夜神月「なんだ、この赤い本?」ガッシュ「魔界の本なのだ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「こ、今週の日曜日」キョン「予定がある」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 14:33:33.32 ID:PQYYcfc+0

月「お前は…」

ガッシュ「私の名前はガッシュ・ベルだ!よろしく頼むぞ!」

月「ガッシュ…?この本はお前の?」

ガッシュ「うぬ、今日からお主が私のパートナーだ」

月「え?」

ガッシュ「魔界の王になるためには、他の魔物達も倒さねばならんのだ」

ガッシュ「協力してくれぬか?」

月(なに言ってんだコイツ…)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 14:39:20.98 ID:PQYYcfc+0

ガッシュ「名は確か夜神月と言ったな!」

ガッシュ「月と呼ばせてもらうのだ」

月「待て、ガッシュ」

ガッシュ「む?」

月「どうして、お前は俺の家が分かったんだ?」

ガッシュ「それは…この手紙を読めば分かるはずだ」

スッ

月「これは?」

ガッシュ「月の父上から手紙を受け取ったのだ」

月「と、父さんが…?」

ガッシュに手渡された手紙を月はゆっくりと読み始める

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 14:43:17.51 ID:PQYYcfc+0

月へ…

誕生日おめでとう

そこにいる、ガッシュ君は誕生日プレゼントだ

月は学校で1人ぼっちだから、丁度いいだろ?

仕事が落ち着いたらまた家に戻る…偉大なる父より

―回想シーン―

総一郎「…警察署の前に子供が倒れている…」

ガッシュ「…」

総一郎はガッシュの傷を手当し看病をした

ガッシュ「助かったのだ!お礼になにかさせてはくれぬか?」

総一郎「…私の息子は、人よりも少し賢いんだ」

総一郎「そのため、私の息子は勉強を怠けてしまい学校にも行かなくなった」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 14:48:10.56 ID:PQYYcfc+0

総一郎「だから、ガッシュくん」

総一郎「月を…月をどうか社会復帰させてくれないか?」

ガッシュ「…お安い御用なのだ!」

総一郎「いい子だね」


月「父さんが…そんなことを…」

ガッシュ「月の父上は本当に貴様の事を心配しておる」

月「…知らないよ、父さんは余計な事をしてくれたな…」

ガッシュ「…お主の事を真剣に心配してくれているのだぞ!?」

月「やかましいっ!!」

月「ふザケルな…!!!!」

バチバチッ!!

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 14:51:53.68 ID:PQYYcfc+0

月「がはっ…」

ガッシュ「…」

月「な、なんだこれ…!?」

月「まさか、さっきこの本に書いてあった…」

「ザケル」

月「第1の術…ザケル……?」

ガッシュ「月、その本に書かれている呪文を発すれば私は技を発動できるのだ」

月「!」

月「いや、しかしまだ読めないページもあるな…」

月「ゲームの必殺技みたいに今後増えていくってことだな」

ガッシュ「その呪文を使い、魔物達と戦わねばならんのだ」

月「ゴクリ…どうやら僕はとんでもない世界に踏み込んでしまったようだ…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 14:55:54.00 ID:PQYYcfc+0

月「ガッシュ」

ガッシュ「ヌッ?」

月「お前は魔界の世界ではどんな奴だったんだ?」

ガッシュ「いや、私には魔界にいた頃の記憶がないのだ」

月「へぇー」

ガッシュ「うぬ」


コンコン

母「月…今日は学校はどうするの?」

月「パス」

母「…いい加減にしてちょうだい」

母「母さんもう疲れたのよ…貴方に…」

母「学校で浮いてるからってなによ!いじめられて悔しいなら見返しなさいよ!!」

月「…っ!やかましいクソババア!!!!!」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:00:49.79 ID:PQYYcfc+0

ガッシュ「月!!母上に向かってやかましいとはなんだ!!」

月「うるさい…!ふザケルな!!」

バチバチッ

月「っァ!!!」

本日2回目のザケルを食らった月の肉体は限界に達していた

月(まぁいいや、家にいても暇だし…学校に行ってやるか)

月「この本、暇潰しになりそうだしね」

スッ

ガチャッ

母「…ら、らいと」

月「いってきます」

ガッシュは月の学生鞄にこっそりと忍び込んだのであった

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:04:06.08 ID:PQYYcfc+0

―学校―

教師「〜であるからして」

月(余所見中)

教師「……おい、夜神この問題を解いてみろ」

月「…」

「2×8」

月「16」

教師「…チッ、正解だ…」

「なんだよ夜神の奴…久し振りにきてインテリ気取ってんのかよ」

「頭良いなら学校に来なくていいのになー」

月「……」

ガッシュ(…)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:07:41.88 ID:PQYYcfc+0

キンコンカーンコーン

「昼休みだねーご飯一緒に食べようよ」

「また、夜神の奴1人で食べてるークスクス」

月「…」

ガタッ

月は立ち上がり教室を出ようとする

ガッシュ(なぜ、帰ろうとしているのだ…?まだ授業は…!)

