冬月「碇、本当に泊って行くのか」碇「ああ、もうパジャマ着てるしな」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「……時よ止まれ」

ツイート

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 04:42:46.25 ID:Stq9TKgjP

冬月「まず風呂に入らないのか?」

碇「そうだったな」

冬月「沸かしてこよう」

碇「冬月」

冬月「なんだ?」

碇「お前も風呂の準備をしておけ」

冬月「本当にいいのか?」

碇「ああ、問題ない」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 04:49:40.78 ID:Stq9TKgjP

冬月「碇、準備が整ったぞ」

碇「ああ、今行く」

冬月「本当に…一緒に入るのか?」

碇「当然だ」

冬月「そうか…」

碇「嫌だとでも言うのか?」

冬月「そういうわけではないが、ただ…」

碇「受け入れろ」

碇「すべてはシナリオ通りだ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 04:57:43.46 ID:Stq9TKgjP

碇「冬月、なにをコソコソしている」

冬月「私にも羞恥心というものはある。人間だからな」

碇「羞恥心か」

冬月「ああ」

碇「もとより人というものは裸だった」

碇「しかし知恵の実を食べたことで恥を知り、服をまとう」

碇「羞恥心とは弱い人間の証だ」

冬月「碇、私にはお前が何を言っているのかわからんよ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 05:05:12.38 ID:Stq9TKgjP

碇「冬月」

冬月「なんだ?」

碇「洗いっこだ」

冬月「洗いっこだと!?」

碇「どうした?早くしろ、出来ないのならば帰れ」

冬月「碇、ここは私の家だよ」

碇「ああ、そうだったな」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 05:10:12.21 ID:Stq9TKgjP

冬月「いくぞ、碇」

碇「ああ」

冬月「…」ゴシゴシ

碇「…」

冬月「痒いところはないか?」ゴシゴシ

碇「もう少し上だ」

冬月「ここか?」ゴシゴシ

碇「悪くない」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 05:17:21.31 ID:Stq9TKgjP

碇「冬月、交代だ」

冬月「もういいのか?」

碇「ああ」

冬月「そうか…では頼む」

碇「…」ゴシゴシ

冬月「碇」

碇「言わなくてもわかっている」ゴシゴシ

冬月「碇」

碇「なんだ」ゴシゴシ

冬月「上ではなく下だ」

碇「そうか」ゴシゴシ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 05:21:38.32 ID:Stq9TKgjP

碇「冬月、身体を流せ」

冬月「入るのか…」

碇「もちろんだ」ザバァー

冬月「ふふ…つくづく食えん男だ」ザバァー

碇「…」チョン

碇「冬月」

冬月「すこし、熱いな」チャプ

碇「ああ」チャプ



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 05:27:03.71 ID:Stq9TKgjP

冬月「…」

碇「水だ…」

冬月「水を足すのか!?」

碇「ああ」

冬月「しかしそれでは…」

碇「構わん、やれ」

冬月「ふふ…これもゼーレのシナリオ通りというわけか…」キュッ

碇「冬月」

冬月「なんだ?」

碇「これは無関係だ」

冬月「そうか…」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 05:51:35.88 ID:Stq9TKgjP

碇「出るぞ、冬月」ザバッ

冬月「少し早くはないか?」

碇「身体は芯まで温まっている。問題ない」

冬月「ではそうするか」ザバッ

碇「冬月、アイスが必要だ」

冬月「あいにく家にはないが…」

碇「買いに行けばいい」

冬月「そうだな…」

冬月「その時はお前も付き合えよ」

碇「わかっている」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 05:57:36.62 ID:Stq9TKgjP

碇「早くしろ、冬月」

冬月「碇、身体をしっかり拭かないと風邪を引くぞ」

碇「それよりも今はアイスだ」

冬月「仕方のないやつだ…せめて髪の毛は乾かしていけ」

碇「…」

冬月「そのままではハゲてしまうぞ」

碇「冬月」

冬月「なんだ」

碇「ドライヤーだ」

冬月「わかっている」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 06:05:36.69 ID:Stq9TKgjP

冬月「碇、もう少し遅く歩けんのか」

碇「アイスが待っている。ここで緩めるわけにはいかん」スタスタ

冬月「しかしだな…私の身体も考えてくれ」

碇「…」スタスタ

冬月「お前ほど若くはないのだよ」

碇「そうか」

冬月「…」

碇「お前の為ではない。風呂上りに汗をかきたくないだけだ」

冬月「碇…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 06:11:26.11 ID:Stq9TKgjP

イラッシャイマセー

碇「冬月、アイスは何処だ」

冬月「あそこだよ」

碇「…」タッ

冬月「走らなくてもいいだろう」

碇「….」

冬月「決まったか?」

碇「多いな」

冬月「悩んでいるのか?お前らしくもない」

碇「…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 06:17:02.52 ID:Stq9TKgjP

