アスカ「シンジとファーストと一緒に、初号機に取り込まれた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ああああ!!イライラする!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:36:15.06 ID:TIcL/YT+0

アスカ「こんなことってあるの?」

レイ「私には分からない」

アスカ「どうしてこうなった」/(^o^)\

アスカ「というか、なんで私とファーストが初号機に取り込まれなきゃいけないのよ」


※スカト○やS○ネタがそこそこキツめに含まれています。ご注意ください。
尚、シンジは微妙に鬼畜でヤバくなっていますが、ご了承ください。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:36:46.96 ID:TIcL/YT+0

アスカ「そもそも、初号機に3人も取り込まれるってありえるの?」

シンジ「そんな細かいこと気にしなくて良いんだよ」

アスカ「は? 何言ってんの?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:37:19.40 ID:TIcL/YT+0

………

……



ゼルエル「……」ピカッ!!

ドゴーーーン!!

日向「そのまま、セントラルドグマに直進してきます!!」

ミサト「総員退避。急いで!」

ドガアアアア

「!!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:37:55.76 ID:TIcL/YT+0

ゼルエル「……」ズズズズ

ミサト「くっ…」

ドゴォォォ

ミサト「!!」

シンジ「うおおおおおおお!!」

ミサト「シンジ君!?」

ドゴッ

シンジ「ミサトさん!!」

ミサト「5番射出急いで!!」

ガガガガガガガ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:38:27.10 ID:TIcL/YT+0

シンジ「(よくも、僕が折角設置した盗撮用ビデオカメラを!!)」

シンジ「くたばれ、この!!」ドゴッ ドガッ

シンジ「はぁはぁ…」ドゴッ ドガッ

ガクッ

シンジ「!!」

シーン

マヤ「初号機活動限界です! 予備も働きません!!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:39:34.50 ID:TIcL/YT+0

ガチャガチャ

シンジ「動け動け動け、動いてよ! 今動かなきゃ何もならないんだ!!」

シンジ「(せっかくネルフ本部に設置した盗撮用のビデオカメラが全部壊されちゃう!!)」

シンジ「今やらなきゃみんな(ビデオカメラが)死んじゃうんだ!!」

シンジ「だから動いてよ!!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:40:14.00 ID:TIcL/YT+0



……

………

アスカ「で、初号機が勝手に暴走して、いつ間にか使徒を倒したはいいけど、

初号機に『ド変態シンジ』は取り込まれちゃったと」

シンジ「『ド変態』は酷いなぁ」

アスカ「酷くない!!」

レイ「……」

シンジ「それで? アスカと綾波は何でここにいるの?」

レイ「それは、私から説明するわ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:40:45.18 ID:TIcL/YT+0

………

……



アスカ「あのド変態、一カ月も戻ってこないけど、

いったいどうなっちゃうんだろう」

トントン

「碇君が心配なの?」

アスカ「ファースト!」

アスカ「……残念でした」

アスカ「これであいつに、スカト○プレイの復讐が出来たと思って、喜んでたのよ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:41:16.04 ID:TIcL/YT+0

レイ「……」

アスカ「な、何よ」

レイ「それは本心では無いわ」

アスカ「はぁ? あんたに何が分かるって言うのよ。人形のくせに!」

レイ「……」ジッ

アスカ「何よ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:41:46.97 ID:TIcL/YT+0

レイ「……」

アスカ「ちょ、ちょっとどうしたのよ。

いきなり初号機に向かって祈りなんかささげて」

レイ「もう私はわら人形に戻りたくないの」

アスカ「!?」

レイ「(碇君を連れて行かないで。私たちに返して)」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:42:17.56 ID:TIcL/YT+0

グググググ

レイ・アスカ「!!」

初号機「グオオオオオオオオオオオオ!!!!」

「なんだ!!」「いきなり初号機が動き出したぞ!!」

グググググ バッ

「い、いかん!! パイロット二人が初号機に捕まえられた!!」

アスカ「ちょっと!! 離しなさいよ!!」ガンガン

レイ「……」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:42:52.34 ID:TIcL/YT+0

グググググ

「初号機が口を開けているぞ!!」「飲み込むつもりか!?」

アスカ「や、止めて! 私そんな美味しくないんだから!!」ジタバタ

レイ「……そう」

レイ「これで、あの人に会えるのね」

アスカ「きゃああああああああああ」

パクッ

「うわああああああああ!!」「初号機が二人のパイロットを食べたぞ!!」

ザワザワ ザワザワ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:43:22.96 ID:TIcL/YT+0



……

………

シンジ「それで、ここに来たって?」

レイ「どうやら、初号機の胃を通って腸の辺りで、吸収されたみたい」

アスカ「信じられない」

レイ「信じられなくても、これが現実なの」

アスカ「……」

シンジ「ふーん。まぁ、なんとかなるよ」

アスカ「なんであんたはそんなに能天気なのよ!」

アスカ「あんたがエヴァに取り込まれなかったらこんなことにならなかったのよ!!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:44:06.29 ID:TIcL/YT+0

