ハルヒ「SOS団は、玄武組と改称します!」【涼宮ハルヒ×鴨川ホルモー】


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しずか「キャー!のび太さんのエッチ!スケベ!変態!痴漢!」

ツイート

1 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[] 投稿日:2012/05/20(日) 14:43:33.20 ID:swtQD/9DO

時間軸は2年次の5月(驚愕終了後)

鴨川ホルモーサイドのキャラは一切登場しません。

投下頻度は不規則です。
ご了承下さい。

2 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/20(日) 14:52:36.01 ID:swtQD/9DO

5月15日(葵祭当日)


ハルヒ「SOS団は、玄武組と改称します!」

キョン「玄武組?」

ハルヒ「そう。玄武組」

古泉「玄武組って、四神相応の玄武ですか?」

ハルヒ「正解。65点」

キョン「古泉、四神相応って何だ?」

長門「北に玄武、西に白虎、南に朱雀、東に青竜」

キョン「は?」

朝比奈「4つの方角を司る神様がそれぞれ居るって話ですよ」

キョン「ついていけないの俺だけ?」

古泉「でも何でいきなり改称するんですか?」

ハルヒ「それはまだ言えないの」

3 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/20(日) 14:56:50.76 ID:swtQD/9DO

キョン「まだ言えない?何で?」

ハルヒ「そういう決まりだから」

古泉「決まり?」

ハルヒ「とにかく、7月になれば全部わかるから」

キョン「7月か………」

ハルヒ「じゃあ、今日は解散!」

キョン「早っ」

4 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/20(日) 15:02:00.05 ID:swtQD/9DO

下校中


キョン「7月か………」

朝比奈「7月ってことは………七夕でしょうか?」

古泉「おそらくそうでしょう」

長門「違う」

キョン「違う?」

古泉「他に何がありますか?」

長門「7月16日、祗園祭宵山」

キョン「は?」

朝比奈「祗園祭?」

古泉「もしかして何か見当がついているのですか?」

長門「そう」

キョン「教えてくれ」

長門「今はまだ言えない」

5 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/20(日) 18:05:18.05 ID:swtQD/9DO

7月16日 午後7時

キョン「何だよ、いきなり集合なんかかけて」

朝比奈「しかも何で涼宮さんが来てないんですか!」

古泉「場所もいつもと違いますし」

キョン「門戸厄神駅なんか初めて来たぞ」

長門「………」

キョン「お前は全部わかっているんだよな?」

長門「そう」



キョン「あ、ハルヒ来た」



ハルヒ「古泉くん、みくるちゃん、有希、キョン」

ハルヒ「本日午後7時をもって、宵山協定の解除を宣言します!」

7 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/21(月) 16:39:24.79 ID:OBf+/yUDO

キョン「宵山協定?」

ハルヒ「ごめんね、今まで言えなくて」

ハルヒ「でも仕方がなかったの。そういう決まりだから」

古泉「僕には全く話がわかりません」

キョン「ハルヒ、お前は何をしようとしているんだ?」

朝比奈「説明してください。涼宮さんが何をしようとしているのか」

ハルヒ「………そうね、そうするわ」

8 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/21(月) 16:48:15.11 ID:OBf+/yUDO

ハルヒ「今から1000年前」

ハルヒ「ひとつの競技が誕生した」

ハルヒ「その競技は、1チーム10人の競技者が、それぞれ100体の鬼を使役して行われ」

ハルヒ「先に全滅した方が負けとされた」

ハルヒ「ホルモーと呼ばれていたその競技は」

ハルヒ「かつて4チームによるリーグが存在し」

ハルヒ「京都市内で争われていた」

ハルヒ「しかし戦時の混乱でリーグは消滅」←オリジナル設定

ハルヒ「ホルモーが争われることはなくなった」

9 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/21(月) 16:55:22.33 ID:OBf+/yUDO

ハルヒ「最初にホルモーが誕生してから、今年でちょうど1000年」

ハルヒ「あたしたちの手でホルモーを復活させましょう!」

キョン「は?」

朝比奈「ホルモー?」

ハルヒ「あ、対戦相手なら心配しないで」

ハルヒ「もう声をかけてあるから」

キョン「いや、そこじゃない」

朝比奈「鬼なんてものが存在するんですか?」

古泉「ましてそれを僕たちが操るなんて」

ハルヒ「あるものはあるの」

長門「間違いなくある」

キョン「今日ばかりは長門も信用できないな」

長門「信じて」

古泉「そう言われても……」

11 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/22(火) 12:45:45.12 ID:uTerJ40DO

