両津「なに?ベイスターズの選手兼監督だと!?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みさお「むにゃ…おはよー。あれ? ここどこだってヴぁ…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 12:38:18.12 ID:r4mtKBo60

横浜オーナー「ぜひ、あんたにお願いしたい」

両津「悪いが他を当たってくれ」

オーナー「えっ」

両津「どうせなら金のある球団じゃないとな」

両津「それに、ワシは派出所の仕事で忙しいからパスだ」

オーナー「優勝すればそれ相応の報酬を渡す…!だから頼む…!」

両津「もう1度詳しくその話を聞こうか」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 12:47:15.95 ID:r4mtKBo60

オーナー「申し遅れたが、私は春田というものだ」

両津「春田か」

春田「早速だが君にベイスターズを立て直してもらいたい」

両津「うーむ…やはり割に合わん仕事だな…」

春田「選手として活躍しても無論報酬は出す」

両津(選手としてか…監督の仕事もしなきゃならんし面倒だな…)

春田「投手として1勝するごとに100万を出そう」

両津「なんだと!?」

春田「打者としてホームラン1本ごとに10万、安打1本で3万、打点1ごとに5万だ」

春田「更に監督として優勝してくれれば億単位の報酬を出す」

両津(ワシが選手として活躍してチームを優勝まで持っていけば相当な金が入ってくるぞ…)

春田「しかし…どうやら君は引き受けてくれないようだから他を当たろうと思う」

両津「ちょっと待った!!」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 12:52:24.27 ID:r4mtKBo60

春田「なんだね?」

両津「ぜ、ぜひその仕事を引き受けさせてください!」

春田「さっきまで割りに合わん仕事だと言っていたはずじゃ…」

両津「ワシだってプロ野球を夢見る子供達に希望を与えたいんだ!」

両津「感動と喜びを子供達に…!!」

春田「わ、分かった!分かったからしがみ付くのはやめてくれ!」


中川「先輩、奥で何を話しているんだろ…」

麗子「きっとロクでもない話よ」

寺井「そういえば、あの人ベイスターズのオーナーさんなんだってね」

中川「プロ野球球団の社長が先輩に一体何の用が?」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 12:56:57.47 ID:r4mtKBo60

両津「おら、お前等どいたどいた」

中川「先輩…」

春田「では、明日から早速チームに合流してくれ」

両津「分かった」

スタスタ

麗子「両ちゃん、さっきから何を話してたのよ?」

両津「ワシにチームの選手兼監督を任された」

中川「先輩が!?」

両津「今シーズンは何が何でも優勝、いや日本一を目指す」

両津「大体、最下位が多い横浜とはいえ多村やローズや内川、村田がいるんだし優勝なんて確実だろ!」

両津「あとはワシが連投すれば優勝は…」

中川「…」

両津「な、なんだよ…」

寺井「両さん…内川や村田とかほとんどの選手はもう横浜から出て行ったよ…」

両津「なんだと!?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:02:36.61 ID:r4mtKBo60

両津「し…知らなかった…」

寺井「スポーツニュースなんかで普通に報道されてたよ…」

両津「ええい!それでも何人か良い選手はいるんだろうな!?」

中川「筒香選手や期待する若手選手は多いですからね」

寺井「でも、やっぱり勝てなくてズルズル最下位に落ちることが多いんだ」

両津「中川!今すぐどこかのメジャー球団を買収してこい!」

中川「む、無茶ですよ先輩…!」

両津「ドーピングしてる奴でもいい!とにかく強力な助っ人選手を連れて来るんだ!」

寺井「ドーピングなんて余計にダメじゃないか両さん!」

両津「うるせぇ!勝てばいいんだよ勝てば!」ガシガシッ

寺井「い、痛いよ両さん…!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:09:18.51 ID:r4mtKBo60