ガッシュ「月ーーー!待つのだ!!」

月「…なっ!?」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:11:49.79 ID:PQYYcfc+0

「なに、あの子?」

「夜神の奴、不要な物持って来るとかヤンキーじゃん」

月「…おい!こっちこい!」

グイッ

ガッシュ「ヌゥッ!痛いのだ!!」


―体育館裏―

月「はぁはぁ…」

ガッシュ「すまぬのだ…どうしても我慢出来ず出てしまったのだ…」

月「もういいさ、僕は帰るから」

ガッシュ「それは私が許さん!キチンと最後まで授業を受けていくのだ!」

月「あんな奴等と勉強したって…僕の頭が濁るだけだよ」

ガッシュ「…友達…友達さえいれば…そんな事は思わなくなるはずだぞ」

月「…クッ!!」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:21:11.97 ID:PQYYcfc+0

ガッシュ「でも、安心するのだ」

月「?」

ガッシュ「今日からは私が月の友達なのだ!これで学校も楽しめるはずだぞ!」

月「……」

ガッシュ「ヌゥッ?私が友達では嫌なのか…?」

月「お前が友達でも、僕の生活は変わらない…」

スタスタ

ガッシュ「ま…待つのだ月!まだ話は終わってないぞ!」

月(僕は一生家に引きこもっていればいい)

月(こんなバカな奴等と比べ合う必要もない……)


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:28:28.36 ID:PQYYcfc+0

ミサ「や、夜神くん…」

月「ミサ…」

ミサ「今度の期末テストで分からない所いっぱいあるから」

ミサ「夜神くんに教えてもらいたいな…」

月「ごめん、僕もう帰るから」

ミサ「ま…待ってよ夜神くん…!」

月(……)


月「…ただいま」

月「あ、そうか…母さん仕事か」

ガッシュ「母上殿は今はおらぬぞ」

月「が…ガッシュ…」

ガッシュ「やはり、学校を抜け出してきたのだな?」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:34:41.68 ID:PQYYcfc+0

ガッシュ「そんな生活、いつまで続けるつもりなのだ」

ガッシュ「せっかくお主は素晴らしい頭脳を持ち生まれて来たのだぞ!」

月「天才な僕は周りから僻まれるのさ」

月「だから、僕は外に出てはいけない人間なんだよ」

ガッシュ「……ええい!そんなことはいいのだ!とにかく学校に…」

ピンポーン

ピンポーン

月「ん?」

ガッシュ「誰かきたのだ」

スタスタ

月「誰だ…こんな昼間に家を訪ねてくるなんて…」

ガチャッ

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:37:49.83 ID:PQYYcfc+0

総一郎「…」

リューク「…よぉ」

月「!?」

ガッシュ「…父上なのだ!」

総一郎「月、ただいま」

月「父さん…その化け物誰なんだよ…?」

総一郎「この本を見れば分かるだろ?」

スッ

月「が、ガッシュと同じ本…!?黒いの本なんてあるのか…!」

総一郎「私は彼のパートナーだ」

リューク「リュークだ、よろしくな」

月「クッ…何をするつもりだ父さん……」

総一郎「こうするに決まっているだろ」

総一郎「ギガノリューク…!!」

ズシャァッ!!

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:42:17.85 ID:PQYYcfc+0

月「グァァ!!」

ガッシュ「月!」

月「くっ…こいつ、黒い光線なんて放ちやがって…」

ガッシュ「月…こちらも反撃をするのだ!」

月「ああ、父さんに1発でかいのをぶち込む…!」

リューク「ニヤッ」

月「…いけ!!ザケル!!」

バチバチッ!!

リューク「……悪いな、強力な呪文でない限り俺は傷すらつかないぜ」

月「なっ!?」

総一郎「そういうことだ、月」

総一郎「いくぞ…リリューク!!」

ズシャァッ!!!

