい!うるさい!うるさい!このバカシンジ!!」ダッ

シンジ 「あっちょっと待ってよアスカ!!まだ言ってないことたくさん・・・ってアスカー!」

ダッダッ

シンジ 「・・・」

シンジ (完璧にコミュ障だ)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 03:07:53.91 ID:/zABAN2dO

夕方 コンビニ前

ミサト 「今日は久々に早く終わったわねー。さっさと帰ってビール飲もうっと!」

ミサト 「ん?あれはアスカとレイじゃない。おーい!」

レイ 「?」
アスカ 「?」

ミサト 「珍しい組み合わせねぇ・・・ってなにその両手に抱えた袋いっぱいの肉まんは!?あんた達これから肉まんパーティーでもやるわけ!?」

レイ 「・・・」ジー
アスカ 「・・・」ジー

ミサト 「ど、どうしたのよ二人して」

レイ 「・・・」ウルッ
アスカ 「・・・」ウルッ

ミサト 「ちょっ、ちょっと本当にどうしたの!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 03:13:17.43 ID:/zABAN2dO

レイ宅

ミサト 「へー、それで二人で肉まんヤケぐいってわけね」

レイ 「・・・」ハムハムコク

ミサト 「しかしまぁシンちゃんがそんなこと言うなんてねぇ」

アスカ 「私ってみんなにそんな風に思われてたのかしら・・・あっレイ、あんまんとって」

レイ 「はい」ハムハム

ミサト 「んー、別に私はそんな風に思ったことないけど、気にしなくていいんじゃない」

レイ 「私設定なんて作ってない・・・」ハムハム

ミサト 「レイも気にすることないわよ。無口なところもレイの魅力よ」

レイ 「そうですか・・・アスカ、あんまん一口ちょうだい・・・」

アスカ 「ん」ハムハム

ミサト 「それにしても乙女にそんなこと言うなんて感心しないわね」

ミサト 「よし!2人とも私に任せなさい!明日シンちゃんにはビシッと言ってやるわ!」

アスカ 「・・・」パァー
レイ 「・・・」パァー


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 03:18:32.09 ID:/zABAN2dO

翌日 ネルフ

ミサト 「はい、お疲れ様ー。今日のテストはここまで。3人ともあがっていいわよー」

ミサト 「あ、シンジ君は着替えたら一度私のところに来なさい」

シンジ 「?はい」

シンジ (なんだろう?何か話でもあるのかな?)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 03:26:03.54 ID:/zABAN2dO

シンジ 「ミサトさん何か用事ですか?」

ミサト 「来たわね。シンジ君とりあえずちょっちそこに座りなさい」

シンジ 「あ、はい」

ミサト 「あなたに聞きたいことがあるのだけれど、昨日…」

シンジ 「あ、ミサトさん。僕も一つミサトさんに聞きたいことあったんですけど」

ミサト 「え?」


シンジ 「ちょっちってなんですか?」

ミサト 「…」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 03:33:50.60 ID:/zABAN2dO

ミサト 「あ、あれ〜シンちゃんはわかってなかったの?ちょっちっていうのはちょっとっていう意味よ」


シンジ 「いやそれはわかってますけどなんでわざわざちょっちって言うんですか」

ミサト 「…え、それは」

シンジ 「その年で痛いですよ」

ミサト 「」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 03:40:53.16 ID:/zABAN2dO

ミサト 「こ、これは口癖よ口癖!誰にでも口癖くらいあるでしょ」

シンジ 「へー、ちょっちが口癖なんて珍しいですね」
ミサト 「ま、まぁ結構前から使ってるし」

シンジ 「大学の時に流行ってたり?」

ミサト 「そうよ、そう!けっこうマネする人いたんだから!」

シンジ 「でもリツコさんと加持さんが使ってるの聞いたことないですよ」

ミサト 「…」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 03:46:40.64 ID:/zABAN2dO

