サンジ「んーっと、考古学者ね」ロビン「はい!やる気はあります!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門、俺はハルヒのことが好きなのかもしれない」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 18:46:54.75 ID:roRdthKG0

サンジ「んー、やる気だけで何とかなったら苦労しないわけだわ、うん」

サンジ「まあ、わかると思うけど?うち海賊だから、料理人はいるわけよ」

サンジ「そこで新入りは皆こうやって料理からスタートするわけ、わかるね?」

ロビン「はい!」

サンジ「他の仕事覚えるまでは料理、わかるね?うん」

サンジ「でも料理なめてもらっちゃあ困るわけよ、なんせ一味にご飯がなかったら航海なんてできない、そうだよねぇ?」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 18:50:07.31 ID:roRdthKG0

サンジ「それで?何?考古学?それは仕事なの?」

ロビン「歴史について調べてます!」

サンジ「歴史ねぇ、それはどこからお金が入ってくるの?仕事なの?」

ロビン「いえ、その、それは・・・」

サンジ「仕事なめんじゃないよ!!!いままでニートだったのか?あ?それで食っていけると思ってったのか!?あぁ?」

サンジ「だいたいねぇ・・・最近多いのよ・・・ニート卒業して一攫千金目指して海に出るって輩がさ・・・」

サンジ「おかしいとおもわない?普通の仕事もできないようなニートがさ、海賊なんてできるわけないのにさ・・・」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 18:51:26.11 ID:roRdthKG0

サンジ「海賊にどんな夢や幻想を抱いていたかしらないが、ここはそんなに甘い世界じゃない、わかるね?」

ロビン「はい、わかりました!!!!」

サンジ「あーもう、そんなんじゃダメ、全然ダメ」

サンジ「面接の受け答え練習してきたのはわかる、でもさ、違うのよそれは」

サンジ「マニュアル通りの面接なんてなんにも意味ないわけ、ねぇ?面接って会話でしょ?」

サンジ「これじゃただの発表会じゃない、「責任感はあります」「考古学者です」そんなんじゃダメ」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 18:52:42.08 ID:roRdthKG0

サンジ「あなたのことが聞きたいの、面接マニュアル本と会話したいわけじゃないの、わかる?」

ロビン「はい!わかりました!」

サンジ「はい、んじゃ気をつけてね、それじゃあ、んー趣味は?」

ロビン「趣味は暗殺です!特技にも含まれますが、幼いころから取り組んでおります!」

サンジ「ふーん、な、る、ほ、ど、ね」

サンジ「昔から趣味は変わらないと?様々なことに取り組んでいく姿勢はないとみていいみたいね」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 18:54:40.92 ID:roRdthKG0

ロビン「いや、それは違います!一つのことに取り組んでいき、その分野では一番になるように心がけています!」

サンジ「うん、まーそうね。いいでっ、しょう」

サンジ「んじゃ合否は連絡するから、それまで待ってて」

ロビン「はい!今日はありがとうございました!!!」

サンジ「うん、はいはーい、また」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 18:55:48.69 ID:roRdthKG0

ロビン「今日から働くことになりました!ニコロビンです!よろしくおねがいします!!」

チョッパー「あーそこどいてどいてー」

ロビン「すみません!!」

ゾロ「はい、牛丼あがったよー!次々もっていってー!!」

チョッパー「小麦粉きらしたよー!発注してないのー!!」

ロビン「あ、あのう・・・」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 18:56:40.50 ID:roRdthKG0

サンジ「あーこっちこっち!!」

ロビン「よろしくお願いします!」

サンジ「んーっとね、まずね、あなたも働くわけよ、んで今何時かな?」

ロビン「五分前です・・・」

サンジ「はぁ・・・そうだね、それをはっきり言っちゃうのね。はい!まずこれ基本、一時間前には集合、いいね」

ロビン「はい!」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 18:58:45.86 ID:roRdthKG0

