アカギ「体は正直ですね…カイジさん…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「大統一理論を完成させるわよ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 22:50:38.95 ID:tbT2MFXlP

安岡「伊藤カイジくん…だね…?」

カイジ「はぁ…あんた…?」

安岡「失礼…俺は刑事の安岡…」

カイジ「警察…?警察が何の用だよ…?俺に…!」

安岡「…まぁ…大声で話せることじゃないから…そこの喫茶店でも…!」

カイジ「…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 22:53:09.84 ID:tbT2MFXlP

喫茶店

カイジ「それで…なんだよ、話って…!」

安岡「…伊藤カイジ…」

カイジ「…え…?」

安岡「聞いたよ…帝愛グループのブラックリスト…問題児ってな…!」

カイジ「…うっ…!」

安岡「クク…!あの帝愛に目をつけられるとは…!なんとも運の悪い…!」

カイジ「う、うるせぇっ…!」

安岡「何でも今まで…グループの幹部を何人も…失脚させてるとか…させてないとか・・・!」

カイジ「どこで聞いたか知らねぇが…!関係ねぇだろ…!あんたには…」

安岡「クク…!あるんだよ…それがさ…!」

カイジ「…?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 22:56:57.06 ID:tbT2MFXlP

安岡「困ってるんだろう…?金に…!」

カイジ「…は…?」

安岡「今まで何度もギャンブルで大金を手にしてきたようだが…
    気づいてみればまた窮地…同じことの繰り返し…」

カイジ「うっ…!」

安岡「つかみたいと思わないか…?大金…巨万の富をっ…!」

カイジ「くっ…!」

カイジ「(なんで…!俺はいつもいつも…!こんなっ・・・!)」

古谷「そう、カイジは行き詰っていた
    今の困窮した生活、帝愛に再び作ってしまった借金に
    このとき、カイジの貯蓄はわずか3000円
    現在の貨幣価値に換算しても、約3000円である」

安岡「まぁ察しはついてると思うが…」

カイジ「…ふざけんなよっ…!」

安岡「ん…?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:00:35.96 ID:tbT2MFXlP

カイジ「また…同じことの繰り返しっ…!
     俺はこんなことはもうしねぇ…!働くさっ…!地道に働くっ…!」

安岡「ククク…!カイジくん…!できないさ…君には…!」

カイジ「うっ…!」

安岡「だから君は今…こんなに追い込まれてるんじゃないのか…?」

カイジ「くっ…!」

安岡「…まぁ…本来こんなことはしないんだが…
    先に伝えておこうじゃないか…勝負の内容…!」

カイジ「…えっ…?」

安岡「…おいっ…」

ガチャ…

カイジ「コイツ…?」

安岡「彼が君の相手…君の生死を分かつ人間……!
    赤木しげるだ…!」

アカギ「…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:03:54.12 ID:tbT2MFXlP

カイジ「(なんだ…?この雰囲気…!)」

アカギ「…」

カイジ「(似ている…俺と…)」

安岡「彼と…コレで勝負をしてもらう…!」

ポイッ

カイジ「え…これ…点棒…?」

安岡「そう…麻雀…!それも君とアカギのサシ勝負…二人麻雀…!」


ざわ…ざわ…


カイジ「…うっ…!」

安岡「受けてくれるかな・・・?カイジくん…?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:07:30.16 ID:tbT2MFXlP

カイジ「くっ・・・!」

カイジ「(バカかっ…!俺はっ…!結局いつもいつも…繰り返すだけ…!
      追い込まれて…追い込まれて…!学んでないのかよっ・・・!何も…!)」

カイジ「…これっきりだっ…!」

安岡「ん…?」

カイジ「いいだろう…!受けてやるっ・・・!この勝負…!
     アカギっ…!お前が俺のギャンブル最後の相手…!最後の勝負だっ…!」

アカギ「……クク…」

カイジ「え…?」

アカギ「クク…受けてくれると思いましたよ…カイジさん…」

カイジ「うっ…!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:09:30.61 ID:tbT2MFXlP

