谷口「このお菓子の容器キョンが勃起した時と同じ大きさだなwww」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ジャイアン「おいのび太!野球しyうわあああああああああああ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/11(日) 08:24:04.24 ID:JfitVP+AP

キョン「やめろ!勘違いされるだろ!」

国木田「お風呂入った時のアレかぁ。」

キョン「おい!話に乗るな!この話は終わりだ!」

谷口「なんだよ、ノリわりぃーな〜。」

キョン「ノリでホモ疑惑が立ったら困る。」

国木田「あはは。」


ハルヒ「…………」


──
─────


〜コンビニ〜

「いらっしゃいませ。」

ハルヒ「これ……お願いします。」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/11(日) 08:38:51.18 ID:JfitVP+AP

ハルヒは、コンビニから家までの道を走って帰っていた。

ハルヒ「はぁっ……はぁっ……」(はやくしたい……はやく)

家につくと一目散に自分の部屋へ駆け込み鍵を閉め、深呼吸をした。
深呼吸をすると体の疲れもいくらかマシになった。

ハルヒ「……ふぅ。」

ハルヒはベッドに腰をおろし、買ってきたお菓子のビニールをはがした。
そしてテーブルから空の缶を取り、お菓子の中身をそこへ移した。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/11(日) 08:51:23.95 ID:JfitVP+AP

ハルヒは空になった容器を手に取り、ベッドに寝転んで布団をかぶった。

ハルヒ「こんな感じなんだ……。」

暗くなった視界の中、形を確かめるかのようにお菓子の容器をさする。
気が付くと、容器を触る作業に没頭していた。

ハルヒ「ハァ……ハァ……」

視覚と聴覚が遮られた状態で容器を触っていると、まるでその容器が
本当にキョンの男性器のように感じられた。

ハルヒ「はぁ……もう無理……入れちゃお」

ハルヒはスカートはそのままで、パンツだけをズラした。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/11(日) 09:07:23.13 ID:JfitVP+AP

ねちゃ……と粘液質な音が布団の中の狭い空間に響いた。

ハルヒ「うわ、凄い事になってる……。」

ハルヒの陰部は、まるで自慰の後かのように濡れそぼっていた。

ハルヒ「もう……いけるかな」

そう呟くと、ハルヒは容器の先端を花芯にあてがった。

ハルヒ「……。」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/11(日) 09:17:04.29 ID:JfitVP+AP

狭い隙間にねじ込むかのように容器を細かく動かすハルヒ。

ハルヒ「んっ……はぁ……」

ハルヒは入口で動かしているだけなのに、淫靡な声を漏らしていた。
容器はただのお菓子の容器であり、大人の玩具ではない。
しかし、好きな男性の肉棒である事を想像しているハルヒには、大人の玩具以上の
快感を与えていた。

ハルヒ「だめぇ……キョン入らないよぉ。」

ハルヒの花芯が小さすぎるのか、いくら容器を動かしても中に入る様子は無い。

ハルヒ「せつないよぉ……キョン。」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/11(日) 09:28:53.61 ID:JfitVP+AP

いつまで経っても入らない容器がもどかしく、ハルヒは指で自慰を始めた。

ハルヒ「んっ……キョン……キョン……150円無駄になっちゃったよぅ……」

ハルヒは指で自慰をしながら、容器を見つめた。

ハルヒ「キョンのがおっきいから……あっ。」

何かを閃いたハルヒは、顔の前まで持ってきた容器に恐る恐る舌を伸ばした。
自身の蜜が付いた容器をぺろっと舐めると、ハルヒの体に電気の様な痺れが走った。

ハルヒ「あ……これキョンの……。」

ハルヒは容器をくわえた。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/11(日) 09:45:19.48 ID:JfitVP+AP

ハルヒ「ふぉれ……いいひゃも。」

フェラチオをする妄想をしながら自慰を続けるハルヒ。
当然フェラチオなどした事もなく、ただちゅーちゅーと吸うだけのフェラであった。

ハルヒ「ひょんのがふひのははひっはい……」

口の中に物が入った為、次々と出てくる唾を飲み込む。
ハルヒの妄想は加速し、その唾をキョンの精液だと想像していた。

ハルヒ「ひょんなののませるにゃんてひゃいていね……」

ハルヒはその後何度も絶頂に達し、疲れ果てて寝てしまった。

──
──────

〜教室〜

ハルヒ「はぁ……眠たい。」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/11(日) 09:50:54.51 ID:JfitVP+AP

キョン「谷口、ちょっと。」

谷口「どうしたキョン?」

キョン「昨日あのお菓子の容器と比べてみたんだけどさ」



ハルヒ「」ピクッ



キョン「あれより大きかったよ。」


ハルヒ「えっ……?!」

キョン「え?」


                      〜終わり〜



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「みくるちゃんってカイリキーに似てるわね」