ハルヒ「キョンの家に突撃家庭訪問にきました!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒはデカ乳だから殴り心地いいと思ってたんだよwww」

ツイート

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/16(月) 19:01:46.98 ID:gWHnQltHO

ハルヒ「キョーン!」ドアガチャ

鶴屋「許嫁にょろ」ベッタリ

佐々木「幼馴染兼親友だよ」ベッタリ

朝倉「私、いま身寄りがないのよね」ベッタリ

みくる「実は私、キョン君の従姉なんですぅ〜」ベッタリ

キョン「お前らあんまり引っ付くな」オッパイオッパイ

ハルヒ「ちょ、、ちちょ、え?…え?は?はぁぁぁぁああぁぁ!?!?」


ここまで想像した

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/16(月) 19:37:50.95 ID:gWHnQltHO

誰か頼むよ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/16(月) 19:56:25.51 ID:gWHnQltHO

ピンポーン

母「はいはいどちら様ですか?」

ハルヒ「は、はじめまして!キョンくんと同じクラスで同じクラブの涼宮と申します!」ペコッ

キョン母「あら、これは可愛いお客さんね。ちょっと待っててくれる?」


モブ「ったく誰だこんな朝っぱらから」

ハルヒ「おっs…す!」(ヤベ家間違えた…)

モブ「涼宮?・・・・・・なにしてんだ」

ハルヒ「家庭訪問です!あんたがしっかり真面目に新しいSOS団員として
休日を過ごしているかチェックしにきました!」(なに言ってんだろ私…)

モブ「は?・・・・・・意味わかんね」

ハルヒ「却下!とぼけてあれなものを隠す猶予なんてあげません!」(マジ帰りたい)

モブ「いやそういうことじゃなくてな。なんの連絡もなしにいきなり」

キョン「ふぁ〜・・・といれといれ・・・」スタスタ

モブ「じゃあまた月曜に」

ハルヒ「待てや!!!」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/16(月) 20:06:54.00 ID:gWHnQltHO

ピンポーン

佐々木母「はいはいどちら様ですか?」

キョン「はじめまして!佐々木さんと同じ中学で親友のキョンと申します!」

佐々木母「あら、これはかっこいいお客さんね。ちょっと待っててくれる?」


佐々木「キョン?!キョンだ!キョン!キョン!」

キョン「それが素なのか?」

佐々木「・・・・・・そ、そんなことはないよ」カァーッ

キョン「家庭訪問です!佐々木がしっかり真面目に勉強だけで休日を過ごしていると思って息抜きさせにきました!」

佐々木「・・・・・・また今度にしてくれないか?」

キョン「却下!あれなものを隠す猶予なんてあげません!」

佐々木「隠すようなものがあると思っているのかい?」クツクツ

実物大キョン人形「ふぁ〜・・・といれといれ・・・」スタスタ

佐々木「じゃあまた会ったときに」

キョン「ちょ、おい待てなんだそれ!!!」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/16(月) 20:17:51.30 ID:gWHnQltHO

ピンポーン

朝倉「はいはいどちら様ですか?」

キョン「は、はじめまして!長門さんと同じクラブのキョンと申します!」ペコッ

朝倉「あら、これは柔らかそうなお客さんね。ちょっと待っててくれる?」


朝倉「ったく誰よこんな朝っぱらから」ブツブツ

キョン「おっす!」

朝倉「・・・・・・なにしに来たの」

キョン「いつものアレだ」

朝倉「・・・・・・わかったわちょっと待ってて」スタスタスタ

長門「キョン君来たの?」

朝倉「長門さんちょっと空けるけど留守番頼むわね」

キョン「・・・はやくデート行くぞ朝倉〜・・・」オーイ

朝倉「じゃあまた晩ごはんに」シレッ

長門「待てや!!!」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/16(月) 20:26:11.01 ID:gWHnQltHO

ピンポーン

古泉「はいはいどちら様ですか?」

古泉「は、はじめまして!古泉くんと同じクラスで同じクラブの涼宮と申します!」ペコッ

古泉「あら、これは可愛いお客さんね。ちょっと待っててくれる?」


古泉「ったく誰だこんな朝っぱらから」

古泉「おっす!」

古泉「・・・・・おいおいそこでなにをしているんだい」

古泉「家庭訪問です!あんたがしっかり真面目にSOS団員として休日を過ごしているかチェックしにきました!」

古泉「・・・・・・また今度にしてくれよ僕のかわいこちゃん」

古泉「却下!そんなおだててあれなものを隠す猶予なんてあげません!」

古泉「いやそういうことじゃなくてな。なんの連絡もなしにいきなり…今日は大事な会議が…」

森さん「ふぁ〜・・・といれといれ・・・ん?古泉何してるの?」スタスタ

古泉「シェーアイサイ!!!」

森さん「タァーアイサイ!!!」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/16(月) 20:46:45.44 ID:gWHnQltHO

ピンポーン
キョン妹「はいはいどちら様ですかぁ?」

キョン「お、おはようございます!朝比奈さんの後輩で同じクラブのキョンと申します!」ペコッ

キョン妹「はーい、ちょっと待っててくれますかぁ〜?」

キョン妹「なんなんですかぁ〜こんな朝からぁ〜」

キョン「おっす!」

キョン妹「・・・・・・なにか用事ですかぁ〜」

キョン「家庭訪問です!あんたはしっかりしているがときどきうっかりさんなところがかわいいですよね」

キョン妹「・・・・・・また今度にしてくれませんかぁ〜」

キョン「無理なんです!こんな大きな恋心を隠す猶予なんてあげません!」

キョン妹「いやそういうことじゃなくてですねぇ〜。なんの連絡もなしにいきなり」

実物大キョン人形「うぅぁ〜・・・たすけt・・・」ボダボダ

キョン「じゃあまた月曜に」

キョン妹「待てや!!!」

キョン「………この遊び飽きたんだが、朝比奈さんにも悪いし」

キョン妹「もっと遊んでよキョン君〜」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/16(月) 20:58:24.15 ID:gWHnQltHO

限界きたからあとは頼んだ…



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「後ろの席の奴が気になる」