アスカ「その・・・碇くん・・・一緒にかえろ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「朝起きたらしっぽと耳がついてた・・・」キョン「もふもふ」

ツイート

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 13:30:38.02 ID:bwa5Yp3P0

アスカ「あっ!碇くん・・・!まっt」

アスカ「はぁ・・・。」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 13:34:59.24 ID:bwa5Yp3P0

アスカ(今日は雨だ!だから野球はできないはず!)

アスカ「い・・碇くん!今日こそいっしょに・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 13:43:56.75 ID:bwa5Yp3P0

アスカ「えっ、あの・・・野球?」

アスカ「!そういえば、碇くんはいつもベンチっていうポジションだったよね!」

アスカ「そのポジションって、なにをするの?」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 14:11:01.49 ID:bwa5Yp3P0

アスカ「その・・・碇くん・・・一緒にかえろ?」

シンジ「は?きめーんだよ、ちかよんなブス」

アスカ「お願い・・・」

シンジ「綾波ー!一緒にかえろう!」

レイ「え・・・、でもセカンドが・・・」

シンジ「いいんだよ!ほっとけば!」

レイ「そう・・・」

アスカ「・・・」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 14:34:36.01 ID:bwa5Yp3P0

アスカ「碇くん・・・その・・・一緒にかえろ?」

シンジ「アスカ!もちろんだよ!」

アスカ「ほ、ほんと?」

シンジ「嘘つく必要ないじゃないか!こんな可愛い子とかえれるんだもん」

アスカ「////」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 14:40:29.58 ID:bwa5Yp3P0

シンジ「じゃ、いこっか」

アスカ「うん・・・!」

シンジ「でさートウジがそこでね?」

アスカ「ふふっ」

レイ「ギリッ」

アスシンジ「ただいまー!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 14:49:18.60 ID:bwa5Yp3P0

ミサト「おかえりー!いっしょだったのねー」

シンジ「あれ?ミサトさん今日は帰りが早いんですね」

ミサト「抜け出してきちゃったのよ、会議の内容がバカらしくてねー」

シンジ「いいんですか?またリツコさんに怒られますよ?」

ミサト「私はビールが飲めるんだったらなんでも耐えられるわ」グビグビ

シンジ「もう!ミサトさんたら!」

アスカ「着替えてくる」

シンジ「じゃあ、ご飯の支度するかな」









38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 14:52:05.40 ID:bwa5Yp3P0

安価する

この後のアスカの行動>>+3

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 14:55:12.40 ID:t5PBFpqg0

シンジのお手伝い

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 14:56:40.75 ID:bwa5Yp3P0

じゃあ>>41

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 15:02:20.92 ID:bwa5Yp3P0

シンジ「今日はカレーでいいか!」

アスカ(いつもやらせちゃってまずいかな・・・)テクテク

シンジ「さて、タマネギはーっと、ん?」

シンジ「アスカ、シャツの裾を離して?動けないよ」

アスカ「えっと・・・あの・・・」ギュウウウ

シンジ「アスカ、落ち着いて」

アスカ「お手伝い・・・、しようとおもって・・・」












44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 15:08:02.53 ID:bwa5Yp3P0

シンジ「えっ、危ないからいいよ座って待ってて?」

アスカ「お手伝い・・・したいの・・・」ギュウウウ

シンジ「うーん、じゃあ鍋が泡吹かないように見ててくれる?」

アスカ「わかった」

ミサト(青春ねぇ・・・)

