古泉「実は僕、ポニーテール萌えなんですよ」 長門「……そう」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:右代宮戦人「SEXなんて存在しない!そんなの都市伝説だ!」

ツイート

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 19:54:47.51 ID:xQPp1uLP0

古泉「……一晩でえらく髪が伸びましたね」

長門「情報操作は得意」

古泉「ポニーテール、よくお似合いですよ」

長門「……そう」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 20:03:06.12 ID:xQPp1uLP0

ガラッ

ハルヒ「あら、みくるちゃんはまだ来てないのね」

古泉「掃除当番で遅くなるそうですよ。彼は?」

ハルヒ「岡部に呼び出されて職員室。あのバカ、よほどテストの結果が悪かったのね……」

ハルヒ「それにしても、古泉くんと有希の組み合わせって、なんだか珍し……」

長門「……」

ハルヒ「……有希、その髪どうしたの!?」

長門「ウィッグ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 20:09:15.27 ID:xQPp1uLP0

ハルヒ「ああ、ウィッグ……そりゃそうよね、たった一日でそれだけ髪が伸びるはずないものね」

ハルヒ「……じゃなくて! どうしていきなりポニーテールにしたの!? あなたまさか」

長門「まさか、何?」

ハルヒ「っ……なんでもない!」

古泉「……」ニヤニヤ

ハルヒ「なによ古泉くん、言いたいことでもあるわけ?」

古泉「あ、いえ何も」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 20:38:26.47 ID:xQPp1uLP0

古泉「実は僕、ノーパン萌えなんですよ」

長門「ノーパンってなに?」

古泉「え」

長門「ノーパンってなに?」

古泉「いえあのですね」

長門「なに?」

古泉「ごめんなさいそんな冷ややかな目で見ないでください」


全力で保守

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 20:45:25.68 ID:xQPp1uLP0

長門「日本人ならパンよりお米」

古泉「ノーパンですね」

長門「しかしナンも捨てがたい」

古泉「カレーがお好きなんですね……」


いいぞみんなで保守をするんだ

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:11:28.90 ID:xQPp1uLP0

古泉「実は僕、ポニーテール萌えなんですよ」

長門「奇遇。わたしもポニテ萌え」

古泉「えっ」

長門「古泉一樹にはきっとポニーテールが似合うはず」

古泉「いえ、僕は男ですから」

長門「まかせて、情報操作は得意」

古泉「ちょっ長門さん、何をす、やめ、」



キョン「それでそんなことに……」

いつき「うぅ……」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:20:09.28 ID:xQPp1uLP0

キョン「お前も大変だな」

いつき「そう言ってくださるのはあなただけですよ。涼宮さんは不思議を見つけて喜んでいるし、朝比奈さんは……」

みくる『とってもかわいいです、古泉くん……いえ、いつきちゃん!』

キョン「ヤスミの時を思い出すな」

いつき「渡橋ヤスミさんが居なくなってから、ずっとさみしそうでしたからね。元気になってくれたのはいいのですが……しかし……」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:21:47.90 ID:xQPp1uLP0

いつき「あなたが唯一の良心です」

キョン「それにしても……特盛だな」

いつき「前言撤回します」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:24:06.68 ID:xQPp1uLP0

キョン「髪型もよく似合ってるじゃないか」

キョン「うなじが綺麗だぜ。ハルヒのポニテには劣るが」

いつき「うわあ気持ち悪い」

キョン「おいてめえ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:28:02.47 ID:xQPp1uLP0

いつき「長門さん、僕を男に戻していただけませんか」

長門「拒否する」

いつき「そう言うと思ってました。しかしですね、いつまでもこのままでは生活に支障がでてしまいますから」

長門「いや」

いつき「お願いしますよ長門さん……そうだ、戻してくださる代わりに、なんでも一つ言うことを聞きますから」

長門「! その言葉は本当?」

いつき「神に誓って」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:31:50.21 ID:xQPp1uLP0

古泉「一晩寝たら元に戻っていました」

キョン「ちっ……そりゃよかったな」

古泉「なんですかその舌打ちは……」

キョン「誰だってむさ苦しい男よりは美少女を選ぶに決まってる」

キョン「それよりなんだ、まだ悩みでもあるのか? 表情が暗いが」

古泉(……いったい僕は何をさせられるんだろう)

