ハルヒ「みくるちゃんは今日から抱き枕ね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しずか「ちんぽの味」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 21:28:32.45 ID:kfrOrVcr0

みくる「え?」

ハルヒ「抱き枕」

みくる「私がですか?」

ハルヒ「そう言ってるじゃない」

みくる「涼宮さんの?」

ハルヒ「当たり前田のクラッカー」

みくる「え?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 21:29:38.80 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「今夜から泊まりに行ったり来たりだから、よろしくね」

みくる「ちょ、ちょっと待って下さい。どういう事ですか?」

ハルヒ「今日はどっちの家にしようかしら」

みくる「あのっ、涼宮さんっ」

ハルヒ「みくるちゃんの家の方が良いかしら、最初なんだし」

みくる「す、涼宮さーん?」

ハルヒ「うん! そういう事で、今夜、お邪魔するわ!」

みくる(決まっちゃった!?)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 21:31:38.23 ID:kfrOrVcr0

よるー

ハルヒ「お邪魔しまーす」

みくる「ど、どうぞ(本当に来た……)」

ハルヒ「流石にかわいい部屋ねー」

みくる「ありがとうございます」ふわっ

ハルヒ「あれ?」ずいっ

みくる「ひゃっ?」

ハルヒ「……みくるちゃんお風呂入っちゃったの?」スンスン

みくる「はい、さっき」

ハルヒ「い、一緒にお風呂……」ズーン

みくる(何でか私が申し訳無くなってくる……)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 21:35:15.07 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「というわけで一人で入ってきました」ホカホカ

みくる「お湯加減はどうでした?」

ハルヒ「バッチリよ」

みくる「それは良かったです」

みくる「って、涼宮さん、髪濡れたままじゃないですかぁ」

ハルヒ「そっか、まだ乾かしてなかった」しっとり

みくる「ほら、座って下さい」ぽむぽむ

ハルヒ「?」ちょこん

みくる「じゃあ乾かしますねー」ブオォォォ

ハルヒ「はーい」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 21:38:55.35 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「何だかんだで就寝時間です」

みくる「えっと、うち、お客様用のお布団が無いんですけど……」

ハルヒ「何を言ってるのよみくるちゃん」

みくる「ふぇ?」

ハルヒ「みくるちゃんは抱き枕、つまり、一緒の布団に決まってるじゃない」

みくる(そうだった)

みくる「えーと、じゃあ……一緒に寝ます?」

ハルヒ「うん!」

みくる(かわいい)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 21:42:11.94 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「むぎゅー」

みくる「す、涼宮さん、近いですぅ」

ハルヒ「抱き枕と密着しなくてどうするのよ」ぎゅう

みくる「そ、そうですけど」

みくる(流石にちょっと恥ずかしい……)

ハルヒ「みくるちゃんのおっぱいー」むに

みくる「ひゃいっ!?」ビクッ

ハルヒ「いいわねー。やっぱりおっぱいの半分は優しさで出来てるわよねー」むにむに

みくる「そ、ひゃっ、それは某お薬の、あうっ、事じゃあ」カアァ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 21:46:57.07 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「気持ち良い……」むにゅむにゅ

みくる「ひぅ、お、おお、おっぱいは禁止ですぅ!」ドーン

ハルヒ「やだ」ぶー

みくる「そそそれなら一緒に寝るのは無しですっ!」

ハルヒ「どうしでも駄目?」

みくる「だーめーですっ」

ハルヒ「……顔をうずめるのは?」

みくる「……」

ハルヒ「……」じーっ

みくる「ま、まあそれくらいなら(かわいい……)」

ハルヒ「やった」むぎゅう

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 21:50:58.77 ID:kfrOrVcr0

あさー

みくる「……んぅ」

みくる「ふあぁ」

みくる「……う?」

ハルヒ「……」スースー

みくる「……?」

みくる(あっ、そっか、涼宮さんが泊まりに来てて……)

ハルヒ「……」しっか

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 21:56:13.50 ID:kfrOrVcr0

みくる(うふふ、本当に一晩中、抱き着いたままだったんだ)

みくる「涼宮さん、朝ですよぉ」ユサ

ハルヒ「……んー」

みくる「涼宮さーん」

ハルヒ「……あふ」もぞ

みくる「あ、起きた」

ハルヒ「……」ぽけーっ

みくる「おはようございます」

ハルヒ「……おはよ……」ぽけーっ

みくる「はぁい。朝ご飯、用意しますねー」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:00:28.41 ID:kfrOrVcr0

とうこうちゅー

ハルヒ「新しい朝だー!」ペカー

みくる(ラジオ体操?)