中川「ドーピングなんて検査で一発で分かりますよ…」

両津「だったら検査に引っかからないようなドーピングを作ればいいだろ」

両津「ワシの革靴とそこら辺の雑草なんかをミキサーで粉々にして…」

中川「…」

寺井「そもそも、日本のプロ野球には外国人枠ってのがあるからメジャー球団の選手全員を連れて来るなんて無理な話だよ」

両津「外国人の名前を日本語に変えればいいだろ」

両津「ボブなら簿武とかトムなら十夢とか色々できるだろ」

両津「容姿だってチョンマゲとか付ければ日本人にしか見えんぞ」

中川「……」

両津「あとはファンを増やす事も大切だな」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:17:50.50 ID:r4mtKBo60

両津「チケットになにか特典をつけて客を捕まえるか」

中川「例えばどんな特典をつけるつもりなんですか?」

両津「アプリゲームの景品かなにかだ」

寺井「そのことで前にニュースで流れてたよね…」

両津「何回も試合を見に来ないとコンプリート出来ないようにしておけばいいな」

部長「おはよう」

中川「おはようございます」

両津「…さ、さーて私はパトロールに行ってきます…」

部長「両津」ズイッ

両津「…」ビクッ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:21:41.82 ID:r4mtKBo60

部長「さっき、春田という人に会ったんだが…」

両津「ああ!あいつはワシの小学生の時の友人ですよ!」

部長「本当なのか?」ズイッ

両津「ほ、ホントです!いやぁ!懐かしいなぁ春田!」

寺井「報酬もらえるから選手兼監督を引き受けたんだよね…」

両津「て…寺井!!テメェ!!」

部長「…」ぷるぷるっ

部長「このぶわっかもーーーーーーん!!!!!!」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:25:49.08 ID:r4mtKBo60

部長「やっぱりお前という奴の脳内には金のことしかないんだな!」

両津「誤解です部長!ワシはお金のことなんて一切考えてません!」

麗子「だったら無償ですればいいじゃない」

中川「先輩も最初は引き受けるつもりはなかったようですし…」

両津「…」ピクピクッ

部長「なぜ引き受けようと思ったのか言ってみろ」

両津「プロ野球です!プロ野球で選手達の活躍を子供達に見せ夢を与えたいんです!」

両津「ワシも子供の頃はプロ野球選手のプレーを見て夢を与えられたものです…!」

両津「今度はワシが子供達に夢を見せる番なのです!!」

麗子「ホントに都合の良い事言うわね…」

両津「やい!うるせぇぞこのアマァ!!」グイッ

麗子「きゃっ…!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:29:58.39 ID:r4mtKBo60

麗子「髪は引っ張らないで!!」

ボカンッ!

両津「うげぇっ…!!!」

麗子「もう知らないんだから!」スタスタ

両津「あ…あの野郎、人の顔をグーパンチで殴りやがったぞ…」

部長「お前には派出所の仕事があるんだ!今すぐそのオファーを断ってこい!」

両津「分かりましたよ!今から断ってきます!」

両津は自転車に乗り派出所を後にした

中川「本当に断ってくるんでしょうか…」

部長「どのみち、あの男がいても大して困らん」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:34:11.67 ID:r4mtKBo60

両津「むぅ…パワプロで一応試合をしてみたがやっぱり中日とかは強いな…」

両津「ペナントみたいに外人枠を消せたら良いんだが」

両津「観戦モードだからワシは一切手出しすることはできん」

カキーンッ

両津「げっ!!ブランコに打たれたぞ!?」

両津「モタモタボール追いかけるんじゃねぇ!!さっさとしろ!」

ワーワー

両津「クソ!!あっさりと逆転されたじゃねぇか!このクソコンピューターめ!」

ドスッボコッ

両津「ふぅ…とりあえず明日に備えて寝るか…」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:37:51.87 ID:r4mtKBo60

―次の日―

中畑「という訳で今日で監督を一時的に辞める」

ラミレス「カントク…」

荒波「他に監督になってくれる人がいるんですか?」

ズイッ

両津「うおっす」

ラミレス「なんだこのオッサン?」

中畑「今日から選手兼監督として助っ人にきてくれた両さんだ」

両津「おう、お前が中畑か」

中畑「後の事はよろしくお願いします」ペコッ

両津「ワシが今日からこのチームを請け負う両津勘吉だ」

国吉「…」

両津「今シーズンこそは優勝…いや日本一を狙うぞ」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:42:23.59 ID:r4mtKBo60