冬月「碇、こちらにも少しあるぞ」

碇「ああ、知っている」

冬月「見なくていいのか?」

碇「少し、高いから()な」

冬月「気にするな、私の日頃の感謝だ」

碇「…」

冬月「…」

碇「ハーゲンダッツ」

冬月「やはり、な…」

碇「抹茶だ」

冬月「わかっている」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 06:28:51.24 ID:Stq9TKgjP

冬月「やれやれ、コンビニへの往復がこれほど体に堪えるとは」

碇「そんなことはいい。早くしろ、アイスが溶ける」

冬月「ふっ…少し優しさを見せたと思ったら…」

碇「…」

冬月「気にするな。ほら、お待ちかねのアイスだ」

碇「ああ、やっとこの時がきた」パカッ

碇「…」シャクシャク

冬月「うまいか?」

碇「もちろんだ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 06:34:04.18 ID:Stq9TKgjP

碇「少し、冷えたな」

冬月「言わんことではない。布団に入れ、すでに用意出来ている」

碇「すまんな」

冬月「構わんよ」

碇「…」

冬月「…」

碇「冬月」

冬月「どうした?」

碇「なぜ布団が二枚ある」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 06:44:26.37 ID:Stq9TKgjP

冬月「なぜ、だと?」

冬月「布団がないと寝れないではないか」

碇「そういうことではない」

冬月「?」

碇「なぜ『2枚』なんだ、と聞いている」

冬月「ど、どういうことだ碇!?まさか…」

碇「先生、私が泊まりに来た理由…」

碇「わからないあなたではないでしょう?」

冬月「碇……!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 06:52:50.89 ID:Stq9TKgjP

冬月「な、なんのことかわからんな!」

碇「ふふ…冬月先生、やはりあなたは仕様のないほど潔癖性だ」

冬月「いいから布団に入れ。私はもう寝るぞ」

碇「わかりましたよ」

冬月「…」

碇「…」

冬月「電気、消すぞ」

碇「構いませんよ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 07:00:44.24 ID:Stq9TKgjP

碇「…」

冬月「…」

碇「冬月先生」

冬月「…」

碇「寝たふりですか、あなたらしい」

冬月「…」

碇「ならば私にも考えがあります」ゴソゴソ

冬月「な!?」

碇「暖かいですね、冬月先生」ピトッ

冬月「碇…!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 07:11:55.31 ID:Stq9TKgjP

冬月「やめろ。離れるんだ碇」

碇「離れませんよ」

碇「あなたも心の何処かで離れたくないと思っているはずだ」

冬月「そんなことは…ない…」

碇「嘘は良くありませんよ、先生」サワサワ

冬月「ば、バカ!やめろ」バッ

碇「何をそんなに拒絶しているんです?」

碇「人類補完計画…」

碇「これはその前段階ですよ?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 07:22:05.61 ID:Stq9TKgjP

冬月「…」

碇「それに私がどんな目であなたを見ていたか…」

碇「わかっているのでしょう?」

冬月「し、しかし…」

冬月「しかし私はユイ君の代わりにはなれないぞ…碇」

碇「ふふ…それはお互い様ですよ、冬月先生」

冬月「本当にいいんだな?」

碇「もう決めたことです」

冬月「わかった…最後まで付き合うよ」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 07:31:25.30 ID:Stq9TKgjP

碇「いきますよ、先生。力を抜いてください」

冬月「あ、ああ…」

碇「くっ…」ギチッ

冬月「う…ぁ…」ヌププ

碇「はぁ…はぁ…全部、入りましたよ…」

冬月「ぅ…そうか…それじゃあ…」

碇「はい…これで人類補完計画は…完成です…」

冬月「やったな…」

碇「はい…」

シンジ「おめでとう」ガラッ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 07:34:58.65 ID:Stq9TKgjP

碇「シンジ、なぜここにいる」

ミサト「おめでとう」

レイ「おめでとう」

アスカ「おめでとう」

リツコ「おめでとう」

加持「おめでとう」

マヤ「不潔です」

碇・冬月「ありがとう」

シンジにありがとう、ユイにさようなら
そしてすべてのホモ達に、おめでとう

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/23(月) 07:43:42.89 ID:Stq9TKgjP

次回予告

無事人類補完計画を完遂した碇ゲンドウ
世界は同性愛につつまれ新たなステージへと移る
パートナーを見つけられず、ホモだらけの街を一人歩くシンジ
心の隙間を埋められないシンジが出会った一人の少年とは?
さーて、この次も



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「……今日も鎮守府は静かだな」