ジャイアン母「た、たけし、やめな……あんっ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「やあ、キョン」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/14(水) 23:38:25.44 ID:sDi8z2S30

ギシ・・ギシ・・…
ジャイアン「母ちゃん、自分の顔を手で隠すのやめろよ」

ジャイアン母「うぅ…んっんっ」

ジャイアン「ほら、手どけて」

ジャイアン母「ひっく、ひっく、あんっや……」

ジャイアン「母ちゃん、良い表情だ」ギシッギシッ

ジャイアン母「やだぁ・・・やめて・・・やめて・・・」

ジャイアン「ん、誰に何をやめてほしいんだよ」

ジャイアン母「たけ…」パンパンパンパン

ジャイアン母「ああああああっあぁあああアッヒァあああ!!!!」

ジャイアン「何だ?ハァハァはっきり言えよ!!」パンパンパンスパパン

ジャイアン母「あああああああああ!!!!!」ガクッ

ジャイアン「もうイッちまったのかよ、つまんねぇの」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/14(水) 23:44:40.50 ID:sDi8z2S30

ジャイ子「お兄ちゃん、もう終わった?」

ジャイアン「おう」

ジャイ子「ほら、お母さん立って」

ジャイアン母「うぅ、うぅぅ……」

ジャイ子「お兄ちゃん、これからはもう少し手加減してあげてよ」

ジャイアン「そうだな、あんまり言葉責めできなくてつまんなかったぜ」

ジャイ子「お母さんは感じ易いタイプなんだから」

ジャイアン「母ちゃん、明日はもっとじっくり責めてやるからな」テクテク

ジャイ子「どこ行くの?」

ジャイアン「ちょっと外の空気を吸ってくる」

ジャイ子「あんま派手にやらないようにね」

ジャイアン「おう、わかってるって」ボッキ

ジャイ子「(絶対わかってない……)」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/14(水) 23:54:28.08 ID:sDi8z2S30

スネオ「へ、やってらんないよもう」

スネオ「今学期もまた出来杉の奴に学級委員の座を取られちゃったよ」

スネオ「あーあ、また有名私立中学への道が遠くなった」

ジャイアン「よぉ、スネオ。 何スネてんだよ」

スネオ「ジャイアン、どうしたのこんな夜更けに」

ジャイアン「ん、ちょっとそこのコンビニへな。 お前も行くか?」

スネオ「いいよ、僕お金持ってないし…」

ジャイアン「俺は今機嫌がいいんだ、なんかおごってやるよ」

スネオ「本当? なんか怪しいな……」

ジャイアン「お!? 俺の好意を無駄にするってのか?」ゴキッゴキッ

スネオ「い、いやいやそんな、ただジャイアンにおごってもらうのは申し訳ないなと思って……」ガクブル

ジャイアン「うははは、俺だって人に親切したくなる時があるんだよ! ほら行くぞ」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/14(水) 23:55:09.62 ID:sDi8z2S30

テクテクテク

ジャイアン「なぁ、スネオ」

スネオ「何?ジャイアン」

ジャイアン「お前、セックスって知ってるか?」

スネオ「セックス?」

ジャイアン「普段の生活や勉強で溜まったストレスを発散できる遊びだ」

スネオ「へぇ、何それ」

ジャイアン「してみたいか?」

スネオ「うん。 ……あれ、どうしたの。股が膨らんでるよ」

ジャイアン「へへ、なんでもねぇよ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 00:05:13.02 ID:moDKiWn/0

……


コンビニ店員「ありがとうございましたー」


スネオ「(ジャイアンが本当におごってくれるなんて……)」

ジャイアン「よし、これからお前ん家行くぞ」

スネオ「えっ」

ジャイアン「ダメなのか?」

スネオ「いや、もう夜中だし…それに、今ママと喧嘩中なんだ」

ジャイアン「ふえ、お前が親と喧嘩するなんて珍しいな」

スネオ「うん、今学期の学級委員、出来杉に決まったでしょ?ママがね、
    学級委員にすらなれない子はうちにいりません!って言って僕を追い出したんだ」

ジャイアン「俺には理解できねぇ話だな。でも大丈夫だ、俺に任せろ。お前の母ちゃんの機嫌を直してやる」

スネオ「そんなことできるの?」

ジャイアン「俺を信じろって。お前の家はこの近くだったな、よし」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 00:11:58.46 ID:moDKiWn/0

