キョン「そうだ、ハルヒに腹パンしよう」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:羽入「僕はいらないのです」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/22(水) 11:19:03.67 ID:66mo2zXpO

ハルヒ「は?あんた頭大丈・・・」

ガシッ
長門「・・・」

ハルヒ「!?ちょ、ゆ、有希!?」

キョン「でかしたぞ長門」

みくる「やっちゃってくださいキョン君!」

古泉「あなたの振るう拳が奏でる涼宮さんの苦鳴・・・たまりませんね」

ハルヒ「みくるちゃんに古泉君あなた達言っ・・・」

キョン「オラァ!!」ヒュッ

ボグゥ
ハルヒ「!!ッッあ・・・ッぐぅうッ・・・・!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/22(水) 11:45:25.32 ID:66mo2zXpO

ハルヒ「ッはッ、ぅう・・・キ、キョン・・・!!」キッ

キョン「ん、軽すぎたか?んじゃちょっと強めにっと」ビュアッ

ズグゥ
ハルヒ「!!〜〜ッッぁっぐぅうッッ!!!」

みくる「ふえぇ・・・///」

古泉「・・・うん、いいですよ。すごくいい」

ハルヒ「ぅぐッげほッ!ッぁッはぁっはぁっ・・・!!!」

キョン「ふぅ・・・俺の拳の味はどうだ?ハルヒ」

ハルヒ「や・・・いや・・・!やめ・・!」

キョン「〜〜〜ッッッ?????やめませんッッ!?!?!?」パヒュウッ――――



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/22(水) 12:22:29.38 ID:66mo2zXpO

―――――――――――
――――――――
―――――
―――


古泉「では僭越ながら三発目を・・・はいッッ!!!」シュッ

ボスッ
ハルヒ「っへぅッ・・・ぉ・・・ッ・・・♪」

みくる「あたしもいきますぅ!え、えいッッ!」ブォン――――

ボッグウゥ
ハルヒ「〜〜ぇッぐぅッ・・・で・・・出りゅぅう・・・♪」ムリッブリュヒュ

キョン「おーおー、腹パンされすぎて糞漏らしやがった。気持ち良さそうな顔しやがって」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/22(水) 12:35:48.53 ID:66mo2zXpO

ハルヒ「ぁー・・・きもひぃー・・・♪」

みくる「ふああ・・・涼宮さん気持ちよさそう・・・///」

古泉「ふぅ・・・おそらく先程の彼の一撃で改変が行われたのでしょう、痛覚が快感へと変わる、ね」

長門「・・・わたしという個体にエラーが発生した。ワクチン生成のために涼宮ハルヒへの腹パンが必要」

キョン「はは、なんだそりゃ。じゃあ俺が代わりに抑えとくから長門、やっちまえ」

長門「了解した」ググググ・・・

ハルヒ「ゅ・・・有希ぃ・・・キてぇ・・・・・・♪」

長門「・・・」ボッ――――――


終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「最近ハルヒが可愛くて仕方ない」