ナツメ「超能力がインチキだってばれた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】加賀「はぁ……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 20:34:25.62 ID:I88IgmAJ0

ポケウッド館長「クビ」

ナツメ「えーっ」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 20:42:16.85 ID:I88IgmAJ0

ナツメ「せっかくジムリーダーやめて女優になったのに」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ナツメ 「ハッ!」

観客A 「スゲェ.....」「ウイテルゾ.....」「アレガウワサノチョウノウリョクカ.....」

ナツメ (フフフ.....いいわよユンゲラーその調子..)


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 20:44:30.48 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「よし!最後の大技!ユンゲラー頼んだわよ!」

ユンゲラー 「ユンゲユンゲ」(わかったぜアネキ)



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 20:47:42.71 ID:I88IgmAJ0

ブワッ

ナツメ 「やだ...!?スカートが...!?」

ユンゲラー 「ユンゲマンゲユンゲ」(げへへ..狙い通り...)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 20:50:35.04 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「ちょっとユンゲラー!どういうこと?」

観客 「ユンゲラー?」「オイアレミロヨ」「ポケモンダ」「ユンゲラージャネーカ」「マサカアイツニチョウノウリョクヲ?」「インチキジャネ?」ザワザワ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 20:52:01.97 ID:I88IgmAJ0

ユンゲラー 「ナイスショットれすwww」

ナツメ 「い...いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 20:54:19.90 ID:I88IgmAJ0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ナツメ 「そして今に至ります」

ナツメ 「これからどうしようかしら....」

ナツメ 「とりあえず>>9の所に行ってみようかな」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 20:56:11.41 ID:5V3Bb6AD0

レッド「・・・なんだって?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 20:58:22.29 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「レッドのところに行ってみよう」

ナツメ 「でもレッドって今どこにいるのかしら?」

ナツメ 「たぶん>>15よね」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 21:03:12.98 ID:5V3Bb6AD0

キャバクラ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 21:05:36.99 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「キャバクラよね」

ナツメ 「この前シロガネ山での修行に飽きたっていってたし」

ナツメ 「じゃあいってみよー!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 21:10:21.78 ID:I88IgmAJ0

〜〜キャバクラ〜〜

レッド「おい!もっと酒もってこい!」

ナツメ 「あの...レッドさんですよね?」

レッド 「ん...なんだナツメかどうしたんだこんな所で」

ナツメ 「実は...」

カクカクシカジカ

レッド 「俺もインチキくせーと思ってたんだよ」

ナツメ 「えっ!いつからですか?」

レッド 「最初に会ったときからだよユンゲラーがやたら太ももみてたぞ」

ナツメ「あのエロスプーンめ...」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 21:12:10.82 ID:I88IgmAJ0

ナツメ「私はこれから何をすればいいでしょうか?」

レッド「そうだなぁ...>>23なんてどうだ?」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 21:13:10.07 ID:5V3Bb6AD0

フエンタウンでアスナと共に砂風呂、そしてそこからの・・・後は分かるな?

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 21:38:52.60 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「フエンタウンに行ってみようかしら」

ナツメ「たしか温泉で有名なところよね」

ナツメ 「ホウエン地方はとおいのよね....そうだ!ユンゲラー!テレポートよ!」

スッカラカン

ナツメ 「あれユンゲラーがでてこない...カメラも無い!あいつ写真とってにげやがったのね!」

ナツメ 「船でいきますか...」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 21:40:18.92 ID:I88IgmAJ0

〜〜船中〜〜

「おーいナツメ〜」

ナツメ 「あの人は...>>42

42 名前:麺。 ◆nPMQvXTOWQ [] 投稿日:2012/07/23(月) 21:42:22.10 ID:5V3Bb6AD0

シロナ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 21:46:33.50 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「シロナさんじゃないですか」

シロナ「面と向かって話すのは初めてね」

ナツメ 「どうしてこの船に?」

シロナ 「ホウエン地方にある遺跡の調査のためよ。そういうあなたこそ何でホウエン地方に?」

ナツメ (う..まずい..インチキがばれたなんて言えないし...)

ナツメ (ここは>>50よ!)

50 名前:麺。 ◆nPMQvXTOWQ [] 投稿日:2012/07/23(月) 21:47:53.15 ID:5V3Bb6AD0

襲う(性的なry)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 21:50:46.81 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「襲う!」

シロナ 「遅い!」

バシッ!