ハルヒ「さ、そろそろ出発するわよ。切符買って」

古泉「どこまで?」

ハルヒ「北口まで」

キョン「歩いて行けよ」

ハルヒ「それは駄目。これから『北口駅の会』なんだから」

キョン「は?」

ハルヒ「要するに顔合わせよ」

12 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/22(火) 12:49:38.09 ID:uTerJ40DO

ハルヒ「京都でやってた頃は『四条烏丸交差点の会』って言って」
ハルヒ「交差点の北から玄武組、西から白虎隊、南からフェニックス、東から青竜会が、それぞれ歩いてきたらしいの」

ハルヒ「今回あたしたちは、北口駅を基準にして」

ハルヒ「北から玄武組、西から白虎隊、南からフェニックス、東から青竜会が入場することにしたわ」

朝比奈「それで門戸厄神に集合したんですか………」

ハルヒ「そういうこと」

キョン「誰も来なかったら帰り奢ってもらうからな」

ハルヒ「来るわよ」

キョン「絶対?」

ハルヒ「もちろん」

13 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/22(火) 12:56:20.31 ID:uTerJ40DO

《まもなく、西宮北口、西宮北口。終点です》

ハルヒ「みんな、今から『北口駅の会』が終わるまで、私語禁止ね」

朝比奈「はあ………」
ハルヒ「キョン、あんたにいってんのよ」

キョン「わかってるよ」







北口駅到着

2階コンコース

ハルヒ「今から『北口駅の会を始めます』

ハルヒ「北高校玄武組、5名」

九曜「光陽園女子高校白虎隊、5名」

橘京子「臨海商業高校フェニックス、5名」

佐々木「尼崎学園高校青竜会、5名」

ハルヒ「以上で『北口駅の会』を終わります」

16 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/22(火) 17:15:00.82 ID:uTerJ40DO

駅前の喫茶店


キョン「お前ら」

佐々木「何だい?」

キョン「何でお前らがここに居るんだ」

橘「私も最初に聞いた時は驚いたわ」

佐々木「まさか鬼を使って闘うなんて」

橘「でも、涼宮さんのことだから、軽々とやってのけるんじゃないかと」

キョン「お前ら、あの話を信用するのか?」

佐々木「結局は、好奇心に負けたのさ」

九曜「鬼は―――存在する―――」

佐々木「ほら、周防さんもこう言ってるし」

キョン「俺は信用できないな」

17 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[sage] 投稿日:2012/05/22(火) 23:02:26.10 ID:uTerJ40DO

一応書いておきます
このSSは実在の人物、団体、施設、学校、神社等とは
一切関係がありません

18 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/23(水) 16:57:01.38 ID:v8lnSTGDO

翌日 文芸部室


ハルヒ「はぁーーー、どうしようかしら」

キョン「どうしたんだ?」

ハルヒ「あのね、ホルモーが鬼を使役して闘う競技だってのはわかったんだけど」

ハルヒ「どうやって使役するのかがわからないのよ」

キョン「贅沢な悩みだな」

ハルヒ「何か暗号でもあるのかしら。それともジェスチャー?」

キョン「俺は鬼の存在自体が信じられない」

ハルヒ「それは駄目よ。ホルモーは5人で闘うんだから」

ハルヒ「本当は10人なんだけど、今回は5人にするわ」

19 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/23(水) 17:08:21.14 ID:v8lnSTGDO

キョン「どっちでもいい」

ハルヒ「よくないわよ。10人だったらあと5人集めないといけないじゃない」

キョン「今のところ1人しか集まってないけどな」

古泉「それより涼宮さん、何でさっきから本棚をあさっているのですか?」

ハルヒ「ん?調べものよ」

朝比奈「ホルモー絡みのですか?」

ハルヒ「そうよ。有希の本に何か書いてないかなって」

長門「無い」

ハルヒ「見てもないのに決めつけないの」

長門「見た」

ハルヒ「見落としがあるかもしれないじゃない」

長門「わたしが見落とすなど有り得ない」

20 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/23(水) 17:14:38.23 ID:v8lnSTGDO