ースネオの家ー

ピンポーン

スネオ母「あら、スネちゃまにたけしさん」

スネオ「……」

ジャイアン「スネオの母ちゃん、こいつを許してやってくれよ。こいつだって頑張って委員になろうとしたんだよ」

スネオ母「あらまぁ…ふふ、謝りに来たんざますね。ほら、もう起こってないざますからお上がんなさいざます」

スネオ「ほんと!?もう怒ってないの!?」

スネオ母「私も大人げなかったざます。今あったかいミルクを用意するざますからねざます」

ジャイアン「よかったな、スネオ」

スネオ母「たけしさんざます、わざわざざますうちの子をざますありがとうございざますましたざます」

ジャイアン「あ、あのう」

スネオ母「何ざます?」

ジャイアン「俺にも、ミルク貰えないでしょうか」

スネオ母「外はざます寒いざますからねぇざます、あなたもざますお上んざますなさいざまず」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 00:17:56.85 ID:moDKiWn/0

スネオ「ママ、パパはいないの?」

スネオ母「ざます今急用でざます会社にざます行ったざます。今日は帰らずなざますに
     そのまま会社ざますに泊まるざますって言ってたざます」

ジャイアン「にやり」

・・・・・

スネオ母「お二人とも、ミルクできたざます飲めざます」

ジャイアン「あの、スネオの母ちゃん」

スネオ母「なんざます?」

ジャイアン「旦那のミルクはどんな味ざます?」

スネオ母「!!!」

ジャイアン「最近飲んでないんじゃないざますか?」

スネオ母「な、いきなりこの子は何を……」

スネオ「? どういうこと?」

ジャイアン「精子の味…」

スネオ母「スネちゃま、聞いちゃだめざます!」

ジャイアン「久しぶりに堪能したそうな顔してるざます」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 00:24:01.69 ID:moDKiWn/0

ドンっ

スネオ母「きゃああああーーー!!!」

ビリッビリッ

ジャイアン「へ、下はキャミか。今夜する予定だったんだな」

スネオ「な、何するのさジャイアン!やめてよ!」

ジャイアン「スネオ、これがセックスだ!」ぺろぺろろ

スネオ母「んっいやざます……やめてざます…」

スネオ「はわわわわ」コシヌケルッ

ジャイアン「うっは、もうこんなに濡れてる」

スネオ母「やぁぁぁぁぁ!!」ズブズブズブ



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 00:27:54.25 ID:moDKiWn/0

ジャイアン「うっ、よく締まる…この膣、スネオの母ちゃんには宝の持ち腐れだぜ」パンパン

スネオ「はわわわわ」

スネオ母「んっんっんっ気持ちいいざます!」ひしっ

ジャイアン「!? 自分から求めるなんて…楽しみがいがあるぜ!」スパパパン

スネオ母「んっあっあっーーーー!!!」

ジャイアン「ぐっあっ、イク!!」ドピュルルル

スネオ母「ふぅ、ざます」

ジャイアン「はぁ、はぁ、予想以上だ……」

スネオ母「もう終わりざますか?」

ジャイアン「悪い、俺もう出そうにない。」

スネオ母「ふん、子供はやっぱ子供ざますね。スネちゃま、来るざます」

スネオ「え?」

スネオ母「あなたも気持ちよくなるざます」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 00:32:46.10 ID:moDKiWn/0