シンジ「知らないよぉ」

シンジ「そもそも僕が留守中に、使徒を食い止められなかったアスカと綾波の責任だろ」

アスカ「ぐっ!」

レイ「ところで碇君は、なぜしばらくいなかったの?」

アスカ「そういえば、数日間あんたミサトの部屋に帰ってなかったわよね」

シンジ「ああ、そのことだけど。

絶版のスカト○AVを探して各地のお店を転々としてたんだ」

アスカ「はぁ?」

レイ「……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:44:36.96 ID:TIcL/YT+0

シンジ「いやぁホントどこにも無いんだよ。

仕方無いから、メーカーに問い合わせしたんだけど、

案の定、絶版だから手に入れるのは無理だって」

レイ「……」

アスカ「あんた、本当に中学生よね?」

シンジ「当たり前だろ?」

レイ・アスカ「……」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:45:22.54 ID:TIcL/YT+0

アスカ「はぁ…。

なんか深く考えるのが馬鹿らしくなってきた」

シンジ「そうだよ。

深く考えだしたらきりが無いからね」

レイ「でも、どうやってここから出るの?」

シンジ・アスカ「……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:46:05.91 ID:TIcL/YT+0

アスカ「はぁ、もうどのくらいの時間が経ったんだろ」

レイ「……」

シンジ「いい加減、お腹が空いて来たね」

グゥゥゥゥゥゥ…

アスカ「……」カァァァァ

シンジ「相当お腹が空いてるみたいだね」

アスカ「悪かったわね!!

というか、エヴァに取り込まれてもお腹って空くもんなの?」

シンジ「そんな細かいこと気にしなくて良いんだよ」

アスカ「……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:46:40.07 ID:TIcL/YT+0

シンジ「じゃあ、早速食事にしようか」

アスカ「えっ! ド変態シンジ、食べ物持ってるの!?」

レイ「良かった。私もお腹が空いていたの」

「……」シーン

アスカ「ねぇ、シンジ早く食べ物出しなさいよ」

シンジ「えっ、何を言ってるの?」

アスカ「?」

シンジ「出すのは綾波とアスカじゃないか」

レイ・アスカ「……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:47:12.17 ID:TIcL/YT+0

アスカ「嫌な予感はしていたけど、

そんなことだろうと思った!!」

レイ「……」

シンジ「じゃあ、早速出してよ」

アスカ「何がよ!!」

シンジ「分かってたんじゃないの? うん○だよ」

レイ・アスカ「……」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:47:42.91 ID:TIcL/YT+0

アスカ「絶対に嫌!!」

レイ「私も……」

シンジ「はぁ…。そう言うと思ってたけど」

アスカ「それじゃあ、この話は終わり!!」

シンジ「折角、僕分かったのになぁ。」

アスカ「何がよ!?」

シンジ「食便することで、外に出られるかもしれないってこと」

レイ・アスカ「!!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:48:18.27 ID:TIcL/YT+0

シンジ「僕は、初号機が使徒を食べているところを見て思ったんだ。

『この初号機は異食家なんだ』てね」

レイ・アスカ「……」

アスカ「は?」

シンジ「多分、初号機は使徒を食べることによって、

S2機関を取り込むと同時に、異食家という自身の欲求を満足させていたんだよ」

アスカ「……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:49:10.82 ID:TIcL/YT+0

シンジ「普段そんなこと出来ないから、相当欲求不満だったんじゃないかな」

レイ「つまり?」

シンジ「今ここで、異食行為をすることで、

初号機の欲求を満足させ、外に出ることができる」

シンジ「と思う」ボソッ

アスカ「ちゃんと『と思う』って聞こえたわよ!!

あんた、最もらしいこと言ってるけど、自分の欲求を満足させたいだけでしょ」

シンジ「……」

シンジ「さぁ?」

アスカ「何よ、今の間は!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:49:41.61 ID:TIcL/YT+0

シンジ「じゃあ、早速始めよう」グッ

アスカ「ちょっと、止めてよ! ド変態シンジ!!」ジタバタ

レイ「……」グッ

アスカ「ファ、ファースト!? 何で、私を押さえているのよ!?」

レイ「ここから出るためよ」

アスカ「嫌、いやああああああああああ!!!」ジタバタ



シンジ「(くぅぅぅぅぅぅぅぅぅうううううううううううう!!

