長門「席は空いてる、あなたの膝の上」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門って何でも知ってるよな」長門「そうでもない」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/05/11(金) 04:39:56.85 ID:ASJC98LK0

キョン「俺の膝の上に座るっていうのか?」

長門「そう」

ハルヒ「だっダメよ!」

みくる「でもそれじゃ誰かが立たないといけませんよ」

古泉「僕が立ちましょうか?」

ハルヒ「古泉くん、そうして頂戴」

長門「その必要は無い、私が彼の膝の上に座る」

キョン「まぁいいじゃないか、そうすれば五人みんな座れるわけだし」

ハルヒ「絶対ダメ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/11(金) 04:45:30.91 ID:ASJC98LK0

キョン「じゃあ長門にずっと立ってろって言うのか?」

ハルヒ「あんたが立てば?」

キョン「お前が立てよ!」

ハルヒ「じゃあ有希が私やみくるちゃんの膝の上に座ればいいじゃない」

長門「嫌」

キョン「ほら、長門もこういってるし」

ハルヒ「じゃっじゃあ、キョンが私の膝の上に座ればいいじゃない」

キョン「え?」

長門「・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/11(金) 04:52:16.47 ID:ASJC98LK0

キョン「じゃあ座るぞ」

ハルヒ「・・・うん」

キョン(軟らかい!)

ハルヒ「ちょっと重い」

キョン「そりゃしょうがないだろ」

ハルヒ「まぁいいわ、ほらもっと深く腰掛けなさいよ!」

キョン(尻、太もも、背中を通してハルヒの柔らかい感覚が伝わってくる!)

ギュッ

キョン「おい、なんで抱き着くんだよ!」

ハルヒ「しょうがないでしょ、手の置き場所に困るのよ!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/11(金) 05:02:50.62 ID:ASJC98LK0

長門「よいしょ」

キョン「おい、長門!」

ハルヒ「お・・・重い」

長門「私があなたの膝の上に座れば問題ない」

キョン「ハルヒ大丈夫か?」

ハルヒ「早く降りなさい!ほんとう二人は重いんだから!」

古泉「おや、楽しそうですね、じゃあ僕が長門さんの上に」

ハルヒ「うっ・・・本当に重いんだって・・・」

キョン「ハルヒ大丈夫か?」

みくる「涼宮さん本当につらそうです、でも私も座りたいから座ります」

ハルヒ「ぎゃああああああああああ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/11(金) 05:06:46.74 ID:ASJC98LK0

キョン「朝比奈さん降りてください!」

みくる「すみません、でももう少しだけ」

ハルヒ「ぎゃああああああああああああ」

古泉「涼宮さん本当に苦しそうですね」

キョン「そう思うなら降りろ!」

古泉「仲間はずれは嫌ですよ」

ハルヒ「ぎゃああああああああああああああ」

キョン「長門、降りろ!」

長門「二人が私の膝の上に座っているので不可能、しかし可能だとしても降りる気は無い」

ハルヒ「ぎゃああ・・・・・・・」

キョン「おい、ハルヒ気絶したぞ!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒSS「佐々木と谷口」