スネオ「やだよ・・・怖いよぉ・・・」

スネオ母「来いっ!!!」

スネオ「びくっ」

よちよち

スネオ母「早く!!」

スネオ「は、はいぃ」スタスタ

スネオ母「さ、抱っこしてあげるざます」

スネオ「そんな、恥ずかし」ダキッ

スネオ「!」

スネオ母「ああ、スネちゃま、大きくなったざますね…」もふもふ

スネオ「んう苦しいよママ」

スネオ母「今苦しみから解放してあげるざますね…」シコシコシコ

スネオ「うあっ! 何!」ボッキ



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 00:36:23.17 ID:moDKiWn/0

スネオ母「ちゅぱっ」

スネオ「ああっ、乳首が!」

シコシコ

スネオ「う、ううああ!?」

ジャイアン「スネオ、これがセックスだ」

スネオ「凄い、気持ちいい、きもちいいよぉ」

ジャイアン「でもな、これはまだ準備運動に過ぎないんだぜ。これからもっと気持ちよくなからな」

シコシコシコ

スネオ「あああああ!なんか、来るぅぅぅぅ!」

ピタッ

スネオ「へ!?何でやめるのママ!もうちょっとで爆発しそうだったのに!」

スネオ母「スネちゃま、私のまんこを見るざます」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 00:38:52.96 ID:moDKiWn/0

スネオ「まんこ?」

スネオ母「ここざます、ほら、開くざます」

くぱぁ

スネオ「わぁっ!」

スネオ母「どう思うざます?」

スネオ「凄い、身体が熱くなってくるよ! それになんだか、懐かしい感じが……」

ジャイアン「ニヤニヤ」

スネオ母「ニヤニヤ」

スネオ「何笑ってんの、二人とも?」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 00:45:08.55 ID:moDKiWn/0

スネオ母「スネちゃまはね、ここから生まれてきたざます」

ジャイアン「おまえだけじゃない、俺やのび太、出来杉も母親のまんこから生まれてきたんだ」

スネオ「嘘でしょう!?」

スネオ母「嘘じゃないざます。私もおばあちゃんのまんこから生まれ、
     おばあちゃんもまたひいおばあちゃんのまんこから生まれてきたざます」

ジャイアン「不思議だよなぁ、出来の悪いのび太も、秀才の出来杉も、かわいいしずかちゃんも、みんな母親のまんこから生まれてきたんだ」

スネオ「ふぇぇ、まんこって凄いんだね!」

スネオ母「それだけじゃないざます。まんこは、子供を作る役割も持ってるざます」

スネオ「子供を作る……  !?  子供って作るものだったの!?」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 00:49:15.82 ID:moDKiWn/0

スネオ母「そうざます。さ、スネちゃま、私と子供を作る練習をするざます」

ジャイアン「今のうちに経験を積んでおかないと将来の嫁さんに笑われちまうぞ」

スネオ母「そうざます。私のまんこにちんこを入れるざます。さっきたけしさんがしたように」

スネオ「・・・自信ないなぁ」

スネオ母「大丈夫ざます。スネちゃまなら上手に出来るざます」

ジャイアン「頑張れ、スネオ!」

スネオ「う、うん!!」ズブズブズブ

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 00:54:15.66 ID:moDKiWn/0

スネオ母「ぐっ……」

スネオ「はっ 大丈夫、痛くない!?」

スネオ母「とんでもないざます…凄く気持ちいいざます……」ひしっ

ジャイアン「親子で対面座位…羨ましいぜ。おれも母ちゃんと対面でしてみたいな」

スネオ母「スネちゃま、縦に腰を振るざます」

スネオ「こう?」フリフリ

スネオ母「んあっ!!やんっ!やんっ!!」パンパンパン

スネオ「あ、ああ、あ、もう!!」ドッピュルル

スネオ母「まだ、離さないざます……離さないざます…」ちゅっちゅっちゅ

スネオ「ママ、ママ……」ちゅぱっちゅっちゅ

ジャイアン「へ、お熱いこったぜ。俺の出る幕はなさそうだし、もうそろ家に帰るかな」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 00:59:07.51 ID:moDKiWn/0