この苦痛で歪んだ表情最高ぅぅぅぅぅ!!!)」ゾクゾク

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:50:18.15 ID:TIcL/YT+0

シンジ「おや、こんなところにイチジク浣腸があるぞ?」

アスカ「ちょ、ちょ、ちょっと待って!? なんでそんなものがあるのよ!?」

シンジ「そんな細かいこと気にしなくて良いんだよ」

アスカ「なによ、そのコピペしたみたいなセリフぅ!!」ジタバタ

レイ「じっとして」

アスカ「こんな状況でじっとしていられるか!!」ジタバタ

シンジ「じゃあ、パンツずらすね」

ズルッ

アスカ「いやあああああああああああああ!!」カァァァ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:50:58.35 ID:TIcL/YT+0

シンジ「アスカのアナ○って綺麗だね」ツンツン

アスカ「ちょっとおおおお!! 私の肛門触るなあああああ!!」ゲシゲシ

シンジ「痛い、痛いよぉ、アスカ」ナデナデ

アスカ「今度は、お尻を触るなあああああ!!」ゲシゲシ

シンジ「痛い痛い。ところで、アスカ」

アスカ「な、何よ!! はぁはぁ…」

シンジ「アナ○とアスカって語呂が似てない?」

アスカ「死ね!!」ドゴッ

シンジ「ぐはっっっ!!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:51:29.02 ID:TIcL/YT+0

シンジ「はぁはぁ……」

アスカ「……」

シンジ「やっと静かになった」

レイ「碇君、早くして。私疲れた」

シンジ「分かったよ」グイッ

アスカ「ぐすっ…うぅ、うっ…」ポロポロ

シンジ「アスカ、泣いているの?」

アスカ「泣いてない、泣いてないわよ……」グッ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:51:59.87 ID:TIcL/YT+0

シンジ「ごめんね、アスカ。こんな辛い思いをさせて」

アスカ「だ、だったら止めてよ…」

シンジ「うーん」



シンジ「それとこれとは、話が別だよ」

アスカ「だったら、そんな事言うなああああ!!!」ジタバタ

シンジ「うわっ、また暴れ出した!?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:52:56.38 ID:TIcL/YT+0

レイ「……」バシッ

アスカ「!!」ヒリヒリ

シンジ「綾波」

アスカ「なんで…どうして…いきなりぶったのよ…」

レイ「……碇君、今よ」

シンジ「よっしゃああああああああああああああ!!!!」

アスカ「ちゃんと、私の質問に答えろおおおお!!!」

シンジ「とりゃあああ!!」ズボッ

アスカ「あっ!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:54:31.48 ID:TIcL/YT+0

シンジ「そんで、チューと中に注入っと」

アスカ「や、やめてよ…」カァァァ

シンジ「もう遅いよ」

アスカ「うぅぅ…、お腹の中が気持ち悪い…」

シンジ「もう少し待てば、便意という名のセカンドインパクトが来るから」

アスカ「うぅぅ…、ぐすっ、うっ…」

レイ「碇君、私にもお願い」パサッ

シンジ「OKー」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:55:45.06 ID:TIcL/YT+0

シンジ「じゃあ、四つん這いになって」

レイ「はい…」

シンジ「やっぱり綾波のケツマ○コは綺麗だね。

それに、毛が一本も生えてない」

レイ「恥ずかしい」カァァァ

シンジ「いや、大丈夫だよ。

肌なんてスベスベだし、とっても綺麗」

レイ「褒められた」カァァァ



シンジ「(こんなことでいちいち赤くなって、あああああああああああああああああああ」


シンジ「(滅茶苦茶にしたい!!!!!!!)」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:56:34.02 ID:TIcL/YT+0

シンジ「それじゃあ、もっとケツマ○コを突き出して」

レイ「こ、これでいいの…?」クイッ

シンジ「うん!! じゃあ、行くよ」

レイ「ええ」

シンジ「それじゃあ、チューっと中に注入っと」ブスッ

レイ「あっ!!」

シンジ「どう、綾波?」

レイ「……」

レイ「お腹がポカポカする」

シンジ「それは良かった」

アスカ「なんで、ファーストは平気なのよぉ…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:57:09.82 ID:TIcL/YT+0

シンジ「……」

シンジ「そろそろかな」

アスカ「ふぇ…?」


ギュルルルルルルルル


アスカ「あぅ!!」

シンジ「来た来た来た来た来た来た来た!!」

アスカ「だ、駄目ぇ……!!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:57:55.25 ID:TIcL/YT+0



ギュルルルルルルルル


レイ「んっ!!」

レイ「わ、私も来たわ、碇君」

シンジ「おっ、綾波も来たの?」

アスカ「いやぁ!! 見ないでぇぇ!!」

レイ「くっ、覚悟していたのに。やっぱり恥ずかしい…」

シンジ「大丈夫だよ。その恥ずかしさも直に快楽へと変わるから」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:58:38.04 ID:TIcL/YT+0