49 名前:つまらないと思うけど、ごめんな[] 投稿日:2012/03/28(水) 15:15:18.83 ID:bwa5Yp3P0

シンジ「〜〜♪」トントントン

アスカ「・・・」ウツラウツラ

鍋「ヘーイ煮立っちゃうYO!いいのかい?」ブクブク

シンジ「うっ、タマネギのせいで涙が・・・」

アスカ「zzz」

鍋「3、2、1GO!」ジュワアアアアブクブク

シンジ「アスカ!危ない!」ガバッ

アスカ「え?」

シンジ「あっつううううう!」

鍋こぼれてます描写下手でごめん



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 15:23:22.73 ID:bwa5Yp3P0

ミサト「どうしたの!?」

アスカ「碇くんっ!だ、大丈夫!?」

シンジ「だ、大丈夫だよ・・・それよりアスカ、怪我ない?」

アスカ「な・・・ないよ!」

シンジ「良かった!」

アスカ「でも、碇くんが・・・!」

シンジ「大丈夫だよ、お湯かかったの腕だけだし、すぐ冷やせば」ジャー

アスカ「良かった・・・」

ミサト「念のため、後で病院いきましょうか」





55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 15:28:29.39 ID:bwa5Yp3P0

〜〜〜〜次の日〜〜〜〜

シンジ「一週間入院だって、大袈裟だなぁ」

アスカ「ごめん、ごめんね・・・私せいで・・・」グスッ

シンジ「アスカ、泣かないで?アスカは悪くないよ」

アスカ「ごめんね・・・ありがとう」

手詰まりだから安価>>+3



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 15:29:45.46 ID:EE+ap7j80

レイ登場

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 15:37:01.80 ID:bwa5Yp3P0

〜〜〜〜一週間後〜〜〜〜

シンジ「あー!やっと退院だ!」

アスカ「退院おめでとう」

ミサト「シンちゃん、ちょっとふとったんじゃない?」

シンジ「ミサトさん怖いこといわないでよ!」

アスミサ「アハハハハハ!」

レイの性格安価>>+3

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 15:41:47.82 ID:bwa5Yp3P0

安価とっちまったじゃねぇか!この!

腹黒でいいかね?

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 15:47:14.98 ID:bwa5Yp3P0

ここは学校です

トウジ「おぉ、センセ!退院かいな!おめでとさん!」

ケンスケ「碇!おめでとう」

シンジ「ありがとうみんな」

先生「〜であるからして、大質量隕石の落下により云々・・・」

レイ(最近私のシンジとセカンドがイチャイチャしてる・・・許せない!)





77 名前:レイに異論があるなら修正効くうちにいって![] 投稿日:2012/03/28(水) 15:52:11.02 ID:bwa5Yp3P0

トウジ「さぁーてぇー、飯やめしぃー学校ry」

レイ「シンジ!一緒にたべない?二人っきりで♡」

シンジ「でも、今日はアスカと・・・」

レイ「いいからいこっ!」グイッ

シンジ「うわあああ!アスカごめーーん!」ズルズル

アスカ「・・・・」

ヒカリ「アスカ、一緒に食べない?」

アスカ「・・・ありがと」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 15:56:59.79 ID:bwa5Yp3P0

ーーーー屋上ーーーー

シンジ「綾波!なにすんのさ!」

レイ「いいじゃない!たまにはさ!私と食べてくれても・・・ね?」ウワメヅカイ

シンジ「うっ・・・(かわいい)」

シンジ「わかったよ・・・」

レイ「やったー!(チョロい)」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 16:00:50.40 ID:bwa5Yp3P0

