綾波レイ「碇君を監禁して強制ハーレム生活させる」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ハァァア…授業中は暇ねー…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:12:00.01 ID:BJ5yRPNp0

レイ「ホモには渡さない」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:21:53.86 ID:BJ5yRPNp0

シンジ「ぅ……ん……あれ。僕……」

アスカ「やっとお目覚めねバカシンジ」

シンジ「……アスカ?」

ギシッ

シンジ「!?」

ギシッギシッ

シンジ「な、なんだこれ。僕、なんで縛られてるの!??? アスカ!」

アスカ「落ち着きなさいバカシンジ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:29:52.91 ID:BJ5yRPNp0

シンジ「落ち着けったって。どこだよここっ。それにこの縄!」

アスカ「知らないトコで椅子に縛られてるくらいでガタガタ騒がないで。あんた男でしょ」

シンジ「男とか関係なく絶対騒ぐと思うけど」

レイ「……」スッ

シンジ「綾波! 綾波もいたんだ」

レイ「ええ」

シンジ「ねえ、これどういう事? 僕……そうだ、確か部屋でうとうとしてて」

アスカ「じゃ、始めましょ」

レイ「そうね。計画は予定通りに」

シンジ「計画? あのさ、何も聞いてないんだけど」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:43:18.84 ID:BJ5yRPNp0

アスカ「これ、なんだか分かる?」

シンジ「……スタンガン。自衛用にって、僕も持たされたことある」

アスカ「そ。弱めてるけど痛いわよ。今から、私達に逆らったらこれ当てるから」

シンジ「なっ、なに言って」

レイ「大丈夫。言うとおりにしてくれれば心配いらないわ」

アスカ「そういうことだから、とりあえずじっとしてなさい……」

ストッ

シンジ「!?」ビクッ

アスカ「なぁにビビってんの。膝に座っただけじゃない」

シンジ「いや、あの……ホントになにこれ」

アスカ「段々イヤでも分かってくるわよ」

シンジ(顔が近い……)

レイ「碇君。私も座るから、もう少し膝、開いて」

シンジ(……わけわからないけど、逆らったらスタンガン……)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 00:52:08.25 ID:BJ5yRPNp0

レイ「んっ」

ギシ…

シンジ「……」

アスカ「さ〜て。美少女二人に膝に座られてる気分はどう? ドキドキする?」

シンジ「さっきからずっと、不安でならドキドキしてるよ」

アスカ「可愛くないやつ。言っとくけど、あんたが大人しくしてれば痛いことなんてないんだから」

レイ「目を閉じて。リラックスして」

アスカ「ほら、ファーストがああ言ってるわよ」

シンジ「……分かったよ」

レイ「息をゆっくり吸って……吐いて……力を抜いて」

シンジ「スゥー……ハァー……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 01:02:15.69 ID:BJ5yRPNp0

シンジ(少し……落ち着いてきた)

シンジ(でも、お、落ち着いてきたら……両膝の感触が。アスカと、綾波の)

レイ「目を開けて」

シンジ「……」ドキドキ

アスカ「ねえ。ドキドキしてる?」

シンジ「さ……っ、さっきも答えただろ!」

アスカ「ふぅん? じゃ、次。そのまま見てて」

ツ…

シンジ「!?」

アスカ「目、逸らしたらスタンガンだから」

ツツ…

シンジ(ス、スカート上げて……ふともも……っ)

シンジ(いや、アスカの脚くらい家で散々見てるじゃないか! 惑わされちゃダメだ)

ツツツ…

シンジ「……」ゴクッ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 01:13:55.36 ID:BJ5yRPNp0

レイ「碇君、私も」

シンジ「綾波までっ。なんだかさっぱりだけど、こんな事してちゃダメだよ!」

アスカ「ムダよ。だいたいこいつ、わざわざこの為に初めてミニスカなんて履いてるんだから」

レイ「……見てて」

ツツ

シンジ「あ、ぅ」

ツツツ…

シンジ(うう、二人の、ふとももが……それにずっとお尻が当たってて……)

シンジ(アスカの方はもう、ほとんどパンツまで見え)

アスカ「あ」

シンジ「えっ?」

アスカ「勃起してる」

シンジ「っっっ!?」

レイ「…………良かった。完全な男色ではないのね」

35 名前:>>17から[] 投稿日:2012/06/03(日) 02:42:41.68 ID:2o8HYWBZ0

シンジ「だんしょ……って、そんなわけ」

レイ「渚カヲル」

シンジ「ッ!」

アスカ「ふんっ。男同士でべたべたしちゃって、気持ち悪いったら」

シンジ「……仲がいいのは良いことじゃないか」

アスカ「へえ〜。なら私達ともっと仲良くなるのも、イイコトよね?」

シンジ「縄で縛っといて勝手なこと言うなよ」

アスカ「凄んだってムダよ。膝に乗られて脚見せられただけで欲情したくせに」

シンジ「あ」

レイ「?」

シンジ(あんなことされたら、誰だって反応するよ。言わないけど)

レイ「碇君。縄はほどくから、一緒に来て」

アスカ「初期実験は終わり。向こうでみんなもう待ってるんだから」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 02:53:58.75 ID:2o8HYWBZ0

レイ「碇君、こっち」

シンジ「はぁ。手足は自由になったけど、次は目隠し……」

アスカ「だから手ぇ引いてやってんじゃない」

シンジ(それにしても、屋内でこれだけ歩くって。結構大きい建物みたいだ)