シンジ 「ミサトさんちょっと想像してみください。例えばですよ。例えばリツコさんが」

シンジ 「ちょっちマギの様子見てくるわ、なんて言ってたらどう思います」

ミサト 「…」

シンジ 「気持ち悪いですよね」

ミサト 「…」

シンジ 「年相応って言葉知ってますか?」

ミサト 「」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 03:49:51.03 ID:/zABAN2dO

シンジ 「あ、あとなんでエヴァのことエバーって言うんですか?」

ミサト 「べ、別にそれはおかしくないでしょ!」

シンジ 「じゃあミサトさんアルファー波とかもアルハー波って言うんですか?」
ミサト 「そ、それは…」

シンジ 「Vの発音できないんですか?」


ミサト 「」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 03:56:31.24 ID:/zABAN2dO

シンジ 「ミサトさんあんまりストレートには聞けないんですけど。ミサトさんって同年代の友達います?」

ミサト 「し、失礼ね!いるわよ!」

シンジ 「あ、リツコさんと加持さんはなしで」

ミサト 「リツコと加持以外にもいるわよ!」

シンジ 「ミサトさん…同年代とのコミュニケーションって大切ですよ」

ミサト 「ちょっとあなた話聞いてるの?!」

シンジ 「あ、ちょっちって言わないんですね」

ミサト 「…」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 04:01:22.44 ID:/zABAN2dO

シンジ 「僕はミサトさんのことを思って言ってるんですよ。やっぱり年も年だしそんなんじゃ友達できま…」

ミサト「…」バンッ!!

シンジ 「!?」

ダッ

シンジ 「あっちょっちミサトさん!ちょっち待ってくださいよ!まだまだ言いたいことは山ほど…ミサトさん!ミサトさーん!」

ダッダッ


シンジ 「…」

シンジ (年増でコミュ障って)

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 04:12:34.55 ID:/zABAN2dO

ダッダッダッ

ミサト 「!」

ミサト 「レイ・・・アスカ・・・」

アスカ 「・・・」
レイ 「・・・」

ミサト 「そ、その・・・ごめんなさい昨日のこと言おうとは思ったんだけど」

アスカ 「肉まん」

ミサト 「え・・・?」

アスカ 「早くしないと冷めちゃうじゃない。ほら、さっさと行くわよ」

ミサト 「アスカ・・・」

レイ 「あんまんもあります・・・」

ミサト 「レイ・・・」

ミサト 「そうね・・・今日は私のおごりでピザまんも買っちゃうわよ〜」

アスカ 「ミサトの割には気が利くじゃない!」

レイ 「楽しみ」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 11:44:13.25 ID:/zABAN2dO

翌日 ネルフ

アスカ 「…」ドヨーン
レイ 「…」ドヨーン
ミサト 「…」ドヨーン

マヤ 「あの3人どうかしたんですかね?」

リツコ 「アスカとレイなんかは昨日からあんな感じよ」

マヤ 「なんか空気重いですね」

リツコ 「そうね…」


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 11:51:07.56 ID:/zABAN2dO

ゲンドウ 「遅くなったな」

冬月 「碇、来たか」

ゲンドウ 「…?なんだこのドヨンとした空気は」

冬月 「私にもわからん。朝からこんな調子だ」

ゲンドウ 「シンジもこんな様子なのか?」

冬月 「いや彼は特に変わった様子はなかったよ。しかしパイロットが2人もこんな調子では少し不安だな」

ゲンドウ 「それもそうだな。シンジなら何か知っているかもしれん。少し聞いてみるか」

冬月 「ああ、頼むよ」


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 11:59:29.96 ID:/zABAN2dO

司令室

コンコン

ゲンドウ 「入れ」

シンジ 「失礼します。あの、父さん話って」

ゲンドウ 「ああ、そこに座れ」

シンジ 「あ、はい」

ゲンドウ 「少しおまえに聞きたいことがあってな。」

シンジ 「あ、僕も父さんに前から聞きたいことがあったんだけど」

ゲンドウ 「?」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 12:05:37.23 ID:/zABAN2dO

