アイリス「昨日、サトシの部屋から苦しそうな声が聞こえてきた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「ゲームを作ってみたんですが」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:41:26.61 ID:Tg+l4hmB0

アイリス「きたけどなにがあったの?」

サトシ「!?」

ヒカリ「!?」

デント「集合」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:43:02.18 ID:Tg+l4hmB0

アイリス「ちょっと、どこいくの!?」

デント「あはは!」

デント「二人に大事な話があってね!」

アイリス「せっかくの朝食なのに置いてけぼりにする気!?」

デント「す、すぐに戻るから…」

バタン

アイリス「……」

アイリス「?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:44:27.34 ID:Tg+l4hmB0

デント「ええと」

デント「どういうこと?」

サトシ「……」

ヒカリ「……」

モジモジ

デント「股間もじもじしないで」

デント「生々しい」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:45:52.59 ID:Tg+l4hmB0

ヒカリ「あの……その……」

ヒカリ「気付いてた?」

デント「そりゃ、もう」

ヒカリ「ちょっとサトシ!?」

サトシ「俺のせい!?」

デント「いや、連帯責任」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:48:49.83 ID:Tg+l4hmB0

デント「久しぶりに会ったから燃え上がるのはわかるよ?」

デント「百歩譲って、まあ、僕に気づかれるのはしょうがない」

デント「大人の対応をするよ?」

デント「でもアイリスにバレるのは良くないテイストだね」

ヒカリ「……私は声を抑えようとしたんだけど」

ヒカリ「サトシが声を出していい」

ヒカリ「いっそみんなに聞かせてやれって…」

デント「サトシ?」

サトシ「……言いました」

デント「……」

サトシ「ちょ、ローキックは痛い、ローキックは……」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:51:16.01 ID:Tg+l4hmB0

デント「とにかく、彼女にどう説明するべきか…」

デント「まだ子どもなんだから」

二人「すみません…」

ガチャ

ベル「……あ、デントおはよう」

ベル「……」

ベル「……」

一同「……」

ベル「あの、君たちってその、大人なんだね…」

ベル「///」

スタコラサッサ

一同「……」

デント「もう、めんどくさい!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:55:14.19 ID:Tg+l4hmB0

デント「とにかく言い訳を考えて」

サトシ「言い訳と言われても」

デント「なんでサトシの部屋から彼女の苦しそうな声が聞こえてきたのか!」

サトシ「あ、はい…」

ヒカリ「ごめんなさい」

ヒカリ「久々にサトシに抱かれたら」

ヒカリ「我慢できなくて…」

デント「知るかボケ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:58:28.25 ID:Tg+l4hmB0

デント「というか」

デント「君たちは以前からそういう関係だったの」

ヒカリ「ええと」

サトシ「いや、うん」

ヒカリ「ちょっと、サトシ」

サトシ「はい」

デント「はぁ、今の子たちは進んでるねぇ…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:00:57.88 ID:Tg+l4hmB0

デント「ヒカリさん、少し席を外してもらってもいい?」

ヒカリ「えっ」

デント「一度戻らないと不審がられるかもしれないし」

ヒカリ「ええと」

ヒカリ「う、うん、よくわからないけど」

スタコラ

サトシ「ええと、どういうことでしょう」

デント「……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:02:53.69 ID:Tg+l4hmB0

デント「さて、いろいろと聞かせてもらうよ」

サトシ「いろいろって…」

デント「いつからそんな関係に?」

サトシ「そんなこと言わなきゃいけないのかよ!」

デント「そりゃもう」

サトシ「ええ……」

サトシ「その……」

サトシ「シンオウにいたころから……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:04:24.31 ID:Tg+l4hmB0

デント「どちらからそういう関係に?」

サトシ「む、向こうから…」

サトシ「そ、そこまで聞くことないだろ!?」

デント「言い訳を考えなきゃいけないからねぇ」

サトシ「ぐむむ」

デント「シンオウにいたころからだから結構長いね」

サトシ「ま、まあ…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:05:48.11 ID:Tg+l4hmB0

デント「ぶっちゃけ、どう?」

サトシ「どうって?」

デント「そりゃ、その、具合のほうだよ」

サトシ「いやいやいやいや!」

デント「僕と君の仲じゃないか」

デント「それにアイリスとこれからも仲良くやっていきたいだろ?」

サトシ「それは、その……」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:08:18.55 ID:Tg+l4hmB0

デント「ぶっちゃけ、どう?」

サトシ「どうって?」

デント「そりゃ、その、具合のほうだよ」

サトシ「いやいやいやいや!」

デント「僕と君の仲じゃないか」

デント「それにアイリスとこれからも仲良くやっていきたいだろ?」

サトシ「それは、その……」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:10:27.18 ID:Tg+l4hmB0

サトシ「……おっぱいは大きくないけど」

サトシ「ベッドの上だと怖がりで、ちょっとマグロっぽいところもあるけど」

サトシ「一生懸命で、ちょっとMっ気があって」

サトシ「その、かわいい」

デント「……」

サトシ「……」

デント「……フヘッ」

サトシ「ちょ、やめろよ!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:11:49.48 ID:Tg+l4hmB0