アスカ「私……も、もう…駄目…」プリッ

レイ「わ、私も……」プリッ

シンジ「わっしょい、わっしょい、わっしょい、わっしょい!!!」

アスカ「いやぁ、見ないでええええええええええええ!!!!」

レイ「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」


ブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリ ブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリ

ボトボトボトボトボトボトボトボトボト ボトボトボトボトボトボトボトボトボト

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 21:59:32.66 ID:TIcL/YT+0

レイ・アスカ「はぁはぁ……」

シンジ「どう、気持ち良かった?」

レイ「……」コクッ

アスカ「……」

シンジ「アスカは?」

アスカ「……」

シンジ「アスカー?」

アスカ「……った」

シンジ「ん、なんて言ったの? 聞こえないよ?」

アスカ「気持ち良かった、って言ってんのよ!!」

シンジ「OKー!!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:00:43.40 ID:TIcL/YT+0

シンジ「それじゃあお待ちかねの食事ターイム!!」

アスカ「何それ?」

シンジ「はぁ!? 何のために放便したと思ってるんだよ」

アスカ「わ、忘れてた…」ボソッ

レイ「でも、さすがに食便は汚いと思う。病気になると思うわ」

アスカ「そうよ!! あんた前に言ってたじゃない!?

『健康的な生活習慣が大切なんだ!!』って!!

これのどこが、健康的な生活習慣なのよ!!??」ドンッ

シンジ「……」プルプル

レイ「い、碇君?」 アスカ「シ、シンジ?」



シンジ「ふざけるな!!!!」ドンッ

レイ・アスカ「ひぃっ!!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:01:14.59 ID:TIcL/YT+0

シンジ「何のために、初号機に取り込まれるあの長いくだりをやったと思ってるんだ!!!」

レイ・アスカ「ひぃっ!?」

シンジ「ここだったら、食便しようが病気になることは無いからなんだよ!!」

レイ「……」

レイ「本当に病気にならないの?」

シンジ「そんな細かいこと気にしなくて良いんだよ」

アスカ「コピペかよ!!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:01:46.82 ID:TIcL/YT+0

シンジ「それじゃあ、さっそく食便しようか」

アスカ「(あっさりと流された!?)」

シンジ「んー」

シンジ「単に、自分の出した便をそのまま食すのもつまらないなぁ」

アスカ「あんた、何言ってるのよ」

シンジ「よし!! アスカが出した便は綾波が、綾波が出した便はアスカに食して貰おう!!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:02:17.43 ID:TIcL/YT+0

アスカ「ちょ、ちょっと待って!?」

シンジ「ん? どうしたの?」

アスカ「ただでさえ、食便に抵抗があるっていうのに、

他人の便なんて食べられるわけないじゃない!!」

シンジ「……」プルプル

シンジ「ふざけるな!!」

レイ・アスカ「ひぃっ!?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:02:57.67 ID:TIcL/YT+0

シンジ「互いに互いの便を食す事によって、

その人の腸内環境がより客観的に分かるんだよ!!」

アスカ「そんなの分かりたくないわよ!!」

レイ「わ、私も……」

シンジ「じゃあどうするんだ!?使徒と戦ってる最中に便意を催したら!!

エントリープラグの中で放便するって言うのかい!?」

アスカ「そ、それは…」

レイ「……」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:03:30.01 ID:TIcL/YT+0

シンジ「腸内環境を客観的に分析して、使徒との戦いに臨む。

エヴァのパイロットとして選ばれたからには、責務を果たさなければいけないよ!!」

アスカ「腸内環境を知ることも責務だって言うの?」

シンジ「ああ!!」

レイ・アスカ「……」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:04:06.21 ID:TIcL/YT+0

シンジ「じゃあ、さっそく食便をしよう!!」

アスカ「どうせ、私たちに拒否する権利なんてないのよね」

シンジ「おぉ、さすがアスカ。物分かりの良い人は好きだよ!!」

アスカ「!!」

アスカ「(そ、そんな好きって…)」カァァァ

シンジ「?」

レイ「良いなぁ」ボソッ

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:06:49.50 ID:TIcL/YT+0

レイ・アスカ「……」クンクン

シンジ「どう? お互いの便の臭いは?」

レイ「あなたの便、臭すぎるわ」

アスカ「はぁ!? こんな美少女に向かって!!」

シンジ「アスカは、好き嫌いばかりするから、便も臭くなるんだよ」

アスカ「ふん!!」

シンジ「ちゃんと食物繊維もしっかり取ろうね」

アスカ「言われなくても分かってるわよ!!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:08:29.57 ID:TIcL/YT+0