サンジ「うん、朝飯時も終わったみたいね、んじゃ先輩に挨拶しないとね」

サンジ「こちら、ロビンさん、仲良くしてやってね」

ロビン「よろしくお願いします!」

ゾロ「おう」

チョッパー「よろしく」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 18:59:15.01 ID:roRdthKG0

チョッパー「ロビンが仕事覚えてくれたら俺やっと医者の仕事につけるんだ!頼んだよ!」

ロビン「はい!頑張ります!!」

ゾロ「俺は料理長のゾロ。戦闘員の剣士だ、よろしくな」

ロビン「はい、よろしくお願いします!」

サンジ「はいはいーい馴れ合いはそこまで、それじゃ昼の仕込みはじめちゃって」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:01:52.85 ID:roRdthKG0

ゾロ「いい魚だ」タッタッタッタ

ロビン「」

チョッパー「みじん切りっと」タッタッタッタ

ロビン「」

サンジ「今日の出費はっと」カタカタカタ

ロビン「」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:02:24.65 ID:roRdthKG0

サンジ「あれ?何、つったってるの君?え、まさか、給料泥棒?え?」

ロビン「すみません、何すればいいんでしょうか・・・」

サンジ「えぇーそれはないでしょ、俺に聞く?というか俺が聞いた後に聞く?ん?」

ロビン「いやその・・・わかんなくて・・・」

サンジ「自分で仕事見つけられないの?給料泥棒だよそれ」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:03:14.42 ID:roRdthKG0

ロビン「わかんなくて・・・」グスン

サンジ「泣いたって現状変わるもんじゃないよ?いままでお母さん助けてくれた?これは仕事だから、言ったよね?甘いもんじゃないって」

サンジ「わからないなら、聞けばいいんだよ!普通だよね、わからないのは当然なんだし」

サンジ「それすらできないで泣く?いやー君の心理わからない、純粋な心?ただ甘いだけだよそれ」

ロビン「すみません、私が甘かったです・・・」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:05:04.94 ID:roRdthKG0

ロビン「チョッパーさん、仕事教えてください」

チョッパー「あーうん、ちょっと忙しいから適当に掃除してて」

ロビン「わかりました」サッサ

チョッパー「」タッタッタッタ

ロビン「」フキフキ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:05:35.64 ID:roRdthKG0

ロビン「チョッパーさん、そろそろ・・・」

チョッパー「あーうん、んじゃあリンゴの皮むける?」

ロビン「やってみます!」

チョッパー「」タッタッタッタ

チョッパー「」コトコトコト



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:06:24.65 ID:roRdthKG0

チョッパー「あー仕込み終わったー」

ロビン「」スッスッス

チョッパー「」チラ

チョッパー「えーまだ一個しかむいてないの!?遅すぎでしょー!」

チョッパー「しかも形酷いし!もういいから掃除してて!」

ロビン「すみません!」サッサ


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:07:09.01 ID:roRdthKG0

チョッパー「あのさぁ!!!できないならできないって言わないとわからないでしょ!!!」

ロビン「はい!すみません!!!」フキフキ

チョッパー「まぁいいや、りんごは仕込み分全部むいといたから」

ロビン「ありがとうございます!」サッサ

チョッパー「んじゃ簡単なむき方をあまったリンゴで教えるから来なさい」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:07:40.35 ID:roRdthKG0

チョッパー「これをこうやって、こうむく、そのときこの指に注意しながらこう回す、そして最後は右にこう」

チョッパー「わかった?怪我しないようにやってみて」

ロビン「はい!」

ロビン「えーと、こやって、・・・・えーと・・・・・・・・・・・・・・・」

ロビン「ここはこうでしたっけ?」

チョッパー「メモ見ればいいじゃん」

ロビン「・・・・・」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:08:15.74 ID:roRdthKG0

