ハルヒ「ゆ、有希……なんで裸足なの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ナ…ナガットモンスター?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/22(木) 13:06:35.81 ID:Z+WulB6J0

長門「雨で濡れた」

ザーーッ

ハルヒ「……そ」

長門「……」ペラっ

ハルヒ「……」

ハルヒ(なんか落ち着かないわね…)

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/22(木) 13:07:53.21 ID:Z+WulB6J0

コンコン

ハルヒ「ん、入っていいわよ」

ガチャ

キョン「うーっす……長門とハルヒだけか」

キョン「……ん? なんか違和感を感じるな」

ハルヒ「たぶん有希が裸足だからじゃないかしら」

キョン「ああ……雨でか」

長門「そう」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/22(木) 13:10:44.93 ID:Z+WulB6J0

キョン「……」

ハルヒ「……」

コンコン

ハルヒ「……」

コンコン

キョン「…ハルヒ」

ハルヒ「……あっ、入っていいわ」

ガチャ

みくる「こんにちは〜」

古泉「遅くなってすいません」

ハルヒ「構わないわ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/22(木) 13:11:42.69 ID:Z+WulB6J0

キョン「……」ジー

みくる「…?」

古泉「んふ、丁度廊下で会いまして」

古泉「では、オセロでも……ふむ?」

みくる「あ、あれ……長門さん…」

長門「雨で濡れた」

古泉「そう、でしたか」

みくる「……ひゅー…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/22(木) 13:16:36.89 ID:Z+WulB6J0

ハルヒ「……」

キョン「……」

みくる「……」

古泉「……」

長門「……」ペラっ

みくる「あっ、お茶淹れますね〜」トタトタ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/22(木) 13:17:39.87 ID:Z+WulB6J0

ザーッ

古泉「では、オセロでもやりましょうか」

キョン「……ん、そうだな」スクッ

ハルヒ「……」ジー

長門「……」

みくる「お茶入りましたぁ〜」コトッ

ハルヒ「ん、ありがとねみくるちゃん」

みくる「な、長門…さん……?」

長門「頂く」

みくる「は、はい…!」コトッ

長門「ありがとう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/22(木) 13:25:37.40 ID:Z+WulB6J0

みくる「……」

長門「……」ズズッ

みくる「ほえ〜…」

キョン「……おい、古泉お前の番だぞ」

古泉「……あ、ああ…すいません、ついぼんやりとしてしまいまして」

みくる「お、お茶ですー」コトッ コトッ

キョン「ありがとうございます、朝比奈さん」

古泉「ご苦労様です」

みくる「えへへ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/22(木) 13:26:30.21 ID:Z+WulB6J0

ザーッ

長門「……」ペラっ

みくる「……」

ハルヒ「……」

キョン「……」

古泉「……」

長門「……何?」

ハキみ古「「……へ?」」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/22(木) 13:27:19.57 ID:Z+WulB6J0

長門「私を見ている」

長門「何かおかしい?」

キョン「あ、ああすまん! 何でも無いんだ!」

ハルヒ「そそ、そうよ! 何でもないの!」

みくる「ふ、ふぇええ…!」

古泉「は、はは…」

長門「……そう」

ハキみ古「「……」」

長門「……」ペラっ

長門「……」モジッ

ハキみ古「「!!」」ガタッ


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/22(木) 13:28:17.22 ID:Z+WulB6J0

長門「…なに?」

長門「……つま先が痒かった」

ハルヒ「……いいわね」

キョン「ああ、最高だな」

みくる「見惚れちゃいますぅ」ポー

古泉「こ、これは……良いですね」

長門「……」クネッ

ハキみ古「「おお!!」」

長門「……わからない」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/22(木) 13:33:43.26 ID:Z+WulB6J0

ハルヒ「もうちょっと…こう、浅めに座って…」

長門「……」ズイッ

キョン「おおっ、際どいな…」

みくる「も、もっと足を閉じた方がいいんじゃ……」アワワ

長門「……」キュッ

古泉「ほう…内股さが増して……良いです」

ハルヒ「それからちょっと見下ろす感じで…」

キョン「少しだけ首を傾けてくれないか?」クイクイ

長門「……こう?」

古泉「ああっ! 素晴らしいです!」

みくる「あ、あとは……つま先を…」

長門「……」クイッ

ハキみ古「「うおおーーー!!!!」」

長門「…私の前で床に這いつくばるのはやめて欲しい」


おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの漫才