ハルヒ「流石はみくるちゃん、抱き心地抜群よ」

みくる「そ、そうですかぁ(何が流石なんだろう)」

ハルヒ「久々に熟睡出来たわ、ありがと」

みくる「いえいえ、どういたしまして」

ハルヒ「じゃあ今夜はウチに来てね」

みくる「あ、まだやるんですね」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:05:52.57 ID:kfrOrVcr0

あっというまによるー

みくる(そしてしっかり来てしまう私)

ピンポーン

ハルヒ「はーい、いらっしゃい」ガチャ

みくる「お邪魔します」

ハルヒ「上がって上がって! 親には話を通してるから」

みくる「は、はい」

ハルヒ「ご飯にしましょ。お母さーん! みくるちゃん来たわー!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:09:50.85 ID:kfrOrVcr0

みくる「涼宮さんのお母さん、お料理が上手ですね」

ハルヒ「そうなのよ、もういつも食べすぎちゃって」

みくる「涼宮さんはその分ちゃんと動いてますから」

みくる(対して私は……体重計乗るの怖いなあ)

ハルヒ「さっ、私の部屋に行きましょう」

みくる「はい」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:12:57.19 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「それで有希がねー」

みくる「へぇ、長門さんがー」



長門「へくちっ」



ハルヒ「ところでみくるちゃん、お腹は落ち着いた?」

みくる「そうですね、満腹感もそこそこに」

ハルヒ「うふふ、それじゃあ」ギラリ

みくる(えっ何が起きるの?)

ハルヒ「お風呂入りましょう! 一緒に!」ぺかー

みくる「な、なーんだ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:17:05.47 ID:kfrOrVcr0

カコーン

みくる「みっくるんるん」ごしごし

ハルヒ「……むぅ」じーっ

みくる「しゅっせのおそいー」

みくる「……ん?」はた

ハルヒ「……」じーっ

みくる「ふぇ? な、何ですか?」

ハルヒ「やっぱり大きいわよねー」じーっ

みくる「お、おっぱいは禁止ですからねっ!?」

ハルヒ「分かってまーす」ぷー

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:21:53.20 ID:kfrOrVcr0

みくる「涼宮さんのお家のお風呂、広いですねえ」ちゃぷん

ハルヒ「女の子二人くらいなら一緒に入れるわ」ちゃぷん

みくる「……涼宮さん、肌すべすべ」なでり

ハルヒ「んっ。……くすぐったい」

みくる「!……えい」なでり

ハルヒ「ぅん、ちょっとぉ……」しなっ

みくる(い、色っぽい……!)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:26:11.97 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「お風呂上りは牛乳っ」ごくごく

みくる(みくるがミルクを……お、面白くない)ごくごく

ハルヒ「ぷはーっ!」

みくる「ぷはー」



ハルヒ「ほらみくるちゃん、そこ座って」

みくる「え? はい」ちょこん

ハルヒ「はい、髪、乾かすわよー」ブオォォォ

みくる「あ……。うふふ、お願いしまぁす」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:30:53.74 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「そして夜が更けて参りました」

みくる「眠いです」うと

ハルヒ「そろそろ寝ましょうか」

みくる「はぁい」



ハルヒ「おやすみー」カチ

みくる「おやすみなさ……ふぁ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:36:32.32 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「むぎゅー」

みくる「……」

ハルヒ「あれ?」

みくる「……」スースー

ハルヒ「あ、もう寝ちゃった」

みくる「……」スースー

ハルヒ「……」

みくる「……」スースー

ハルヒ「……おやすみなさい」ぎゅっ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:41:59.01 ID:kfrOrVcr0