レイ「着いたわ」

ガチャッ

ミサト「あ、来た来た。座ってシンジ君」

シンジ「その声、ミサトさん! なんなんですか一体」

ミサト「いいからいいから」

シンジ「もう」

マリ「ほら、ソファがここにあるよ」

シンジ「マリさんまで……あと他にも誰かいるんですか? とりあえず一から説明してください」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 03:05:45.91 ID:2o8HYWBZ0

ミサト「つまりね。シンジ君と、シンジ君周辺の人間の親睦を深めるためのプログラムなわけ」

シンジ「これが、ですか?」

レイ「ええ。碇君は、今日からこの屋敷で過ごすの。一歩も外に出ず」

シンジ「…………え」

アスカ「もうそろそろ気づきなさいよバカ。言うなればあんた、さらわれて監禁されてんのよ今」

シンジ「誰に?」

マナ「私達に」

シンジ「あれ、今のマナ? え、さらわ、え、監禁???」

ミサト「だ〜いじょうぶよ。大人しく指示に従えば痛いことなんてないんだから」

シンジ「さっきもアスカがそんな事言ってたけど……いや、ちょっと待ってください! 監禁!?」

アスカ「うっさいわねぇ。まずは自分の立場ってのを分からせてあげる」グイッ

シンジ「ひっ」

アスカ「ん…………」

ちゅっ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 03:20:18.55 ID:2o8HYWBZ0

シンジ(!? なんだ今の。アスカ? に、キスされ―――?)

アスカ「んちゅ、ん、んん……はぁ。二度目だけどどう? バカシンジ」

シンジ「ど、どどどどうって、何が?」

アスカ「ば〜か、決まってるでしょ。私の唇の感触、どうって聞いてんの」

シンジ「っっ ///」

レイ「次、私も」

シンジ「あや……むぐっ」

ちゅぅ…ちゅっ、ちゅ

マリ「じゃその次私。シンジ君はkれれで一人ずつ、誰がいるか把握したらどーかな」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 03:28:33.35 ID:2o8HYWBZ0

ちゅぷ、ちゅぅ、ちゅちゅ
んちゅ、れる、ちゅっ
ちゅぅ、ちゅ……

シンジ「ああぅ、ぁ、ぁ、ハァァ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 03:43:26.85 ID:2o8HYWBZ0

マユミ「ちゅぅぅ……ん」

ミサト「山岸さんで最後? それじゃ、もう目隠しは取っちゃうわね」

スル

シンジ「……」ポ〜

サツキ「あは。とろんとしちゃって、可愛い」

ミサト「うーん。まだ序の口とはいえ、シンジ君には刺激強すぎたかしら」

アスカ「いいのよ強くて! シンジ、理解できてきた? あんたこれから、ここでこうやって暮らすのよ」

シンジ「ここで……こうやって……」

レイ「ええ。『この屋敷に監禁されて』『女の人達に朝から晩まで奉仕されて』」

シンジ「ぅ……」

マナ「あ、シンジのアレ、おっきくなってる。撫でてあげるね?」

クニックニ

シンジ「は、ぁうっ!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 03:50:17.09 ID:2o8HYWBZ0

マナ「わっ。やだごめん、痛かった?」

マリ「違うと思うけど」

ミサト「キスでかなりキテたみたいだし、これからの生活聞かされたりして、もう爆発しそうになってるのよ」

マナ「……シンジ、そうなの?」

シンジ「……」

マナ「じゃ、このまま出させてあげる♥」

シンジ「! マ、マナ、待って」

クニクニッ、クニュクニュクニュクニュ

シンジ「うぁぁっ、んく、ぅぁっ!」

どくっ……ビュクビュクビュクビュク!!

シンジ「〜〜〜〜〜っっ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 04:03:59.55 ID:2o8HYWBZ0

・・・・・・・・・

シンジ(また、知らない天井)

シンジ(なんとか一人にはしてもらえたけど、これからどうなっちゃうんだろ)


マリ『逆らえば罰、受け入れればキモチイイ。悩む必要ない二択じゃん?』

アスカ『ま、今のうちに休んどきなさい。ここにいる他にも参加希望者は沢山いるんだから』


シンジ(……ここが新しい僕の部屋か。広いし、窓もあるけど、鉄格子もある。ホントに監禁なんだ)

トントン

シンジ「はい」

ガチャッ

レイ「……」

シンジ「綾波。なに?」

レイ2「……」

レイ3「……」

シンジ「ん? え?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 04:17:49.95 ID:2o8HYWBZ0

シンジ「あ、ああああ綾波が3人!??」

レイ「私の分身。赤木博士の許可を得て2人だけ連れてきたの」

シンジ「『だけ』!?」

レイ「私の代わりは大勢いるの。それより、この子達を碇君にあげるから」

シンジ(今日は無茶苦茶だ。もうなにがなんだか)

レイ「好きにして」

シンジ「いや……急にそんなこと言われても。綾波が大勢……」

レイ「葛城三佐は、碇君は他人との接触に臆病で懐疑的だから、慣れさせる必要があると」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 04:30:24.83 ID:2o8HYWBZ0

レイ2・3「「フフっ♥」」

レイ「この子達の身体の、どこを触るのも。弄るのも。見るのも。舐めるのも。舐めさせるのも。
性器を全身こすりつけるのも。ポーズを取らせるのも。精液を塗り込めるのも」

シンジ「……ッ」

レイ「全て碇君の自由に―――それじゃ」

パタンッ

シンジ「あ……」

シンジ(びっくりしてる間に行っちゃった)

レイ2「イカリくん」ギュッ

シンジ「!」

レイ3「碇クぅン」ムギュ

シンジ「うぁぅっ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/03(日) 04:31:38.67 ID:2o8HYWBZ0

とりあえず寝



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「母さん、お茶」雷「はーい♪」