チョッパー「ハァ・・・んじゃもう一回 教 え る ね・・・・」

ロビン「はい、すみません・・・」

チョッパー「紙とペン、あげるから、ちゃんとメモしとくんだよ」

ロビン「はい・・・」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:25:06.52 ID:roRdthKG0

サンジ「はいはーい、そろそろ昼時ねー、気合入れてねー」

ゾロ「おう」

チョッパー「はい」

ロビン「は、はい!」

サンジ「ほんと、元気だけはいいね」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:27:29.16 ID:roRdthKG0

ゾロ「はい、これできたよー!」

ロビン「」フキフキ

チョッパー「焼肉定食できたよー」

ロビン「」フキフキ

サンジ「ルフィ、おかわりはー?」

ロビン「」フキフキ


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:28:01.07 ID:roRdthKG0

サンジ「何してるの?」

ロビン「掃除です!」サッサ

サンジ「いや、そうじゃなくてさ、皆こんなに働いてるのに、わかる?」

ロビン「だってできることやりなさいって・・・・」

サンジ「掃除なんて暇なときやるもんじゃない?なんで今やるのよ、ねぇ?」

ロビン「料理はまだわからないんで・・・・」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:28:42.68 ID:roRdthKG0

サンジ「わからない?わかろうとしないだけだよね?先輩たちの見て覚えようとした?」

ロビン「いえ・・・」

サンジ「覚える気あるなら、見て聞いて盗むものじゃない?それがあなたは今何してたの?」

ロビン「・・・・掃除です」

サンジ「ハァ・・・ほんとにしっかりしてよ・・・」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:29:53.58 ID:roRdthKG0

ゾロ「あー終わった終わった、それにしてもルフィの食べっぷりは凄いな」

チョッパー「そうそう」

サンジ「疲れたねー適当に昼飯作って各自食べようか」

ロビン「」フキフキ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:30:28.64 ID:roRdthKG0

ゾロ「んめーな、この魚」

チョッパー「ウソップが釣ったらしいよ」

サンジ「」モグモグ

ロビン「」グー

ロビン「あの・・・ごはんは・・・」

サンジ「ご飯食べれるくらい働いたの?」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:32:43.81 ID:roRdthKG0

ロビン「いえ・・・」

サンジ「なのによく言えるね、ご飯だなんて」

ロビン「あ、すみません・・・」

サンジ「まぁいいから、適当に作って食べなさい」

ロビン「は、はい・・・」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:33:32.46 ID:roRdthKG0

ロビン「」ザクザク

ロビン「」コトコト

ロビン「」グツグツ

サンジ「んじゃ昼休み終わりねー夜の仕込みに入りましょう」

ロビン「え」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:34:18.24 ID:roRdthKG0

ゾロ「よっと」ザクザク

チョッパー「これを入れてっと」グツグツ

ロビン「チョッパーさん、何やればいいですか!」

チョッパー「午前中芋の皮むき、見てたよね?」

ロビン「はい!」

チョッパー「それはできる?」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:35:11.94 ID:roRdthKG0

ロビン「できないので教えてください!」

チョッパー「今それ言う?暇なときはあったよね?なんで聞きにこなかったの?」

チョッパー「この仕事を覚えることより、昼飯食べることのほうが需要だった?」

ロビン「いえ、そんなことは・・・」

チョッパー「そんなんだったら、いつまでたっても仕事覚えないよ、いいの?」

ロビン「すみません・・・」

チョッパー「ハア・・・んじゃ掃除してて・・・」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:38:55.01 ID:roRdthKG0

サンジ「よし、夜になった!ラスト頑張るよー!」

ゾロ「できたの次々もっていってー!」

チョッパー「卵きらしたよー!」

ロビン「チョッパーさん・・・」

チョッパー「よっと」ザクザク

ロビン「チョッパーさん!!!!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:39:27.83 ID:roRdthKG0