みくる「そんな感じで数日経っちゃいました」

長門「バカップル乙」

みくる「だ、誰がカップルですか」カアァ

キョン「いや正直うらやまけしからんですよ」

みくる「ん? うら、けし……え?」

古泉「なるほど、そういうわけでしたか」

みくる「古泉君、何がですか?」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:46:08.35 ID:kfrOrVcr0

古泉「実は最近、涼宮さんは夜間に閉鎖空間を発生させていたのです」

みくる「えっ?」

キョン「何だと?」

長門「それはこちらでも観測していた」

キョン「長門も知っていたのか」

長門「ごく小規模なものが短い間隔で数度に渡り発生していた」

古泉「はい。一つ一つの手間は掛からないのですが、いかんせん頻度が高くてですね」

古泉「結局、一晩中あっちにこっちに奔走する事になってしまいました」

みくる「そうだったんですか……」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:50:29.28 ID:kfrOrVcr0

古泉「それが数日前からピタリとやみまして」

古泉「確かに、朝比奈さん宅との往来が始まった日と一致していたので、何かあるとは思っていたのです」

みくる「あの……今回の私の事で閉鎖空間が出なくなったのは何故なんですか?」

古泉「それは分かりかねますが……」

長門「私が把握している」

キョン「流石だな。どういうわけだったんだ」

長門「涼宮ハルヒは数日前まで、正常な睡眠が取れていなかった」

みくる「え?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 22:56:47.63 ID:kfrOrVcr0

長門「規則正しい時間に布団に入っていたが、眠るまでには到らず、そのまま朝を迎える夜が続いていた」

古泉「それは……肉体的にも精神的にも、かなりのストレスになり得ます」

長門「そう。閉鎖空間の発生理由はこれ」

みくる「……そんな……」

キョン「眠れなくなった原因ってのは何なんだ?」

長門「不明」

古泉「不眠症の要因は様々ですが……精神的、心因的なものではないでしょうか」

キョン「ふむ?……何か悩みでもあったんだろうか」

古泉「調査の必要がありそうですね」

みくる「……」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:00:49.98 ID:kfrOrVcr0

みくる(そんな。全然、分からなかった)

みくる(夕ご飯を食べて、お風呂に入って、お互いの髪を乾かして)

みくる(お喋りして、一緒に寝て……そう、くっついて寝て)

みくる(起きたら朝ご飯。それから、一緒に登校して……)

みくる(ずっとニコニコしてたし、楽しそうだった)

みくる(悩んでるような素振りなんて、ちっとも無かったのに)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:05:31.49 ID:kfrOrVcr0

みくる(――無理、してたのかなぁ……)

みくる(私の前では元気に振舞おうって)

みくる(弱いところなんか見せられないって)

みくる(……私、また一人で何も知らずに、呑気に……)じわ

みくる「……うぅ」ぐすっ

キョン「あ、朝比奈さん?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:11:01.60 ID:kfrOrVcr0

みくる「わ、私、全然気付かなくて……涼宮さん、そんなつらい思いをしてたのに……」

キョン「朝比奈さん……」

みくる「私、涼宮さんに申し訳無くって……!」ぐすっ

キョン「そんな! 俺も……俺も気付けなかったんです」

古泉「僕もです。あまり自分をお責めにならないで下さい」

みくる「でも、私っ、最近はみなさんよりずっと近いところにいたのに……」

長門「朝比奈みくる。泣かないで」

みくる「長門さん……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:15:17.26 ID:kfrOrVcr0

長門「貴女が気に病む要因は無い」

長門「涼宮ハルヒは貴女と過ごす事で、一連のストレスから解放されていた」

長門「貴女と共にいる時、涼宮ハルヒには一切のストレスが無かった」

長門「貴女が気付けないのは当然の事」

キョン「そうですよ! ハルヒがちゃんと眠れるようになったのは、朝比奈さんのお陰なんです」

古泉「もし気付けなかった事が罪だとしても、朝比奈さんはそれに贖うだけの事をしています」

長門「だから……泣かないで」

みくる「みなさん……」ぐすっ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:19:21.31 ID:kfrOrVcr0