シロナ 「殺気がバレバレだったわよ。いったいどうしたの?」

ナツメ 「実は..>>55だったんです!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 21:53:45.01 ID:5V3Bb6AD0

レッドに襲われそうになって・・・

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 21:57:39.21 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「レッドに襲われそうになってホウエン地方に逃げてきたんです」

シロナ 「レッドが?そんなことする子だとは思ってなかったけど..」

ナツメ 「猫かぶってるんですよ」

ボー

シロナ 「そうこうしてるうちに着くわね。ホウエンに着いたらどこへ行くの?」

ナツメ「フエンタウンに行こうかと。温泉入ってみたいですしね。」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 21:59:33.19 ID:I88IgmAJ0

シロナ 「温泉?いいわね。私もついて行っていいかしら?」

ナツメ(うーんどうしよう)

いえす or のー>>63

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 22:00:13.96 ID:iJC6CDwkO

いつの間にレッドがいる、ついでにイエス

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 22:04:29.95 ID:I88IgmAJ0

レッド「イエース!!!!!」

ナツメ シロナ「!?」

レッド 「俺もつれてってくんな〜い?」

ナツメ 「レッドさん!?なんでこの船にいるんですか?」

レッド 「つけてきた」

ナツメ 「へ?」

レッド 「つけてきた」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 22:06:37.65 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「つけてきたってなんですか!?」

レッド 「おいおいいいのか〜い?インチキの事シロナにばらしちゃうぜ〜?」

ナツメ 「っ...!いいですよ!ついてきても!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 22:10:42.52 ID:I88IgmAJ0

シロナ 「レッド?あなたそんなキャラだったかしら?以前戦ったときは...」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シロナ 「いきなさい!ガブリアス」

レッド 「いけっ..ピカチュウ...」ボソッ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シロナ「みたいな感じだったじゃない!?あれは何だったの!?」

レッド「キャラ立てっすよwwww」

シロナ 「へ?」

レッド 「キャラ立て」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 22:13:00.50 ID:I88IgmAJ0

シロナ「へ..へーそうだったんだ..じゃあナツメを襲ったっていうのは本当なの?」

レッド 「それは違いますよ...ナツメはすぐに嘘をつく...むしろ襲われたって感じで...」

ナツメ シロナ 「!?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 22:14:50.72 ID:I88IgmAJ0

シロナ「ナツメ....あんたそれ本当なの?」

レッド(嘘ついたらインチキばらしちゃうぜ〜)

ナツメ 「ぐぬぬ....実は>>75だったんですよ。」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 22:22:39.39 ID:iJC6CDwkO

ダーリン(レッド)の赤ちゃん出来た(嘘なくマジで)

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 22:29:00.86 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「レッドとの赤ちゃんができたの」

ガタッ

シロナ「私ともつくって!」

レッド「おうよ!」

ギシギシアンアンイッイクー
オギャーオギャー

こうしてレッドは多くの子どもをつくりポケモンマスターを育成したのでした

Fin

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 22:36:36.95 ID:I88IgmAJ0

もう無理だよ...SS(安価だけど)書くの初めてだったんだよな
もっと修行していつか書き直します!
今日はすんませんした!残りはエリカちゃんの画像でもはっといてください!

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 23:52:35.25 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「レッドとの赤ちゃんができたの」

シロナ 「へ?本当に?」

ナツメ「う.うんわたしが無理やりしたからできちゃったんだけどね」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 23:54:45.31 ID:I88IgmAJ0

レッド「激しかったなあ...」

ナツメ(ちょっと!話し広げすぎないで!)

シロナ 「へ.へぇそうなんだもう着いたしわたし行くわね」ヒキギミ

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 23:55:32.20 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「そんなこんなで」

レッド 「フエンタウンについたぜ」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 23:59:51.49 ID:I88IgmAJ0

ナツメ 「ヒッ!おじいさんが埋まってる!」

レッド 「それは砂風呂だよ」

ナツメ 「砂風呂?砂風呂ってなに?」

レッド 「知らないのか?まあカントーにはなかったから無理もないか。砂風呂っつーのはなー」

レッド 「温泉の湧出する砂浜などで全身を砂中に埋めて蒸し温める方法で,鹿児島県指宿(いぶすき)では〈天然砂蒸し温泉〉,大分県別府では〈砂湯〉(古くは沙湯)と称する。特に指宿では摺ヶ浜(すりがはま)を中心に汀線近くに泉源があり,...」

ナツメ 「!?」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:01:23.03 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「すごくためになったわ」

レッド 「それじゃ入ってみよっか」

ナツメ 「え?入るってどこに?」

レッド「決まってんじゃん?砂風呂だよ」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:04:31.66 ID:hkW4NUU+0