チョッパー「なんだよ、うるないな!」

ロビン「仕事ください!」

チョッパー「んじゃリンゴの皮むきでもしとけよ!!!ハア!!」

ロビン「はい!!」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:41:38.42 ID:roRdthKG0

ゾロ「はー疲れたなーお先ー!」

サンジ「お疲れー!」

チョッパー「お疲れ様です!」

サンジ「あれ?ロビンさんは?」

チョッパー「あれ?もう帰ったんじゃないいんですか?」

サンジ「まさかバックレ?」

チョッパー「海賊船でバックレても・・・」


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 19:43:33.00 ID:roRdthKG0

ロビン「」ムキムキ



こうして私の一日が終わった


第一章 完

作者はこれより書き溜めするので休載いたします



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 21:00:22.16 ID:roRdthKG0

10日後

チョッパー「どいてそこ!」

ロビン「これ終わりました!次何すればいいですか!」

チョッパー「」カタカタ

ロビン「チョッパーさん!!」

チョッパー「うっせーな!!何って二週間もしてまだ仕事覚えられないの!?」

ロビン「すみません・・・」


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 21:01:16.48 ID:roRdthKG0

ゾロ「あー疲れたーやっと昼休み」

チョッパー「そうだねー」

ロビン「チョッパーさん!!ちょっと野菜の切り方見てもらえませんか!?」

チョッパー「ッチ!!こっちだって疲れてんだよ!!毎回毎回よぉ!!いい加減自分でどのくらいかとか覚えろよ!!」

ゾロ「まあまあ、俺が見てやる」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 21:02:21.49 ID:roRdthKG0

ロビン「よろしくお願いします!ゾロさん!」

ゾロ「んじゃ銀杏切りを見せてくれ」

ロビン「はい!銀杏切り銀杏切りっと・・・えーと・・・これだ!」

ゾロ「おい、お前、まだメモ帳見ないとわかんないのか?もう入って二週間だろ?」

ロビン「いえ、10日です・・・」ボソッ

ゾロ「そんなんどうでもいい!お前本当に覚える気あるのか?というより働く気あるのか」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 21:03:28.23 ID:roRdthKG0

ロビン「は、はい・・・」

ゾロ「それならいいんだが、辞めたっていいんだぞ」

ロビン「心配はされなくても大丈夫です・・・」

ゾロ「心配してるんじゃない、うぬぼれるな、いい加減覚えてもらわないと迷惑なんだ」

ゾロ「迷惑ってのは俺だけじゃない、チョッパーはもちろん、船の船員皆にかかっちまうんだ、わかるな?」

ゾロ「まだ社会経験がなかったとはいえ、努力してもらわないと困るんだ」

ロビン「すみません・・・」


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 21:04:24.26 ID:roRdthKG0

ゾロ「まだ俺やチョッパー、サンジに怒られるうちはいいんだ、本当に見放したときは怒りはしない。無視するんだ」

ロビン「・・・・」

ゾロ「その辺をわかってくれよ」

ロビン「はい、すみません・・・」



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 21:05:29.96 ID:roRdthKG0

ウソップ「海賊船が来たってよ!」

チョッパー「なんだって!」

ゾロ「久しぶりの戦闘だな!」

フォクシー「これよりデービーバックファイトを行う」ドン




123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 21:06:15.43 ID:roRdthKG0

ゾロ「なるほど、負ければ仲間を奪われるってわけか」チラ

ロビン「・・・・」

サンジ「よーし久しぶりになまった体を動かしますか!」

一同「おー」


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 21:07:10.30 ID:roRdthKG0

ゾロ「一勝ニ敗、つまり俺らの誰かを渡すってわけか・・・」

ロビン「わ、わたしが・・・」

サンジ「行くのか」

ロビン「私は必要とされてないのでいてもしょうがないかと・・・」

サンジ「そうか、そう思うなら行けばいい。だがな、お前はそこまでの人間だったということだよ」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 21:08:10.78 ID:roRdthKG0