後日・某料亭


安岡「…揃ったな…」

カイジ「…」

アカギ「…」

安岡「アカギ…珍しいな…」

アカギ「…?」

安岡「いつも時間にルーズ…勝負には遅刻しがちなお前が…」

アカギ「ひどいじゃない安岡さん…俺だってたまには時間どおり来ますよ……
     それに…」

安岡「…」

アカギ「今日は…ちょっとおもしろいものもみれそうだし…」

カイジ「…?」

安岡「クク…そうか…そうだったな…!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:12:16.82 ID:tbT2MFXlP

安岡「カイジくん…説明してなかったな…今回のシステム…」

カイジ「システム…?」

安岡「今回…こちらが用意した額は…これ…!」

バッ

カイジ「うっ…!」

古谷「安岡が提示した額、およそ3憶
    現在の貨幣価値に換算しても、約3億円である
    個人のカイジが持つには十分すぎる金額
    帝愛への返済がすんでも、2億5000万以上は残る計算
    当時の2億5000万は、現在の貨幣価値に換算してもおよそ2億5000万円である」


カイジ「(これだっ…!この金…!
     この金を得て…俺は今日でギャンブルから足を洗うっ・・・!)」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:16:18.77 ID:tbT2MFXlP

安岡「ただ…釣り合わないよな…?」

カイジ「え…?」

安岡「カイジくんの持ち金は…確か3000円かそこら…
    それでこの3億と張り合うってのは…!」

古谷「当時の3000円は、現在の(ry」

カイジ「おいおいっ…!今更いちゃもんなんて…!」

安岡「わかってる…今更勝負を反故にしたりはしねぇさ…だが…
    君にはその金でなく…別のものを賭けてもらう…!」

カイジ「…え…?」

安岡「…こっちに来い…」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:18:55.84 ID:tbT2MFXlP

カイジ「は…?」

安岡「いいから・・・!」

カイジ「なんだよ…一体…?」

安岡「…うらっ…!」

ズルッ…!

ボロン…!

カイジ「……………」

カイジ「…………・えっ………・?」

アカギ「へぇ…」

安岡「ほう…なかなか立派じゃないか…」

カイジ「…えっ………?」

立木「カイジ、解放!圧倒的解放!!
    唐突に安岡にズボンと下着を下され、カイジ、混乱!!
    その様子を静かに見つめるアカギ!
    まさに狂気!勝負開始前、既に狂気の沙汰!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:22:12.38 ID:tbT2MFXlP

カイジ「なっ・・・!何しやがるっ…!」

安岡「…精液だ…!」

カイジ「えっ…?」

安岡「君は足りない3憶の掛け金…!それを精液によって清算する…!」

ざわ…ざわ…

カイジ「…えっ……?」

安岡「だが…精液何CCなんてやり方だと計算が面倒だし…間違いも起きる…」

安岡「今回は…精液の量じゃなく…写生の回数で清算する…!」

カイジ「射精の回数…?」

安岡「ハンチャン1回戦が終了するごとに…1万点につき1回…!
    射精する…!何度でも…!」

カイジ「…は…はぁ〜っ…?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:27:30.20 ID:tbT2MFXlP

安岡「勝負は反故にしない…だがカイジくん…それなりのリスクはなきゃ…そうだろ…?」

カイジ「くっ…!」

カイジ「(くっ…!ううっ…!)」ポロポロ

カイジ「(バカか…!俺は…!勝つんだろ…!
      勝ってきたじゃないか…!今まで…!)」

カイジ「わかってるよ…!引けねえっ…!ここまで来てっ・・・!」

安岡「クク…じゃあ始めようじゃないか…さっそく…!」

アカギ「…」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:33:27.07 ID:tbT2MFXlP

古谷「ついに始まったカイジとアカギの対決
    序盤、思いがけずカイジは優勢」

カイジ「ロンっ…!5200っ…!」

古谷「今回のカイジ側の支払いは精液によるものだが、アカギ側は現金
    カイジが上がるごとに1000点につき10万円ずつを支払うルール
    さらにハンチャン終了時の点差によっても清算が行われる
    このとき、アカギはすでにカイジに3度振り込み、1万5千点を失っていた
    現金にして150万円。現在の貨幣(ry」

