マヤ「パターン青、嘘です」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:つかさ「眠れない・・・かがみお姉ちゃんの部屋に行ってみよっかな」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 05:03:58.36 ID:CMfSRiBM0


リツコ「…マヤ?」

マヤ「なんですか先輩」

リツコ「なぜ嘘をついたの?」

マヤ「今日は4月1日ですよ?」

リツコ「エイプリルフール…」

マヤ「そうですよ。だから嘘ついてみちゃいました」テヘペロ

リツコ「ふふっそういうのもいいかも知れないわね。」

リツコ「そうだミサトにも嘘をつきに行きましょう。彼女、最近仕事ばかりでストレス溜まってるでしょうから」

マヤ「どんな嘘をつくんです?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 05:07:05.03 ID:CMfSRiBM0


リツコ「そうね…私が加持くんと付き合い始めた、って言うのはどうかしら?」

マヤ「面白そうですね。」

リツコ「そうと決まれば作戦会議よ。シンジくん達をミーティングルームに集めましょう。」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 05:10:32.28 ID:CMfSRiBM0


シンジ「ミサトさんに嘘を?」

アスカ「それは面白そうね。で、一体どんな嘘をつくのかしら?」

リツコ「私が加持くんと付き合い始めた、という嘘よ」

シンジ「大丈夫かなぁ。ミサトさん本当に怒りそうだけど…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 05:14:41.93 ID:CMfSRiBM0

リツコ「大丈夫よ。すぐに嘘だってバラすもの」

アスカ「そうよ。そんなことも分からないのバカシンジは」

シンジ「…」

マヤ「葛城一佐は午後からダミープラグの会議で本部に顔を出します」

リツコ「その時がチャンスね」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 05:19:59.36 ID:CMfSRiBM0

リツコ「単に私が嘘をついて、はい嘘でしたーというのはつまらないわ」

アスカ「そこで私たちの出番ってわけね」

リツコ「さすがねアスカ。アスカとシンジくんには、私がミサトに嘘をつく前がかりとして、私と加持くんが付き合ってるということを匂わせて欲しいの」

シンジ「匂わせてって…できるかなぁ」

アスカ「あんたなんかいなくたって、私一人で十分だわ!」

マヤ「なんか、大掛かりになってきた」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 05:27:30.75 ID:CMfSRiBM0


ミサト「あー疲れた」

ミサト「あら?あそこに見えるはアスカとシンジくんじゃない。」

ミサト「なにを話しているのかしら?気になるわね。」

ミサト「聞きに行っちゃいましょ!」


シンジ「あっミサトさん」

ミサト「やっほー、二人とも何を話していたのかしら〜?」

アスカ「大したことじゃないわ。ただ最近リツコと加持さんが一緒にご飯食べてるところを見かけるから、何かあるのかなーって」

ミサト「えっ?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 05:33:41.03 ID:CMfSRiBM0


シンジ「今日も二人で、本部内の食堂にいたのを見かけたよ」

アスカ「あーあ、リツコに加持さん取られちゃったかなぁ」

アスカ(まぁ私はシンジがいればいいんだけど)

ミサト「二人ともちょっち付き合ってくれる?ケーキでも食べに行かない?奢るわよ?」

アスカ(食いついたわね)

アスカ「ミサトから誘うなんて珍しわね。お言葉に甘えるわ」

シンジ「ミサトさんありがとう。」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 05:39:08.91 ID:CMfSRiBM0


-----------------------------------------


ミサト(私の知らないところで、そんなことが…)

ミサト「二人ともケーキ美味しかった?」

シンジ「はい、ありがとうございました」

アスカ「まぁまぁね」

ミサト「それじゃあ、二人はさきに家に戻ってて。私はちょっち寄り道して帰るから」

アスカ「分かったわ。さ、行くわよバカシンジ」

シンジ「わ、引っ張らないでよアスカ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 05:49:14.02 ID:CMfSRiBM0


アスカ「上手くいったみたいね。」

シンジ「すごい色々聞かれたね、つかれちゃった」

アスカ「後は向こう側ね、楽しみだわ。後でリツコにミサトの反応聞かなきゃ!」

シンジ「あっ」

アスカ「どうしたのよ?」

シンジ「夕飯どうしよう。多分冷蔵庫なにも入ってないや」

アスカ「えー!どうすんのよ!?」

シンジ「今からスーパー行こう」

アスカ「嫌よ!」

シンジ「じゃあご飯なしでもいい?」

アスカ「むぅ〜、分かったわよ!ついて行くわよ!」

アスカ(あれ?これって、噂のスーパーデート?)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 05:56:07.89 ID:CMfSRiBM0


ミサト「リツコとあの馬鹿が付き合ってる…?」

ミサト「にわかには信じられない…」

ミサト「でも、確かに言われてみれば最近リツコの付き合い悪い気がする」

ミサト「うーん」

prrrrr


ミサト「ん?誰かしら…リツコからだわ」


from:リツコ

件名:なし
本文

少し話したいことがあるの
今日の21時にラウンジに来れないかしら?