古泉「まあ確かに、長門さんが見落とすとは考えられないですね」

キョン「同感だな」

ハルヒ「あった!」

長門「………え?」

朝比奈「何があったんですか?」

ハルヒ「こういうのを探してたのよ」

キョン「こんなホチキスで綴じただけの?」

ハルヒ「これだけあれば充分でしょ」

古泉「まあ確かに………」

キョン「やりやがったな」






《ホルモーを競う者たちへ》
京都産業大学玄武組

21 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[sage] 投稿日:2012/05/23(水) 17:16:35.43 ID:v8lnSTGDO

京都産業大学は戦後にできた大学ですが
今回はそのあたり無視します

23 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/24(木) 16:41:55.84 ID:9Bg0uhpDO

キョン「長門」

長門「何?」

キョン「何で今まで気付かなかった?」

長門「無かった」

キョン「は?」

長門「昨日の時点ではこの冊子は存在しなかった」

キョン「………というと?」

長門「涼宮ハルヒの能力の産物」

キョン「やっぱりか………」

ハルヒ「ちょっと!何こそこそ話してんのよ!」

キョン「何だ、いきなり」

ハルヒ「このページを見なさい」

キョン「は?何だこれ………」

朝比奈「平仮名の羅列だというのはわかりますが」

24 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/24(木) 16:57:53.49 ID:9Bg0uhpDO

ハルヒ「これは鬼語よ」

古泉「鬼語?」

ハルヒ「鬼を使役するのに使うんだって」

朝比奈「暗号みたいな認識でいいですか?」

ハルヒ「いいんじゃない?」

長門「それは暗号ではない。言葉」

キョン「一緒だろ」

長門「一緒にしないで」

ハルヒ「とにかく、これを覚えないと話にならないのよ」

キョン「というより、それを覚えたら話になるのか?」

ハルヒ「当たり前じゃない」

古泉「そもそも本当に鬼というものが居るのでしょうか」

長門「根本から否定しないで」

25 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/24(木) 17:04:35.82 ID:9Bg0uhpDO

ハルヒ「鬼は居るわ。今は見えないだけよ」

キョン「何だその詐欺師みたいな言い方は」

朝比奈「本当に居るなら見せてくださいよ!」

ハルヒ「あのね、それも書いてあったんだけど」

ハルヒ「鬼が見えるようになるためには、『代替わりの儀』ってのをやらないといけないんだって」

古泉「だったらやればいいじゃないですか」

ハルヒ「でもその時点で鬼語をマスターしてないと、代替わりが認められないとか………」

キョン「お前もわかってないじゃねーか」

ハルヒ「とにかく鬼語をマスターすることが最優先なのよ」

26 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/24(木) 17:09:44.57 ID:9Bg0uhpDO

ハルヒ「決めた!」

朝比奈「何をですか?」

ハルヒ「今年の合宿は、鬼語を覚えることにするわ」

キョン「は?」

ハルヒ「じゃあ22日、つまり夏休み初日」

ハルヒ「9時に有希の家に集合!」

キョン「おい………」

長門「問題ない。食事と寝床は用意する」

キョン「泊まりなのか?」

ハルヒ「4泊5日よ」

27 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/25(金) 16:57:09.67 ID:pHIG9MPDO

7月22日 長門宅

ハルヒ「おっそーい!」

キョン「まだ8時前だぞ?」

ハルヒ「最後に来た人は罰金」

長門「食事は用意してある」

ハルヒ「あっ、そうだったわね」

古泉「というか、本当にやるんですか?」

朝比奈「鬼が居るのかどうかもわからないのに」

ハルヒ「だから、鬼は居るの!」

キョン「証拠は?」

ハルヒ「鬼語を覚えたら」

キョン「出たよこういうの」

28 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/25(金) 17:06:32.90 ID:pHIG9MPDO

ハルヒ「さ、例の冊子は用意したわ」

ハルヒ「ここに書いてある鬼語を全部覚えるのよ」

キョン「何だ?『ぐああいっぎうえぇ』?」

ハルヒ「あ、それは『進め』って意味ね」

古泉「何ですか、この平仮名の羅列は」

ハルヒ「だからそれが鬼語だって言ってるじゃない」

キョン「お前読んでみろよ」

ハルヒ「ぐああ……い……ぎう……え」

キョン「お前も読めないのか」

ハルヒ「だって文字だけでわかるわけないでしょ」

長門「ぐああいっぎうえぇ」

朝比奈「………え?」

長門「これが正確な発音」

29 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/25(金) 17:20:39.36 ID:pHIG9MPDO