カイジ「(なんだなんだ…!勝てるじゃないか…!俺っ・・・!)」

古谷「ちなみに>>1は麻雀知識0の素人。対局シーンなど書けない」

アカギ「…」

古谷「カイジ優勢。アカギ、未だ息をひそめ、機を伺う」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:37:49.93 ID:tbT2MFXlP

古谷「そして南2局、アカギ動く」

アカギ「…リーチ…」

カイジ「うっ…!」

古谷「アカギ、今回の対決初のリーチ」

カイジ「(上がれるかっ…!今流れは完全に俺・・・!
      残念だったな…!悪魔めっ…!)」

ピシッ…!

アカギ「ロン」

カイジ「えっ…?」

アカギ「なんたらかんたらドラ4。ハネマン」

カイジ「…はぁ…?」

古谷「>>1の麻雀知識、露呈
    早くホモシーンを書きたくて仕方ないのである
    この振り込みで点差は逆転。そして、その時は訪れる」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:41:07.44 ID:tbT2MFXlP

安岡「…ハンチャン一回戦終了か…点差は…」

安岡「ククッ…!こりゃひどい…!」

カイジ「くっ…!」

安岡「開幕は多少リードをとっていたが…終わってみれば2万点差で負けか…!
    カイジクン…!」

カイジ「くそっ…!」

安岡「それじゃあ…さっそく済ませようか…!支払い…!
    2万点差だから2回…2度射精してもらう…!」

カイジ「…うっ…!」

立木「カイジ、敗北!
    射精のため、自らのイチモツを握るカイジ!
    しかし、それを安岡が制す!」

安岡「まぁ、待てよカイジくん…」

カイジ「え…?」

安岡「説明してなかったな…支払の方法…手段について…」

カイジ「え…?」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:44:21.73 ID:tbT2MFXlP

カイジ「何言ってんだ…!俺がさっさとヌいて…!」

安岡「まぁ…実際やった方が早いだろう…!」

カイジ「な…何言って…!」

安岡「…クク…それじゃ…失礼…!」

パクッ…

カイジ「………………・!?」

安岡「」ング…ちゅぱ…うし…

カイジ「…………………えっ・・・・・・・・?えっ?えっ?…………………・えっ……?」

立木「突如としてカイジのイチモツを愛撫し始める安岡!
    カイジ、混乱!混乱の後、押し寄せる快楽!快感!駆け巡る脳内物質!」

カイジ「あっ…ひゃっ」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:47:28.19 ID:tbT2MFXlP

アカギ「…」

カイジ「や…やめっ…!見るなっ・・・!」ポロポロ

立木「狂気!悪夢!
    腰をくねらせ、快楽にあらがうカイジ!
    そのカイジの愛撫を加える安岡!
    二人の様子を見つめるアカギ!
    悪夢!覚めない悪夢!そして!」

安岡「んむ…!」

カイジ「あっ…!出るっ…!出ちゃっ…!あっ……!っ…!」

どぴゅ…どぴゅ…!

立木「カイジ、絶頂〜っ!!」

安岡「んぐ…」ゴクゴク

カイジ「う…ううっ…!畜生っ・・・!」ポロポロ

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:49:19.19 ID:tbT2MFXlP

安岡「クク…!なかなかいいものを持ってるじゃないか…」

カイジ「うるせぇっ…!さっさと勝負を続けっ…!」

安岡「とぼけるなよカイジクン…!」

カイジ「え…?」

安岡「もう一発…だろ…?」

カイジ「うっ…!」

安岡「アカギ…相手してやれ…」

アカギ「…」

カイジ「ひ…!」

アカギ「…わかりました…すぐ終わる話…」スッ

カイジ「や、やめっ」

アカギ「」パクッ

カイジ「ふえっ」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:53:12.12 ID:tbT2MFXlP

