ゲンドウ「レイ。今日はお前に性教育をしてやろう」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒキャラで演じる「八百屋のお七」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 20:07:10.53 ID:kf5+gTVy0

ゲンドウ「近頃、シンジとよく行動を共にしているそうだな」

レイ「はい」

ゲンドウ「服を脱げ」

レイ「はい……」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 20:12:23.90 ID:kf5+gTVy0

ファサ

レイ「……」

ゲンドウ「シンジに裸身を見せたか?」

レイ「一度だけ。私がシャワーを浴びている時に偶然訪ねてきて、鉢合わせました」

ゲンドウ「そうか。偶然ならば良い」

レイ「……」

ゲンドウ「キスなどはしたのか?」

レイ「いえ」

ゲンドウ「ふっ。ではこちらに来い。ひとつひとつ教えてやろう」

レイ「……はい」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 20:22:05.85 ID:kf5+gTVy0

シンジ「よし、こんなもんかな」

アスカ「なに作ってんの? お、クッキーじゃない」

シンジ「ダメだよアスカ。これは綾波にあげる分なんだから」

アスカ「はぁ?」

シンジ「果物混ぜてあるんだ。綾波の食生活ってよくないみたいだし、ちょっとでもいいかなって」

アスカ「ふん、相変わらず人形女にはお優しいですこと」

シンジ「そんなんじゃないよ。それに仲間だろ」

アスカ「はいはい」



レイ「ぁ……んっ、ぅ……ぁぁっ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 20:33:09.26 ID:kf5+gTVy0

ガヤガヤガヤ

シンジ「おはよう。綾波」

レイ「っ」ビクッ

シンジ「ん?」

レイ「ぉ……おはよう碇君」

アスカ「行っちゃった。なによあれ」

シンジ「何かあったのかな」

アスカ「振られちゃったわね〜碇君?」

シンジ「だから、そういうんじゃないってば」

アスカ「ふん」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 20:44:04.29 ID:kf5+gTVy0

リツコ「そのまま右の指だけを動かしてみて。一本ずつ」

アスカ『こう?』

リツコ「ええ。マヤ、データを全部拾って」

マヤ「はい」


シンジ(待ってる間暇だな)

レイ「……」

シンジ「綾波。あのさ、家でクッキー作ってみたんだ」

レイ「?」

シンジ「栄養価高めにしてあるから、良かったら、朝食のおまけやおやつにどうかなと思って」

レイ「……ごめんなさい」

シンジ「え」

レイ「ごめんなさい。遠慮するわ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 20:45:18.93 ID:kf5+gTVy0

シンジ「そ、そっか……あの、僕が勝手に作っただけだから、気にしないで」

レイ「ええ」

シンジ「……」ションボリ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 20:49:00.51 ID:kf5+gTVy0

レイ「―――訓練、終わりました」

ゲンドウ「シンジとの距離は取ったか?」

レイ「命令には……従います」

ゲンドウ「うむ。では昨日の続きを始めるとしよう」

レイ「……」

ゲンドウ「来い、レイ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 20:52:27.48 ID:kf5+gTVy0

レイ「ン、ぁぁ、ん……くぅ」

ゲンドウ「そうだ。飲み込みが早いな」

レイ「はぁ、ぁ、ぁ!」



アスカ「ん〜。なかなかいけるわよこれ」ポリポリ

シンジ「そう……」

アスカ「あんたファーストに嫌われるようなことしたんじゃないの?」ポリポリ

シンジ「特に何もしてないと思うんだけど」

アスカ「本人はその気がなくても、相手がどう思うかは別なんだから」ポリポリ

シンジ「うん……」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 21:03:34.37 ID:kf5+gTVy0

アスカ(しっかし、ホントどーしたのかしらね……ファースト)

アスカ(黙ってても碇君命って感じだったくせに)

アスカ「……」チラッ

シンジ「ハァ〜」

アスカ(なんにしろ、これってチャンスってやつかも。うっひひ)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 21:08:11.10 ID:kf5+gTVy0

アスカ「ふぁぁ。おはよ〜」

ミサト「アスカ。今日は学校行かなくていいわよ」

アスカ「へ? なんで?」

ミサト「碇司令から直々にお・呼・び・だ・し」

アスカ「えええ!?」

シンジ「父さんから?」

アスカ「やだーめんどくさいぃ」

ミサト「仕方ないでしょ。ま、大げさな事じゃないでしょうけど、こないだ弐号機壊したからお小言かもね」

アスカ「うげー」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 21:22:00.40 ID:kf5+gTVy0

アスカ「失礼します」

ゲンドウ「……座りたまえ」

アスカ「は、はい」

ゲンドウ「……」

アスカ(う……じーっと見てる)

ゲンドウ「本日君を呼んだのは、チルドレンの精神状態、生活、並びにチルドレン同士の交友関係について把握しておくためだ」

アスカ「はい」

ゲンドウ「君とサードチルドレンは同居している。その中で、性的な接触はあったか?」

アスカ「はぁ!?……い、いえ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 21:30:03.59 ID:kf5+gTVy0