ミサト「…これは、まさか」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 06:00:24.91 ID:CMfSRiBM0


リツコ「ふぅ、タイミングは良かったかしら」

マヤ「大丈夫だと思いますよ」

リツコ「今頃ミサト、私たちのことで頭がいっぱいよ?」ニヤニヤ

マヤ「ふふっ、なんだか楽しいですね」

リツコ「ええ、21時になるのが待ち遠しいわ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 06:14:13.12 ID:CMfSRiBM0

prrrrr

アスカ「あら?ミサトからだわ。何の用かしら」

from:ミサト

件名:なし
本文

今日変えるの遅くなりから、夕飯勝手に食べといつ

アスカ「…そうとうテンパってるわね」

シンジ「ミサトさん何だって?」

アスカ「今日遅くなるって…ってシンジ!今何カゴの中に入れたの!?」

シンジ「何って…椎茸だけど…」

アスカ「あんなもののどこが美味しいってえのよ!あんたは!」

シンジ「アスカ椎茸食べれないの?」

アスカ「た、食べれるわよ!!好き嫌いなんてあるわけないじゃない!子供じゃないんだから!」

シンジ「じゃあ今日は、炊き込みご飯にしようっと」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 06:16:59.92 ID:CMfSRiBM0

アスカ「炊き込みご飯って、まさかたけ、たけのこ入ってるやつ…?」

シンジ「そうだけど、まさかアスカたけのこも食べれないn」

アスカ「た、食べれるわよ!?食べれないわけないじゃない!」

アスカ(はぁ〜後でカロリーメイト買ってこよ…)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 06:22:40.71 ID:CMfSRiBM0

シンジ「〜♪」コトコト

アスカ(リツコたちどうなってるのかな、気になるわね)

ピロリロリン


シンジ「あ、ご飯炊けた」

アスカ「!」

アスカ(そうよ、考えてみれば私がよそえば椎茸もたけのこも入らないじゃない!)

アスカ「シンジ、私がよそうわ!」

シンジ「えっアスカが?珍しな。ありがとう、頼むよ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 06:32:08.60 ID:CMfSRiBM0

アスカ(完璧よ、パーフェクトだわ)

シンジ「それにしても」

アスカ「ん?」

シンジ「なんか、ご飯よそってる姿って女の子っぽくてドキッとする」

アスカ「ふぇ!?ちょっえっその…ど、ドキッって、あぁあんた…」

アスカ(え!?どういうことシンジが?え!?椎茸!?あーわけわかんない!!)

シンジ「あっいや、そのそういう意味じゃッ…うぅ」

シンジ(僕変なこと言っちゃった!?アスカ顔真っ赤だし…うぅ気まずい…)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 06:37:01.68 ID:CMfSRiBM0



アスカ「…」

シンジ「…」


アスカ「と、とにかくご飯にししましゅ」

アスカ(噛んじゃった…完全に焦ってるのバレバレじゃない…あー死にたいわ)

シンジ「そ、そうだね。アスカは座っておきなよ!あ、後は僕がやるからさっ!」

シンジ(こんな状況で一緒に作業なんかできない…)

シンジ(しましゅって可愛かったな)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 06:46:20.37 ID:CMfSRiBM0


シンジ「ご、ごちそうさま」

アスカ「も、もう食べないの?」

シンジ「なんだか食欲なくって、部屋に戻ってるから食べ終わったら教えて片付けるからさっ…」

アスカ「う、うんっ」

シンジ(逃げてしまった、逃げちゃダメだと思っても、こればかりはなんともならないなぁ)

アスカ「…シンジ行っちゃった」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 06:50:09.54 ID:CMfSRiBM0


ミサト「はぁ30分も早く着いてしまったわ…」



マヤ「目標、ジオフロントラウンジに到着」

リツコ「…早いわね、面白そうだしもうちょっとそわそわした彼女を見ていることにしましょう」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 06:52:38.67 ID:CMfSRiBM0


ミサト「約束の時間…あっリツコ」

リツコ「ごめんなさいミサト、待たせたかしら?」

ミサト「ちょうど今来たところよん」

リツコ「そう?それなら良かったわ」ニヤニヤ

リツコ(今…ね、ふふっ)

