アスカ「バカシンジが色仕掛けにどこまで耐えられるか試すわ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉涼子「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方をみるわ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/09(土) 10:11:03.23 ID:SXXuF6GB0

アスカ「一つ屋根の下で暮らしてたらそのうち襲ってきそうだから、出て行きなさいよシンジ」

シンジ「しないよ、襲ったりなんか」

アスカ「はん、どーだか。私のカラダ、物欲しそうにちらちら盗み見てるくせに」

シンジ「見、見てないって! 自意識過剰だよ。第一僕のほうが先にいるのに、なんで僕が」

アスカ「そもそもミサトとあんたの二人で暮らしてたってのが不健全なのよ」

シンジ「そんな……」

アスカ「なら……シンジ。なにがあっても我慢できるって言えるわけ?」

シンジ「断言するよ」

アスカ「じゃ、テストしてあげる。あんたがホントに我慢できるか。どれだけ女の誘惑に耐えられるか……」

シンジ「ア、アスカ……?」

アスカ「テストでこの私に誘惑してもらえるんだから感謝しなさいよ?バカシンジ」

アスカ「まずは足伸ばして。上に乗ってあげるから、しっかりID腹筋しなさい」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/09(土) 11:00:04.25 ID:/IgZKrzei

シンジ「や、やったよ…これで認めてくれるだろう?」

アスカ「信用出来るわけないじゃない。何てったってあんたは過去に昏睡状態の私を前にして…」

シンジ「わ、わかったわかった!それじゃあもう一回…」

アスカ「それだけじゃ面白くないわ。…そうね、あんたが10回腹筋する毎に着ている服を一枚ずつ脱いでいってあげる。
最終的に下着姿になった私を前にしても襲わなかったら認めてあげるわ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/09(土) 11:18:28.28 ID:/IgZKrzei

シンジ「はぁっ…取り敢えず10回終わったよ…」

アスカ「フンッ、別に褒められたことじゃないわよ。…ジロジロ見たらぶっ殺すわよ」制服のリボン外し

シンジ「り、リボンだけってそんな…!」

アスカ「う、うっさい!というか私が脱いでいくの期待してたの?ほんっと最低ね」

シンジ「ちがっ…!そんなんじゃ…もう、次始めるからね」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/09(土) 11:57:18.81 ID:/IgZKrzei

シンジ「…はーち」

アスカ(其れにしてもコイツ、そりゃあ確かにジロジロ見るなとはいったけど一回も人のこと見ないなんて…。制服のボタンも少し外してあげたってのに)

シンジ「きゅーう」

アスカ(まさか私の身体に興味ないとか?…そんなわけないじゃない!コイツ、もしかしたらホモとかそんなのじゃ…)

シンジ「じゅう!…はぁはぁ」

アスカ(私と住む前はミサトと二人きりだったし…優等生と何かあってもおかしくないわよね。いやいや、其れでもこの私のスタイルを前に平然と居られる男なんて居るわけないわ!況してや盛りの中学生よ!?)

シンジ「アスカー…」

アスカ(…ムッカつくうううう!!!私の身体には興味ないみたいな顔して人のことコケにして!)

シンジ「ねえ、アスカってば」

アスカ「…えっ?あ、もう終わったの?フンッ、早く言いなさいよ。…す、スカートで良いわ…」

55 名前:乗っ取り歓迎[] 投稿日:2012/06/09(土) 12:51:49.52 ID:/IgZKrzei

シンジ(す、スカートってそんな平然と脱いで良いものなのかな…。いや、あちらの認識だと其処まで厳しくはないのかも。慣れてるな…なんだよ、チキショウ。僕だって男なんだから少しは恥じらいとか見せてくれても…)

アスカ「あ、あとはシャツだけね。いいわよ、続けなさい」

シンジ「…う、うん。ね、ねえアスカはこういうことしたこと、あるの?その、男の人の前で服を脱ぐというか」

アスカ「は?……あ、有るに決まってるじゃない!加持さんなんて…」

シンジ(また加持さん加持さんって…)

アスカ「なっ…なによ。あんたのことなんて男として思ってないんだから見られても別に構わないわよ」フン

シンジ「…始めるよ」

アスカ「い、いいわよ?」

61 名前:乗っ取り歓迎[] 投稿日:2012/06/09(土) 13:11:33.29 ID:/IgZKrzei

シンジ「いーち」

アスカ(こ、此のセットが終わったらシャツを脱いで…きゃ、キャミソールね。…この美少女が目の前でシャツと下着だけの状態だってのにいい根性してるじゃないのよ)

シンジ「にー」

アスカ(どうする?コイツさっきから黙りこくることは多くなったけどまだ私の誘惑に靡いたわけじゃないわ、それに仮にこのセットを終わってまで平然と居られたら私が女として魅力がないみたいじゃない!)

シンジ「さーん」

アスカ(如何にかして…如何にかしなくちゃ…ンッ)

シンジ「しー」

アスカ(し、しまった!?先にスカート脱いじゃったからコイツの脚が少し動く度に下着越しに伝わってきて!?)

シンジ「ごー」

アスカ(ンッ…だめっ、動く、なぁっ…!)

シンジ「ろー…」

アスカ「た、タンマ!ちょっと待ちなさいよ!」

シンジ「な、なんで!?腹筋しろって言い出したのはアスカの方じゃないか!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/09(土) 13:25:54.13 ID:/IgZKrzei

アスカ「うっさいのよ!気が変わったの!」

シンジ「なんだよそれ!僕もこのスレの住人も何れだけ腹筋したと思ってるんだよ!?あと少しで終わるじゃないか!父さんと一緒で僕を騙したな!もういい、続けるから!」

アスカ「…ちょ、待っ…!」

シンジ「ろーく!」

アスカ(…ど、如何にかして場所、ずれなきゃ…っ!)

シンジ「しーち!」

アスカ(…ひっ!まだずれてないのに腹筋しないでよ!…其処、当たっちゃ…)

シンジ「はーち!」

アスカ(ンッ…や、やだあっ…!)

シンジ「きゅーう!」

アスカ(ダメッ…ダメえっ)

シンジ「じゅう!」

アスカ「ンンッ!」

シンジ「え?…あ、アスカ…?」

アスカ「…バカシンジッ!」バシッ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/09(土) 13:26:13.93 ID:/IgZKrzei

すまん適当に書いたから続き思いつかなくなった。書きたい人誰か乗っ取ってくれ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョン、もうすぐ日本シリーズ第五戦が始まるよ」