月「ぐぁあああああああ」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:45:49.46 ID:PQYYcfc+0

リューク「おいおい、もう終わりか?」

リューク「ちょっとは楽しませてくれよ」

ガッシュ「はぁはぁ……」

月「が、ガッシュッ!!お前…僕を庇ったのか…!?」

ガッシュ「ら…いと……私は大丈夫だ……次の…次の指示を私に…」

月「…!!」

総一郎「月、残念だがリュークには勝てない」

総一郎「私は彼を王にする」

リューク「りんごだらけの世界にしてぇんだよ…」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:47:59.93 ID:PQYYcfc+0

月「りんごだらけ…!?」

リューク「りんごだ、魔界をりんごの世界に変えるんだよ」

ガッシュ「そ…そんなことをしては魔界がおかしくなってしまうのだ!」

ガッシュ「月!絶対にこの者を王にしてはならぬ!」

月「わ、分かってる…!」

月(ガッシュは俺を必要としてくれてる…俺の指示を待ってる…)

月「…うおおおおおおおお!!!」

月「ザケル!!!」

シーン

月「え…?ザケル!!ザケル!!ザケル!!!」

月が何度、呪文を発しようが技が発動されることはない

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:51:22.69 ID:PQYYcfc+0

総一郎「心の力が尽きたようだな」

月「心の…力…?」

総一郎「今のお前には戦いから逃げ出したいという恐怖心しか見えん」

月(そんなバカな…!僕は恐怖心なんて一切ない…!)

月(ガッシュを…ガッシュを王にしたい!)

総一郎「くだらん」

総一郎「リューク、いくぞ」

リューク「あいよ」

総一郎「ギガノリューク!!!!!」

ガッシュ「ぬぁぁあああ!!」

月「ガッシュ…!!」

月(やめろ…やめろ!ガッシュをこれ以上傷つけないでくれ…!)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 15:59:05.67 ID:PQYYcfc+0

リューク「あんまりいじめとか好きじゃねーんだけどな」

月「父さん、もうやめてくれ…」

総一郎「お前が私に本を差し出せばいいだけだ」

月「この本を?」

総一郎「本を燃やされれば魔物は元の世界にへと帰還するからな」

リューク「要は負けってことだ」

月(じゃあ、本を渡せばガッシュは王になれない…?)

ガッシュ「月…はぁはぁ……決して渡してはならぬ…」

総一郎「ならば、とことん傷つけるしかないな」

月「止めろォォォ!!止めてくれ!!」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 16:04:51.88 ID:PQYYcfc+0

ー1時間後ー

ガッシュ(ボロボロ)

月「が、ガッシュ……」

総一郎「無様な姿だな」

リューク「オモシロ」

月(ダメだ…!ガッシュが動けないんじゃ僕はなにもできない!)

ガッシュ「月……お主は…一人ぼっちではない……」

月「っ!!」

総一郎「はははは!死に際の一言がそれか!」

月「笑うな…笑うなーーーーーっ!!!」

月「本よ…ガッシュ…ガッシュという戦士に力を貸してくれ!!!」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 16:11:08.93 ID:PQYYcfc+0

キラキラッ

総一郎「月の本が金色の光に包まれた!?」

リューク「おい、次の一撃…受けるのしんどいかもな」

総一郎「なんだと?」

月「ガッシュ…いくぞ!お前には俺がついてる!」

月「ザケル!!!!!」

バチバチッ

総一郎「わ、技を発動出来たのか…!」

月「やったか!?」

リューク「いててっ…さっきのより威力が上がってるぜ」

月(クッ…!これでもまだ奴を倒せないのか…!)

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 16:18:11.04 ID:PQYYcfc+0

総一郎「ここで、消し去るのも惜しい」

リューク「だな」

月「…!」

総一郎「今回は見逃してやるが、次はそうはいかんぞ」

リューク「じゃあな、今度は退屈凌ぎぐらいには成長しろよ」

スタスタ

ガッシュ「月…私は…私はとても悔しいのだ…!!」

月「俺もだガッシュ…」

月の目には涙が溢れていた

一緒に強くなろう…ガッシュ…

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 16:38:47.11 ID:PQYYcfc+0

月「ガッシュ…」

ガッシュ「月!今日は早起きなのだな!」

月「僕、学校行くよ」

ガッシュ「ヌゥッ?それはホントなのか!?」

月「もう、引きこもり生活は終わりだ」

ガッシュ「ようやく、分かってくれたのだな…!」

月「行ってくるガッシュ」

ガッシュ(月、お主はあの戦いを経て一回り成長したのだな…)

月、登校……!

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/08(木) 16:47:21.98 ID:PQYYcfc+0

ー公園ー

月「すまん…ガッシュ…」

僕は嘘つきだ

学校の門の前に立った瞬間、足が震えて中に入れなかった

月「なにが…なにが学校に行くだ…!」

月「僕はなにも成長していない!」

月「そろそろ、昼飯の時間だな」

もぐもぐ

月(一人で食べる弁当って…楽しくないな…)



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン妹「3、2、1・・・」