ハルヒ「有希?どうしちゃったのよ」

長門「わたしはただ鬼語を正確に発音しているだけ」

ハルヒ「なるほど………これが鬼語なのね」

キョン「俺は納得しないぞ」

ハルヒ「でも他に手掛かりもないし」

ハルヒ「これで行きましょう」






Yuki.N>情報統合思念体はこの宇宙の全情報を持っている。

Kyon>うん。だから?

Yuki.N>鬼語の情報も当然持っている。

Kyon>うーん………

Yuki.N>信用できない?

Kyon>当たり前だろう。

30 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/26(土) 10:08:02.04 ID:YRlItrXDO

7月26日 午後5時

ハルヒ「みんなもう完璧ね」

古泉「どうやって判断したらいいんでしょう?」

長門「今すぐホルモーを行っても問題ない水準」

キョン「は?」

ハルヒ「よし、解散!」

キョン「本当に大丈夫か?」

朝比奈「全く実感がないのですが」

ハルヒ「冊子はコピーしといたから、復習したかったらしといて」

キョン「復習なんかするか!」

ハルヒ「あんた………まだ信じてないのね」

31 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/26(土) 10:15:18.43 ID:YRlItrXDO

8月31日 北口駅前

キョン「何だよ、いきなり呼び出して」

ハルヒ「今から『上賀茂代替わりの儀』を行います」

古泉「代替わりの儀?」

ハルヒ「あ、今回は先代が居ないから『上賀茂新設の儀』か」

キョン「いや、そういうことじゃなくて」

ハルヒ「それじゃ、今から出発するわよ」

32 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[sage] 投稿日:2012/05/26(土) 10:16:53.79 ID:YRlItrXDO

すべて京産大玄武組のやり方で行うってことで

33 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/28(月) 07:48:50.95 ID:PllqKpSDO

《次は、上賀茂神社前、上賀茂神社前、終点です》

キョン「なぜ上賀茂?」

ハルヒ「京産大時代はここでやってたのよ」

ハルヒ「せっかくだから全部京産大方式でやってみようかと」

古泉「その手に抱えてる物もそういう趣旨ですか」

ハルヒ「あ、これ?京産大から貰ってきたのよ」

キョン「どんな脅し文句を………」


上賀茂神社鳥居前

ハルヒ「いい?この鳥居をくぐったら私語禁止よ」

キョン「わかったよ」

ハルヒ「あと、1円ずつ出して」

古泉「はい?」

朝比奈「1円ですか?」

ハルヒ「お賽銭よ」

34 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/28(月) 07:55:36.46 ID:PllqKpSDO

祭壇前

ハルヒ「ただいまから、上賀茂代替わりの儀改め、上賀茂新設の儀を執り行います」

ハルヒ「わたくしは、兵庫県立北高等学校玄武組初代会長、涼宮ハルヒ」

ハルヒ「コースは普通コース、住所は兵庫県西宮市(以下略)」

ハルヒ「本日は我々北高校玄武組を、京都産業大学玄武組に替わる新たなホルモー団体として認めていただきたく、お願いに参りました」

ハルヒ「ここに京都の銘酒『玉乃光』と、京都産業大学玄武組に伝わっていた舞を奉納いたします」

36 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/28(月) 16:42:18.29 ID:PllqKpSDO

ハルヒ「それじゃ、これに着替えて」

キョン(スキーウェア?)

朝比奈(なぜかスキー靴と板も)

古泉(いったいどんな舞を………)

ハルヒ「4から始めます」




〈『スキー』時雨音羽〉




ハルヒ「じゃあ最初の服装に戻って」

キョン(なんだ今の舞は)

朝比奈(なぜスキーの歌?)