〜〜脱衣所〜〜

ナツメ 「なになに...?砂風呂に入る方は水着を着用しなさい?」

ナツメ 「水着は借りられるのね。あれ?一着しかない...この水着は...?」

テテーンつスクール水着

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:07:47.45 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「えー..これしかないのか...恥ずかしいな...でももう服脱いじゃったし..」

ナツメ 「とりあえず着てみようかな」

ナツメ 「胸の辺りが凄くきつい....なんか破れそうなきがするけど...」

ナツメ 「まあいっかな」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:10:33.86 ID:hkW4NUU+0

レッド 「うぉっ!何その水着wwww」ニヤニヤ

ナツメ 「ヒッ!レッドが埋まってる!」

レッド 「またかよ」

ナツメ 「この水着しか無かったのよ」

レッド 「ふーん。まあ入ってみろよ。あったかくて気持ちいいぞ〜」

ナツメ 「じゃあお言葉に甘えて...」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:12:45.95 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「ふわぁ...あったかくて気持ちいい...ポケウッドをクビになった事なんて忘れられるわ...」

ナツメ 「極楽極楽...」

ビリッ

ナツメ「!?」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:14:53.13 ID:hkW4NUU+0

ナツメ (やばいやばいやばいやばいやばい)

ナツメ (砂風呂の中で水着が破れた...!)

レッド 「ん?どーしたー?」

ナツメ 「なんでもないなんでもないなんでもない!気にしないで!」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:17:01.85 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「どうしましょう」

ナツメ (水着が破れました。隣にはレッドがいます。砂風呂は屋外です。周りには人がちらほら...)

ナツメ (どーしよー!)

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:20:49.19 ID:hkW4NUU+0

レッド「スースー」

ナツメ 「あれ?もしかしてレッド寝てる?」

ナツメ 「これはチャンスかも!いますぐ脱衣所へ」ダッシュ

パシャ

ナツメ (いま誰かに撮られた!?)

ナツメ 「まさか...」

ユンゲラー 「ユンゲユンゲマンゲ」(ナイスショットおいしいれすwwww)

ナツメ 「やっぱりユンゲラー!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:23:08.97 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「とにかく脱衣所へ!」

ガララッ

ナツメ 「ふう..何とか戻れたわね...とりあえず服をきましょう」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:26:36.43 ID:hkW4NUU+0

ガラガラガラッスタスタ

ナツメ 「誰!?」

ユンゲラー&スリープ&スリーパー「催眠術」

ナツメ 「あれ?からだg...」ドサッ

ユンゲラー (連れていけ)

スリープ&スリーパー(了解しました)

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:30:01.85 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「あれ?ここは....?」

ユンゲラー「ユンゲユンゲ」(気がついたか)

ナツメ 「あなた何でわたしにこんなことを...!」

ユンゲラー 「ユンゲ」(うるさい)

ナツメ 「な..⁉」

ユンゲラー 「ユンゲユンゲ」(これを見ろ)

ナツメ 「これは...」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:32:50.83 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「フエンタウンでの私の写真!」

ユンゲラー「ユンゲ」(抵抗すればこれをばらまくぞ)

ナツメ 「くっ..!卑怯な真似を...!どうすればいいの?」

ユンゲラー「ユンゲ」(これを見よ...)

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:35:34.55 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「ジムリーダー催眠調教シリーズ...?いやっ!これって...!」

ユンゲラー 「ああ。いかにもアダルトビデオだ。」

ナツメ 「エリカに..カスミ..アンズ.ミカンやアカネも⁉」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:38:20.25 ID:hkW4NUU+0

ユンゲラー喋らすのめんどいんで

ナツメ 「あんたたちもしかして...」

ユンゲラー 「ああそうだ。カントーからイッシュ地方まで全ての女ジムリーダーでこのAVを作ってきた。」

ユンゲラー 「残るはナツメ...お前だけだ。」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:42:55.80 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「いっいや...」

ユンゲラー「おい!エリカとカミツレを連れて来い!」

スリープ 「かしこまりましたボス」

キキィ...

エリカ 「ああ..ナツメさんじゃないですかぁ...早くこっちにきていっしょに... アンッ気持ちよくなりましょ...?」

カミツレ 「もぅ...モデルなんてやってられないくらいにぃ... 気持ちいいんですよぉ....?」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:46:16.92 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「あなたたち!目を覚まして!早くこんなところから脱出しましょ!」スタタ

ガシッ

ナツメ「え?...」

エリカ カミツレ 「 「だ〜か〜ら」」

「 「いっしょに気持ちよくなりましょ?」」

ナツメ 「いっいやぁぁぁぁぁぁあ!!」


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:48:12.11 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「チョット!離してよ!お願い!離してぇぇえ!」

ユンゲラー 「うるさい雌豚だ。おい!」

スリーパー 「かしこまりました。」

サイミンジュツ!