石川「日本一…」

吉村「そうですね、夢は大きい方が良いですから」

両津「バカもん!!夢ではなく実現するんだ!」

黒羽根「万年最下位ってことを知ってますか?」

荒波「僕達だって必死にプレーしてますけど勝てないんですよ」

両津(ダメだ…コイツ等完全に自信を失くしてやがる…)

森本「じゃあ、練習始めるか」

ラミレス「ハイ」

カァーンッ、キィーンッ

両津「こ、コラ!ワシの話はまだ終わってないぞ!!」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:46:39.97 ID:r4mtKBo60

両津「うーむ…このままでは相手にされんままで終わってしまうな」

両津「実力の世界だ、ワシの実力を見せて信頼させるか」

両津「おい、黒羽根!」

黒羽根「はい?」(どうして俺の名前を…)

両津「今からワシの球を受けてくれ」

……

森本「よーし、どんどん打ってこーい」

ズバンッ!

荒波「ん?」

ベンチ前では黒羽根捕手に投げ込みをしている両津の姿があった

両津「うおおおおおお!!」

ズバンッ!!

石川「け、結構良い球投げますね…」

ラミレス「…」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:48:40.98 ID:r4mtKBo60

黒羽根(速すぎる…)

両津「いててっ、さすがにウォームアップ無しで投げると肩が痛いな」

ラミレス「両さん」

両津「なんだ?」

ラミレス「私と1打席勝負シテクダサイ」

両津「ワシは構わんぞ」

森本「ラミレスと勝負か…」

荒波「これを見て実力がどうか決めましょうよ」

両津「よーし、行くぞ!」

ラミレス「ドウゾ」

両津「うおらっ!!」

ビシュッ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:50:32.79 ID:r4mtKBo60

ラミレス「ど真ん中…!やっぱり素人ですね!」

バキィッ!!

ラミレス「!?」

ボールはバットを折りそのままミットへ収まった

黒羽根「す、すごい…!」

両津「悪い、今の球ちょっと力抜いて投げちまった」

森本「今の球でも本気じゃないのか!?」

黒羽根はふと自分のミットを覗き込んだ

黒羽根「ぐ、グローブが焦げてる!?」

黒羽根(どんな球を投げているんだ…あの人は…)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:54:12.64 ID:r4mtKBo60

国吉「ピッチングだけじゃ信用できない!俺が投げます!」

両津「よし、今度はワシがバッターだな」

国吉「食らえ!!」

ビシュッ

両津「ふんっ!!」

カキーーンッ

森本「!?」

両津の打った打球はポールを直撃

その衝撃でポールが少し崩れかける

黒羽根「ぽ、ポールが倒れそうだ!」

両津「ちょっと力を入れすぎたな…急いでポールの修復作業をするぞ!」

荒波(すごい…この人がチームを引っ張ってくれれば本当に…)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 13:59:21.14 ID:r4mtKBo60

―練習後―

両津「まだオーダーとかは詳しく決めてはいない」

両津「だが、必ず勝てるようにオーダーを編成する!」

両津「君達が辛い時はワシの背中を見ろ!そうすれば気が楽になるはずだ!」

荒波「…ゴクリ」

両津「ファン(金)のためにやるぞーーーー!!」

一同「オォォォーーーーーッ!!!」


両津「おはようございます!」

中川「せ、先輩!」

両津「今週に開幕戦が始まるからチケットを渡しにきたんだ」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:04:55.69 ID:r4mtKBo60

両津「これがチケットだ」

中川「ありがとうございます…」

両津「部長には紙で作ったチケットを渡しておけ、入場する際に恥をかかせてやる」

麗子「本当に両ちゃんが試合に出るのね」

両津「プレーのことについては楽しみしておいてくれ!ワハハハッ!」

スタスタ

中川「本当にあの人はお金が絡んでくるとすごい…」

寺井「両さんらしいや・・・」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:08:12.43 ID:r4mtKBo60