ハルヒ「みんな、祭壇の前に並んで」

ハルヒ「せいっ」一円玉を投げる

ハルヒ「我々北高校玄武組5名、京都産業大学玄武組に替わる新たなホルモー団体としてお認めください」

37 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/28(月) 16:50:48.18 ID:PllqKpSDO

ハルヒ「以上で『上賀茂新設の儀』を終了します」

ハルヒ「北高校玄武組は京産大に替わる新たなホルモー団体として認められました」

朝比奈「………はい?」

ハルヒ「あれ?あんたたち、まだ信じてないの?」

古泉「鬼をこの目で見ない限り、信じられません」

ハルヒ「それならもう見えてるわよ」

キョン「………は?」

ハルヒ「後ろに居るでしょ」

朝比奈「後ろ………ひゃっ!」

キョン「何だ、あれは!」




オニ「きゅきゅきゅきゅ」

38 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/29(火) 13:22:19.06 ID:ksOzJGXDO

9月1日(2学期初日)
始業前の教室

キョン「何だったんだ、あれは………」

ハルヒ「何の話?」

キョン「後ろを向いたらいきなり変な生物が………」

ハルヒ「あいつらがあんたを認めてくれた証拠よ」

キョン「そもそもあいつらは何者なんだ?」

ハルヒ「は?何を今さら?」

ハルヒ「あいつらと一緒にホルモーをやるのよ」

キョン「………は?」

ハルヒ「あんたはあいつらを使役して闘わせるの」

キョン「………」

39 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/29(火) 13:28:36.82 ID:ksOzJGXDO

ハルヒ「あ、そだ」

キョン「何だ?」

ハルヒ「最初のリーグは来週から始めることにしたわ」

キョン「来週から?」

ハルヒ「そ。2学期の内に前半3回戦、3学期に入って後半3回戦」

キョン「全部で6試合ってことは?」

ハルヒ「同じ相手と2回ずつやるの。ホームアンドアウェー方式ね」

キョン「なるほど」

ハルヒ「だから来週までには完璧に使役できるようにしときなさい」

キョン「わかったよ」

40 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/30(水) 17:13:48.63 ID:3Kp4UK1DO

翌週月曜日 放課後

キョン「そういえば朝比奈さんは信じたんですか?」

朝比奈「………何の話でしょう?」

キョン「鬼やら何やらを使って闘うという」

朝比奈「正直信じたくないんですけど………」

朝比奈「あれを見せられたら信じるしかないでしょう」

キョン「はぁ………」

古泉「どうしたんですか?」

キョン「何かとんでもないことに巻き込まれた気が………」

古泉「とんでもないこと、ですか」

キョン「超能力者とか宇宙人とかとは次元の違う何かに」

長門「次元は同じ。情報統合思念体も観測できている」

41 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/30(水) 17:25:04.55 ID:3Kp4UK1DO

キョン「そういや長門は最初から知ってたんだよな」

長門「当然」

キョン「すまん。今まで信じられなくて」

長門「仕方ない。あれを見ずして信じることなど不可能」

古泉「てことは、長門さんは京都のリーグも知ってるんですか?」

長門「情報統合思念体はこの宇宙の出来事を全て知っている」

長門「そのリーグは京都産業大学玄武組、立命館大学白虎隊、龍谷大学フェニックス、京都大学青竜会の4団体で争われていた」

長門「毎年の優勝団体は翌年の葵祭路頭の儀で先頭を歩く権利が」

キョン「その変にしてくれ」

42 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/30(水) 17:34:16.35 ID:3Kp4UK1DO

バタン

ハルヒ「ごめんみんな、遅くなっちゃって」

キョン「どこ行ってたんだ!」

古泉「もう4時半ですよ?」

長門「北口駅前」

ハルヒ「よくわかったわね」

朝比奈「一人で何してたんですか?」

ハルヒ「一人じゃないわよ。他の団体の代表も来てたわ」

キョン「他の団体ってことは、ホルモー絡みの?」

ハルヒ「そうよ。抽選会をやってたの」

古泉「抽選会?」

ハルヒ「あっ、言ってなかったわね」

ハルヒ「最初のリーグは今度の土曜から始めるの」

ハルヒ「2学期の内に前半3回戦、3学期に後半3回戦ね」

43 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/30(水) 17:41:30.58 ID:3Kp4UK1DO