冬月「本当かね?」

ゲンドウ「改めて言っておくが、これは一般的な子供の恋愛関係とは次元の異なる問題だ」

アスカ「……・はい。分かってます」

ゲンドウ「もう一度聞こう。性的な接触は?」

アスカ「……一回だけ。サードチルドレンとキスをしました。それだけです」

ゲンドウ「そうか。では―――」



シンジ(アスカ、大丈夫かな)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 21:37:29.23 ID:kf5+gTVy0

アスカ「そ……そんなこと。イヤです! 絶対イヤ!」

ゲンドウ「断るのかね? だが、命令に従えないのなら弐号機を降りてもらうことになる」

アスカ「!!?」

ゲンドウ「強制はしない。君自身の意思で選びたまえ」

アスカ「くぅ……このっ」

アスカ(シンジ……私……!)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 21:48:15.86 ID:kf5+gTVy0

シンジ「アスカ遅いね。学校終わるまでには済む用事なんだと思ってた」

レイ「……」

シンジ「あ、あのさ綾波。僕、綾波を怒らせるようなこと……した?」

レイ「……」

シンジ「だとしたら謝りたいんだけど、思い当たらなくて」

レイ「……」

シンジ「綾波……」

レイ「ツンデレ」

シンジ「え?」

レイ「なんでもないわ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 21:55:59.35 ID:kf5+gTVy0

レイ「―――訓練、終わりました」

ゲンドウ「うむ」

レイ「司令……セカンドチルドレンは?」

ゲンドウ「既に返した。今頃は自宅に着いているだろう」

レイ(……あの子も……)



シンジ「ただいま……って、アスカ!?」

アスカ「……」

シンジ「なんだよ。電気もつけないで」

アスカ「そのままにして!!」

シンジ「アスカ?」

アスカ「ぅ……ぅぅ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 22:01:55.01 ID:kf5+gTVy0

ゲンドウ「シンジの反応はどうだ?」

レイ「今日、『怒っているのか?』と質問されました」

ゲンドウ「ふっ。単純なやつだ。ではそろそろ引くのを止め、押す段階に移行しろ」

レイ「はい」

ゲンドウ「喘ぎ声の出し方も板についてきた。思春期の童貞を騙すには充分な演技だ」

レイ「ありとうございます」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 22:08:48.01 ID:kf5+gTVy0

ゲンドウ「こちらに来い……今日はAVではなくグラドルのビデオを見せてやろう」

レイ「グラドル?」

ゲンドウ「グラビアアイドルの略称だ。性行為とは違うが、その前戯として男の煩悩を刺激するための映像だ」

レイ「勉強します」



シンジ「まさか父さんに、何か酷いこと言われたんじゃ……?」

アスカ「あの髭……さっさと素直になって状況整理しないなら、弐号機を降りろって……」

シンジ「素直?? 降りろって、そんな」

がばっ

シンジ「! ア、アスカ!?」

アスカ「そのまま。動かないで」ギュゥ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 22:23:49.21 ID:kf5+gTVy0

アスカ「人に命令されてなんて絶対ヤだけど、弐号機降りてドイツに強制送還なんてもっとイヤ」

シンジ「あの、えと」ドキドキ

アスカ「チャンスとか思ってたのは事実だし……だから……」

シンジ「ねえ。話が見えないんだけど」

アスカ「好き」

シンジ「……何が?」

アスカ「あ……っ、あんたバカぁ!? 少しくらい察しなさいよ」ギュゥゥゥ

シンジ「いててててて、痛いよアスカ!」

アスカ「だから、あんたの事が好きって言ってんの!」ギュゥゥゥゥゥ

シンジ「えええええいたたたたたた」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 22:31:24.75 ID:kf5+gTVy0

レイ(碇司令に宿題として渡された、少女漫画……あった)

パラ…パラ…

レイ(こういうコトを……碇君と)

レイ(想像すると心拍数が上がって、身体がぽかぽかする。不思議な感覚)

パラ…パラ…

レイ「……」ドキドキ

パラ…パラ…

レイ「……」ドキドキ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 22:40:46.16 ID:kf5+gTVy0

冬月「計画は順調のようだな」

ゲンドウ「ああ。レイに足りないのは医学としてではない性知識と感性。セカンドチルドレンに無かったのは心情を吐露するきっかけだ」

冬月「シンジ君との仲を取りもつことで精神の安定を図る……か」

ゲンドウ「我々はなんとしても使徒を倒さねばならん」

冬月「だが、本当に大丈夫かね。二人共が行動すれば、痴情のもつれでやっかいな事になりうるぞ」

ゲンドウ「ふっ。シンジは私とユイの息子だ。問題ない」

冬月(二股させる気か)

ゲンドウ「もし初孫ができれば、人類の補完を待たずユイを取り戻すことすらできるかも知れん」

冬月「やれやれ。取らぬタヌキのなんとやらだな」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/19(日) 22:42:03.19 ID:kf5+gTVy0

おすまい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ご、ごめんなさい…許して…」