シンジ「じゃあ、今度はアスカ」

アスカ「分かったわよ」

アスカ「……」クンクン

シンジ「どう?」

アスカ「……?」クンクン

シンジ「どうしたの、アスカ」

アスカ「ファーストの便、あんまり臭いがしない」クンクン

シンジ「どれどれ」クンクン

アスカ「ね?」

シンジ「ホントだ。そう言えば綾波はあまりお肉食べなかったよね?」

レイ「ええ」

シンジ「だからだよ、アスカ。お前も見習え!!!!」

アスカ「なんで私ばっかりなのよ!!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:09:20.31 ID:TIcL/YT+0

シンジ「まぁいいや」

シンジ「では、お互いの臭いが分かったところで、食してみよう!!」

レイ・アスカ「……」

シンジ「それじゃあ、アスカから!!」

アスカ「ど、どうやって……?」

シンジ「犬のように食べればいいと思うよ」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:09:50.91 ID:TIcL/YT+0

アスカ「い、犬って!?」

シンジ「こらっ!!」

アスカ「!?」

アスカ「あんた、何いきなり怒ってんのよ……」

シンジ「アスカは、今から犬なんだ! 『ワン』しか口に出来ないんだよ!!」

アスカ「〜〜〜〜!!」

シンジ「ほら、『ワン』」

アスカ「……」

アスカ「ワ、ワン…」

シンジ「よし、食べろ!!」ドヤッ

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:10:38.14 ID:TIcL/YT+0

アスカ「(ドヤ顔むかつくぅぅ!!)」

アスカ「う、うぅぅぅ……」クンクン

シンジ「ほら、早く」

アスカ「分かっ…、じゃなくて、ワン…」

シンジ「よし」

アスカ「うっ……」パクッ

アスカ「(うぇぇぇ。口の中がネチャネチャするし……)」クチャクチャ

シンジ「よし、飲み込め!!」

アスカ「(ムリムリムリ!!)」

アスカ「うっぷ………」フルフル

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:12:32.91 ID:TIcL/YT+0

シンジ「何だ!? ご主人さまの言う事が聞けないのか、この駄犬!!」

アスカ「うっ……。わ、わぁん」

アスカ「(わ、分かったわよ。食べればいいんでしょ。うぇぇ、吐きそう)」ムチャムチャ

アスカ「クチャクチャ……うっぷ、うぅぅ…むちゃ、くちゃ……おえっ」

アスカ「……」ゴクリ

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:13:03.65 ID:TIcL/YT+0

シンジ「(今にも泣きそうな表情!!!!! くぅぅぅぅぅぅぅぅううううう最高!!!)」



シンジ「よーしよしよし!!」ナデナデ

レイ・アスカ「!!」

アスカ「クゥゥゥン」カァァァ

シンジ「やっと懐いたか」

シンジ「しっかり食べろよ!!」

アスカ「ワン! ワン!!」

レイ「……」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:13:34.42 ID:TIcL/YT+0

シンジ「じゃあ今度は、綾波だな」

レイ「……」

シンジ「綾波はそうだなー。アスカが犬だから…」

レイ「にゃ、にゃーん?」

シンジ「!?」

シンジ「そう!!! まさにそれだよ!!!!」

レイ「(良かった、気に入ってくれて)」カァァァ

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:22:00.26 ID:TIcL/YT+0

シンジ「それじゃあ、アスカの便を綾波に食べてもらおうかな」

レイ「それは、無理」

シンジ「さっそく人間の言葉を使うな!!!!」

レイ「!!」



レイ「……にゃーん」

シンジ「そうだよ! それそれ!!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:23:05.96 ID:TIcL/YT+0

レイ「……」クンクン

レイ「(なんという悪臭。これを本当に食えというの?)」

レイ「……」ウルウル

シンジ「おぉぉぉぉ、その何かを訴えかけようとする目!!! 最高!!!」

アスカ「あんた何興奮してるの?」ジトー

シンジ「(あっしまった。つい言葉が出ちゃった)」

シンジ「いや、何でも無い。早く食したまえ」ドヤッ

レイ「……」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:24:00.12 ID:TIcL/YT+0

レイ「……」パクッ

レイ「んーーーー!!」フルフル

シンジ「どうしたの? もしかして食べられそうにない?」

レイ「!!」コクコク

シンジ「そうかー……」

シンジ「でも、折角アスカは、綾波の便を食べたのになぁ……」

シンジ「僕は悲しいよ……」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:24:46.27 ID:TIcL/YT+0

レイ「!!」

シンジ「……」シュン

レイ「……わはったわ(分かったわ)」

レイ「わたひ、がんはるから(私頑張るから)!!」

シンジ「綾波は猫だろ」

レイ「……」

レイ「にゃーん」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:25:29.20 ID:TIcL/YT+0

レイ「ん、ん……うぅぅ」ムチャムチャ

レイ「(うっぷ……なんて臭いの……)」ムチャムチャ

シンジ「大丈夫? 綾波」

レイ「にゃーん(大丈夫と思う)」

シンジ「そう」

シンジ「(やっぱり綾波は猫が似合うなぁ……はぁはぁ)」

レイ「うっ…ん、ん…」ゴクッ

レイ「はぁはぁ……」

シンジ「食べた」

レイ「にゃん(ええ)」

シンジ「それじゃあ、残りも完食してよ。ほらっ、アスカも!!」

アスカ「分かっ……ワン」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:26:30.03 ID:TIcL/YT+0

アスカ「うぅぅ、むぐっ……ヌチャヌチャ、おえっ……」

レイ「ん、ん、うっぷ……クチュ、えぐっ……クチャ」

シンジ「(これは良い眺めだああああああああ!!