ー巨人の住居ー

ジャイアン「電気消えてる、もうみんな寝たのか」

ジャイアン「そっと入らないとな」ガチャ

ジャイアン母「んん…ん…」

ジャイ子「あ、ああ、ああん…あっ」

ジャイアン「!? まさか…」

のび太「うっ、あっ、凄くいい!凄くいい!気持ちいい!!親子丼!親子丼んんんんん!」

ジャイアン「うああああああああ!!??」

ジャイ母ジャイ子のび「誰!?」

ジャイアン「うああああ!!!!」ドタドタドタッ

ジャイ子「お兄ちゃん待って!  …行っちゃった……」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 01:02:47.56 ID:moDKiWn/0

ー空き地ー

ジャイアン「はぁ、はぁ、ぜぇぜぇ……」

ジャイアン「何だあれは…俺は幻覚でも見てたのか!?」

ジャイアン「ジャイ子…お前は指一本触れさせてくれなかったくせに何でのび太と…」

ジャイアン「母ちゃん…俺をあんなに拒んでたのに何でのび太なんかと幸せそうにヤってんだ…」

ジャイアン「うっ、ぐっ、うぅぅぅぅ……」めそめそ

ジャイアン「うああああああああ!!!!!」

雨「ザーザーザー」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 01:07:32.67 ID:moDKiWn/0

ジャイアン「うおおおおおおお!!!!」

雨「ザーザー」

傘サッ

???「元気出しなよ」

ジャイアン「誰だ…あっち行け…俺は誰とも話したくねぇ…」

???「うふふ」

ジャイアン「? ど、ドラえもん…」

ドラえもん「こんな夜中で出歩くなんて、不良の鑑だね」

ジャイアン「う、うるせいやい」

ドラえもん「うちにきなよ、ミルクでも入れてあげる」

ジャイアン「ミルクなんていらねぇよ、今日はたくさん飲んだり入れてやったりしたからな」

ドラえもん「じゃあ、おいしいどら焼きとお茶でも」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 01:12:16.98 ID:moDKiWn/0

ー野比家ー

ドラえもん「ママとパパ寝てるから静かにね」

ジャイアン「おう」

ドラえもん「お茶とどら焼き用意するから部屋行ってて」

ジャイアン「いや、俺も用意するの手伝うぜ」

ドラえもん「なんかジャイアン優しくて変なの、映画みたいだね」

ジャイアン「映画?」

ドラえもん「ふふふ、なんでもない」コポポポポ

ジャイアン「俺がお盆持ってく」

ドラえもん「ありがとう」手触れ合うッ

ジャイアン「あ…」

ドラえもん「あ…」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 01:19:15.77 ID:moDKiWn/0

ジャイアン「何照れてんだよ、気持ち悪ぃな」

ドラえもん「そ、そっちだって」

ジャイアン「くくく」

ドラえもん「うふふ」


ーのび太の部屋ー

ジャイアン「なあ、俺思うんだけどよ」

ドラえもん「何?」

ジャイアン「何でこんなことになったのかなって……」

ドラえもん「……」



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 01:22:15.83 ID:moDKiWn/0

ジャイアン「セックスを知ってから、なにもかもがおかしくなった気がするんだ。
      俺自身もおかしいけどよ、世の中も狂ってる」

ドラえもん「どこが狂ってると思うの?」

ジャイアン「なんだかよくわかんねぇ、でも…言葉にできないけどよ、おおらかになった気がするんだよ。世の中が性に対して」

ジャイアン「俺がセックスのやり方を知ったのは普段読んでる漫画雑誌だ。 あれにはまんことちんこの役割、前戯に挿入、全部載ってた」

ジャイアン「常識的に考えて、おかしいと思うんだよ、子供が読む雑誌に子供の作り方が書いてあるなんて」

ドラえもん「……」

ジャイアン「俺が気にしすぎてるだけかもしれねぇけど…」



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 01:27:53.28 ID:moDKiWn/0

ドラえもん「いや…いいところに気がついたね」

ドラえもん「事が始まったのは4日前…」

ドラえもん「のび太くんが、もしもボックスをかしてくれとせがんできたんだ。どうしてもヤりたいことがあるって」

ドラえもん「悪いことに使っちゃダメだよと注意を促したけど、彼はわかったと言いながらももしもボックスの中でこう頼んだんだ」

【もしもし、セックスに開放的な世界にしてよ】

ドラえもん「とね」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 01:32:20.61 ID:moDKiWn/0

