ゲンドウ「エヴァンゲリオン、発進させろ!」ぎゅるるる…


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ゲンドウ「……ネルフをクビになった」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 14:17:30.12 ID:9iTSHU300

ミサト「エヴァー三機、発進!」

ゲンドウ「………」ぎゅるるる

冬月「どうした碇」

ゲンドウ「い、いやなんでもない……」
ゲンドウ(ま……まずい、いきなり便意が………)ぎゅるるる

ミサト「エヴァンゲリオン、リフトオフ!」

ガキン!



ゲンドウ「あっ……」


ぶりりりりりりりっ!!!!!

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 14:20:10.88 ID:9iTSHU300

ミサト「碇司令、エヴァンゲリオン発進完了しました」

ゲンドウ「…………」

ミサト「………碇司令?」

ゲンドウ「…問題ない。続けろ」

ミサト「は……はい」

ミサト(どうしたのかしら……碇司令)



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 14:21:30.49 ID:9iTSHU300

ゲンドウ(まずい…なんとかせねば……)
ゲンドウ(落ち着け…落ち着け私……。一旦席を離れて便所に行って、尻をふいて、パンツを変える。これだ。これだけでいいのだ)

ゲンドウ(うむ。これなら……ちょっとくらい私が居なくなっても………)ガタッ


ミサト「………ねえリツコ」

リツコ「なに」

ミサト「なんか、ウンコ臭くない?」くんくん

リツコ「………まあ……ちょっと臭いわね」くんくん

ミサト「ね、臭いわよね……」くんくん

マヤ「やだ、だれか漏らしたんでしょうか」くんくん

ゲンドウ「 」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 14:24:49.99 ID:9iTSHU300

ぷぅ〜ん

ゲンドウ(まずいまずいまずい……いま私が席を立ったら、私が漏らしたと言っているようなものではないか!)


冬月「………」

ぷぅ〜ん

ゲンドウ(しかし幸い、冬月は身体が衰えているだけあって臭いに気がついてない……)

冬月「…………」

ゲンドウ「ん」

ゲンドウ「冬月、冬月」ゆさゆさ

ぷぅ〜ん

冬月「 」

ゲンドウ「気絶している………?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 14:27:57.51 ID:9iTSHU300

青 「くさっ………」
日向「くっせぇよなぁ……」

ざわ………ざわざわ………

くさい………くさい………

ゲンドウ「………」

ミサト「ヤバい、なんか、具合が悪くなってきたわ」くんくん

マヤ「おおええええ………」くんくん

リツコ「なんか、嗅ぎおぼえがあるのよねー」くんくん

ゲンドウ「………ぅぅっ」


アスカ「ちょっとちょっと、こっちまで臭ってきてない?」

綾波「ウンコ臭いわね」

シンジ「………」

シンジ(自分のウンコの臭いにそっくりだ………)
シンジ(まさか………)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 14:32:57.40 ID:9iTSHU300

ミサト「あ、なんかそんなこんな言ってる間に使徒が目の前に!」


シンジ「うわああああああ!!!」

ミサト「碇司令、どうしましょう!」

ゲンドウ「…………」

ミサト「………碇司令!」

ゲンドウ「あ………ああ………」

ゲンドウ(ま………まずい………第2波が………)ぎゅるるる……

ミサト「碇司令は使い物にならないわ」

ミサト「シンジくん!」

シンジ「はい!」

ミサト「アスカとレイと協力して敵を………」

シンジ「いや……それが………」

アスカ「 」

綾波「 」

ミサト「ああ………」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 14:34:06.76 ID:9iTSHU300

ミサト「う………私も……もうこの臭い、限界………」

バタン

シンジ「ミサトさん!ミサトさん!」

マヤ「私も………」

青 「俺も………」

日向「………俺も」

バタン……バタン……バタン……

リツコ「嗅ぎ覚えが…………」くんくん

バタン……

リツコ「 」

シンジ「みんなあああああああ!!!!」
ゲンドウ「…………」ぎゅるるる


シンジ「どうしよう……僕だけじゃ………もう………」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 14:34:56.80 ID:9iTSHU300

ゲンドウ「………シンジ」ぎゅるるる

シンジ「………父さん」

ゲンドウ「まだ……私がいる」ぎゅるるる

シンジ「いつも威張って、座って、手ぇ組んでる父さんに何が出来るっていうんだよ!」
ゲンドウ「………」ぎゅるるる

シンジ「父さんなんか………父さんなんか………」
ゲンドウ「すまなかった……シンジ」ぎゅるるる

シンジ「………父さん」
ゲンドウ「………本当に、すまない」ぎゅるるる

シンジ「もう……いいよ……」

使徒「キシャー!」

シンジ「もう………だめか………」


いいや

「希望は残っているよ。どんな時にもね」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 14:35:42.85 ID:9iTSHU300

ゲンドウ(ああ…………)ぎゅるるる

ゲンドウ(ユイ……お前に会うことは叶わなかったな) ぎゅるるる

ゲンドウ(だが……シンジ、シンジだけは守ってやってくれ……)ぎゅるるる


使徒「………」ピカッ

シンジ「ぐっ」


ゲンドウ「ユイーー!!!!!!!!!!!!!」ぶりりりりりりりっ


ぷぅ〜ん

使徒「………ギャー」

使徒「………」パタン

シンジ「えっ」

使徒「 」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 14:36:28.01 ID:9iTSHU300

シンジ「か……かった?」

シンジ「だけどどうして……」

ユイ『シンジ』

シンジ「あなたは!」

ユイ『私はあなたのお母さん。さっきのあの人の攻撃で無事だったのはあなただけ』

シンジ「えっ……じゃあ父さんが」

シンジ「でもなんで………」

ユイ『そんなのは簡単よ』

ユイ『親子………だから』ニコッ


シンジ「父さん!」


こうして、家族補完計画………この補完がなされた………


ヱヴァン下痢ヲン・急



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 14:38:09.44 ID:9iTSHU300

別に、クソスレなんで



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ドラえもん「おい眼鏡」