山根「シェンロン!胃腸を強くしてくれ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しんのすけ「オラが魔法使いに!?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:39:04.55 ID:i/s925d4O

シェンロン「その願いは私の力を大きく超えている…さあ願いを言え」

山根「ちくしょう…」

ザッ
フリーザ「ここまで私をこけにしたお馬鹿さんははじめてですよ」

山根「フリーザ!?」

夜神月「くっ…間に合わなかったか」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:45:32.19 ID:i/s925d4O

夜神月「…」

山根「クリリンの事か!!!!!!!!!!!!」

フリーザ「なんだ?気でもふれたか…クリリンというのは何だ」

山根「漫画で見たセリフを言っても、強くならないじゃないか…」

まる子「あんたバカだねぇ、ものには順序ってもんがあるんだよ」

夜神月「そうか」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:55:54.05 ID:i/s925d4O

まる子「山根!あんた、男だったらバシッとあの紫のやつやっつけなよ!」

山根「そんなこと言ったって」

夜神月「僕に作戦がある」

フリーザ「ふふ、オチビチャンとひょろひょろで何の相談をしても無駄ですよ。死になさい!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:00:08.90 ID:i/s925d4O

ビュッ

バッ
サッ

シュッ…

フリーザ「消えた…?」

フリーザ「、まぁいい。私が不老不死になる方が先です」




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:04:37.93 ID:i/s925d4O

一方、さくら家


ビュン!

夜神月「着いたね」

まる子「いったいどうなってるんだよ」

山根「さくらの家じゃないか」

まる子母「あ、あんたたちどっから現れたんだい…」

夜神月「お騒がせします。」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:09:20.25 ID:i/s925d4O

夜神月「状況をまず、山根君とまる子ちゃんに説明しよう」

山根、まる子「…」

夜神月「ナメック星のシェンロンは地球のそれと違って願いを3つ叶えることができる」

山根、まる子「…」

夜神月「君達と合流する前に僕はシェンロンに1つ願いを言っていたんだ

山根、まる子


夜神月「僕たちに命の危険が迫ったら、地球のさくら家に飛ばしてくれってね」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:14:58.42 ID:i/s925d4O

夜神月「お母さん、僕たちは今フリーザと言う怪物に追われています」

まる子母「はぁ…」

夜神月「何を言っているかわからないでしょうが、命が危ない状況なのです。かくまってくれますね?」

まる子母「まぁ、まる子のお友達なら仕方ないわね」

まる子母「ホントなのね?まる子」

まる子「あたしゃしぬとこだったんだよ、紫の変なちっこいオジサンに襲われて」
山根「ホントです!」

まる子母「わかったわ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:19:53.39 ID:i/s925d4O

一方フリーザ

フリーザ「ちくしょう!言葉が通じない!く…
どうやったか知らんが、シェンロンを呼び出せたんだ。あのガキどもを連れてきて協力してもらうしかなさそうだ。」

フリーザ「…地球人か、地球人そっくりだったな、地球へ向かうか」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:25:36.85 ID:i/s925d4O

まる子「とりあえず、あたしゃ疲れたから寝るよ」

山根「ぼくも」

まる子母「月君は?」

夜神月「もう少し起きています」

まる子母「布団はひいておくからね」

夜神月「ありがとうございます」


……



夜神月「フリーザか…地球に来られたら厄介だな、始末しておこう。」


夜神月「デスノート…デスノート…ない…?まさか」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:29:05.93 ID:i/s925d4O

友蔵「ちょうどノート欲しかったんじゃ、誰のか知らんが、まぁいいじゃろ」

友蔵「町内会の参加者はと…みまつやの…あとは…こんなとこかの」


友蔵「ばぁさん、ばぁさんや」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:33:54.33 ID:i/s925d4O

町内会当日…


友蔵「誰も来ないじゃないか、へんじゃの。日にちを間違えたかの」

みまつやの家族「さくらさん…」

友蔵「あ、これはみまつやさんとこの」

みまつやの家族「さくらさん…実は…」

―――――――――

友蔵「なんじゃと?みな、心臓発作…?」

みまつやの家族「と言うことなので、今日のところは一旦…」

友蔵「そうじゃな…」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:41:40.56 ID:i/s925d4O

友蔵「いったいどういうことじゃ…みな心臓発作…お化け屋敷にでも入ったのかの…」


リューク「教えてやるよ。じーさん」

友蔵「わー!!!!!!!!!!!!!!!!なtあgたふしこ!…お化けじゃ!」


リューク「お化けじゃねーよ、死神」

友蔵「は?死神…?ついにワシにもお迎えが…」
リューク「じーさん話聞けよ」

友蔵「ばぁさん、まる子、今までありがとう。ワシはもうだめみたいじゃ」

リューク「…」


町内会
参加者皆が
いなくなり
最後にゃわしの
お迎えが来て


友蔵心の短歌

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:43:07.14 ID:i/s925d4O

>>1「ちっ、話を広げすぎたぜ。終わるかな!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:服部「こっ、これは工藤のチンコ?」