シンジ 「父さんってなんでいつも口のところに手組んで喋るの?まさかだけどカッコいいとか思ってやってる?」

ゲンドウ 「ああ、そうだ。それで聞きたいのはレイ達の…」

シンジ 「えっ?」

ゲンドウ 「ん?」


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 12:13:38.61 ID:/zABAN2dO

シンジ 「ちょ、ちょっと待ってもう一つ聞きたいことあるんだけど」

ゲンドウ 「なんだ?」

シンジ 「父さんってなんで室内でもサングラスかけてるの?普通室内でかけないよね」


ゲンドウ 「司令官っぽくてカッコいいからな。それでレイ達だが今日の様子…」

シンジ 「えっ?」

ゲンドウ 「ん?」


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 12:24:18.18 ID:/zABAN2dO

シンジ 「じゃ、じゃあその白い手袋はなに!?なんかいっつも付けてるよね!!そんなの誰もしてないよ!司令だからってカッコつけてるの!?正直ダサいよ!!」

ゲンドウ 「?ああ、そうか。シンジも親の格好とか気になってしまう年頃か」

シンジ 「」


ゲンドウ 「気にするな。そういう時期は誰にでもある」

シンジ 「べ、別にそんなんじゃないよ!!年頃とか関係ないでしょ!」

ゲンドウ 「ああ、わかったわかった。悪かった。な、一度落ち着け」

シンジ 「〜っ!!僕は落ち着いてるよ!!」


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 12:30:21.22 ID:/zABAN2dO

ゲンドウ 「ああ、そうだな。落ち着いてるな。親にそういう気持ちを持つのは別におかしなことではない。安心しろ」

シンジ 「だ!か!ら!父さん、話聞いてる!?」

ゲンドウ 「聞いてるぞ。大丈夫だ聞いてる聞いてる。」


シンジ 「そうやってすましてるのもカッコいいとか思っちゃってるわけ!?」

ゲンドウ 「まぁカッコいいというより大人だからな」
シンジ 「」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 12:42:50.54 ID:/zABAN2dO

ゲンドウ 「子供の言うことをしっかり聞いてやるのが大人の務めだ。シンジにはこういった話は少し早すぎたか」

シンジ 「ぼ、僕は子供じゃない!!」

ゲンドウ 「ああ、すまないすまない子供と言われたくない年頃だもんな」

シンジ 「うぅ!…!」

ゲンドウ 「シンジ、だが親として一つアドバイスしておくが先生や友達の前ではそういう態度はやめるんだぞ」

シンジ 「…」

ゲンドウ 「友達できないからな」

シンジ 「」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 12:51:54.75 ID:/zABAN2dO

ゲンドウ 「それでレイ達が今日やけに暗いんだが…」
シンジ 「…」バンッ!!

ゲンドウ 「!?」

ダッ

ゲンドウ 「おいシンジ待て!まだ話は…シンジ!シンジ!!」

ダッダッ

ゲンドウ 「全く話が聞けなかった…」


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 12:57:57.16 ID:/zABAN2dO

シンジ「…」
シンジ 「!」

アスカ 「…」
レイ 「…」
ミサト 「…」

シンジ 「あ…あの…」

レイ 「…」スッ

シンジ 「綾波…これは…?」

レイ 「肉まん」

シンジ 「綾波…」

アスカ 「あんまんもあるわよ」

シンジ 「アスカ…」

ミサト 「もちろんピザまんもね!」

シンジ 「ミサトさん…」

ミサトさん 「さぁ今日もレイんちでパーティーよ!シンジ君行きましょう!」

シンジ 「はい!!」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 13:03:15.14 ID:/zABAN2dO

冬月 「碇、どうだった?」
ゲンドウ 「なにも聞けなかった」
冬月 「聞けなかったのか?」

ゲンドウ 「シンジが反抗期になったかもしれん」

冬月 「まったく。コミュニケーションが下手な親子だな」

ゲンドウ 「…」ドヨーン



おわり

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/04(火) 13:09:43.67 ID:/zABAN2dO

おわりです

保守してくれた人ありがとうございました

綾波の肉の件は完全に忘れてました

Q楽しみです
それでは



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「ボクのお尻にかたいモノが当たってるんですが」