サンジ「自分だけが不幸、自分だけが大変な思いしてる?馬鹿馬鹿しい。皆それぞれ大変な思いしてきるんだよ」

サンジ「それを「私はネガティブだから」「私は弱いから」とか言って逃げるつもりか?笑える冗談だよ」

サンジ「そんな弱い人間がなんで今まで続けてこれたのか・・・さぁ行ってきな役立たずが」

ロビン「サンジさん・・・・」

サンジ「今頃戻っても遅い、どの道仲間の誰かが抜けなきゃならねぇ」

ロビン「・・・・」スタスタ


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 21:09:43.44 ID:roRdthKG0

ロビン「皆さん今までありが

ポルチェ「オヤビン!!あの狸がいいわ!!可愛い!!!」

フォクシー「それじゃその狸をもらうとしよう」

ロビン「え」

チョッパー「え」


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 21:11:00.82 ID:roRdthKG0

サンジ「さて今日からゾロとロビンになった、頑張ってくれ」

サンジ「まあ元から料理は新人とゾロがやってたから、これが元の形なんだがな」

ロビン「そんな・・・わたしまだ何も・・・」

サンジ「自分で考えてやってけばいいんだ、今は相談する相手もいないから嫌でもやらなくちゃダメだろ」

ゾロ「そっちの仕込みはしばらくやってないが、手伝えるとき行ってやる」



第二章完



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:05:42.11 ID:roRdthKG0

数ヵ月後

フランキー「えぇ、船大工では経理から力仕事までオールマイティーにやっていました」

サンジ「へーなるほどねー、うちでは最初は料理人になってもらうんだけどいい?」

フランキー「はい、もちろんです、雑用から力仕事など全ての事柄において一生懸命頑張りたいと思います」

サンジ「うん、なるほど」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:06:33.28 ID:roRdthKG0

ロビン「」タッタッタッタ

ゾロ「ロビンおせーぞ!!!早くしろ!!!」

ロビン「はいもう少しです!!」コトコト

ゾロ「はい野菜炒め!!!」

ロビン「はい、これできましたー」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:07:10.93 ID:roRdthKG0

