ロン「僕とハーマイオニーが落っこちそうだとするよ?」ハリー「…うん?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:やる夫が長門を召喚して聖杯戦争に挑むようです

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 16:17:33.65 ID:SPGVMMW10

ハリー「……ロン、ルーナと話しをしたいのなら、すぐにヘドウィグをレイブンクローに飛ばすけど」

ロン「例えばの話さ。こう、僕とハーマイオニーが崖からぶら下がっている」

ハリー「あぁ……彼女に飛行でも教えていたのかい?」

ロン「理由はなんでもいいさ。ともかく僕らは、崖から今にも落ちそうだ」

ハリー「タスケテー、ってね」

ロン「もちのロンさ。で、君は僕らを助けられる位置にいるとするよ?」

ハリー「あぁ、僕はそこでそれまで何をしてたのか、は聞かないであげるよ」

ロン「ありがとう。それでさ……君なら、どっちを助ける?」

ハリー「ハーマイオニー」

ロン「……即答かい?」

ハリー「もちのロンさ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 16:22:27.82 ID:SPGVMMW10

ロン「そこはさ……ほら、僕と君はほら、親友、だろ?」

ハリー「正直、その状況で君が自力で這い上がれないとは、僕には思えない」

ロン「僕をかいかぶりすぎだよ!そんな状況とっくに心が折れてるよ!」

ハリー「ほら、君、背が高いから……実は崖の底に足がついてたり、とかね。そうなんだろ?」

ロン「なんのドッキリさ!断崖絶壁だよ!アズカバンもびっくりのね!もう、話が進まないなちくしょう!マーリンの髭っ!!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 16:26:56.35 ID:SPGVMMW10

ハリー「今更なんだけど」

ロン「なんだい?あ、僕とハーマイオニーは杖を持ってないからね。そのことも踏まえて考えてくれよ」

ハリー「いや、益々ハーマイオニーを助けたくなってくるよ……それ、どういう意味なの?」

ロン「それって?」

ハリー「マーリンの、なんちゃら〜って」

ロン「あぁ、えぇっと、そうか。君はマグル育ちだから分からないんだね……うーん、魔法界のスラング、というか……意味とかは、特にないんだよ」

ハリー「? あぁ、分かった。くしゃみの後に『ちくしょう!このとんちきめ!』って、言うようなものか」

ロン「うん、分かりやすい。君、教師に向いてるんじゃないかい?」

ハリー「やめてくれよ、ハーマイオニーじゃあるまいし」

ハリー・ロン「「HAHAHAHAHA!」」

ロン「それで、どっちを助けるんだい?」

ハリー「まだ続けるんだ……」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 16:33:01.34 ID:SPGVMMW10

ハリー「君がどんな回答を望んでいるのかは分からないけど、ハーマイオニーを助けるよ。だって、そうだろ?」

ロン「なにがそうだろ、さ!ちゃんとした理由を教えてくれよ!」

ハリー「うーん、だって……女の子だし?」

ロン「じゃぁもう、僕も女の子ってことでいいから」

ハリー「ロン、ロン、ロナルド、落ち着いて。君何言ってるの、さっきからだけど」

ロン「たとえ話しじゃないか、ハリーは頭が固いなぁ」

ハリー「……君って時々、ブラッジャーぶつけたくなるよね。全力で」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 16:41:20.80 ID:SPGVMMW10

ハリー「とにかく、僕はハーマイオニーを助けるよ」

ロン「どうやって!?」

ハリー「え?」

ロン「ハーマイオニーは女の子だからね!君が持ち上げようとしても、ほら!もうすがりつく力さえ残っていないかもしれない!」

ハリー「心折れてる人が何か言ってるよ……」

ロン「さぁ!どうやって助けるっていうのさ!」

ハリー「それ以前に、君も女の子って話になったんじゃなかったのかな……えーっと、じゃぁ、浮遊呪文で……」

ロン「どっこい!人間を浮遊させる呪文はまだ発明されていないのさっ!」

ハリー「へぇ?」

ロン「うん、そうなんだ。少しだけ浮かせて操るのは、三年のときにリーマスがスネイプにやってたけどね」

ハリー「ふぅん……あ、分かった。リーマスを呼べばいい。そうしよう」

ロン「ハリー!もっと真剣に答えてくれよ!!僕らは今にも落っこちっちまいそうなんだぞ!?」」

ハリー「存外に心折れないね、君」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 16:46:38.63 ID:SPGVMMW10

