のびた「トリガーハッピーな仲間達」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「レイは〜うち。アスカ〜そと」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:16:37.03 ID:k9lQMg9z0

のびた「ドラえもぉぉおん!」

ドラえもん「どうしたんだい、のびたくん」

のびた「ジャイアンがいじめるんだよ!」

ドラえもん「具体的に言いなよ」

のびた「丸腰の僕をシグで撃ってくるんだ!」

ドラえもん「なんだそんなことか」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:18:15.59 ID:k9lQMg9z0

ドラえもん「だったら君も撃ち返せばいいじゃないか」

のびた「無理だよ、あの時僕は丸腰だったんだ」

ドラえもん「だからって逃げてきたのかい?」

のびた「ぅぅ・・・」

ドラえもん「しょうがないなぁ〜」

ドラえもん「ベレッタ〜!」

ドラえもん「これでジャイアンとも対等だろう?」

のびた「ありがとうドラえもん!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:20:59.66 ID:k9lQMg9z0

〜空地〜

ジャイアン「なんだのびた、また撃たれに来たのか?」

スネオ「懲りないヤツww」

のびた「も、もう逃げないぞ!」

のびた「僕だって戦える!」

ベレッタを抜いたのびたの雰囲気が一変する

のびた「てめぇらは今、俺のレンジにいる」

のびた「逃がしはしねぇぞ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:21:56.05 ID:k9lQMg9z0

ジャイアン「へっ、いくら強がったってのびたはのびただぜ!」

ジャイアン「スネオ!手だすなよ!」

スネオ「ジャイアンやっちゃえ!」

シグを構えるジャイアンは、まるで人が変わったように

ジャイアン「動かない事だな・・・頭が飛ぶぞ・・・」

冷静になっていた

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:22:57.92 ID:k9lQMg9z0

ジャイアン「少しでも、動いたところを撃つ・・・」

のびた「・・・・・・」

ジリッとつま先を動かすのびた

ダンッ!

そのスニーカーのつま先を撃ち抜くジャイアン

ジャイアン「次は、朱い華を咲かせるぞ・・・」

その瞳は落ち着いていながらも恍惚としている

トリガーハッピーの症状だ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:23:58.83 ID:k9lQMg9z0

のびた「趣味がワリイな」

ジャイアン「褒めるなよ・・・」

バッと構えるのびたの左肩、右肘を弾丸が射抜く

射抜かれざま、のびたの放つ弾丸は

のびた「・・・・・・」

無情にも、ジャイアンの脇腹を掠め飛び去る

ジャイアン「あぁ・・・」

恍惚とした表情を向けるジャイアン

のびた「ハハッ」

それを見返すのびたもまた、恍惚とした表情

トリガーハッピーな変態は、ジャイアンだけじゃない

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:25:21.47 ID:k9lQMg9z0

ジャイアン「お前、撃たれておかしくなった訳じゃ・・・無いのか・・・」

何故かガクリと膝を落とすジャイアン

ジャイアン「そうか、わざと外したのか・・・」

その後頭部からは、出血

のびた「あぁ、土管の丸みを利用させてもらったぜ」

ジャイアン「跳弾の軌道を読んで・・・くくっ、まさかのびたにな・・・」

ジャイアンは地面に倒れ伏した

笑顔で・・・

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:26:48.34 ID:k9lQMg9z0

スネオ「ジャ、ジャイアン!」

のびた「今のでわかったろう、スネオ、てめぇは俺にかなわねぇ」

たとえ、のびたが腕を自由に使えなくても

少しの被弾と引き換えに容易に倒せる

だが

スネオ「・・・アヒャヒャヒャヒャ!」

スネオ「調子づくなよ、のびた風情がぁ!」

引き抜かれたのはデザートイーグル

のびた「・・・・・・!!」

喰らえばのびたに、未来はない

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:27:48.30 ID:k9lQMg9z0

のびた「くっ!」

ガァン!ガァン!

横に転がりながらスネオの銃撃をかわす

ガァン!ガァン!ガァン!

弾切れの一瞬をつけば・・・

のびた「・・・なぜだ!」

しかしその時は来ない

スネオのデザートイーグルは既に

30発近い弾を吐き出しているというのに

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:29:47.48 ID:k9lQMg9z0

スネオ「驚いたかぁ、のびた!」

スネオ「こいつぁパパに頼んで魔改造してもらってなぁ・・・」

スネオ「装弾数は200!」

のびた「!!」

のびたの顔が驚愕に歪む

拳銃で200発の装弾数、異常だ

のびた「・・・ふふ」

だが、のびたは知っている

スネオ「何がおかしい!」

スネオ以上の異常を

のびた「おせぇよ・・・」

ドラえもん「来てやっただけ有り難く思え」

ドラえもんの存在を!