ゾロ「あー終わった終わった!」

サンジ「ロビン、話がある」

ロビン「なんです?」

サンジ「明日から新入りが入る」

ロビン「!?」


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:08:26.19 ID:roRdthKG0

ロビン「(先輩の威厳見せてやる)」カタカタ

フランキー「今日から働くことになりましたフランキーです!よろしくおねがいします!」

ロビン「(来た来た)ちょっとどいて」スタスタ

フランキー「すみません」

ゾロ「これ早く運んでー!」

ロビン「」ニヤリ

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:09:04.90 ID:roRdthKG0

フランキー「ゾロさん、ですね?サンジさんはどこにいらっしゃいますでしょうか?」

ゾロ「あっちの事務室」

フランキー「お忙しい中失礼しました、ありがとうございます」

ロビン「・・・」カタカタ

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:09:57.64 ID:roRdthKG0

サンジ「一息ついたとこで紹介しまーす、こちらフランキーさん」

フランキー「ただいまご紹介を賜りました、フランキーです、よろしくお願いします」

ゾロ「よろしくな」

ロビン「よ、よろしく・・・」

サンジ「それじゃロビンさん頼んだよ、仕込み教えてあげて」


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:10:57.27 ID:roRdthKG0

フランキー「よろしくお願いしますロビンさん」

ロビン「(いくら礼儀正しくても仕事は何もできるまい)あ、はい、どうも」カタカタカタ

フランキー「何の仕込みをすればいいでしょうか?」

ロビン「んじゃリンゴの皮むき、できる?」

フランキー「はい、やってみます」

ロビン「(勝った)」カタカタカタ


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:11:42.90 ID:roRdthKG0

ロビン「はー仕込み終わった」チラ

フランキー「こっちも終わりました!」

ロビン「え」

フランキー「海賊の食料には果物は基本ですもんね、面接前から練習してました」

ロビン「」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:12:29.23 ID:roRdthKG0

サンジ「さー昼時だよー」

ゾロ「はい、これできたよ!持っていって!」

ロビン「これもできました!」

フランキー「あ、それメニューではゴマを振り掛けるって書いてますよ!」

ロビン「」


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:13:02.23 ID:roRdthKG0

サンジ「はいんじゃー昼休み」

ゾロ「あー疲れた、メシメシ」

ロビン「(怒)」モグモグ

フランキー「私も食べていいでしょうか?」

サンジ「ご飯食べれるくらい働いたのか?」

ロビン「(キタ!)」


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:13:36.62 ID:roRdthKG0

フランキー「何も働きませんでしたよー無職ですもん」

サンジ「そうだな、んじゃ沢山食べて就活しないとな、ハハハハハハ」ニコニコ

ゾロ「ハハハハハハ」ニコニコ

フランキー「ハハハハハハハハハ」ニコニコ

ロビン「」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:14:27.50 ID:roRdthKG0

ゾロ「さてと、仕込み仕込みっと・・・」

ロビン「(怒)」ザックッザック

ゾロ「おいロビン、包丁の使い方が荒いぞ、いまさら言われることじゃないだろ」

ロビン「あ、はい、すみません・・・」チラ

フランキー「どうしたんですか?」ムキムキ

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:15:06.45 ID:roRdthKG0

サンジ「さて、夜だ、ラストだよ」

ゾロ「はいこれ持っていってー!」

ロビン「はい、焼き魚ー!」

フランキー「あ、私が盛りつけますんで、料理のほうをお願いします」

ロビン「あ、はい」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:15:49.91 ID:roRdthKG0

ゾロ「終わったーお疲れー、フランキーも明日も頑張れよ」

フランキー「もちろんです!」

サンジ「慣れたかフランキー!?」

フランキー「当たり前ですよ、もうここに来て半年ですよ!」ニコニコ

サンジ「いやー半年で慣れない奴もいるからなーハハハハハハハハハ」ニコニコ

ゾロ「ハハハハハハ」ニコニコ

フランキー「ハハハハハハ」ニコニコ

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:16:27.26 ID:roRdthKG0

ワイワイガヤガヤ

ロビン「お疲れ様でーす!」

ワイワイガヤガヤ

サンジ「なんだそりゃー」ニコニコ

フランキー「いや本当ですよ」ニコニコ

ゾロ「ホントなのかよー」ニコニコ

ワイワイガヤガヤ

ロビン「・・・・・」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:17:06.73 ID:roRdthKG0

サンジ「んじゃ、お疲れ!」

ゾロ「ロビンはどこ行った?」

フランキー「もう帰ったんじゃ?」

サンジ「そうだな、今日は忙しかったし」



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/17(金) 23:17:42.78 ID:roRdthKG0

ロビン「」ムキムキ



こうして私の一日は終わった


第三章 完

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 00:29:59.11 ID:Sr3brUE+0

数ヵ月後

サンジ「なんだって!?それは困る!!!」

ゾロ「いいや、これはお願いではない、報告だ」

サンジ「どうしていけばいいんだよこれから!」

ゾロ「それは大丈夫だ、夜に調理場を除いて見るといい」


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 00:30:31.56 ID:Sr3brUE+0

さらに数日後

ゾロ「はい、これ運んでー!」

ロビン「これもお願いしまーす!」

フランキー「倉庫から小麦粉もってきましたよ!」

ゾロ「サンキュー」


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 00:31:09.39 ID:Sr3brUE+0

サンジ「今日から、新しく新人が入りましたんで紹介します!」

ブルック「よろしくお願いします!」

サンジ「そして、今日までの人も」

フランキー「みなさん、ありがとうございました!」

ロビン「!?」

サンジ「フランキーさんはこれから船大工として船員みなさんを支えます」



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 00:31:52.25 ID:Sr3brUE+0

ロビン「あのう・・・なんでフランキーさんなんですかね・・・」

サンジ「単純にフランキーのほうが仕事できてるからだろ、自分でも思い当たる節はあるだろ?」

ロビン「まぁそれはそうですが・・・」

サンジ「お前、料理が嫌いなのか?」




182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 00:32:28.94 ID:Sr3brUE+0