デント「その口ぶりだとそれなりに経験もしてそうだね」

サトシ「いやそれは……」

デント「何人?」

サトシ「……三人目です」

デント「……フホッ」

サトシ「ああ、もう!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:13:37.61 ID:Tg+l4hmB0

デント「一人目は?」

サトシ「水泳やってたから締まりがよかった…」

デント「二人目は?」

サトシ「おっぱいでかかった…」

デント「彼女は元カノのことを知ってるの?」

サトシ「まだ言ってない…」

サトシ「多分自分が初めてだと思ってる」

デント「ウェヘヘヘヘヘヘ」

サトシ「うう……」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:16:21.35 ID:Tg+l4hmB0

デント「まさかアイリスに手を出すなんでことはしてないよね?」

サトシ「あいつはまだ子どもだし」

デント「ベルは?」

サトシ「……」

デント「えっ、嘘」

サトシ「いや、ないないない!」

デント「ないよねぇ」

サトシ「今の俺はヒカリ一筋だから」

デント「……アハッ」

サトシ「バ、バカにすんなよぉ!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:21:16.73 ID:Tg+l4hmB0

デント「とりあえずピカチュウが風邪ひいて」

デント「看病してたことにしよう」

サトシ「それでいいの?」

デント「アイリスなら大丈夫だと思うよ」

サトシ「うーん」

デント「バレたらバレたで面白いじゃないか」

サトシ「いやいやいやいや」

サトシ「まあでもポケモンの看病が無難かもしれない…」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:22:35.49 ID:Tg+l4hmB0

デント「とりあえず部屋に戻ろうか」

デント「いくらなんでもいつまでもここにいるわけにはいかないし」

サトシ「……」

スタコラ
ガチャ

ヒカリ「……///」

ベル「……///」

アイリス「あら、おかえり」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:25:26.35 ID:Tg+l4hmB0

サトシ「ごめんごめん」

サトシ「昨日ピカチュウが風邪ひいてさ」

サトシ「その看病で……」

アイリス「えっ、ヒカリはマンムーが夜泣きしたからって…」

一同「……」

デント「再集合」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:27:47.19 ID:Tg+l4hmB0

デント「よくかんがえたらそっちでそっちで言い訳を考える可能性があったね」

デント「でもなぜマンムー?」

ヒカリ「あの、とっさの勢いで…」

ベル「でもアイリス信じてたみたいだから大丈夫だよ!」

デント「わかった、じゃあ今回はマンムーの方向で」

ベル「サトシくんのマンムーどうだった!?」

デント「大胆にもほどがあるね」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:30:04.31 ID:Tg+l4hmB0

ヒカリ「……」

ベル「……」

ゴニョゴニョ

ヒカリ「///」

ベル「サトシくん!」

ベル「ちいさいけどかわいいって!」

デント「いいねこの空気読めないテイスト」

デント「癖になるね」

サトシ「……傷つくわ」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:35:26.11 ID:Tg+l4hmB0

デント「じゃあ、ヒカリのマンムーは夜泣き」

デント「サトシくんのウリムーには今後頑張って自信を取り戻してもらう方向で」

サトシ「死にたい」

ベル「サトシったら」

ベル「ポケモンの扱いだけじゃなく」

ベル「女の子の扱いもビギナーね!」

サトシ「……」

デント「これはバンギラスもびっくりのおいうちだね」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:39:24.31 ID:Tg+l4hmB0

アイリス「あ、戻ってきた」

デント「あはは、ごめんアイリス」

デント「待たせちゃった」

アイリス「結局、なんだったの」

ベル「マンムー、マンムー!」

ベル「ヒカリのマンムーが夜泣きしてたの!」

ベル「やだ、いやらしい!」

デント「最後の一言が余計だね」

ヒカリ「ごめんね」

ヒカリ「でもあなたもいつか通る道だから」

デント「あの、君もややこしくしないで」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:41:34.74 ID:Tg+l4hmB0

アイリス「?」

アイリス「ふぅん」

アイリス「私はオトナだから夜泣きなんてしないけどねぇ」

一同「……」

アイリス「えっ、ちょっと、なんで黙り込むのよ」

デント「そうだね」

デント「大人ならちゃんと夜泣きは我慢しないとね」

アイリス「よねぇ」

ベル「それも若さね!」

サトシ「……」

ヒカリ「///」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:43:54.72 ID:Tg+l4hmB0

アイリス「あ、そうだ」

デント「なんだい」

アイリス「ええと、実はね」

アイリス「昨日、デントの部屋からも苦しそうな声が聞こえてたんだけど」

アイリス「なにかあったの?」

一同「……」

サトシ「……おい、デント」

サトシ「お前のマンムーについて教えてもらおうか」

144 名前:1[] 投稿日:2012/07/31(火) 23:46:53.48 ID:Tg+l4hmB0

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「佐々木が……レイプ……」