アカギ「んぐ…」

カイジ「あっ…!」

カイジ「(なんで…なんでこんな上手いんだよっ・・・!こいつらっ…!)」ポロポロ

アカギ「…」スッ

カイジ「(え…?やめるのか…?)」

アカギ「…カイジさん…ホントは欲しいんでしょ…こっちも…?」

ずぷっ…

カイジ「あひゃ…!ひ…」

古谷「アカギ、カイジの肛門に指を挿入
    カイジ、たまらず短い悲鳴を上げ、腰をくねらせる
    しかし反応する自らの愚息。すでにカイジの体は、快楽にあらがえないようになっていた」

アカギ「へぇ…体は正直ですね…カイジさん…」グニグニ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:55:08.61 ID:tbT2MFXlP

カイジ「や…!やめっ…!?」

アカギ「…」グッ

カイジ「ひゃっ…!」

カイジ「(くっ…!コイツ…!俺の弱いところばかりっ・・・!)」

カイジ「あっ…!出っ…!」

アカギ「さっさと楽になっちまえよ…クク…!」

すっ…

カイジ「あっ…!今触っ…!やっ…!」

どぴゅ…どぴゅ…

アカギ「あらら…」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/16(土) 23:59:15.27 ID:tbT2MFXlP

安岡「フフ…!終わったか…」

カイジ「あ…はぁ…はぁ…」

アカギ「続けようぜ…カイジさん…」

カイジ「くっ…!上等だっ…!」


〜中略〜


カイジ「(くっ…!下半身がスースーして…集中できねぇっ…!)」

カイジ「(っ・・・!)」ギンギン

カイジ「(あ…!なんで俺っ…!静まれっ…!)」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/17(日) 00:03:22.62 ID:xs7sHwOFP

〜中略〜


アカギ「ツモ…!タンヤオドラドラとかなんとか…!」

カイジ「ひっ…!ひっ…!」

安岡「ククッ…!今度は3万差…!耐えられるのかな…?カイジくん…?」

カイジ「ひっ…!やめてくれっ…!」

安岡「…それじゃさっそく…と行きたいところだが…」

カイジ「え…?」

安岡「俺はもうこんな年…相手をするのもつらくてね…」

カイジ「は…?」

安岡「おい…入ってくれ…!」


ガチャ…


カイジ「え…?あ、ああっ…!お前っ…!」

一条「…カ、カイジ…!?」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/17(日) 00:06:53.47 ID:xs7sHwOFP

安岡「見ての通りだ…次は彼が相手をしてくれるそうだ…」

カイジ「い、一条…?お前…なんで・・・?」

一条「う、うるさいっ…!」

安岡「そういうことだ…!あとはアカギと3人で楽しんでくれ…しばらく…」

アカギ「…」ジッ

カイジ「ア、アカg…うっ…!?」

一条「」ング…ちゅぱ…

カイジ「あ…!一条…!?」

アカギ「…」ジッ

カイジ「くっ…!見るな…!見るなぁっ・・・!」ポロポロ

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/17(日) 00:09:50.33 ID:xs7sHwOFP

カイジ「あっ…!待って一条…!出…!」

どぴゅ…どぴゅ…

カイジ「ああっ…!」

一条「んっ!…!ん…!」

一条「…」ゴクッ

カイジ「あ…!すまねぇ、一条…!中にっ・・・!」

一条「くっ…!出しすぎだろっ…!」

カイジ「ハァ…ハァ…」

一条「薄いな…いつもより…!」

カイジ「仕方ねぇだろっ…!3回目なんだよっ…!それ…!」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/17(日) 00:12:56.36 ID:xs7sHwOFP

アカギ「…」スッ

さわ…さわ…

カイジ「ひっ…!」

アカギ「カイジさん…そろそろ後ろ…退屈なんじゃない…?」

カイジ「えっ…?」

アカギ「ちょっと…俺の相手も…頼んでいいかな」ズルッ

カイジ「ひ…!」

アカギ「…」ピトッ

カイジ「や…やめ…!」

アカギ「くっ…!」

ずぷぷ…!