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 07:01:29.17 ID:CMfSRiBM0


リツコ「いつものところに行きましょうか」

ミサト「リツコと飲むの久しぶりね〜」

リツコ「そうね、最近色々忙しくて」

ミサト(色々…カマかけてみるか…)

ミサト「もしかして、彼氏でもできた?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 07:12:46.03 ID:CMfSRiBM0


リツコ「えぇそんなところよ」

リツコ(襟を直すフリをして、マヤに貰ったペン型カメラのスイッチを入れて…と、
ふふっ準備OKね)

ミサト(まさか…本当に…?加持くん…)

リツコ「そのことを今日あなたに話すつもりだったの」



リツコ「私、加持くんと付き合ってるわ」




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 07:14:39.69 ID:CMfSRiBM0


ミサト「…」ガタッ


ダッ



リツコ「なーんて、ミサト今日は何月何日でs」


リツコ「あら?ミサトは?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 07:17:02.33 ID:CMfSRiBM0


ミサト(まさか…本当に…)

ミサト(あの時私に言ってくれたことは嘘だったの…?)

ミサト(加持くん…)

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 07:21:31.36 ID:CMfSRiBM0


シンジ「はぁ…お腹空いたなぁ」

シンジ「やっぱりもうちょっとしっかり食べるべきだったなぁ失敗した」

コンコン

シンジ「は、はいッ」ビクッ

アスカ「は、入るわよ?」

シンジ「ア、アスカどうかしたの?」

アスカ「…バカシンジがお腹空いてるんじゃないかと思って…これ」

シンジ「これ…カロリーメイト…」

62 名前:みすった[] 投稿日:2012/03/13(火) 07:29:13.98 ID:CMfSRiBM0


アスカ「さ、さっき買ったのよ!あの…その…私あの…椎茸とかに、苦手だし…後で食べようと思って…」

アスカ「まだ1本あるから、あああんたにあげるわよっ///」

アスカ「どうせお腹空いてるんでしょ!?ろくに食べてなかったじゃない!」

シンジ「アスカ…ありがとう」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 07:34:49.35 ID:CMfSRiBM0


パキッ

シンジ「はい、半分こ」

アスカ「ひ、一人で食べなさいよ!私は1本食べたわよっ」

シンジ「一人で食べるよりも、二人で食べた方が美味しいから」

アスカ「…分かった。貰う」


シンジ「アスカ」

アスカ「…何よ?」

シンジ「ありがとう」

アスカ「…バカシンジ」

73 名前:>>66レイは碇司令とご飯に行ったので出てきません[] 投稿日:2012/03/13(火) 07:42:10.39 ID:CMfSRiBM0


ミサト「加持くん、確か今日はこっちに戻って来てるはず…!」

ミサト「直接本人に聞かなきゃ納得できない!」

ミサト「今10時前…」

ミサト「全く!どこにいるのよあの馬鹿!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 07:46:09.27 ID:CMfSRiBM0


リツコ「嘘だと伝えられなかったわ」

マヤ「どういうことですか?先輩」

リツコ「それが、私が嘘だという前に血相変えて飛び出しちゃったの」

マヤ「あらま」

リツコ「どうしましょう」

マヤ「放っておきましょう。多分明日あたり面白いことになってますよきっと。」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 07:50:41.55 ID:CMfSRiBM0


ミサト(私…あの二人を心から祝福できるのかな…?)

ミサト(リツコは加持が好きで、加持もリツコが好き)

ミサト(私は加持が…あいつのことを…)


ミサト「!!」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 07:53:14.44 ID:CMfSRiBM0


加持「葛城じゃないか?どうしたんだ?そんなに慌てて」

ミサト「…」

加持「葛城?」

ミサト「…んたに……」

加持「?」

ミサト「あんたに聞きたいことがあるわ!!!」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 08:02:53.30 ID:CMfSRiBM0


加持「ど、どうしたんだ、俺が何かしたか?」

ミサト「あんたリツコと付き合ってるの!?」

加持「え?」

ミサト「さっきリツコから聞いたわ…」

ミサト「なんで…何で私に黙ってたの!?」ウルウル

ミサト「私は、あなたを信じてた…」ウルウル

ミサト「私はあなたが言ってくれたことを信じて待ってたのに…」ボロボロ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 08:06:58.25 ID:CMfSRiBM0


ミサト「全部終わったら、迎えに行くって…そう言ってくれたじゃない…」ボロボロ

ミサト「あれは嘘だったの!?ねぇ!!答えてよ!!」ボロボロ

加持「おいおい、ちょっと待ってくれ、
俺にはお前か何を言っt」

加持(…ん?確か今日って…)