―横浜球場―

ワーワー

中川「ここですね…」

麗子「球場前なのにすごい人の数ね!」

寺井「開幕戦ってこともあるけどこんなに横浜ファン多かったかなぁ?」

両津「はい、応援よろしく!」

ファン「頑張って下さい!」

子供「…」

両津「おっと、子供にはサービスでこのサイン入りカードをプレゼント!」

子供「ありがとう!」

中川「先輩…」

両津「おう、中川達か!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:10:24.12 ID:r4mtKBo60

麗子「こんな所で何してるのよ?」

両津「入場してくれるファンに挨拶しておこうと思ってな」

中川「全員に挨拶していたんですか!?」

両津「ファンにワシのことを知ってもらうためにな」

両津「チケットの入場券特典に選手のサイン入りカードとかボールを子供達に渡したりしてるんだ」

中川「サインって…」

麗子「これ全部両ちゃんの字じゃない」

両津「サインぐらいワシの字でもバレんだろ」

寺井「子供に夢を与える立場の人が…」

両津「ええい!うるさいぞ寺井!!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:14:14.68 ID:r4mtKBo60

中川「今日の相手は巨人ですか…」

寺井「ここ最近も優勝したりしてるから強豪チームだね」

アナウンサー「1番…ピッチャー両津勘吉…」

麗子「見て!両ちゃんよ!」

中川「やはり先輩がピッチャー…」

寺井「1番多く打席が回ってくるようにもしてあるね」

中川「ですが、相手投手はエースの内海選手ですからいくら先輩でも…」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:19:12.86 ID:r4mtKBo60

アナウンサー「1回の表、ジャイアンツの攻撃は…長野」

両津「よーーーし!お前等しまっていくぞーーー!!」

一同「オォォーーーッ」

原「ふふっ、あんな素人が選手兼監督なんて横浜も落ちたもんだね」

審判「プレイボール!」

中川「いよいよ始まりましたね…」

両津「おい、長野!ど真ん中にストレート投げるから打てよ!」

長野「なんだと?」

寺井「予告投球!?」

原「予告投球してくれるなんてアンパイ投手じゃないか」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:21:39.21 ID:r4mtKBo60

両津「どりゃぁっ!!」

ビシュッ

長野「ホントに投げやがった!」

バキィッ!

長野「うぎゃああああああ!!」

長野のバットは粉砕された

審判「ストライクー」

長野「うっひゃっ!!ほぎゃあああああ!!」

原「長野!」

両津「ワシの投げる球は鉛より重いぞ」

中川「1球目でいきなり165kmですか…」

寺井「しかも、投球練習無しであのスピードだからね」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:25:21.89 ID:r4mtKBo60

原「代打、谷」

中川「今の衝撃で長野選手は怪我で交代ですね」

麗子「とんでもない球を投げるのね両ちゃんは」

両津「へへっ、1人目早速退場したか」

原「…両津の奴め〜〜!!」

原「いいか!あのクソ両津を何としてもマウンドから引きずり降ろせ!」

ボウカー「ハイ!」

谷(恐ろしい投手だな…なるべく打ちたくない…)

スパンッ

審判「ストライクー!バッターアウト!」

谷「しまった…いつの間にか三振に…」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:27:59.20 ID:r4mtKBo60

―1回の裏―

中川「1回の表は先輩が完璧に抑えましたね」

寺井「さすがというか…プロ相手にここまで出来るなんてすごいや」

麗子「お金が絡むとホントに変わるわね!」

アナウンサー「1回の裏、ベイスターズの攻撃は…1番ピッチャー両津」

両津(ここでホームラン打てば金が入るし狙っていくか)

原「…」

原監督から投手の内海へデッドボールのサインが送られる

内海「コクリ」

内海は満面の笑みを浮かべサインを確認した

両津「よっしゃーーー!!行くぜ!!!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:31:21.91 ID:r4mtKBo60

内海「…ふっ!!」

ピシュッ

両津「むっ」

中川「危ない!!」

原(さようなら両津…)

両津「でぇいっ!!!!」

カキーンッ

原「エッ」

顔面付近に投げられた球を打ち返した

打球はマウンドの内海を襲う

内海「うっ…うあああああああああああああ!!!」

バキィッ!!!

打球が内海の右足を直撃

バキッボキッ!

