シンジ「どうしたんだよアスカ!」アスカ「にゃ〜///」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒのNINTENDO DSInポケモン

ツイート

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/26(木) 19:30:38.81 ID:+qJ4M6g+i

シンジ「じゃあ…ねこじゃらし…」フリフリフリフリ

アスカ「にゃあー」

レイ「…」ジッ

シンジ「またたびとか…」フワッ

アスカ「ごろにゃあー」///

レイ「…」

レイ「わん!」

シンジ「…えっ?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/26(木) 19:47:25.70 ID:+qJ4M6g+i

レイ「わん!」

シンジ「えっ…と、初対面のイヌにはまず手のにおいを嗅がせるんだっけ…?」スッ

レイ「くんくん」

レイ「(碇君のにおいがする…)」

シンジ「イヌは頭上から迫るものには恐怖を感じるので、まず首筋から」ナデナデ

レイ「くぅーん」ゴロン

シンジ「仰向けに寝転ぶのは心を許した証拠、お腹をなでてあげ…おや?」ナデナ…

アスカ「フゥー…!!」ソワァ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/26(木) 20:39:02.71 ID:+qJ4M6g+i

シンジ「毛を逆立てている…しかも爪も心なしか伸びている…!」

レイ「くぅーん」

シンジ「猫は時に縄張りに入った動物に敵意を感じる…綾波っ!危ないっ!」ガバッ

アスカ「ニ゛ャア゛ー!」

ガリガリッ

シンジ「やめてよアスカ!僕だよ!」

ピンポーン

ミサト「シンちゃーん?アスカー?ただい…え?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/26(木) 21:04:20.76 ID:+qJ4M6g+i

アスカ「ナ゛ーオ!」ガリガリガリガリ

ミサト「シンジ!アスカ!二人とも何事!?ってナニコレ…」

シンジ「たたた助けてよミサトさーん!リツコさんっ!綾波っ!父さんっ!母さんっ…!」ガリガリ

アスカ「…!」ギロッ

ミサト「ビクゥ!(ケモノの目をしてる…!?)」

レイ「ワンっ!」ガルルルルルル

アスカ「ナーオ…ンナァーオ!」フゥゥゥゥゥゥ

シンジ「威嚇しあってる…綾波が僕を守ろうとしている…?」

ミサト「だぁーっうるさいっ!3人とも床に伏せっ!」BANG!BANG!!

シンジアスカレイ「!!!」ビグゥ


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/26(木) 21:22:27.23 ID:+qJ4M6g+i

リツコ「まさか非戦闘区域で実弾を発砲するとはね?上の階に人がいたらどうしたのかしら?」

ミサト「戦闘が起こってたから仕方ないの!上は空き室だってわかってたし」

ミサト「それでー、2人の容態はどうなの?」

リツコ「もう安静だけど、どっちも話しかけたらナーンとかワンとか…冗談にしては行きすぎてるわね…?」

ミサト「監視カメラの映像は?」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/26(木) 21:31:43.74 ID:+qJ4M6g+i

------

アソンデホシイニャー
ネコジャラシ
ニャアー
マタタビ
ゴロニャー
ワンッ
フゥゥゥゥゥゥ
ガリガリガリガリ

------

ミサト「なんだか…かわいいわね」

リツコ「真面目に見なさい。明らかに途中までは正気を保っていた。シンジ君が遊んでいるうちにエスカレートしたわ…その…ネコ化が。」

ミサト「使徒の攻撃の可能性は?」

リツコ「ないとは言えないわ。でも、先ほどシンクロテストをしたらアスカだけ…0%だったわ」

ミサト「どういうこと?」

リツコ「意識を保った状態で0%はありえない。これは仮説だけど、アスカは何かにシンクロしてしまっているのではないかしら?」

ミサト「つまり…何かに憑かれているってわけ?」

リツコ「可能性の上ね。ただしそれだとレイの症状に説明がつかないわ。…まあでもとりあえず、二人はあなたの部屋へ返させてもらうわね」

ミサト「そうね…二人とも明らかに疲れててきているわ…食事もまだだし…」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/26(木) 21:45:47.93 ID:+qJ4M6g+i

シンジ「スーパーは閉まってたし、仮にも人間にキャットフードあげるわけにもいかないからなぁ…」

ミサト「…ダメね、ビーフジャーキー、食べてくれないわ」

シンジ「ダメですよミサトさん、綾波は肉が嫌いなんですから」

ミサト「(結構マメな気配りできるのね…)」

レイ「(碇君…ラーメンの時のこと覚えてくれてる…)」//

シンジ「シャケをほぐして、炊きたてご飯にドサッと」

シンジ「アスカはこれで…よしよし食べてる食べてる」

アスカ「ナーン」ハグハグハグ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/26(木) 22:03:38.17 ID:+qJ4M6g+i

シンジ「綾波は…イヌは塩分高いもの食べるとマズいって聞いたなぁ、サラダスティックにしてみよう」

シンジ「まずはキュウリを棒に切って」

綾波「きゅーん」サクサクサクサク

シンジ「じゃがりこみたいに食べるなあ、次はにんじんスティック」

綾波「サクサクサク…カプッ」//

シンジ「綾波っ、それは僕の指だよ…」//

アスカ「…」ジッ

シンジ「困ったなあ…アスカが嫉妬深くておちおちゴハンもやれないよ」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ちょっとキョン!早く粉塵を使いなさいよ!」