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:31:03.12 ID:k9lQMg9z0

ドラえもん「動くなスネオ」

ドラえもん「たかだか200で吠えるなよ、雑魚」

ドラえもんがスネオに突き付けるそれは

スネオ「AK47・・・!」

アサルトライフル、拳銃ではない

しかもそのシルエットは、芸術性のかけらもなくゴテゴテしている

ドラえもん「・・・こっちは1500だ」

ドラえもん「フルオートでバラ撒いてやろうか?」

増設されたマガジンが、キラリと光った

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:32:10.51 ID:k9lQMg9z0

スネオ「そ、そんなものをぶっ放してみろ!」

スネオ「犯罪だぞ!」

そう、この国では拳銃ならば発砲も許可されている

しかしアサルトライフルとなると話は別

ドラえもん「だからなんだ?」

スネオ「!!」

でも、止まらない

止められない

ドラえもん「撃ちてえから撃ちてえように・・・撃つんだよ!」

彼もまた、未来からきたトリガーハッピー

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:35:42.52 ID:k9lQMg9z0

スネオ「あぐぅ・・・」

倒れ臥すスネオ

ドラえもんの持つAKは銃身が赤熱し、少し融解している

ドラえもん「コイツもお役ゴメンか」

のびた「やっぱり、ドラえもんはすごいなぁ」

ドラえもん「うぅ〜ふ〜ふ〜、おだてても何もでないよ〜」

二人はもう、いつもの二人


だが

「あたしのシマでなにドンパチやってんだい!」

土管の上に、新たな人影

のびた「し、しずちゃん!!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:39:11.97 ID:k9lQMg9z0

しずか「まったくアンタらは、男の癖にしょっぼい喧嘩してるねぇ」

ドラえもん「・・・いうじゃねえか」

スネオのDEを拾い上げるドラえもん

のびた「どういうことだ?」

ベレッタを構えるのびた

しずか「喧嘩ってのはド派手にやるもんさ」

しずかが構えるのは

のびた「RPG、7!?」

ドラえもん「しかも通常の3倍近いサイズだ!」

巨大な榴弾砲

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:42:39.96 ID:k9lQMg9z0

ドラえもん「くっ!」

ドラえもんがかける

しずかの持つRPG7は強力だが、白兵戦ではただの邪魔物

のびた「いける!」

ドラえもんが肉薄したとき

ビスッ!

ドラえもん「ぐっ!」

その足を、銃弾が貫く

ッタァン!

遅れて聞こえる銃声

のびた「狙撃ッ!」

気づいたときには、もう遅い

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:46:47.14 ID:k9lQMg9z0

ビスッ!

のびた「あぐっ」

ジャイアンにやられたのと同じ、左肩を撃たれ、のびたは地面に転がった

しずか「あらあら、大丈夫?のびたさん」

クスクスと笑いながら榴弾砲をのびたに向けるしずか

のびた「出来杉をつれてくるとは、な」

こんな正確な狙撃をできるのは、アイツしかいない

しずか「あたしが何の用意もしないとでも思ってた?」

しずかはゆっくりと、そのトリガーにゆびをかける

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:50:06.13 ID:k9lQMg9z0

のびた「いいのかい?」

そう、こんな近距離から撃とうものならしずかの命もない

しずか「ん?何が?」

のびた「お前も、巻き込まれるんじゃないのか」

しずか「ああ・・・」

しずかは、そんなこと、と言わんばかりの表情で言う

しずか「バカみたいの肥大化したRPG7で死ぬ」

しずか「ロマンを感じない?」

その目は軽くイっている

まさしく彼女も、トリガーハッピー

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:55:36.11 ID:k9lQMg9z0

出来杉「しずかくん、やるなら早急にやりたまえ」

見るといつの間にか出来杉が土管の横にいた

着弾から銃声のラグを考えると2000mは離れていたはず

しずか「あせらないの」

しずか「こういうのはゆっくり、噛み締めるように・・・」

のびた「・・・っ!!」

しずかの指がトリガーを引きかけるのを見て、のびたが咄嗟にベレッタをのばす

ズガァン!

のびた「ぐぅあ!」

出来杉による、ドラグノフでのゼロ距離射撃

それはのびたのわき腹を的確に射抜く

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/20(日) 23:57:47.48 ID:k9lQMg9z0

完全に動けなくなったのびたを見て、しずかが告げる

しずか「さあ、みんなでイきましょう」

トリガーを、プル

そして・・・

市内を震わす


大 爆 発

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/21(月) 00:03:19.13 ID:7LhLNCZk0

すべてが瓦礫となるはずだった空地

そこになぜか無傷でのこったモノ

土管

出来杉「やれやれ、やっと終わったか」

核シェルターとして改造された土管から這い出す出来杉

そう、ベレッタの弾丸をのびたの理想通りに跳ね返した土管は

ただのコンクリートではなかった

出来杉「たまに湧く、こういったトリガーハッピー達」

出来杉「それを根絶することが、エリートとしての役目」

歩き出す

出来杉「ですよね、先生」

傍らに現れた男は、笑顔で出来杉に告げる

先生「よくやったぞ出来杉、また100点だ」


-END-



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「あなたを夕食に招待して涼宮ハルヒの出方を見る」