レイ「ねぇ・・・今日はね?シンジのために特製ジュース作ったの!飲んでみてくれない?」

シンジ「僕のために?ありがとう」

レイ「コップは・・・と」コポコポコポ

レイ「はい!どうぞ!」ニコッ

シンジ「いただきます」ゴクゴクゴク

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 16:08:05.19 ID:bwa5Yp3P0

レイ「かかったな!アホめ!それには超強力媚薬がはいっているのに!(どう?おいしい?)」

シンジ「え!?綾波なにいって・・・んっ、身体が熱い・・・」

レイ「おっと、口が滑っちゃったわ」

レイ「ほーら、こっちに可愛い女の子がいますよー」

シンジ「アヤナミィ!」ガバッ

アスカ「碇くんおそいな・・・、ちょっといってみようかな・・・」タタッ

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 16:18:40.72 ID:bwa5Yp3P0

アスカ「い、碇くーん」ギィィ◁ドア開ける音

シンジ「アヤナミ・・・アヤナミぃ!」モミモミ

レイ「あっ!シンジ・・・んっ」

アスカ「!!!!」

アスカ「い、いやあああああああ!」

シンジ「はっ!アスカ!?ってか僕は一体・・・」

レイ「ちっ、邪魔が入ったわね・・・」スタコラサッサ

シンジ「一体僕はなにして・・・あっ、綾波の特製ジュースのんで・・・それから・・・」

アスカ「し、信じられない・・・」ダダッ

シンジ「あっ!アスカまって!誤解だよ!」








89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 16:27:03.29 ID:bwa5Yp3P0

シンジ「待ってアスカ!話を聞いてよ!」ガシッ

アスカ「は・・・離して!」

シンジ「僕は媚薬を盛られたんだよ!」

アスカ「そんな・・・だったら効果がそんなすぐ切れるはずない・・・」

シンジ「それは>>1に聞いてよ!」

アスカ「・・・本当に?」

シンジ「本当だってば!」

アスカ「よかった・・・!」バタッ

シンジ「アスカ!?大丈夫!?ねぇ!」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 16:31:05.54 ID:bwa5Yp3P0

〜〜〜〜自宅マンション〜〜〜

アスカ「んっ・・・」パチッ←目をさました

シンジ「アスカ!気がついたんだね!よかった・・・」

アスカ「碇くん・・・疑ってごめんね・・・」

シンジ「いいんだよ、大丈夫」

手詰まり安価ラスト>>+3


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 16:52:54.65 ID:aZbnumqDO

本当に媚薬だったの?
じゃあまだジュース残ってるから一緒に飲んで確かめよう
という展開で

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 16:55:03.56 ID:bwa5Yp3P0

>>94
エロシーン省くけどいいか?

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 17:02:32.48 ID:bwa5Yp3P0

アスカ「あの・・・碇くん」

シンジ「ん?どうしたの?」

アスカ「ごめんね・・・ごめん、いつも真面目な綾波さんが媚薬を盛るなんて考えられないの、だから・・・」

シンジ「だから?」

アスカ「その特製ジュースを一緒にのんで、証明しましょう?」

シンジ「だめだよ!そんなことしたら、僕はアスカになにをするか・・・!」

アスカ「碇くんなら・・・だ、大丈夫・・・だから・・・」

シンジ「そっか・・・、わかったまだ屋上にあるはずだからいってみよう」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 17:05:28.30 ID:bwa5Yp3P0

ーーー屋上ーーー

特製ジュース「へーい!元気してたぁー?」

シンジ「あった!なぜかちょうどコップも二つある!」

アスカ「じゃあ・・・飲もう?」ゴクゴクゴク

シンジ「うん・・・」ゴクゴクゴク

アスカ「な・・・にこれ・・・、身体が・・・」

シンジ「ほら・・・やっぱり媚薬じゃないか・・・」ギンギン



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 17:09:43.18 ID:bwa5Yp3P0

アスカ「碇・・・くぅん////」

シンジ「アスカぁァァア!」


ーーーー事後ーーー

アスカ「」ビクンビクン

シンジ「最低だ・・・僕って・・・」

アスカ「碇くん・・・嬉しかったよ・・・」

ーーー一年後ーーー

赤ちゃん「HEY!マム!」オギャーオギャー

医師「元気な男の子ですよー!」

シンジ「名前・・・なににしようか・・・!」




おわり

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/28(水) 17:10:03.87 ID:bwa5Yp3P0

はい!最後投げやりです、ありがとうございましたー



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「元太の肛門から光彦の頭が抜けなくなっちまった…」