二人の背後に回ると、マ○コもア○ルも丸見えだよっ!!!!)」

シンジ「(二人とも下半身丸出しで四つん這いになっているのに、

食べることに集中して気付いていない。こういうのを絶景っていうのかな)」

レイ「うっ…うぅぅぅぅ」

アスカ「んっぷ、う…」



レイ・アスカ「がはっ!」ボタボタ

シンジ「!!」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:27:38.58 ID:TIcL/YT+0

シンジ「あーあ、折角食べたのに吐いちゃったよ」

アスカ「クゥゥゥン(ごめんなさい…)」シュン

レイ「にゃぁぁぁん(ごめんなさい…)」シュン

シンジ「(はぁはぁ……、二人とも可愛いよぉ)」

シンジ「(しかし、ここは心を鬼にするっっ!!)」

シンジ「はしたないなぁ。 ちゃんと吐しゃ物も残さず食べてね」

レイ・アスカ「はぁはぁ……」トロー

レイ「にゃん」

アスカ「ワン」



レイ・アスカ「……」ペロペロ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:28:18.13 ID:TIcL/YT+0

シンジ「よし、食べ終わったね!!」

アスカ「お口すすぎたい」

レイ「私も」

シンジ「(そうは入っても、飲み物が……)」



シンジ「あっそうだ!!」ピコーン

シンジ「だったら、これでお口をすすぎなよ」ポロン

レイ・アスカ「!!!」カァァァ

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:30:24.11 ID:TIcL/YT+0

レイ・アスカ「……」ジー

シンジ「ん、どうしたの二人とも、これがそんなに珍しい?」

レイ・アスカ「……」ソッ

アスカ「ん、んあぁ……」ペロペロ

レイ「ん、ん、れろっ…」ペロペロ

シンジ「うわっ、ちょっ、いきなり!?」



アスカ「私たちは、ペットなんでしょ?

だったら、舐めるのが義務のようなものじゃない」

シンジ「!?」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:31:04.08 ID:TIcL/YT+0

シンジ「だ、だからって!?」

レイ「ん、あーん……くちゃ、れろ……ぴちゃ」

シンジ「あっ……綾波」

アスカ「あっずるい!!」ドンッ

レイ「きゃっ」

アスカ「あむっ、れろれろれろれろれろ……」

シンジ「こんなことしたら、別のものが出ちゃうだろ!?」

レイ「私たちがすべてを受け止めるわ。だから安心して」

レイ「あむっ、ちゅううううううう……れる、れろ…」

アスカ「ほうよ、はかああんひんひなはい(そうよ、だから安心しなさい)!!」

アスカ「かぷっ、じゅるるるるう……はむはむ…」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:31:54.84 ID:TIcL/YT+0

シンジ「ちょっと、ホントヤバいって!!」

レイ「れろ、れる…ちゅぽ……はぁ…れろれろれろ」

アスカ「んふふふ……れる、ちゅる、ちゅるるるるる」

シンジ「も、もう駄目だ!!」



ドピュ!!



シンジ「くっ……」

レイ・アスカ「んく、んくっ……」

シンジ「はぁはぁはぁ……」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:32:29.92 ID:TIcL/YT+0



……

………

ドサッ!!

「!!」

ミサト「あっ、あぁ……」

ミサト「シンジ君、アスカ、レイ!!!!」ダッ

ミサト「良かった、本当に良かった」ポロポロ

シンジ・レイ・アスカ「……」グッタリ

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:37:06.90 ID:TIcL/YT+0

もうちょっと続きますが、ここからはエ○シーンがないです。

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:38:40.01 ID:TIcL/YT+0

………

……



冬月「碇、お前の息子が帰って来たぞ」

ゲンドウ「そうか……」ガサゴソ

冬月「何を探している?」

ゲンドウ「いや、ビデオカメラをだな……」

ゲンドウ「クソッ!!」

ゲンドウ「(シンジめ、一体どこにビデオカメラを仕込んでるんだ!!)」ガサゴソ

ゲンドウ「〜〜〜!!」イライラ

冬月「はぁ。全くしょうがない奴だ」スタスタ

冬月「碇、そんなに怒るな」グイッ

ゲンドウ「ふ、冬月」ドキドキ

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:39:24.65 ID:TIcL/YT+0



……

………


某日。

「総員第一種戦闘配置! 対空迎撃戦用意!!」

アスカ「使徒!?」



アラエル「……」フワフワ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:40:36.23 ID:TIcL/YT+0