古泉「とりあえず、朝比奈さんは今まで通りに涼宮さんと過ごして下さい」

みくる「は、はいっ」

キョン「やれやれ。神様だの進化の可能性だの言う前に、やっぱりハルヒも人の子ってわけか」

古泉「ええ。つい彼女の持つ能力に注目しがちですが」

長門「涼宮ハルヒという一人の女子高校生」

キョン「それにしても、悩み、ね。一体全体、何なんだろうか」

古泉「我々が調査を進めます。監視記録を遡れば、何か手掛かりがあるかもしれません」

みくる「……あのっ」

古泉「はい?」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:23:17.48 ID:kfrOrVcr0

みくる「私が……私が、聞き出しますっ。今夜、涼宮さんから」

古泉「直接、ですか……。そう簡単に聞き出せるでしょうか」

長門「関連する質問により涼宮ハルヒの精神がゆらぐ可能性もある。推奨されない」

みくる「う……」

キョン「いや……良いんじゃないか」

古泉「……と、仰いますと?」

キョン「長門。ハルヒは、朝比奈さんと一緒の時は、一切のストレスが無いんだったな?」

長門「……」コクッ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:28:01.83 ID:kfrOrVcr0

キョン「つまりハルヒは、それだけ朝比奈さんに心を許してリラックスしてる、ってわけだ」

古泉「それならば、あるいは……という事ですか?」

キョン「俺は、いけると思うぜ」

キョン「朝比奈さんを抱き枕にするだなんて突拍子も無い行動も……」

キョン「朝比奈さんに甘えたい、頼りたい、っていう事なのかもな」

古泉「……」

長門「……」

みくる「キョン君……」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:32:28.00 ID:kfrOrVcr0

というわけでよるー

ハルヒ「今夜はみくるちゃんの家にお邪魔しています」

みくる「そろそろ寝ます?」

ハルヒ「そうね、もういい時間だし」

みくる「じゃあベッド入っちゃいましょう」

ハルヒ「はーい」もぞもぞ

みくる「電気、消しますね」パチッ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:36:49.24 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「むぎゅー」

みくる「……」ぎゅっ

ハルヒ「あったかーい……」

みくる「……ねえ、涼宮さん」

ハルヒ「ん?」

みくる「私の抱き枕としての性能ってどうです?」

ハルヒ「もうトップクラスね。これ以上の抱き枕を私は知らないわ」

みくる「うふふ、ありがとうございます」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:40:33.15 ID:kfrOrVcr0

みくる「よく眠れます?」

ハルヒ「ええ、朝までぐっすり」

みくる「良かったです」

みくる「涼宮さんに安心して眠って貰えて……私も嬉しいですよ」

みくる「もう私がいないと眠れなくなってたりして? うふふ」なでなで

ハルヒ「……」

ハルヒ「……そうかも」ぎゅっ

みくる「……」なでなで

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:44:29.17 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「私、ちょっと前まで本当に眠れなかったの」

みくる「……どうして?」

ハルヒ「……」

みくる「……」

ハルヒ「……特別、きっかけがあったわけじゃないんだけど」

ハルヒ「みくるちゃん、私達より先に卒業しちゃうんだなぁって、何か突然、思っちゃって」

みくる「……」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:50:05.46 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「今までみたいに五人で部室に集まる事も無くなって」

ハルヒ「今までみたいに五人で不思議探索をする事も無くなって」

ハルヒ「今までみたいに五人で一緒にいる事も無くなって」

ハルヒ「……あんなに楽しい時間が、いつか無くなっちゃうんだ、って」

ハルヒ「布団に入ってから、そんな事ばっかり考えちゃうから」

ハルヒ「全然、眠くなんかならなくって……」ウル

みくる「……」なでなで

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:54:39.64 ID:kfrOrVcr0

ハルヒ「ねぇ、みくるちゃん。……どうしても先に行っちゃうの?」

ハルヒ「もう私、みくるちゃんがいないと、ちゃんと眠る事だって出来ないのに」

ハルヒ「いなくなっちゃわないといけないの……?」ぎゅっ

みくる「……時間は待ってくれませんから」

ハルヒ「……!」

みくる「……」なでなで

ハルヒ「……」ぐすっ

みくる「……涼宮さん」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:59:59.78 ID:kfrOrVcr0

