レッド「女性トレーナーを抱きしめて反応をみる」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「光彦が誘拐されただと!?」

ツイート

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 00:50:27.17 ID:XFnS1CdpO

今追いついたけどとりあえずカスミ抱きしめさせればいいの?

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 01:14:58.32 ID:XFnS1CdpO

もしもしでベッドで書こうとしたが寝落ちする未来が見えたのでPCでやるわ
以前落ちたカスミ物の焼き直しなのでデジャヴの人もいるかも

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 11:04:06.64 ID:XFnS1CdpO

一応>>212の続き扱い



レッド「納涼祭?」

カスミ「ええ。私の家がスポンサーになってね」

レッド「ふぅん。カスミは時間的に拘束されないのか?」

カスミ「いいえ?レッドには拘束されたいけど……って何言わせるのよ!」 ボカッ

レッド「いやいやいやいや今のは理不尽だろ!」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 11:10:01.36 ID:XFnS1CdpO

カスミ「……とにかく、私は催事側に関わってないから完全にフリーよ」

レッド「へえ、そんなに俺と回りたかったんだ?」 ニヤニヤ

カスミ「ち、ちがっ……わないけど……」 ポッ

レッド「いやー、カスミはいつもながらかわいいなぁ」

カスミ「う、うっさいわね!このばか!」 プイ

レッド「いやごめんごめん、ちょっと調子に乗りすぎた」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 11:20:15.39 ID:XFnS1CdpO

カスミ「で、せっかくの祭りなんだからあなたも着替えなさいな」

レッド「でも急に着替えろったってなぁ」

カスミ「はい、これ。家の甚兵衛」 ポイ

レッド「おっと。……なんでカスミが男物の甚兵衛持ってんの?」

カスミ「!」 ドキッ

レッド「サイズも俺ぴったりだし、明らかに下ろしたてだよな」

カスミ「あう……」 カァァ

レッド「……後で代金払うわ」

カスミ「……別にいいのに」

レッド「男にはプライドってもんがあるんだよ」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 11:27:58.74 ID:XFnS1CdpO



レッド「家の前で待ち合わせって言ってたけど遅いなぁ」

レッド「ま、カスミも立派な女の子ってことだな」

コツコツ

カスミ「お待たせ、レッド」

レッド「おう、カs……!?」

カスミ「な、なによ……あんまりジロジロ見ないでよ、恥ずかしいわね」

レッド「……いや、あまりにあんまりで正直見惚れてた」

カスミ「……それ、褒め言葉のつもり?でも、嬉しいな」 カァッ

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 11:34:00.37 ID:XFnS1CdpO

レッド「なんつーか、カスミのスタイルの良さを改めて実感したわ。さすがスイマーだな」

カスミ「でも、私そんなに胸ないし……」

レッド「グラマーなだけがスタイルじゃないって。胸が小さい方が浴衣は似合うって言うらしいぜ?実際そう思った」

カスミ「そ、そう?それなら頑張って選んだ甲斐あったかなぁ……えへへ」

レッド(何この可愛い生き物)

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 11:39:37.14 ID:XFnS1CdpO

カスミ「……レッドもそれ、良く似合ってるわよ?」

レッド「そうか?意外と動きやすいのは気に入ったけど、ポケットが少なくてなー」 ソワソワ

カスミ「なんていうか、清々しいぐらいのポケモン馬鹿よね、あんた」

レッド「最高の褒め言葉だよ」

カスミ「はいはい。じゃ、行きましょ。ちゃんとエスコートしてよね?」 スッ

レッド「かしこまりましたっと、お嬢様」 ガシッ

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 11:55:55.93 ID:XFnS1CdpO

レッド「さすが縁日だけあって、人が多いなー。カスミ大丈夫か?」

カスミ「ええ。手、離さないでよ?」

レッド「あたぼうよっと……ん、あれは」

カスミ「トサキントすくいね」

レッド「これ難しいんだよなぁ」

カスミ「ふふっ」

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 12:01:25.95 ID:XFnS1CdpO

レッド「ああっくそ!あのツノがなー」 ビリッ

カスミ「なるべく孤立してるのを柔らかくすくい上げるのがコツかしらね」 ヒョイッ

レッド「さっすが水のプロだなっ」

カスミ「それはあんまり関係ないと思うけど」 ザバッ

レッド「ありゃ、いらないのか?」

カスミ「うちの水槽知ってるでしょ?無駄に増えても手間よ」

レッド「そりゃそうか」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 12:07:10.74 ID:XFnS1CdpO

???「お元気そうですわね、お二人とも」

レッド「ん?その声は」

カスミ「エリカじゃない!」

エリカ「はい、エリカですわ」

レッド「相変わらず和服が似合ってるな。縁日だから余計にそう思うよ」

エリカ「ふふっ、ありがとうございます」

カスミ「……」 ジトー

レッド「おっと、カスミほどじゃないけどな」

カスミ「なんか適当ねぇ……」

レッド「だって何も言わなかったらエリカに失礼だろ」

カスミ「そりゃそうだけど……」 シュン

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 12:20:53.21 ID:XFnS1CdpO

エリカ「うまくやれているみたいで何よりですわ」

カスミ「……いや、まったく。エリカにはいくら感謝してもし足りないぐらいよ」

エリカ「友達が苦しんでいるのを助けるのは当然の事です」 ニコッ

カスミ「……あなたがライバルじゃなくて本当に良かったと思うわ。とてもかなわないもの」

エリカ「そんなことないと思いますけれど。さ、レッドさんが手持ち無沙汰になっておりますから戻りましょう」

カスミ「う……うん」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 12:23:48.18 ID:XFnS1CdpO

レッド「用は済んだのか?」

エリカ「ええ。私も連れを待たせておりますのでお暇いたします。それでは」

レッド「そっか。それじゃ」

カスミ「またね、エリカ」



エリカ「……そう、これでよいのです。これで……」

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 12:26:41.45 ID:XFnS1CdpO

レッド「そろそろ花火が始まる時間だっけか?」

カスミ「そういえばそうね……もうこんな時間なの」

レッド「それだけ楽しかったってことだな。よかった」

カスミ「もう……ちょうどベンチがあるし、座りましょ」

レッド「ああ」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/13(水) 12:42:56.47 ID:XFnS1CdpO

ヒューー……ドーン……

レッド「綺麗だなあ……」

カスミ「そうね……」

カスミ「男の子とこうしてデートしたの、初めてだったの」

レッド「それは光栄だな。いかがでしたか?お嬢様……いや、カスミ」

カスミ「ダメダメね。10点満点中80点がいいとこよ」

レッド「そっか。じゃあこれから挽回しないとな」 ズイ

カスミ「あっ……」 ドキッ

レッド「今日はまだまだ長い、だろ?」 クイッ

カスミ「……レッドからそんな大人な台詞が出るとはね」

レッド「男子三日会わざれば刮目して見よ、って言うだろ?」 ニッ

カスミ「ふふっ……私、今日という日を一生忘れないよ。大好き、レッド」

チュッ








ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「…だいしゅきホールド?」