ドラえもん「僕は今の世の性に対する抵抗的なイメージに不満を持っていたから、別にいいかと思った」

ドラえもん「でも、彼が望んだのは想像以上のものだったようだ」

ドラえもん「強姦や近親姦が当然の世界になってしまったんだ。小学生の君にはあまり自覚はないかもしれないけど」

ジャイアン「……(無理やり犯すのがいけないこと…そうか、前はちがったのか)」


240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 01:38:42.47 ID:moDKiWn/0

ドラえもん「世の中の異変に気づいた僕はもしもボックスで元の世界に戻そうと思った。でも」

ジャイアン「でも?」

ドラえもん「故障してた」

ジャイアン「何!!??」

ドラえもん「修理に出そうにも、僕の化石ボックスはもう保証外で修理をできないみたいなんだ」

ドラえもん「ケチケチせずに新しいのに買い換えとけばよかったよ」

ジャイアン「今、未来に行って買えないのか!?」

ドラえもん「別の道具を買っちゃったから無理だよ

ドラえもん「ドラミとも最近連絡が取れないし…」



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 01:45:47.91 ID:moDKiWn/0

ドラえもん「給料が出るまでもしもボックスの購入はできない」

ジャイアン「給料? なんの仕事してんだお前」

ドラえもん「……」

ドラえもん「そうだ!タイムマシンで過去に戻ってのび太くんがもしもボックスを
      使うのを阻止しよう!」

ジャイアン「スルーすんな」

ドラえもん「よしそうと決まれば!」ガラっ

ドラえもん「ああ、タイムマシンが無い!」

ジャイアン「誰かが使ってるのか?」

ドラえもん「わからない…何故だろう」

ドラえもん「はっ!」ガサゴソ

ドラえもん「コピーロボットが無い!いつのまに!?」

ジャイアン「なくしものだらけだな

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 01:48:59.46 ID:moDKiWn/0

ドラえもん「さてはのび太くん、コピーロボットで作った分身にタイムマシンを使わせて
      僕を過去に戻らせないように? いやあの馬鹿がそんなに頭回るわけないよな」

ジャイアン「もう給料出るまで待ったらどうだ?別にそんなに急がなくても…」

ドラえもん「ダメだ!早く元の世界に戻さないと!」

ドラえもん「みーちゃんが……」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 01:54:10.48 ID:moDKiWn/0

ードラの回想・商店街ー


ドラえもん「今日はどら焼きが安売りしてる日だ♪」

観衆「わーわーきゃーもっとやれー」

ドラえもん「ん、何の騒ぎだろう」

のび太「はぁ、はぁ、はぁ」

みーちゃん「フミャー!!ふみゃーー!!!!」

ドラえもん「み、みーちゃん!?やめろのび太くん!みーちゃんのケツから離れろ!」

観衆「邪魔すんなよたぬき!」ボコっ

ドラえもん「いたっ!」

のび太「はぁ、気持ちいい!この猫いい!毎日犯したい!」

みーちゃん「みゃー!みゃー!!(あの狸猫よりイイッ!)」

ドラえもん「そ、そんな、みーちゃん…」

みーちゃん「ふみゃー!!(決めた!この男の子としかヤらない!)」

ドラえもん「ううう……」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 01:58:32.09 ID:moDKiWn/0

ー回想おしまいー

ドラえもん「みーちゃんのためにも、世界を元に戻さないといけないんだ」

ジャイアン「俺も、また母ちゃんやジャイ子があいつとヤるかもしれないと思うと…早く解決しないとな」

ガチャ

ドラジャイ「!!」

ドラえもん「のび太が帰ってきた!」

ジャイアン「何だと!あいつめ、ギタギタにしてやる!」

タッタッタ(階段を登る音)