ハリー「……気合で、ハーマイオニーを引き上げる」

ロン「はい落ちたー!君とハーマイオニー、真っ逆さまにおっこちましたー!」

ハリー「……」

ロン「……そして僕も、一人ぼっちに耐え切れなくて後を追うと思う」

ハリー「ロン、重い」

ロン「僕は軽いよ!鍛えてるからね!」

ハリー「そういう意味じゃなくて」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 16:51:40.01 ID:SPGVMMW10

ロン「じゃぁ、状況をリセットしようか」

ハリー「その前に、うん。僕はこの今の場こそリセットしたい、静かに読書を楽しみたい」

ロン「HAHAHA、そんなハーマイオニーみたいなこと言って、らしくないよ、ハリー」

ハリー「うん、君はいつも通り明るく陽気だね、羨ましいくらいに」

ロン「さぁ、僕ことロナルド……あー、ロニーとハーマイオニーが崖から今にも落っこちそうだ」

ハリー「アンみたいな赤毛でソバカスってわけだね」

ロン「どっちを助ける!?」

ハリー「……」

ロン「……」

ハリー「……分かった、負けたよ。ロニーを助けよう」

ロン「よし!正解さ、ハリー!」



ロン「じゃぁ、すぐに二人でハーマイオニーを助けようか!」

ハリー「……君ねぇ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 16:56:32.78 ID:SPGVMMW10

ロン「まったく、らしくないよ、ハリー!この正解が出るまでに、どれだけ僕がヒントをあげればよかったんだい?」

ハリー「……あぁ、高度すぎる魔法論理パズルに、きっとハーマイオニーもびっくりさ」

ロン「うーん……きっと、僕とハーマイオニーっていう選択肢がいけなかったのかな?」

ハリー「そうだね、君、あとからあとから自分の設定継ぎ足し放題だったもの」

ロン「そうだったかな?」

ハリー「うん。いっそのこと僕からハーマイオニーをトロール並みの巨漢にしてやろうかと思ったよ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 17:01:36.35 ID:SPGVMMW10

ロン「じゃぁ、質問を変えるよ」

ハリー「質問は続くのか……」

ロン「君が女尊男卑な奴だって分かったからね、今回は僕と、相手は男にしておこう」

ハリー「それは助かるよ、どうも」

ロン「じゃぁ、僕とマルフォイなら!?」

ハリー「君だね」

ロン「むしろ、突き落としてやるよな、マルフォイを」

ハリー「またとないチャンスじゃないか」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 17:06:30.31 ID:SPGVMMW10

ロン「じゃぁ、アーニー!」
ハリー「きっとジャスティンが助けに来てくれる、よって君」

ロン「じゃぁ、ネビル!」
ハリー「高いところから落ちても鞠みたいにはずむ、よって君」

ロン「それじゃ、ハグリッド!」
ハリー「ハグリッドが崖から落ちたくらいでどうとなるとは思えない、だから君だね」

ロン「うん、そうだね。そうか、僕かぁ」

ハリー「何を照れているのか、僕にはいまいち分からないよ」

ロン「えーっと、それじゃそうだね……僕と……」


ロン「シリウs」

ハリー「ロン!!!」

ロン「!?!?」

ハリー「そういう、人と自分を比べるような質問って、僕、どうかと思うよ!!!!!!!」

ロン「……」

ハリー「……」

ロン「……ここかぁ」ハァーーッ

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 17:15:39.16 ID:SPGVMMW10

ハリー「な、何が、さ」

ロン「僕は、ハグリッド以上、シリウス以下、ってことさ」

ハリー「そんなこと言っていないじゃないか!」

ロン「いいのさ、いいよ。彼は君の親みたいなものだものね、うん」

ハリー「……ロン。聞いてくれ。彼は確かに僕の名付け親で、父親みたいな存在だ」

ロン「……」

ハリー「だけど君だって、僕にとっては同年代で始めての友達で。そうだな、兄、みたいに思ってる。本当さ」

ロン「……」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 17:20:34.49 ID:SPGVMMW10

