シンジ「愛想なしの君が笑った」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:まる子「安価で誰かを巴川に沈めるよ」

ツイート

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 20:09:05.01 ID:RMt9Zlt30

ヤシマ作戦終了後

シンジ「はぁ…」

最近よく溜息をつく。なんだってんだい?

レイ「碇君、こんにちは」

シンジ「あやなみ」

パンツがちょっと見えた、それがどうしたっていうんだい?

レイ「お弁当、一人なの?」

シンジ「あぁ、うん…」

レイ「じゃあ私と食べましょう」

シンジ「う、うん」

断れない。嫌なわけじゃないんだ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 20:15:26.60 ID:RMt9Zlt30

レイ「……」パクパク

シンジ「……」パクパク

静かだ。
けど、あやなみはいつも通り。変に気まずく感じてるのは僕だけだろう。

シンジ「あやなみ、お弁当美味しい?」

レイ「ええ、食べる?」

シンジ「いいの?ありがとう」

レイ「はい…」

シンジ「……!」

あーんとは言わないんだ。けど、破壊力は抜群だ。僕みたいな童貞にとっては

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 20:24:01.11 ID:RMt9Zlt30

シンジ「うん、美味しいね」

レイ「そう、それはよかったわ」

シンジ「僕のもあげるよ」

シンジ「はい、あーん」

レイ「……」

案の定、キョトンとしている。どういう反応が見れるかを試したかったけど、ちょっと残念な気分。

レイ「…美味しいわ」

シンジ「本当に?」

レイ「本当よ、碇君…お料理が上手なのね」

シンジ「まぁ、毎日のように作ってるからね」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 20:31:18.74 ID:RMt9Zlt30

シンジ「あやなみ、あのさ…ヤシマ作戦の時さ」

レイ「……」

シンジ「笑ってくれたよね、僕に対して」

レイ「そうね」

レイ「碇君に言われた通りにしたの…」

シンジ「もう一回見たいんだけど…」

レイ「…構わないわ」

意外な返答だった。
笑ってなんてお願いする僕に優しく了承してくれた。

シンジ「はは…」

レイ「何がおかしいの?」

シンジ「いや、嬉しくてつい…」

レイ「ふふ…」ニコッ

シンジ「……!!」

不意打ちーーーー

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 20:37:09.26 ID:RMt9Zlt30

シンジ「あっ…あやなみ…」

レイ「今、笑ったけど…これでいい?」

シンジ「う、うん…」

レイ「私の笑顔が…好きなのね、碇君」

シンジ「うん、すごく好きだよ」

照れ臭い台詞だけど、自然と口から出ていた。
けれど、彼女はそれに対して照れたり、喜んだりはしない。だってあやなみだから

レイ「碇君が喜んでくれると、私も嬉しい」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 20:42:46.02 ID:RMt9Zlt30

気づいたら僕は肩を抱き寄せていた。

レイ「碇君…?」

シンジ「可愛いよっ、可愛いよ!あやなみ!」

レイ「……」ギュ

レイ「碇君も可愛いわ、甘えん坊さん…」

シンジ「……ッッ!」

耳元で囁かれ悶絶寸前。
背筋がゾクゾクした。

カーンコーン

レイ「昼休み…終わりみたい」

シンジ「そうだね、じゃあ行こうか」

レイ「ええ…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 20:45:23.93 ID:RMt9Zlt30

おしまい

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 20:52:50.36 ID:RMt9Zlt30

これから…思いつかない
だいたいあたしゃアスカ派だよ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 21:02:29.89 ID:RMt9Zlt30

アスカ「シンジー」

シンジ「何だい、アスカ」

アスカ「眠れないの、あんた添い寝してよ」

シンジ「…お好きにどうぞ」

すると思った?なんて言われて笑われるオチだろう…。その手に乗るかってんだ

アスカ「よいしょっと…」

シンジ「な…!?」

アスカ「狭くない?」

シンジ「狭くないけど…」

密着。
心臓に悪い…

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 21:08:52.92 ID:RMt9Zlt30

シンジ「アスカ…」

アスカ「何よ…ちょっとは喜びなさい」

アスカ「あたしが添い寝してあげてるのよ?」

シンジ「……////」

お前からだろうがとか言えない。顔が燃えるように熱い…。幸いにも部屋が暗いからそんなに見えてないみたいだ。

アスカ「あたしが眠るまで何か話しなさい」

シンジ「え、えーと…」

シンジ「…アスカの髪、すごいサラサラだね」

アスカ「……ありがと」ボソッ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 21:11:09.68 ID:RMt9Zlt30

お風呂
落としてくだされ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:澪「私は文芸部にいくから・・・」