ミサト「零号機発進」

ミサト「二号機はバックアップとして発進準備」

アスカ「!!」

ミサト「(ちなみに、シンジ君は司令のプライベートを盗撮していたことがバレて、

司令が怒っちゃったから、ちょっち自宅謹慎中よ)」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:41:23.93 ID:TIcL/YT+0

アスカ「バックアップ!? 私が!?」

ミサト「そうよ、後方に回って」

アスカ「冗談じゃないわ!!」バシュ



ガッゴゴゴゴゴゴ



リツコ「アスカ!」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:42:25.73 ID:TIcL/YT+0

ミサト「……」

ミサト「やらせてみましょう」

リツコ「二号機のパイロットの変更考えとくわよ」

「……大丈夫ですよ」

ミサト「シンジ君」

シンジ「…アスカなら」

ミサト「……」



ミサト「(自宅謹慎中なのに、なんでシンジ君がここにいるの?)」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:43:01.16 ID:TIcL/YT+0

ポツポツ…

ザーーー ザーーー

アラエル「……」フワフワ

アスカ「……」ガシャ

アスカ「もうさっさとこっちへ来なさいよ! じれったいわね!!」ピピピピピピピ

アラエル「……」フワフワ



カッ!!!!



アスカ「!!」

ミサト「アスカ!」

リツコ「まさか、使徒の心理攻撃!?」

アラエル「……」パァァァァァァァ

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:43:58.11 ID:TIcL/YT+0

アスカ「……」

アラエル「……」パァァァァァァァ

アスカ「……」

アスカ「ふん」

ミサト「ア、アスカ?」

アスカ「その程度の心理攻撃ぐらい…」



アスカ「ド変態シンジのプレイに比べたら痛くもかゆくもないのよぉぉ!!!!」



ミサト「……」

リツコ「……」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:44:31.29 ID:TIcL/YT+0

アスカ「十分引きつけたわね!! いっくわよおおおおおおお!!!」

ドオオオオオオオオオン

アラエル「えっ、ちょ待っ……」パァァァァァァァ




ドガアアアアアアアアアン




ミサト「……」ポカーン

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:45:06.43 ID:TIcL/YT+0

シンジ「ねっ、言ったでしょ。ミサトさん」

ミサト「シンジ君…」

シンジ「はい、なんですかミサトさん」



ミサト「あなた、自宅謹慎中でしょ?」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:45:59.75 ID:TIcL/YT+0



……

………

某日。

アルミサエル「……」ブーン

ミサト「あの形が固定形でないことは確かだわ」

ミサト「レイ、しばらく様子を見るわよ」

ミサト「(ちなみに、シンジ君はまだ自宅謹慎中)」

レイ「いえ、来るわ」

ミサト「えっ?」

アルミサエル「……」クネクネ



ビュンッ!!



レイ・アスカ「!!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:46:30.66 ID:TIcL/YT+0

アスカ「こっちに来た!!」

アスカ「おりゃああああああああ!!」ドドドドド

アルミサエル「……」バシバシ

アスカ「全然効いてない!?」



ビュンッ!!



ミサト「レイの方へ!?」

レイ「!!」

アスカ「危ない!!」ガンッ

アスカ「くっ…」ドドドドドド

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:48:49.24 ID:TIcL/YT+0

アルミサエル「……」クネクネ



ビュンッ!!



レイ「えっ!?」ドズッ ドズッ

アスカ「!!」

ズズズズズズ

レイ「うっ!」

アスカ「ファースト!!」



ビュンッ!!



アスカ「しまった!!」ドズッ ドズッ

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:49:59.48 ID:TIcL/YT+0

リツコ「使徒が…積極的に一時的接触を試みているの…エヴァと?」

レイ・アスカ「はぁ、はぁ……」

ズズズズズズ

マヤ「危険です! 零号機と二号機の生体部品が犯されています!!」

ミサト「そんな…」

アルミサエル「……」ズズズズズズ



アルミサエル「!!」ピタッ



ミサト「えっ!! 使徒の動きが止まった!?」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:50:39.36 ID:TIcL/YT+0



アルミサエル「やべぇ…」


レイ・アスカ「はぁ、はぁ……?」

アルミサエル「こいつら……」



アルミサエル「尿便まみれじゃねぇかああああああああああ!!!!」

アルミサエル「くせえええええええええええええええ!!!!!」クネクネ クネクネ



ミサト「……」

リツコ「……」

マヤ「……」

レイ・アスカ「……」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:51:13.62 ID:TIcL/YT+0

レイ「……い」

アスカ「ファースト?」

レイ「ひどい…」

アスカ「……」

レイ「うぅ、うっ……ぐすっ…」

ポタポタ

レイ「!!」



レイ「涙…これが涙?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:52:01.76 ID:TIcL/YT+0

アスカ「……」ブチッ

アスカ「よくも、臭いって言ってくれたわね!!