内海「うぎゃあッッ!!!!!ほぎゃああああああ!!!」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:35:14.28 ID:r4mtKBo60

寺井「内海さんが倒れたよ!」

中川「きっと銃弾を食らったのと同じ痛みでしょうね…」


原「内海!」

内海「か、監督…もう怖くて無理です…交代させてください」

原「このぶわっかもーーーーーん!!!」

内海「!!」

原「右足が折れたぐらいで弱音を吐くな!3回までは投げろ!」

内海「うっ…うぅぅ……」

両津(盗塁は1回につき1万円だったな)

ジリジリッ

阿部(盗塁はないだろ…いくらなんでも…)

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:42:52.53 ID:r4mtKBo60

荒波「ふんっ」

カキーンッ

寺井「あぁ!打ち上げちゃったね!」

中川「ライトフライですか…」

両津「…」

ライトがボールを取った瞬間両津はタッチアップを試みた

寺井「タッチアップだ!」

両津「うおおおおおおおおおお!!!」

ライトが中継に返球する頃には両津は3塁に到達しようとしていた

中川「は、速い…!」

寺井「1塁からのタッチアップでホームを狙うつもりだよ!」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:46:33.88 ID:r4mtKBo60

原「阿部!ブロックだ!」

阿部「はい!」

両津「どけどけどけどけ〜〜〜っ!!!!」

中川「クロスプレーだ!」

ドシィッ!!

両津の体当たりで阿部はベンチ前まで吹き飛ぶ

審判「セーフ!!」

両津のタッチアップで1点を先制する

観客は大盛り上がりだ

両津「よし!!まずは1点先制だぜ!」



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:53:38.67 ID:r4mtKBo60

回は進み7回の表

これまで、両津を筆頭に点を取り続け5対0としている

両津は5打数5安打うち3ホーマーである

中川「順調に進んでますけど…先輩は一向に疲れを見せませんね…」

麗子「両ちゃん明日も投げるとか言ってたわよ?」

寺井「両さんなら中1日でも大丈夫かもしれないからね…」

中川「敵に回すとここまで恐ろしいとは」


両津「後半だ!気合入れていくぞ!」

黒羽根(左手が痛い…)ズキズキッ

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 14:58:02.10 ID:r4mtKBo60

中川「巨人はもう控えの選手がいませんからね」

寺井「両さんの球をバットに当てて怪我した選手がほとんどだよ」

中川「けど、先輩の剛速球を受け続けている黒羽根選手も気になりますね」


両津「この回も直球だけでいくぞ」

黒羽根「…」

両津「おい、どうしたんだ?」

黒羽根「あ、はい!分かりました!」

両津「…黒羽根、左手見せてみろ」グイッ

黒羽根「アッ」

黒羽根の左手の皮膚がずる剥けになっていた



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:01:11.54 ID:r4mtKBo60

両津「…」

スッ

黒羽根「うぎゃっ!」

両津「折れてるな…」

黒羽根「ぼ、僕は大丈夫です…だから交代は止めてください…」

両津「ダメだ、交代だ」

黒羽根「お願いします!両さんの球を受けるぐらいしか出来る事がないんです!」

黒羽根「今日だってノーヒットですから…」

両津「お前は悪くない、お前の怪我に気付かなかったワシのミスだ」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:05:24.94 ID:r4mtKBo60

黒羽根「いいんです…僕なんて怪我しても…!」

グイッ(胸倉を掴む)

黒羽根「うっ」

両津「いい加減にしろ!このチームに不要なんて選手なんていないんだ!」

両津「お前達の仕事はファンに全力プレーを見せることだ!!」

黒羽根「うぅっ…」

両津「しかし、ワシの球を受けれるのはお前ぐらいだからな…」

石川「どうするんですか?」

両津「審判!タイム!」

審判「?」

両津「キャッチャー、ワシ!」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:11:06.24 ID:r4mtKBo60

寺井「あれ?両さんがマウンドを降りるよ!」

中川「まかさ、先輩がキャッチャー?」

アナウンサー「守備の交代をお知らせします」

アナウンサー「ピッチャー両津がキャッチャーに」

ドワァァァァ!!