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 08:11:27.55 ID:CMfSRiBM0


加持(やっぱり、そういうことか。)

加持(もう泣いちゃってるし、そろそろ種明かししてもいいよなりっちゃん)

加持「葛城」

ミサト「…ぐすっ」

加持「これを見てくれ」

ミサト「なにこれ…ぐすっ…かれんだぁ?」

加持「今日は何日だ?」

ミサト「4月1たt」


ミサト「!!!!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 08:17:32.60 ID:CMfSRiBM0


ミサト「えっ?え!?えっと…どこまでが?」

加持「知らないさ、ただ少なくとも俺はりっちゃんと付き合ってはいないね」

ミサト「え、あ!そ、そーなんだ!あはははは、やーだ私ったらあはははは


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 08:24:46.78 ID:CMfSRiBM0


加持「大方、仕事の虫になってた君をリラックスさせようとして、りっちゃんが仕組んだことだろう」

加持(まぁ悪戯っていう方がおおきいと思うが…)

ミサト「リツコめぇ〜戻ったらとっちめてやるんだから!」

加持「それにしても、まだ君が俺のことをこんなに思ってくれてるなんて思いもよらなかったな。」

ミサト「なっ!?」

加持「いやぁ嬉しい限りだよ」

ミサト「バカ!!さいっってぇ!!信じらんないっ!!!」

バシッ

ダッ


加持「いてて、愛の込もった一撃は強烈だな」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 08:29:38.89 ID:CMfSRiBM0


アスカ「…ミサト遅いね」

シンジ「…うん」

アスカ「…」

シンジ「…」

シンジ(逃げちゃ…ダメだよね…)


シンジ「ア、アスカ!」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 08:31:55.92 ID:CMfSRiBM0


アスカ「な、なによ?いきなり…」

シンジ「…アスカその、…」

アスカ「い、言いたいことがあるならさっさと言いなさいよっ!」

アスカ(なんだろう…告白…かな、そうだと嬉しいな…)

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 08:37:03.14 ID:CMfSRiBM0


シンジ「…その…キ、キスしたいな…なんて…」

アスカ「なっ!?き、き、きすっ…って」

シンジ「前はアスカからだったから、その、今度は僕からしようと思ったんだけど、だ、ダメかな?やっぱりダメだよね…?」

アスカ(前って…あの時は結局してないし、きききすなんて、ししたことないしっ、あああどうすればいいのよ!?)

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 08:41:21.19 ID:CMfSRiBM0


アスカ「ど、どうせエイプリルフールの冗談か何かでしょ!?からかうのならやめてよっ!」

シンジ「冗談なんかじゃないよ!」

アスカ「でも、その…そういうことはお互い…」


シンジ「僕はアスカが好きなんだ!!!」


アスカ「んっ、」

アスカ(あっ…)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 08:45:56.06 ID:CMfSRiBM0


シンジ「はぁ…はぁ…」

アスカ「…///」

シンジ「…」

シンジ「アスカの…アスカの気持ちが知りたいな」

アスカ「…」

アスカ「私は…私もシンジのことが…」


ピンポーン


シンジ・アスカ「!!」ビクッ

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 08:50:16.39 ID:CMfSRiBM0


ミサト「たっだいまぁ」

シンジ「み、ミサトさんお帰りなさいっ」アセアセ

ミサト「あらぁ?シンちゃんにアスカ、まだ起きてたの?」

アスカ「きょ、今日はなかなか寝付けないのよっ」アセアセ

ミサト「ふぅーん。なんか今日はやけにあんたたち仲良いのね。」

シンジ・アスカ「そ、そんなことっ…」

ミサト「ま、いいけど♪」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 08:53:54.32 ID:CMfSRiBM0

ミサト「シンちゃんご飯あるー?」

シンジ「あ、はい炊き込みご飯があります」

ミサト「炊き込みご飯!?やった!」

アスカ「わ、私がよそってあげる!!」

ミサト「アスカが?珍しわね。熱でもあるの?」

アスカ「失礼ね!私だってそのくらいやるわよ!」

シンジ(アスカかわいいな)

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/13(火) 09:00:36.55 ID:CMfSRiBM0


ミサト「椎茸にたけのこも入ってるじゃない!やるわねシンちゃん!」

シンジ「アスカには不評だったみたいですけど」

アスカ「当然でしょ!!そんなキノコじゃ元気でないわ!」

シンジ「カロリーメイトなら元気でるの?」

アスカ「うるさいわね!バカシンジ!」

シンジ(…あれ?アスカのお椀…)


シンジ(椎茸なくなってる。ふふっ食べてくれたんだ)


fin



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「朝起きたらハルヒが隣で寝てた」