私たちは臭くないわよおおおおおおおおお!!!!」

アスカ「とりゃああああああああああああああ!!!!」

ポーイ

ミサト「あれは……!?」




ミサト「N2爆弾!?」




アスカ「ファースト逃げるわよ」ダッ

レイ「私、臭くない……ぐすっ」ダッ

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:53:18.42 ID:TIcL/YT+0

アルミサエル「はぁはぁ、臭かったぁぁぁ……ふぅ」

アルミサエル「あやうく、こっちが精神汚染されるところ……」

コロコロコロコロ

アルミサエル「ん? なんだこれ?」




チュドオオオオオオオオオン!!!!!!




アスカ「な、なんとか助かったわね。ふぅ」

レイ「ぐすっ……うっ…」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:54:10.36 ID:TIcL/YT+0



……

………

某日。ターミナルドグマ。

シンジ「カヲル君…どうして…」

カヲル「君とスカト○プレイをすることが、僕の運命だからだよ……」

シンジ「……」グッ

カヲル「あ、あれ、初号機で僕を握るの早くない?」

シンジ「ごめん、僕、男のスカト○には興味が無いんだ」



グシャッ

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:58:08.76 ID:TIcL/YT+0



……

………

シンジ「(スカト○パワーのおかげで、使徒を倒すことが出来て、

やっぱりスカト○はすごいやっ!!!!)」



アスカ「また、一人でニヤついてる」

シンジ「ごめん、ごめん」

レイ「私たちにも構って」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:58:39.38 ID:TIcL/YT+0

アスカ「というか、早くこれ抜いてよ!!」ブーン ブーン

レイ「私も、もう我慢できない……」ブーン ブーン

シンジ「ふーん」

シンジ「なにが我慢できないの?」

レイ「私のケツマ○コに刺さってるバ○ブです」カァァァ

アスカ「は、早くぅ」フリフリ

シンジ「しょうがないなぁ」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:59:10.47 ID:TIcL/YT+0

シンジ「ということで、さっそく放便という名の歌を奏でてみよう!!!!!」

ズボッ ズボッ

アスカ「いやああああああああああああ!!!!」

レイ「んんんんんんんんんんんんんん!!!!」


ブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリ ブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリ

ボトボトボトボトボトボトボトボトボト ボトボトボトボトボトボトボトボトボト


レイ・アスカ「はぁはぁ……」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 22:59:57.56 ID:TIcL/YT+0

シンジ「うーん、良い放便(うた)だ」

シンジ「やっぱり放便(うた)はいいねぇ。放便(うた)は心を潤してくれる。

リリンの生み出した文化の極みだよ。そう感じない?」

レイ・アスカ「はぁはぁ……疲れた……」グッタリ

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 23:00:39.39 ID:TIcL/YT+0

シンジ「なんだ疲れたのか。『糞も放便』って諺があるだろ?

もっとスカト○っぽく言わなきゃ!!!!」

シンジ「じゃないと、全然興奮しないよっっ!!!!!!」




レイ・アスカ「……」スクッ

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 23:01:16.21 ID:TIcL/YT+0

シンジ「おっ言う気になった?」



レイ・アスカ「バカアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」ドゴッ ドガッ



シンジ「ぐはっ!!」

パタリ


劇終

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 23:02:49.78 ID:TIcL/YT+0

エピローグ

シンジ「(ネルフ本部の至るところに、ビデオカメラを仕掛けていたおかげで、

人類補完計画の事とかが色々と分かったから、自宅謹慎させられたけど結果的に良かった)」

シンジ「(というか、父さん、冬月さんと糞まみれになりながら、ペラペラしゃべるんだもん)」

シンジ「(情報漏洩も時間の問題だったよ。きっと)」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/02(木) 23:03:21.51 ID:TIcL/YT+0

シンジ「(まぁそのおかげで、ギリギリのところで人類補完計画を阻止できたしね)」

シンジ「(かわりに、色んな組織が解体しちゃったけど……)」

シンジ「(色んな組織が解体した原因の一つに、

父さんの糞まみれ動画をネット上にアップしたこともあるんだけど)」

シンジ「(さすがにやりすぎだったかなぁ……)」

シンジ「……」

シンジ「(まっ、別にいいか)」

シンジ「(もし人類補完計画が成功したら、この世からスカト○が無くなっちゃうかもしれないし、

それだけは絶対避けないとねっ!!!!)」


本当に劇終



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「安価で光彦から逃げ切る」