ピシャッ(戸を開ける音)

のび太「ふぅ」

ドラえもん「!!!!」

ジャイアン「の、のび太、おまえ……」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:03:23.09 ID:moDKiWn/0


のび太「前にしずかちゃん、後ろにかみなりさん、これぞ絶対防御」

ドラえもん「意味がわからない…」

かみなりさん「はぁ、はぁ、うっ」ドピュ

のび太「あん、中に出さないでよスカポンタン」

かみなりさん「安心しろ、まだちんこは機能してる」

しずかちゃん「のび太さんっあっきもちい…」

ジャイアン「のび太、てめぇよくも母ちゃんやジャイ子を!!!」

のび太「ジャイアン、君に僕は殴れないよ。しずかちゃんにだいしゅきホールドされてるからね。殴るとしずかちゃんも怪我しちゃうよ」

ジャイアン「くっ、この卑怯者!」



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:09:46.21 ID:moDKiWn/0

ドラえもん「のび太くん…タイムマシンをどこにやった?」

のび太「もうわかってるだろ?僕のコピーがどこかの時代に捨てにいったよ」

のび太「せっかく背徳セックスやりまくれる世の中にしたんだ、元の戻すのはもったいない」

しずかちゃん「ああ…そろそろイっていい?」

のび太「まだダメだよ…ん?」

のび太「はは、ジャイアン。何しずかちゃんの裸を見て勃ててんのさ」

ジャイアン「うっ、見るんじゃねぇ!」



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:13:04.14 ID:moDKiWn/0

しずかちゃん「え?たけしさん勃起してるの?一度たけしさんとしたいなぁ」

のび太「だってさ、ジャイアン。しずかちゃんが君を求めてるよ」

ジャイアン「だから……何だ!」

のび太「元の世界になったらしずかちゃんが求めてくることはないよ」

のび太「今の世の中の方がずっといいじゃないか」

ジャイアン「……」

ドラえもん「ジャイアン、誘惑に負けちゃだめだ!」

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:15:38.83 ID:moDKiWn/0

のび太「ほらしずかちゃん、ジャイアンのとこにおゆき」

しずかちゃん「ええ」

しずかちゃん「たけしさん…」ぎゅっ

ドラえもん「ジャイアン!」

ジャイアン「……うおおおお!!」フルボッキ

しずかちゃん「やん(はぁと)」パンパンパンパン

ジャイアン「あ、あ、最高だぜ!!こっちの世界のがずっと良いな!」

ドラえもん「そんな…ジャイアン……」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:19:05.74 ID:moDKiWn/0


ガリガリガリ(窓をひっかく音)

ドラえもん「? みーちゃんに…その他知り合いの♀猫達…」

♀猫「にゃぁ〜ん(はぁと)」

ドラえもん「ひょっとして、僕を求めてるの!?」

♀猫「にゃん♪」

のび太「ドラえもん、君もこの世界ではヤリチンになれるんだよ」

のび太「最高の世界じゃないか」

ドラえもん「……確かに、そうかもしれないね」

のび太「にやり(勝った。もうこれで敵なしだ)」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:22:15.38 ID:moDKiWn/0

しずかちゃん「あ、あんあんっ!のび太さんより良い!!」パンパン

のび太「!!??」

しずかちゃん「たけしさん愛してる!ああんあんあん!」

のび太「そ、そんな!?しずかちゃん!?」

しずかちゃん「ああのび太さんもう要らないから帰っていいわよ」

のび太「帰っていいよってここが僕ん家なんですけど…」

ジャイアン「はぁはぁはぁ」パンパンパン

ガラガラ(窓を開ける音)

ドラえもん「お入り、猫ちゃんたち。エッチな遊びで盛り上がろうよ」

♀猫達「にゃぁん♪」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:25:04.16 ID:moDKiWn/0