ハリー「……だからさ」

ロン「……」

ハリー「僕の父親、代わりのシリウスと僕で、あ、兄みたいな君を、一緒に助ける」

ロン「……」

ハリー「そういうのも、悪くないんじゃないかな?」

ロン「……」


ロン「正解さ!ハリー!」

ハリー「……え」

ロン「兄!うんうん!それだよ、正解!それこそ僕のハリーさ!」

ハリー「……えぇ……」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 17:28:37.87 ID:SPGVMMW10

ロン「じゃぁ、僕は行くよ。そういえば、ハーマイオニーに勝利報告をしないと」

ハリー「え、それはさっきの誘導過ぎる尋問のことを言っているのかい?」

ロン「もちのr」

ハリー「もちのロンはもういいよ!もう!なんなのさ今日の君は!マーリンの髭っ!!!」

ロン「ははは、その調子さ!僕の口癖まで真似するようになったよ、ってハーマイオニーに言っておこう!」

ハリー「『シリウスへ ロンが僕をいぢめるんです』っと……」カリカリカリ

ロン「よしてくれ……あの人何も考えずに乗り込んできそうだから」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 17:34:56.20 ID:SPGVMMW10

ロン「(自分で言うのもなんだけど、僕は人として小さい奴だ)」

ロン「(ハリー・ポッターの親友、一番の友達なんてのをやっていくのは、正直荷が重い)」

ロン「(分かってるんだ、彼と僕がつりあわないってことくらい)」

ロン「(でも、それが何さ。周りがなんと言おうと、ハリーは僕を頼ってくれる)」

ロン「(少し強引だったけど……ははは、兄みたいに思ってくれてる、って言葉も聞けたしね)」

ロン「(ハリー。君にとっては足手まといかもしれないけど。僕は絶対、君の力になるよ)」

ロン「(どんなに崖っぷちでも諦めない、強い心を持った君に。僕の、英雄に)」

ロン「なんでも言ってくれよ!親友!」

ハリー「そう……じゃぁ、今日みたいなとち狂った質問攻めは、これっきりにしてくれよ。いいね?」ハァーッ

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 17:42:47.84 ID:SPGVMMW10

ハリー「なんだったんだろう、ロンってば」

ハリー「……選べるわけないじゃないか、ロンかシリウスか、なんて」

ハリー「ハーマイオニーは殿堂入りだけど……」

ハーマイオニー「私がどうかしたの、ハリー?」

ハリー「……やぁ、ハーマイオニー。ご機嫌はどうだい?」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 17:44:53.92 ID:SPGVMMW10

ハーマイオニー「えぇ、すこぶる快調よ。大事なお・と・も・だ・ち、に、魔法で出した小鳥を襲わせることにならなければ」ピーーチチチチピーーフォイチチチチッ

ハリー「誤解なんだ、ハーマイオニー。僕は真っ先に君を」

ハーマイオニー「ねぇ、ハリー?」



ハーマイオニー「例えばの話、私とロンがテストで赤点をとりそうだとするじゃない?」

ハリー「それはもちろん君……あ、いや、そこはロン、かな」

ハーマイオニー「……もちの?」

ハリー「……勘弁、してよ」



シリウス「……」

シリウス「……『ハリー、突然ですまないが……もしも私とダンブルドア……いや、リーマスが同時に不治の病にかかったとして……』」

リーマス「やめなよ、シリウス。散歩用の首輪をピンクのフリフリのやつにされたいかい?」

今度こそ、完

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/30(土) 17:50:29.12 ID:SPGVMMW10

ハリー愛されすぎやないかな!割りと性格黒いのにな!でもそこがハリーのえぇとこやで!
時間ないけここで終わるけど、次書く時はもうちっと双子とかルーナとかルーナとかルーナとか出すわ!
ラドクリフお大事に!
じゃあの!

 ハリー・ポッターシリーズ

 一巻〜最終巻

 世界的大ヒット発売中!!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:銀時「涼宮ハルヒの憂鬱?」