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:34:45.73 ID:xQPp1uLP0

古泉「涼宮さんの記憶は長門さんがうまく改竄してくれました」

長門「情報操作は得意」

古泉「それで昨日の約束ですが……僕は何をすればいいですか?」

長門「……」


長門「わたしと付き合ってほしい」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:36:47.59 ID:xQPp1uLP0

古泉「わかりました。どこまで付き合えばいいのでしょう」

長門「えっ」

古泉「荷物持ちならお任せを」

長門「……」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:43:10.30 ID:xQPp1uLP0

長門「……夕飯の材料を買いに行く」

古泉「ではスーパーに行きましょうか」


古泉「た、たくさん買いましたね……」

古泉(これだけあれば一週間は保ちそうだ)

古泉「にんじん、たまねぎ、じゃがいも……今日の献立はカレーですか?」

長門「そう」

古泉「これだけの量を一人で……?」

長門「……少し買いすぎた」

古泉「え」

長門「あなたにも、一緒に食べてほしい」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:47:54.18 ID:xQPp1uLP0

古泉「それでは他のメンバーも呼んで、カレーパーティーというのはどうです?」

長門「……」

長門「……言ったはず。わたしは、あなたと、一緒に食べたい。二人で」

古泉「……!」

古泉「……わかりました。お邪魔させていただくことにしましょう」

長門「……」コクッ

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:50:47.89 ID:xQPp1uLP0

古泉「お手伝いしますよ」

長門「だめ。あなたはお客様」

古泉「そ、そうですか……」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:52:39.72 ID:xQPp1uLP0

古泉「いただきます」

長門「いただきます」

古泉「……」フーフー

長門「……猫舌?」

古泉「あ、すみません。つい癖で」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 22:58:06.18 ID:xQPp1uLP0

古泉「ごちそうさまでした。長門さんのカレー、とても美味しかったですよ」

長門「……おそまつさま」

古泉(お腹が結構キツい……)

長門「……古泉一樹」

古泉「は、はい」

長門「ごめんなさい」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 23:00:31.07 ID:xQPp1uLP0

古泉「えっ……何がですか?」

長門「あなたを勝手に性転換させたこと」

古泉「ああ、そのことですか。もう気にしてませんよ、ちゃんと元に戻してもらえましたし」

長門「本当に?」

古泉「もちろん」

長門「……よかった」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 23:04:31.00 ID:xQPp1uLP0

長門「わたしはあなたが怒っていると思っていた」

古泉「? 何故です?」

長門「わたしが付き合ってほしいと言ったとき、あなたは故意に話をすり替えた」

古泉「え?」

長門「男女交際を申し込んだわたしの言葉をわざと曲解した。だからあなたはわたしのことを嫌っているのだと」

古泉「えっちょっと待ってください」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 23:07:07.17 ID:xQPp1uLP0

古泉「付き合ってほしいというのは、買い物のことですよね?」

長門「違う。わたしはあなたに交際を申し込んだ」

古泉「本気ですか?」

長門「あなたこそ」

古泉(呆れたような視線が痛い)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 23:09:56.03 ID:xQPp1uLP0

古泉「……僕はあなたのことを嫌ってなどいません。怒ってもいない」

古泉「少し勘違いがあったようですね……あはは」

長門「……では、わたしのことが好き?」

古泉「……」

長門「聞きたい。あなたの気持ちを」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 23:12:01.36 ID:xQPp1uLP0

古泉「……」

古泉「長門さん」

長門「……」

古泉「僕はあなたのことが好きだ」

長門「……!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/28(土) 23:20:54.78 ID:xQPp1uLP0

***


キョン「それでそんなことに……」

古泉「うぅ……」

長門「古泉一樹の膝の上。幸せ」

古泉「あの長門さん、こういうことは二人きりの時だけに……部室ではちょっと……」

長門「拒否する」

古泉「そういうと思ってました。しかしですね、このままでは団の活動に支障が……」

長門「いや」

古泉「お願いしますよ長門さん……そうだ、膝から降りてくださる代わりに、なんでも一つ言うことを聞きますから」

長門「! その言葉は本当?」

古泉「神に誓って」

長門「……なら」


長門「ずっといっしょに居て」

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「ドラゴンフォース・・・?」