長門「・・・・発情期」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ヴォルデ幼女「お世話をちゅるのだ!」 ハリー「グレンジャーに変身だ!」

ツイート

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/09(月) 01:51:41.55 ID:OP8tlAI+0

キョン「発情期って…… 動物じゃあるまいし……」

長門「性格には人間にも発情期はある」

キョン「そうなのか?」

長門「主に人間は一年中発情期である」

キョン「ってことは俺も発情期ってことか……」

長門「私という個体も……」

キョン「えっ?」

長門「私という個体も、今とても発情している」

キョン「ま、まぁ長門だってそういう気分になる時もあるわな……」

長門「……貴方といるから」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/09(月) 01:58:08.31 ID:OP8tlAI+0

キョン「……へっ?」

長門「私は貴方に対して強い性的興奮を憶えている」

キョン「なっ……!?」

長門「最近ずっとこう…… これは発情期の状態に非常に似ている……」

キョン「へ、へ〜……/// そ、そりゃたいへんだな……///」

長門「心拍数、体温の上昇…… 貴方も今興奮している」

キョン「うっ……/// ト、トイレ行ってくる!」

長門「待って」

キョン「な、何だっ?」

長門「発情期の雄と雌が密室で二人っきり……」

キョン「そ、そうだな/// で、なんだ?」

長門「することは一つ……」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/09(月) 02:04:02.15 ID:OP8tlAI+0

サワッ

キョン「な、長門……///」

長門「……勃起している」

キョン「それはわかっている! いちいち言わないでくれ、恥ずかしい……」

長門「もっと触っても……いい?」

キョン「あ……えっと……///」

長門「……っん///」クチュ

キョン「な、長門!?」

長門「待ちきれなかった 早く答えを…… 貴方のが…っぁ…欲しい///」クチュクッチ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/04/09(月) 02:09:47.83 ID:OP8tlAI+0

キョン(ど、どうするっ!? ここまで長門が……あの長門が自分の感情をだして求愛をしている…… いや、これはただの性欲処理だ こんなことしたって虚しいだけだ)

長門「んっ……/// はぁっ……///」クチャヌチャ

キョン(うほぉ……)ギンギン

キョン(だ、ダメだダメだ!! こんなこと…… こんなこと……)

長門「ハァ… ハァ……」

キョン「っ……///」

長門「お願い……」

キョン(そ、そんな目で見たって……///)

長門「…………犯して」

キョン「っ―――――」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/04/09(月) 02:15:01.65 ID:OP8tlAI+0

キョン(あぁ…… だめだ……これ)

キョン「長門っっ!!!」ガシッ

長門「っ!」

キョン「すまん…… 抑えられるわけがなかった……」

長門「いい…… きて」

キョン「いくぞ……」ボロンッ

長門「……///」

キョン「うおぉ…… すでにびちょびちょだな」

キョン「ハァハァ……」

ぬぷっ

キョン「……ぬぉっ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/09(月) 02:23:05.79 ID:OP8tlAI+0

キョン「先っぽがちょっとはいっただけなのに……ぬるぬるしててッッ……」

長門「っぁう……///」

キョン「もっと奥まで入れたいッ!」

長門「ちょっ…と……ま―――」

キョン「うおおおおおおおおおおおおおッッ!! 素晴らしいッ!! 俺の肉棒が長門の膣におおわれてッッ……」

キョン「『搾り取られる』ようだッッ!! 根元からッ! カリや、裏筋までッ!」

キョン「全部同時にッ! しかし繊細にッッ!!」

キョン「これはッッ…… 最高の快感だッッッ!!!!」


キングクリムゾンッッ


キョン「はぁ…… はぁ…… すまん長門……」

長門「とてもよかった……」ビクンッ

長門「もう一回……したい……」ビクンッ

キョン「じゃあ……第二ラウンドといこうか!」

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:博士「できたぞ!光彦君の脳みそを少しずつ削るスイッチじゃ!」