寺井「やっぱり両さんしかいないよね…」

両津「ピッチャーは国吉だ」

国吉「はい」

両津「サインはお前に任せる」

国吉「分かりました」

原「りょ、両津がキャッチャーだと!?」


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:14:58.71 ID:r4mtKBo60

審判「プレイ!」

原「村田!大きいのはいらん、つないでいけ!」

村田「はい」

スッ

国吉「でぇいっ!」

ビシュッ

村田「ふっ、両津に比べると弱々しい球だな!」

両津「危ない!!蜂だ!!」

バキィッ(村田を座ったまま蹴飛ばす)

村田「ふぎゃぁっ!!!!」

スパンッ

審判「ストライクー」

村田「ちょ、ちょっと!今のコイツ蹴ってきたよ!!」

両津「蜂がお前を刺しそうだったからな…」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:19:30.87 ID:r4mtKBo60

寺井「あ!原監督が思わずベンチから飛び出してきたよ!」

原「今のは妨害だ妨害!」

審判「う〜ん」

両津「国吉ーナイスボールだ」

原「おい、両津!いい加減にしろ!」

両津「なんのことですか?」

原「とぼけるな!!さっきの村田に対する妨害だ!」

両津「ワシは村田選手の危機を救ったまでですよ」

両津「何ならビデオ判定をしてもらっても構いません」

原「誰がどう見てもお前の反則だろ!!!!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:22:52.65 ID:r4mtKBo60

原「村田」

村田「はい」

原「打席の一番後ろに立って両津の頭をぶっ叩け」ボソッ

村田「ふふふ…やられたら倍にして返さないとね…」

審判「プレイ!」

両津「むっ」

両津(やけに後に下がってきやがったな…)

村田「ニヤニヤ」

国吉「でぇいっ!」ビシュッ

両津「ナイスボールだ!」

村田「あらよっと」

バキィッ!!

村田の振ったバットが両津の頭を直撃した

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:26:16.09 ID:r4mtKBo60

審判「ストライク!」

ポキッ

村田「げっ!?」

両津「あん?なんかしたか?」

両津の頭部をぶっ放したバットは真っ二つに割れた

原「ど、どんだけ頑丈な身体で出来ているんだあの男は…!」ワナワナッ

両津「狙うんならもっと強めに振れよ…!」ズイッ

村田「ヒッ…ヒィィッ!」

両津の超人ぶりに怖気ついた村田は見逃し三振を喫した

両津「よし、次は4番の小笠原だな」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:30:11.50 ID:r4mtKBo60

寺井「小笠原だ!」

中川「今シーズンは開幕1軍ですか」

寺井「昨年はずっとオフの間、極秘練習をしていたみたいだからね」

小笠原「…また俺はこのグラウンドで野球が出来る」

原「小笠原、頼んだぞ」

小笠原「はい」

両津「国吉!来い!」

国吉「えいっ」ビシュッ

カァーーーンッ

原「きたか…!」ガタッ

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:34:50.18 ID:r4mtKBo60

打球はキャッチャーフライ

小笠原「クッ」

両津「…よーーし!ワシに任せろ!」

巨人ベンチ前にフラフラと上がった打球を両津が追いかける

石川「両さん!危ない!!」

両津「うおおおおお!!ゴールデングラブ賞も欲しいんだよーーー!!!」

パスッ

寺井「捕った!」

しかし、飛びついて捕球した後巨人軍ベンチの中に突っ込んだ

ズシャァッ!!

ガシャンッ!

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:38:34.02 ID:r4mtKBo60

審判「…!」

両津「あいててっ…ボールは捕ってるよ!」

審判「アウトーーーーーー!!!」

原「クソッ!」

寺井「ファインプレーだね」

中川「このままシーズンを終えたらメジャーからオファーがきそうですね…」


両津「よし、ツーアウトだ!気ィ抜くんじゃねーぞ!」

一同「オォォーーッ!」

しかし、その後のバッターに対して連続フォアボール与え

ツーアウト1、2塁となった

迎えるバッターは今日ノーヒットのボウカーだ

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:42:12.86 ID:r4mtKBo60

一旦、選手がマウンドに集まる

両津「おい、どうしたんだ」

国吉「すいません…俺の力じゃ…」

両津「しっかりしろ!」

ドスッ

国吉「うっ」

両津「打たれた後の事は考えるな!今はワシのミット目掛けて投げてこい!」

国吉「両さん…」

審判「ハリーアップ」

両津「はいはい、今戻りますよっと」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:45:25.74 ID:r4mtKBo60