古泉「6回戦ってことは、ホームアンドアウェー方式ですか」

ハルヒ「そうよ」

朝比奈「ホームアンドアウェー方式って何ですか?」

古泉「同じ相手と2回ずつ戦うんです」

古泉「1回は自分の本拠で、1回は相手の本拠で」

朝比奈「なるほど」

ハルヒ「ちょっと違うわ」

古泉「どこが違うんですか?」

ハルヒ「ホームの時は、自分で会場を決められるのよ」

ハルヒ「アウェーの時は、相手が決めた会場で戦うの」

古泉「なるほど」

キョン「ホームの時は、自由に決められるのか」

ハルヒ「車道と神社以外はね」

44 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/05/30(水) 17:50:12.94 ID:3Kp4UK1DO

キョン「で、肝心の組み合わせはどうなったんだ?」

ハルヒ「とりあえず今日は前半戦だけ」

ハルヒ「後半戦は冬休みに決めるわ」


〈前半戦組み合わせ〉
左がホーム

1回戦
県立北―尼崎学園
光陽園女子―臨海商業

2回戦
臨海商業―県立北
光陽園女子―尼崎学園

3回戦
県立北―光陽園女子
尼崎学園―臨海商業


キョン「1回戦は佐々木のとこか」

古泉「場所はどうするんですか?」

ハルヒ「場所?」

古泉「ほら、ホームですから」

ハルヒ「それなら心配いらないわ。とっておきの会場を用意してあるから」

45 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[sage] 投稿日:2012/05/30(水) 17:51:48.07 ID:3Kp4UK1DO

原作ではまだ中盤ですが
このSSはそろそろ終盤です

46 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/02(土) 11:00:23.26 ID:veJSBZ+DO

土曜日 午前9時

ハルヒ「みんな揃ってる?」

古泉「揃ってます」

ハルヒ「それじゃ今から、北口ホルモー1回戦の対戦会場へ向かいます」

キョン「一つ聞いていいか?」

ハルヒ「何?」

キョン「なぜ光陽園駅に集合したんだ?」

朝比奈「いつもは北口でしたよね」

ハルヒ「柏堂神社に寄ってから行くの」

キョン「柏堂神社?」

古泉「なぜ寄り道を?」

ハルヒ「仮に直接会場に行ったとして、連中は居ないわよ?」

ハルヒ「あたしたちだけでどうやって闘うのよ」

古泉「なるほど」

キョン「わからん」

47 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/02(土) 11:08:23.76 ID:veJSBZ+DO

柏堂神社

ハルヒ「キョン、そっちを見なさい」

ハルヒ「そこに連中が居るでしょ」

キョン「ああ、あいつらか」

ハルヒ「あいつらを会場まで連れていくのよ」

キョン「なるほど」

ハルヒ「ったく、あんたはどんだけバカなのよ」

古泉「涼宮さん、さっさと済ませましょう」

ハルヒ「言われなくてもそうするわよ」






ハルヒ「我々は今から、尼崎学園高校青竜会と、ホルモーを競いたく存じます」

ハルヒ「つきましては、会場である東中学校までご同行ください」







48 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/02(土) 11:15:58.48 ID:veJSBZ+DO

キョン「すごいな。本当に付いてきた」

ハルヒ「この程度で感心しないで」

ハルヒ「それよりキョン、レーズンは持ってきたんでしょうね」

キョン「あんなにしつこく電話されたら誰でも持ってくるだろ」

ハルヒ「忘れてないでしょうね!」

キョン「だから持ってきたって」

ハルヒ「どのくらい?」

キョン「2袋」

ハルヒ「うん、充分ね」

ハルヒ「あ、着いたわよ」

古泉「東中学校ですか………」

49 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/02(土) 11:28:51.52 ID:veJSBZ+DO

朝比奈「………あれ?」

ハルヒ「何よ」

朝比奈「体育祭やってませんか?」

ハルヒ「それぐらいわかってるわよ」

キョン「じゃあどこでやるんだ?」

古泉「端の方でこそこそと?」

ハルヒ「そんなわけないでしょ」

キョン「じゃあどこで?」

ハルヒ「それより青竜会はまだなの?」

キョン「話をそらすな」

ハルヒ「青竜会が来たら教えるわ」

佐々木「おーいキョン」

キョン「おっ」

ハルヒ「来たみたいね」

50 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/02(土) 11:35:53.18 ID:veJSBZ+DO