のび太「……しずかちゃん」ガックシ

かみなりさん「おおっ!」ドピュっ

のび太「しくしく……」

ガラっ(引き出しが開く)

ドラミ「わ、どうなってんの」

のび太「ドラミちゃん!?」

ドラミ「のび太さん、どういうこと?あなたのコピーが未来にやってきてあたしを犯そうとしたけど」

のび太「えーと、それは多分…かくかくしかじかで」

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:29:24.18 ID:moDKiWn/0

ドラミ「んもう、またくだらないことして!ちょっと待ってて!」

ドラミ「もしもボックス〜(windowzミリオン搭載型)」

ドラミ「もしもし?元の世界に戻して」ガチャッ

かみなり「……ありゃ、わしはここで何を…」

しずかちゃん「きゃーーー!!たけしさん何してるのよ!」ビシバシビシ

ジャイアン「いでっ、いでっ」

♀猫「んにゃ〜?」

ドラえもん「ああ、どこ行くの。帰らないでよ」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:34:02.68 ID:moDKiWn/0


騒ぎは鎮静した……

ドラえもん「ドラミ、何するのさ!!まだヤってないのに!」

ドラミ「馬鹿言うんじゃないの!こっちは寝てるところをのび太さんのコピーに犯されそうになって大変だったんだから!」

ドラえもん「のび太くん、人の彼女だけじゃ飽き足らず妹にまで……」

のび太「いや、それはコピーがしたことだし…」

しずかちゃん「ひっく、ひっく、あたしってばアバズレみたいなことしちゃって、お嫁に行けない…」

ジャイアン「しずかちゃん、悪いのはのび太なんだよ。こいつがもしもボックスで……」


318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:38:49.09 ID:moDKiWn/0

……

しずか(毛布ver)「なんですって!?のび太さん酷い!うああーん!」オオナキ

ドラミ「大丈夫よ、しずかちゃん。未来で処女膜再生手術してあげるから」

ドラミ「それに未来の医療技術で心の傷もある程度癒してあげるから、ね。元気出して」

しずかちゃん「うぅ…ひっくひっく」

ジャイアン「さてのび太、ジャイ子と母ちゃんの身体を汚した責任をとってもらおうか」ゴキッゴキッ


326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:43:56.60 ID:moDKiWn/0

のび太「ひぃっ!!!」

ジャイアン「ふふふ……」ボッキ」

のび太「な、何で勃ってるの?」ガクブル

ジャイアン「あのイかれた世界でな、俺は変な性癖に目覚めちまったよ」ガバッ

のび太「いやぁぁぁ!」

ジャイアン「かみなりさんともヤってたんだから嫌いじゃないだろ?」

のび太「か、かみなりさんは短小だったし」

ズブズブ

のび太「あぎゃああああ!!!助けてドラえもぉぉぉん!!」

ドラえもん「REC●」

のび太「何撮ってんのさぁぁぁ」

ドラえもん「君がもう悪さできないようにね」

パンパンパン

のび太「やぁぁぁぁぁぁ」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:50:35.83 ID:moDKiWn/0

ー朝ー

先生「では出席を取るぞ!ん、野比と骨川がいないな、まだ来てないのか」

先生「源は用事があって登校できないと連絡があったが、あの二人はまったくどうしようもないな」

ジャイアン「ふふふ」


ースネオの家ー

スネオ「ママー!もう勘弁してよぉ!!」

スネオ母「のびちゃまも来てくださったことざますし、今度は3人でするざます」

のび太「やだぁぁ」

スネオ「うわぁぁんちんこがヒリヒリするよぉ!もうヤりたくなぁい!!」

ドラえもん「REC●」

fin

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/15(木) 02:53:14.43 ID:moDKiWn/0

疲れと眠気で後半駆け足になってしまったけど自分乙

こんな時間まで付き合ってくれた人たちありがとう

このssが今夜の君たちの夢に影響しますように。おやすみ。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アガサ博士「新一、頼まれていたものじゃ」コナン「サンキュー博士」