シンジ「一人暮らしの物件探しにアスカが着いてきた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「やれやれ――――それじゃあ、零崎を始めるとしますか」【リライト】

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/24(土) 20:18:59.72 ID:51weuu+I0

不動産屋「こちらの物件でしたら駅からも近いですし、築10年で内装も綺麗です」

アスカ「いくら?」

不動産屋「お家賃は7万2千円と」

アスカ「たっかーい!なんでこんな高いわけ?日本人ってこんな狭い部屋にそんなに払うの!?」

不動産屋「この間取りでこの場所でしたらむしろお安いくらいで」

アスカ「却下!他には?」

シンジ(・・・・・・なんで僕の一人暮らしの部屋なのにアスカが文句言って、ていうかそもそもなんで着いてきてるんだろう)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/24(土) 20:24:49.71 ID:51weuu+I0



アスカ「ダメねあの不動産屋は。わたしが若いからって舐めてるとしか思えないわ」

シンジ「ここいらであの間取りならあれくらいして当然だと思うんだけど」

アスカ「1ヶ月で1万円だとしても1年で12万よ?しっかり考えなさいよ馬鹿」

シンジ「う、うん・・・そもそもさ、僕は1kか1ルームで十分で」

アスカ「はぁ?そんなの荷物を置くスペースすらないじゃないの」

シンジ「僕はそんなに荷物多くないし」

アスカ「わたしはどうすんのよ」

シンジ「えっ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/24(土) 20:28:57.18 ID:51weuu+I0

シンジ「あのさアスカ」

アスカ「なによ」

シンジ「今日はさ、僕の一人暮らしの部屋さがしに来たんだよね?」

アスカ「一人暮らし?」

シンジ「うん」

アスカ「なに言ってんのよ。あたらしい部屋でしょ?」

シンジ「う、うん。僕のね」

アスカ「はぁ?」

シンジ「だから、僕の一人暮らしの部屋を」

アスカ「それじゃわたしはどうすんのよ」

シンジ「い、今まで通りミサトさんと住めばいいんじゃない?」

アスカ「はぁっ!?置いてく気なの!?」

シンジ「置いてくって、だって別に一緒に住まなきゃいけないわけでもないし」

アスカ「・・・・・・」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/24(土) 20:31:53.93 ID:51weuu+I0



シンジ「よし、良い部屋が見つかった!」

レイ「本当にここに住むの?」

シンジ「だって綾波の部屋って結構広いし、防音もしっかりしてるでしょ?ならここに住むしかないかなって」

レイ「そう」

シンジ「嫌?」

レイ「嫌じゃないわ」

シンジ「じゃあ今日からよろしくね。ご飯は僕が作るから掃除は一緒にしよう」

レイ「料理も一緒にしたい」

シンジ「あやなみっ・・・」


シンジ「というわけで綾波の部屋に引っ越すことになりました」

ミサト「あら〜」

アスカ「・・・・・・」

終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:レッド「予想通りエリカは着物の下に何も履いてなかった」