長門「昨日彼氏とキスをした」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サトシ「女子会やろうぜ!」 安価で決める

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/15(金) 06:38:26.00 ID:ekzMkiDB0

ハルヒ「え、有希彼氏いたの?」

長門「いる」

みくる「いつから付き合ってるんですか?」

長門「先月から」

キョン(長門に彼氏だと!?)

ハルヒ「誰よ、教えなさいよ!」

長門「秘密」

ハルヒ「同じクラスの人?同じ学年?先輩?それとも他校の生徒?」

長門「秘密」

キョン(いったい誰なんだ!?)

古泉「・・・」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/15(金) 06:42:28.74 ID:ekzMkiDB0

キョン「なぁ、谷口、長門が誰と付き合ってるか知ってるか?」

谷口「長門有希か?あいつは彼氏いないはずだが、お前の方が詳しいんじゃないのか?」

キョン「いや、そうじゃないんだ」

国木田「気になるの?」

キョン「気になるってわけじゃないんだが」

谷口「長門有希は変わり者だが、涼宮ハルヒと比べたら健全健全、なるほどな、長門が好みなのか」

キョン「違っちがう!」

国木田「でも気になるんでしょ?好きなんでしょ?」

キョン「いや、そういうわけでは」

古泉「お話があるのですが?」

キョン「古泉!?」

古泉「放課後少し付き合ってもらえないですか?長門さんの事で少々」

キョン「・・・わかった」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/15(金) 06:45:03.10 ID:ekzMkiDB0

放課後

古泉「すみません、少し歩きましょうか」

キョン「どこかへ行くのか?」

古泉「ええ、通りに出たらタクシーを拾います。さすがに学校の前でタクシーに乗るのはどうかと思いまして」

キョン「そうか、ところで話というのはなんだ?目的地についてから話すのか?」

古泉「そうですね、長門さんの彼氏についてと言いましょうか」

キョン「知ってるのか?」

古泉「はい」

キョン「誰なんだ?」

古泉「まぁ、続きは目的地についてからという事で、タクシー来ましたよ」

キョン「・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/15(金) 06:46:59.90 ID:ekzMkiDB0

キョン「ここは・・・長門のマンション!?」

古泉「それでは行きましょうか?」

キョン「どういうことだ!?」

古泉「百聞は一見にしかずという言葉はもちろんご存知ですよね?」

キョン「まさか、直接会うのか?」

古泉「ええ」

キョン「いいのか?」

古泉「大丈夫ですよ、長門さんの彼氏はあなたがよくご存じの人です」

キョン「・・・わかった、じゃあ行くか」

古泉「はい」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/15(金) 06:48:52.36 ID:ekzMkiDB0

古泉「長門さん、僕です、開けてください」

ガチャッ

長門「入って」

古泉「はい、それではどうぞ」

キョン「・・・」



長門「・・・」

キョン「・・・」

古泉「どこから話しましょうか」

キョン「その前に、どうしてお前はここに俺を連れてきたんだ?」

長門「それは私がお願いした」

キョン「どうしてなんだ?」

長門「その方が私にいろいろと都合がいいから」

キョン「そうか・・・」

古泉「今日は長門さんは彼氏と最後までするつもりなんですよ」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/15(金) 06:52:01.20 ID:ekzMkiDB0

キョン「まさか、長門の彼氏とは古泉、お前」

長門「a?‡a?a??a '」

キョン「うっ・・・」

古泉「終わったようですね」

長門「あなたには感謝している」

古泉「帰りはどうします?」

長門「私が送る」

古泉「そうですか、それではお楽しみに」

キョン「・・・長門好きだ!」

長門「私も、今日もキスしてほしい」

キョン「もちろんだ」チュッ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/15(金) 06:55:39.75 ID:ekzMkiDB0

2人が軽く唇を合わせた瞬間、急にチャイムが部屋に鳴り響いた。

長門「・・・少し待って欲しい」

キョン「ああ」

ガチャッ

ハルヒ「有希ちょっと話があるんだけど」

長門「・・・何?」

ハルヒ「ここで話すのもなんだから、部屋に入れてくれない?」

長門「それはできない」

ハルヒ「何でよ!」

長門「・・・理由は言えない」

ハルヒ「・・・まぁいいわ、じゃあ近くの喫茶店にでも行きましょう」

長門「・・・少しくらいなら構わない」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/15(金) 06:58:03.19 ID:ekzMkiDB0

谷口「本当にやるのか?」

国木田「涼宮さんのお願いだからしょうがないよ」

谷口「あれをお願いと言うのか?命令、いや脅迫だ!」

みくる「すみません二人とも、これが部屋の鍵です」

谷口「合鍵あるんですか?」

みくる「はい」

国木田「よかったね谷口、ピッキングして犯罪者になる必要がなくて」

谷口「不法侵入も十分犯罪なんだが・・・開いたぞ」

みくる「すみません二人とも・・・それでは中で長門さんの彼氏の痕跡を探しましょうか」

国木田「誰かいるよ!」

キョン「・・・」

谷口「キョン、お前どうしてここに!?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/15(金) 07:01:24.45 ID:ekzMkiDB0

キョン「・・・」

国木田「もしかして、彼氏ってのはキョンのこと!?」

みくる「キョンくん本当なんですか?」

キョン「・・・」

谷口「様子がおかしいな」

国木田「キョン、どうしたの?返事をしてよ」

キョン「お帰り」

国木田「お帰りじゃなくて・・・」

キョン「お帰りのキスをしてやろう」チュッ

国木田「!?・・・キョン、今なにしたんだよ・・・」

キョン「物足りないか?じゃあもっと長くしてやる」

国木田「〜〜〜〜〜ッ!ぷはっ・・・なっ何やるんだよ!こういうことは誰も見てないところで」

谷口「・・・」

みくる「・・・」

キョン「奥の部屋に布団が敷いてあるんだ、続きはそこでやろうな?」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/15(金) 07:02:18.25 ID:ekzMkiDB0

こうして国木田は、谷口とみくるに見守られながらキョンと熱いひと時を過ごした。





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン、避妊具持ってる?」