ハルヒ「ごろにゃーん」キョン「よしよし」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「みんなー☆はろにちはー!☆」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 01:52:30.69 ID:LOGbO2s/0

ハルヒ「ごろごろ」

キョン「はいはい」ナデナデ

ハルヒ「にゃーん」

ガチャ

みくる「……あ、あの」

ハルヒ「!?」

キョン「!」

みくる「あ、いえ、なんかすいま」

ハルヒ「ちょっとキョン!あんたねえ!」

みくる「あ、あの、大丈夫ですから」

ハルヒ「な、なにが?」

みくる「仲悪い感じとか、演出しなくても……」

ハルヒ「いや、そういうんじゃなくて」

みくる「いえ、あの、見てましたから……十分くらい前から」

ハルヒ「」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 02:01:27.95 ID:LOGbO2s/0

ハルヒ「みくるちゃん」

みくる「は、はい」

ハルヒ「あれはあなたを試してたのよ」

みくる「はあ」

ハルヒ「もし部室のドアを開けたら、そこが異世界だったら?」

みくる「異世界ですか」

ハルヒ「ええ、そうよ。本来あり得ない事象が起こっていたら、あなたはどういう反応をするのか」

みくる「はあ」

ハルヒ「SOS団団員として最も必要な力、それが瞬時の状況適応力なのよ」

ハルヒ「不測の事態に臨機応変に対応する力、それを試したかったがためのドッキリよ」

みくる「……」

キョン「そ、そうですよ!俺がハルヒとなんてありえないですから!むしろ朝比奈さんとごろにゃんしたいですから!」

ハルヒ「え……?」シュン

キョン「あ、いや、違うんだ」

みくる「もう帰っていいですか?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 02:10:03.79 ID:LOGbO2s/0

ハルヒ「みくるちゃん帰っちゃったわね」

キョン「変な噂が広まらなければいいがな」

ハルヒ「大丈夫よ、念書も書かせたし」

キョン「バラしたら朝比奈さんのアイコラ画像を学校中にばらまくなんて、悪趣味すぎないか」

ハルヒ「ほんとにそんなことしないわよ。あれだけ言っとけば安心でしょ?」

キョン「どうだか」

ハルヒ「それより、ねえ」

キョン「ん?」

ハルヒ「にゃーん」

キョン「はいはい」ナデナデ

ハルヒ「ふにゃー♥」スリスリ

長門「……」

ハルヒ「」

長門「……続けて」

ハルヒ「oh……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 02:16:21.09 ID:LOGbO2s/0

長門「……非常に興味深い」

ハルヒ「いい?有希、あなたは今夢を見ているの」

長門「……?」

ハルヒ「これは現実じゃないの。あなたは今、お布団の中」

長門「……そんなことはない」

ハルヒ「いいえ、そうよ。時々、世界観がすごくリアルなのに、起きている出来事は突拍子もないって夢あるでしょ?」

ハルヒ「まさにそれなのよ」

ハルヒ「だって、そうじゃない。こんなのありえないでしょ?」

キョン「そうだぞ。ハルヒの言うとおりだ」

キョン「俺がハルヒとイチャついて、何の得になるって言うんだ」

ハルヒ「え……」

キョン「あ、いや、だからな」

長門「……構わないで、続けて」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 02:25:06.94 ID:LOGbO2s/0

ハルヒ「有希も帰っちゃった」

キョン「まあ、あいつは誰にも喋らないだろ」

ハルヒ「そうね、有希が誰かと話し込んでるとこ、あんまり記憶にないし」

キョン「そうだろう」

ハルヒ「……あんた以外ね」

キョン「え」

ハルヒ「あんた普段から有希と仲良すぎない?」

キョン「おいおい」

ハルヒ「有希もあんたにはどうも心を許してる節があるし」

キョン「何の話だよ」

ハルヒ「盗られないように、いっぱいマーキングしちゃうんだから」チュッチュチュッチュ

キョン「やれやれ」

ハルヒ「えへへ……膝の上は私のナワバリ!」

古泉「」

ハルヒ「」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 02:30:52.62 ID:LOGbO2s/0

ハルヒ「いい、古泉くん。もう一回説明するからよく聞いてね」

古泉「はい」

ハルヒ「今あなたが見た光景は、決してキョンとあたしの関係性を示唆する物ではないの」

ハルヒ「これはね、私の書いた台本に従って進行された芝居なのよ」

古泉「ははあ、イメージプレイというやつですね」

ハルヒ「ぶっ飛ばすわよ?」

古泉「これはこれは」

ハルヒ「次の文化祭でまた映画を撮るんだけど、そのパイロットなのよ」

ハルヒ「前回の映画では臨場感あふれるアクションを主体においたわ」

キョン「臨場感……?アクション……?」

ハルヒ「だから次回は、人間の内面、心の機微を描くのよ!」

ハルヒ「ちなみに次も本番の役者はあなたとみくるちゃんだからね。今のはその台本作りに必要な確認作業なの」

古泉「ははあ、二人の愛の確認作業ということですね」

ハルヒ「家燃やすわよ?」

古泉「これはこれは」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 02:41:25.82 ID:LOGbO2s/0

ハルヒ「古泉くんも帰っちゃったわ」

キョン「まあ、あいつも口が軽い方じゃないから大丈夫だろう」

ハルヒ「ええ、まったく心配ないわ」

キョン「お、なんだ。えらく古泉を買ってるな。さすが副団長になるだけある」

ハルヒ「違うわよ」

キョン「?」

ハルヒ「だって古泉くん、あんた以外に友達いないじゃない」

キョン「……おい」

ハルヒ「?」

キョン「いくらなんでもひどいんじゃないか?」

ハルヒ「ふふ、冗談よ。古泉くんだって、友達くらいいるわよね」

キョン「違う、俺を友達としてカウントするなと言っとるんだ」

ハルヒ「どっちでもいいじゃない、それより……ん」

キョン「やれやれ」ナデナデ

ハルヒ「はにゃぁ……♥」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ナツメ「超能力がインチキだってばれた」