国吉「うあああああ!!」

ビシュッ

ボウカー「ヒャッ」

カキーーンッ

両津「げっ!!」

ボウカーの打った打球は1、2塁間を抜けライトへ

原「ハハハハハ!!回れ回れ!!」

2塁にいた脇谷はホームを狙う

両津「バックホームだ!急げ!!!」

ライトの吉村がホームに返球する

吉村「レーザービーム…!」

ビュィィィンッ!!!!



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:49:56.86 ID:r4mtKBo60

両津「よーし!ナイス返球だ!」

しかし、脇谷はそのままホームに突っ込もうとする

脇谷「食らえ〜〜〜両津!」

原「殺人野球の開幕だ!!」

両津「ふてぇ奴だ!ワシが直々に相手をしてやる!」

体当たりしてきた脇谷に対して体当たり仕返す両津

ドスッッ!!

脇谷「ほぎゃあああああああ!!!」

吹っ飛ばされた脇谷はホーム手前からレフト付近まで吹き飛ばされた



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 15:56:13.84 ID:r4mtKBo60

原「…クソッ!!!」

両津「ワシを吹っ飛ばそうなんて100世紀早い」

寺井「残すところ、あと2回だね」

中川「開幕戦勝利は間違い無さそうですけど…」

麗子「なんだか嫌な予感がするわね」


両津「この回はワシからだな」

澤村「ふぅ…」

原「澤村」

澤村「はい?」

原「分かっているな?」

澤村「もちろんですよ」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 16:02:26.44 ID:r4mtKBo60

両津(もう1本ぐらホームラン狙っていきてーな)

スッ

キャッチャーの阿部が立ち上がった

両津「なにっ!?」

寺井「敬遠だね…」

中川「相手チームも先輩を抑える事は出来ないと判断したみたいですね」

両津「おい阿部!敬遠なんてやめろ!」

ドスボコッ

阿部「いたたっ…!仕方ないだろ!敬遠も立派な作戦の1つなんだから!」

両津「むぅ…このままでは稼げんな…」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 16:08:28.44 ID:r4mtKBo60

審判「フォアボール」

両津「チッ、まぁいいか」

寺井「良かった…また敬遠されて怒るんじゃないかと思ったよ」

中川「怒りっぽい人ですからね」


荒波「両さんをホームに帰すぞ」

澤村「ニヤッ」

原「我々はある作戦を思いついた」

澤村は大きく振りかぶり

原「両津を潰せないなら他の選手を潰せばいいということにな」

ビシュッ

両津「…あ、危ねぇ!!!」

ゴスッ!!



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 16:13:22.42 ID:r4mtKBo60

荒波「ぐぁっ…」

審判「デットボール!」

澤村「へへっ」

原「グッジョブ」

寺井「デットボールなんて危ないね…」

両津「…おい、澤村」

スタスタ

澤村「な、なんだよ?」

両津「今の球わざとだろ」ズイッ

澤村「すっぽ抜けただけだ」

両津「テメェ…」

バキィッ!

澤村を殴り飛ばす

原「よし、行くぞお前等!両津のみ袋叩きにしろ!大勢で行けば勝てるはずだ!!」

巨人ベンチから選手が大量に駆け出してきた

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/26(土) 16:19:23.88 ID:r4mtKBo60

両津「お前達はベンチに戻ってろ!」

荒波「で、でも…!」

石川「監督1人じゃ危険です!!」

両津「ワシの心配はいらん!選手を守るのも監督の役目だ!!」

村田「さっきの妨害の借り返させてもらうぜ」ポキッパキッ

脇谷「よくも吹っ飛ばしてくれたな」

両津「ワシの選手達を潰す事は許さねぇぞ!!」

両津「うおおおおおおおお!!!!!!」

ドスッボコッ

ドコッボスッ

バキィッ!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「部室に入ったら古泉くんが下半身丸出しで死んでた」