カイジ「あ!…ああっ…!あ…!あぁ〜…!」

アカギ「へぇ…結構いい感じじゃない…カイジさん…?」

一条「カ、カイジ…!」シコシコ

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/17(日) 00:17:37.03 ID:xs7sHwOFP

カイジ「あっ…!あっ…!」

アカギ「……くっ」

カイジ「え…?」

どぴゅ…どぴゅ…

カイジ「あ、熱っ…!」

アカギ「…ふぅ…」

一条「(早くね?)」

安岡「(早漏だなアカギ)」

古谷「闇の天才アカギ、早くも射精」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/17(日) 00:22:50.34 ID:xs7sHwOFP

アカギ「…ふぅ…ん…?」

カイジ「・・・ハァ…ハァ…」

アカギ「…クク…こういうのも面白そうだな…」

カイジ「え…?それ…点棒」

一条「お、おい…!何する気だっ…!」

アカギ「…つまり…こういうことっ…!」

グイッ

カイジ「え…?」

ズブッ…!


カイジ「あ・・・!?あ…!」


立木「アカギ、あろうことかカイジの尿道に点棒を挿入!
    カイジを襲う熱!痛み!圧倒的激痛!」

カイジ「あ"…!あ、あ、あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"〜〜〜〜〜…!!!」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/17(日) 00:26:40.86 ID:xs7sHwOFP

カイジ「いぎっ…!ぬ…ぬいでぇぇ…!!!あ"…・!」

じた…じた…

アカギ「クク…!ククククク…!」

一条「ひっ…!ひいっ…!」

カイジ「あ"!あ"あ"…!あ"…!」

どぴゅ…!どぴゅ…!

カラン…

カイジ「はあ…!は…!あ…!」

立木「カイジ、激痛と刺激に耐えられず、のたうちまわり射精!しかし!」

アカギ「まだだ…」

カイジ「え…?」

アカギ「あと一回…」

ズプッ

カイジ「あ"あ"あ"あ"…!!」

立木「アカギ、再び点棒挿入!挿入!挿〜入〜っ!!」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/17(日) 00:29:51.55 ID:xs7sHwOFP

カイジ「おあ"っ…」

アカギ「もう一本…」

ずぷ…!

カイジ「…あ"!あ"…!?あ"…!……!…………・!」ビクッ

一条「(カイジ…!カイジぃっ・・・!)」シコシコ

どぴゅ…!どぴゅ…!

カイジ「…」グタ…

アカギ「あらら…」

安岡「…終わったか…」

一条「ウッ…!カイジっ・・・!」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/17(日) 00:33:16.17 ID:xs7sHwOFP

          lll   /.lll / l iii ii ii /|iii iilヽ  ll llll
           lll / ! i´ liii/| iiii/  .|lll | ヽ lll   ll
          lll ./,,,,,,,| i  |ii/ |iii./ _ ,.,,|ii |,,,,,,,,,\ll   ll
           | /   .l'"".|/ .|ii/'"`` ヽ|     |   lll
          l i-====ヽ  レ ====== -|ll|⌒ ヽ .
          ヽl | ,. (。0)// ;;;   (。0)    |ll|⌒| |
            | `¨゙゙"//  ;;;;;`゙゙'''' ''' '' ゙゙ |ll|  .| |
            .|   //   ::::::::::      .|ll|⌒| /
             |  //              |ll| ノ / .
             ゙l //   _, )          |ll|  / ||| |
              (.,,-・'             Wし iii  /
             .゙l  ────--     / |   /
              .゙l,            /   .|iii iii/
               ヽ  ;;;;;;;;;;,     /;;;   .| ll /
               .ヽ        /;;;;;;     |  /\
                \      /;;;;;;      |iii/  \
                _,,,入   /;;;;;;;       | /   \
             ,,,.. '" /  ヽ、/|;;;;;;        |/     \
            ''"   /      |         /
                /       |        /
               /       |       /


┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/17(日) 00:35:47.15 ID:xs7sHwOFP

オチがつかないです
アカギが動かしにくくてしょうがない
ノープランで変なスレ立てるんじゃなかった(後悔)



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「週末だし、安価で行動する」