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:51:39.78 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「あれ?ここは....?」

パンパン

ナツメ 「へ?いやぁぁぁぁぁあ!やめて!抜いてお願い!お願いします!中だけはやめてぇ!」

ヌポッ

ナツメ 「え?抜いてくれるの?」

スタスタ

ナツメ 「あれ?どこ行くの?ねえってば!」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:52:59.05 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「私も脱出...」

ガシャン!

ナツメ 「これは...首輪?」

ナツメ 「出られないじゃない...」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:55:05.92 ID:hkW4NUU+0

数時間後.....

ナツメ 「なんだか体が熱く感じる...特に股間....」

ナツメ 「はあ...気持ちよかったな...もう一回...」

ナツメ 「ハッ!だめだめ!そんなことかんがえてちゃ!」




136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 00:58:09.02 ID:hkW4NUU+0

また数時間後....

ナツメ 「ああっ!もう我慢できない!」

クチュクチュ

ナツメ 「あんっ!」(こんなんじゃ全然足りない...!)

グチュグチャグチュグチュ!

ナツメ 「ああああああん!」(なんで!?なんでイケないの?)

ユンゲラー 「そろそろ気がついたか...」

ナツメ 「!?」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 01:00:29.42 ID:hkW4NUU+0

ナツメ 「私に何をしたの!?」

ユンゲラー「簡単な催眠だ。我々の手じゃないとイケないというな。」

ユンゲラー 「まあイキたくなったら私達を呼ぶがいいさ」

「イキたくなったらな。」

ナツメ 「誰がいったりするもんですか!」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 01:03:40.59 ID:hkW4NUU+0

数時間後.....

ナツメ 「はあっ...はあっ....イキたい...けど....あいつらに頼むのは....」

「アンアンッエリカポケモンノチンポデカンジテマスゥゥゥ!」
「モウモデルナンカヤラナイ!ポケチンデイキテクゥゥゥ!」

ナツメ 「いいな.....」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 01:07:57.34 ID:hkW4NUU+0

ユンゲラー 「心に揺らぎがで始めたな」

ナツメ 「ユンゲラー....イキたいです...」ボソッ

ユンゲラー「んん?聞こえんなぁ」

ナツメ 「だから!イキたいっていってるの!早くイカせて!」

ユンゲラー 「物の頼み方もいう物があるだろう。いまのお前は私以下の雌豚だ。」

ナツメ 「イ...せて...さぃ...」

ユンゲラー「聞こえんなぁ」

ナツメ 「イカせてください!」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 01:10:29.08 ID:hkW4NUU+0

ユンゲラー 「誰のナニで誰をイカせてほしいんだ?ハッキリといえよこの雌豚」

ナツメ 「ユンゲラー様の巨大チンポで淫乱ジムリーダーの雌豚ナツメをイカせてくださいぃぃぃぃぃ!」

ユンゲラー 「よくできました」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 01:14:48.66 ID:hkW4NUU+0

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

ナツメ 「ああっ!またイク!」

ユンゲラー 「おいおいこれで何回目だ?」

ナツメ 「そんなのしらないぃ!きもちよかったらぃぃのぉ!」

ユンゲラー 「この変態雌豚が。これからお前に催眠をかける。ずっとハメられてる快感を味わう催眠だ。1人で永遠とヨガってるんだな」

ナツメ 「はいぃ!ユンゲラー様のチンポ気持ちいいれすぅぅ!」

ユンゲラー 「聞こえてないな。さすが変態雌豚だ。」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 01:20:41.34 ID:hkW4NUU+0

キィィ...

???「おお!やってるねぇwwww」

ユンゲラー「はい。これですべてのジムリーダーのAVが完成しました。これもすべてレッド様の為。」

レッド 「おーいナツメ?聞こえてるかぁ?これからこのAVが全国へ出荷される。有名になれるぞwwww って聞こえてないかwwwwそういやお前インチキで女優クビになったんだっけwww?」

「よかったじゃねーか。女優に戻れて。」




ナツメ「超能力がインチキだってばれた」

こんどこそ 完


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/24(火) 01:23:05.74 ID:hkW4NUU+0

読んでた人いたのかな?
もう最後本当グダグダですんませんした!
流石にあそこで終わらせるのはダメだとおもったので...
もし読んでくれてた人がいたのならば感謝です!
ありがとうございました!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マスオ「あれ?どうしたんですかお義父さん、こんな夜中に」