キョン「さて、青竜会も来たことだし」

キョン「そろそろ始めるか」

ハルヒ「待って」

キョン「何だ?」

ハルヒ「裁定人!」

古泉「裁定人?」

長門「審判のこと」

ハルヒ「光陽園女子の九曜ちゃんに頼んであるんだけど………」

古泉「見当たりませんね………」

朝比奈「………」

九曜「――――――居る」

ハルヒ「ひゃっ!」

キョン「いつから居た!」

九曜「―――――4分―――17秒前――――」

51 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/02(土) 11:42:17.53 ID:veJSBZ+DO

ハルヒ「さて、これで全員揃ったわね」

ハルヒ「対戦会場に移動しましょう」

佐々木「あれ?ここじゃないの?」

九曜「東―――中学校と―――聞いた―――――」

ハルヒ「東中学校よ。それは間違いないわ」

朝比奈「裏庭?」

ハルヒ「違う」

キョン「じゃあどこなんだ!」

ハルヒ「説明してもわかんないわよ」

古泉「だったら早く連れてってください」

ハルヒ「わかったわ」

ハルヒ「それじゃみんな、目を閉じて」

キョン「は?」

ハルヒ「いいから目を閉じなさい!」

キョン「わかったよ」

52 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/02(土) 11:48:41.11 ID:veJSBZ+DO







ハルヒ「目を開けていいわ」




キョン「………………ん?」

佐々木「ここは………?」

古泉「閉鎖………空間………?」

ハルヒ「閉鎖空間って言うの?」

古泉「なぜ涼宮さんが………」

ハルヒ「それよりどうして古泉くんが知ってるのよ」

長門「細かいことは気にしない」

ハルヒ「有希?」

長門「わたしという個体は早くホルモーを行いたくてうずうずしている」

キョン「そうか、長門は1000年前から………」

ハルヒ「何?」

キョン「いや、何でもない」

53 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 11:51:42.46 ID:veJSBZ+DO

この対戦が終わったあたりで終了の予定です

54 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/02(土) 13:09:19.75 ID:veJSBZ+DO

ハルヒ「作戦を指示するわ」

古泉「作戦なんかあるんですか?」

ハルヒ「これは北口ホルモー開幕戦なのよ?」

ハルヒ「しかも西宮リーグの開幕戦でもあるのよ」

ハルヒ「なんとしても勝たなきゃいけないの」

キョン「1人でテンション上げるな」

長門「………」

キョン「すまん、2人だったな」

ハルヒ「作戦を指示するわ」

ハルヒ「前線はあたし、有希、古泉くん」

ハルヒ「みくるちゃんは補給部隊」

ハルヒ「キョンは………みくるちゃんの護衛でもしてて」

キョン「今考えただろ」

55 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/02(土) 13:11:39.64 ID:veJSBZ+DO

九曜「――――終わった?」

ハルヒ「OK」

九曜「3丈――――離れて―――――」






九曜「始め」

57 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/03(日) 11:30:42.24 ID:ZUV9HDMDO

前線一同「装備、展開」

キョン「装備」

ハルヒ「前進!」




キョン(久しぶりだな、こういうの)

キョン(まあハルヒが楽しそうで何よりだ)

ハルヒ「みくるちゃん、救援お願い!」

朝比奈「わかりました」

キョン(朝比奈さんもまあ頑張ってるし)

長門「左へ展開」

キョン(長門はコンピ研とのゲーム対決以来の笑顔だな)

古泉「よし、3人で囲い込みましょう」

キョン(古泉は作戦を練るのが得意なのか)

キョン(そういや特進クラスだったな)

58 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/03(日) 14:23:37.50 ID:ZUV9HDMDO

ハルヒ「ちょっと!何ボーっとしてんの!」

キョン「ボーっとしてねーよ」

ハルヒ「後衛だからって油断しないで」

古泉「涼宮さん」

ハルヒ「いい?前線が突破されたら、あんたが守るんだから」

古泉「涼宮さん!何してるんですか!」

ハルヒ「何よ。油断してるやつがいたから叱ってるのよ」

古泉「突破されてます」

ハルヒ「!」

長門「他人には油断するなと言いながら、自分が油断していることに気付かず」

長門「気付いたときには自軍は残り18体」

ハルヒ「みくるちゃん!救援!」

古泉「もう手遅れです」

59 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/03(日) 14:36:09.65 ID:ZUV9HDMDO