ロビン「いえ・・・・好きです・・・」

サンジ「そうか、仕事を楽しめるようになったのか、なによりじゃないか」

ロビン「そうですね・・・」

サンジ「ほら早く昼の仕込みして、ブルックさんに仕込み教えて!」



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 00:33:18.91 ID:Sr3brUE+0

一週間後の夜


ゾロ「あー終わった終わった」

ブルック「お先失礼しまーす」

サンジ「お疲れさん」

ロビン「あのゾロさん、サンジさんちょっと見てもらいたいものがあるんです」

ゾロ「また包丁かぁ?もう大丈夫だろ野菜切るくらい」

ロビン「いえ、とりあえずちょっと来てください」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 00:34:15.41 ID:Sr3brUE+0

ゾロ「これは・・・」

ロビン「夜ひそかに練習してたんです、もちろん切った魚は朝の分の仕込みに使ってました」

ゾロ「三枚おろしをできるようになったのか!」

サンジ「魚捌けるようになったのか」

ロビン「あと、これもです」



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 00:34:48.47 ID:Sr3brUE+0

ロビン「こちらは背開き、こっちは大名おろし、そしてなし割り、ゾロさんの見よう見まねで覚えました」

ゾロ「これは・・・食べてみていいか・・・」

ロビン「もちろんです!」

ゾロ「これはカマスの背開き・・・皮ギリギリまで背開きをし、水分も多くやわらかいため、かなりの技術を使う・・・」

サンジ「それを一夜干しにしたか・・・うまい」


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 00:35:18.91 ID:Sr3brUE+0

ゾロ「これはサヨリの大名おろし・・・名前の由来どうり、贅沢でまるで殿様の食べ物だと思えてしまう・・・」

サンジ「それを糸つくりにしたか・・・なんて贅沢なんだ・・」

サンジ「そして俺の一番好きな捌き方・・・キンメダイのなし割り・・・」

ゾロ「あら煮・・・まさに捨てるとこがないと言われる魚だ・・・うまい」




188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 00:35:48.74 ID:Sr3brUE+0

ゾロ「凄い!これだけできれば一人前だ!」

サンジ「そうだな」

ゾロ「俺もこれで心を着なく辞めれる!」

ロビン「やめる!?」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 01:02:12.44 ID:Sr3brUE+0

ゾロ「ああそうだ、お前が夜頑張ってるの見てな、託すことにしたんだ」

ゾロ「そしてこれもお前に託す」

ロビン「これは出刃包丁に柳包丁、骨切り包丁、菜切り包丁」

ゾロ「これをお前に託す、今日からお前が料理長だ」


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 01:02:42.06 ID:Sr3brUE+0

ロビン「でも・・・」

サンジ「いいんだ!職人ってのは誰とも馴れ合わないもんだろ、お前みたいな奴のほうが合ってるんだ」

サンジ「それともナニか?やる気がないのか?」

ロビン「はい!やる気はあります!」


最終章 完


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/18(土) 01:37:38.33 ID:Sr3brUE+0

これは私が経験した実話を元にしたものです
飲食店は実際これ以上に酷く、サンジの発言はあるある発言みたいなものです
皆さんも飲食店に就職するのはやめましょう
私は免れましたが3年も働けば必ず最後のロビンのように洗脳されます
ワ○ミ氏ね



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「シンジって何で童貞くさいのかな〜」