みくる「時間って、とても残酷で、とても優しいんです」

みくる「沢山、私達を傷つけるくせに、それを癒してくれるのも時間なんです」

ハルヒ「……」

みくる「時が経てば……綺麗な思い出に昇華させてくれるんです」

ハルヒ「そんな簡単に……割り切れないもん……」

みくる「そうですね。私達って結構、面倒くさい生き物ですから」

みくる「でも。……でもね」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/13(日) 00:04:08.57 ID:BS6T1axX0

みくる「人と人との繋がりは簡単に切れません」

みくる「どんなに時が流れても、風化しないし、色褪せないんです」

ハルヒ「……」

みくる「思い出に変わる前……傷ついて、つらい時は」

みくる「信じて下さい」

ハルヒ「……信じる?」

みくる「傍にいなくても。すぐそこにいなくても」

みくる「心はいつでも繋がってるんだって」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/13(日) 00:08:50.11 ID:BS6T1axX0

みくる「私は大好きですよ。SOS団のみんなが……。涼宮さんが」

ハルヒ「……」

みくる「涼宮さんは、どうですか?」

ハルヒ「……好きよ。大好きに、決まってるじゃない……」

みくる「なら、信じましょう?」

みくる「この繋がりは絶対に消えません。時間にだって負けません」

みくる「私達は……天下無敵の、SOS団なんですから」

ハルヒ「……うん……」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/13(日) 00:13:00.16 ID:BS6T1axX0

みくる「それに」

ハルヒ「?」

みくる「今この時が、未来に向かって絶え間無く流れるから」

みくる「私は、涼宮さんに出会えたんですよ」

ハルヒ「……それって、どういう意味?」

みくる「うふふっ。それは禁則事項ですっ」

ハルヒ「んー?」

みくる「さて、すっかりお喋りしちゃいましたね。寝ましょうか」

みくる「……おやすみなさい、涼宮さん」ぎゅっ

ハルヒ「……うん。おやすみなさい、みくるちゃん」ぎゅっ

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/13(日) 00:17:25.66 ID:BS6T1axX0

つぎのひー

キョン「抱き枕期間、終わるんですか?」

みくる「はい。隔日でお邪魔し合うのもやっぱりお互い迷惑かなって」

長門「……解決した?」

みくる「そうですね。大丈夫だと思いますよ」

古泉「何をされたんです?」

みくる「特別な事は何も。ただ……」

キョン「ただ?」

みくる「私達が何なのか、思い出して貰っただけです。うふふっ」

キョン/古泉/長門「?」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/13(日) 00:21:15.51 ID:BS6T1axX0

ハルヒ「お待たせー」ガチャ

古泉「こんにちは、涼宮さん」

キョン「よう、遅かったな」

ハルヒ「ちょっとね」

長門「……」

みくる「はい涼宮さん、お茶をどうぞ」

ハルヒ「ありがと。……ねえ、みくるちゃん」

みくる「何ですか?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/13(日) 00:25:07.07 ID:BS6T1axX0

ハルヒ「毎日行ったり来たりはもうしないけど」

ハルヒ「たまには……お願いしてもいいかしら、抱き枕」

みくる「はい、勿論、良いですよ。」

ハルヒ「ん、ありがと」

みくる「……でも一つだけ条件が」

ハルヒ「えっ、条件?」

みくる「はい」

ハルヒ「な、何……?」



みくる「涼宮さんも、私の抱き枕になって下さいねっ」



おわり

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/13(日) 00:27:19.19 ID:BS6T1axX0

ハルヒとみくるが終始いちゃいちゃするだけだったはずなのに、
シリアスもどきが入っちゃったね。どうしてだろうね。

酒飲んで眠いから寝る。
じゃあね。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「はいタッチwww」ジン「くそwwwいーち、にーい!」