長門「残り9体」

ハルヒ「全隊復活しなさい!」

長門「不可能。かつ反則」

ハルヒ「もうどうしたらいいのよ」

古泉「どうしようもないとしか言えませんね」

長門「残り1体………」




オニ「ぴゅろお」




朝比奈「全滅しちゃいました………」

ハルヒ「しょうがないわ。キョン、前線に入って」

キョン「切り替え早いな。展開」

古泉「3人で囲い込んで………涼宮さん?」

キョン「何してんだ?」

朝比奈「呼吸が苦しいんですか?」

長門「問題ない」




ハルヒ「ホルモオオオォォォーーーッ」

60 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/03(日) 15:11:05.50 ID:ZUV9HDMDO

翌週月曜日 放課後

キョン「」コンコン

ハルヒ「入っていいわよ」

バタン

キョン「あれ、ハルヒ?早いな」

ハルヒ「早く来たらいけなかった?」

キョン「そういうわけじゃないけどさ」

バタン

古泉「あれ?涼宮さん?」

ハルヒ「古泉くんまで何よ」

古泉「何してるんですか?」

ハルヒ「荷物まとめてんの」

古泉「荷物?何の?」

ハルヒ「今日持って帰るのよ」

バタン

朝比奈「………涼宮さん?」

ハルヒ「みくるちゃん?」

朝比奈「頭大丈夫ですか?」

ハルヒ「みくるちゃんまで?」

61 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/03(日) 15:21:30.46 ID:ZUV9HDMDO

バタン

長門「………」

ハルヒ「みんな揃ったわね」

キョン「何だ?おもむろに」

古泉「2回戦の作戦会議じゃないですか?」

朝比奈「1回戦は負けちゃいましたからね」

ハルヒ「………」

キョン「どうした?」

ハルヒ「………あたしは今日をもって、玄武組を脱退します」

キョン「………え?」

ハルヒ「今までありがとうございました!」

キョン「ちょっと待て!もう一度考え直してくれ!」

朝比奈「涼宮さんのいない玄武組なんて………」

古泉「そもそもなぜ辞めようと思ったのですか?」

62 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/03(日) 15:32:35.12 ID:ZUV9HDMDO

ハルヒ「わかんないわ」

古泉「わからない?」

ハルヒ「理由なんてわかんない。ただ辞めたくなったのよ」

古泉「そんな論理は通用しませんよ」

キョン「というかホルモーは?来週2回戦だろ?」

ハルヒ「鶴屋さんでも入れれば?」

朝比奈「無理ですよ」

古泉「鬼語を覚えている人でないと」

長門「朝倉涼子を再構成する」

朝比奈「朝倉さん?」

長門「情報統合思念体は鬼語を知っている」

長門「涼宮ハルヒは安心して脱退できる」

63 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/03(日) 15:46:26.36 ID:ZUV9HDMDO

ハルヒ「朝倉が戻ってくるの?なら安心ね」

古泉「涼宮さん!」

ハルヒ「今までありがとう」

バタン






キョン「ハルヒ………」

古泉「涼宮さん………」

長門「競技から脱落し『ホルモー』を叫んだ人は」

長門「その人にとって大切なものをひとつ失う」

古泉「長門さん?」

長門「涼宮ハルヒにとって、我々は数少ない友人」

長門「玄武組が『大切なもの』と認識されていた可能性は高い」

古泉「そうですか………」

キョン「大切なもの、か」

64 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[saga] 投稿日:2012/06/03(日) 15:54:01.75 ID:ZUV9HDMDO

キョン「ハルヒ、もう会えないのかな………」

長門「会えないわけではない」

キョン「え?」

長門「彼女は玄武組を脱退しただけ。退学したわけではない」

長門「授業では今まで通り会える」

キョン「本当か?」

古泉「よかったじゃないですか」

長門「今年の文化祭」

長門「5人で会えることを楽しみにしている」






以上

65 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[sage] 投稿日:2012/06/03(日) 15:56:06.49 ID:ZUV9HDMDO

これで完結にします。
ありがとうございました。

67 名前: ◆bAhrEdp2HS5d[sage] 投稿日:2012/06/03(日) 22:39:05.69 ID:ZUV9HDMDO

終わらせ方がわからなくなってしまいました。
完結というよりは打ち切りに近い感覚です。
ご了承ください。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「みくるちゃんのマンコにチューペット入るか試してみるわ!」