キョン「なぁ」古泉「なんですか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:黒潮「…久し振りやな、あんた」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:34:16.12 ID:CZm1cYKs0

キョン「最近どうよ」

古泉「すこぶる快調ですが?」

キョン「ちげーよ。彼女だよ。どうなんだ最近」

古泉「すこぶる順調ですが?」

キョン「……聞いといてなんだがなんか腹立つな」

古泉「そういう事をお聞きになるということはそちらはあまり順調ではないのでしょうか」

キョン「そういうわけじゃないが……」

古泉「僕でよければ相談に乗りますよ」

キョン「悪いな」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:34:56.93 ID:CZm1cYKs0

古泉「それで、どうしたんですか?」

キョン「いやホント喧嘩したとかじゃないんだがな」

古泉「ふむ」

キョン「俺とあいつが付き合い始めてまぁそこそこ経つわけで」

古泉「そうですね」

キョン「……なにかあいつにプレゼントでも贈ろうと思うんだが」

古泉「何を贈ればいいかわからない、と」

キョン「……そういうこと」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:36:02.86 ID:CZm1cYKs0

古泉「ふーむ。して予算はどれぐらいで?」

キョン「んー……せっかくだしちゃんとしたものやりたいし……俺が手の届くレベルだったら多少高くても」

古泉「なるほど」

キョン「つってもなー。何を選んだらいいやら」

古泉「まぁ彼女ならあなたがくれるものならば何でも喜んでくれると思いますが……」

キョン「そういうのが一番困るんだって」

古泉「でしょうね。わかります」

キョン「だからって何がほしい?とか聞くのは情けないし」

古泉「プレゼント選びは悩むことも大切ですからね」

キョン「うーん……。なにかいいのないかね」

古泉「そうですね……でしたらペアリングなどはどうでしょう」

キョン「ペアリングゥ?」

古泉「定番だと思いますよ」

キョン「そういやお前らそんなんつけてたな」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:37:09.77 ID:CZm1cYKs0

キョン「しかしベタすぎやしないか?」

古泉「しかし彼氏から貰って嬉しくない女性もいないかと」

キョン「うーん……。俺はアクセサリーのこととかはよく分からんが、俺にも手が届くものなのか?」

古泉「ええ。大体2、3万と見積もっていれば大丈夫ではないでしょうか」

キョン「3万か……高校生にはちと厳しいが」

古泉「よろしければいいバイトを紹介しますよ」

キョン「そりゃ助かる」

古泉「いえいえ。どうせ買うんでしたらチェーンなどもご一緒に購入されては?学校などでは目立ちますからね」

キョン「お、そうか。首から下げときゃ分からないしな」

古泉「頑張ってくださいね」

キョン「おう。ありがとな」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:37:53.21 ID:CZm1cYKs0

キョン「しっかしお前はそういうのホント得意そうだよな」

古泉「と、いいますと?」

キョン「女の扱い」

古泉「そんなことは……」

キョン「あっちの方も上手いのか?」

古泉「……そういうことはあまり人にお話しすることではないので」

キョン「いいじゃん。たまには猥談でもしようぜ。俺もぶっちゃけるからさ」

古泉「……」

キョン「……ていうかちょっと悩んでんだよ。俺」

古泉「……悩んでる?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:39:40.96 ID:CZm1cYKs0

キョン「その、さ……俺も最近やっと慣れてきたかなとか思ってたんだけど」

古泉「……はぁ」

キョン「お前さ、一回どれぐらい持つ?」

古泉「どれぐらいといいますと」

キョン「時間。あ、入れてからね」

古泉「そんな詳しく計ったことはありませんが……まぁ10分前後といったところですかね」

キョン「……」

古泉「どうかしました?」

キョン「俺長くて5分……」

古泉「……」

キョン「……」

古泉「ま、まぁそういうのは長さの問題ではないと思いますよ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:41:11.69 ID:CZm1cYKs0

キョン「前一回あいつにイったことある?って聞いたんだよ」

古泉「えーと……」

キョン「気持ちいいとは答えてくれたがイったことがあるとは言ってくれなかった……」

古泉「……」

キョン「それで頑張って動いてみたんだけど……そしたら……痛いって」

古泉「その……」

キョン「お前はいいよな……そういうこと言われたりしたことないんだろうな……」

古泉「そ、そんなことありませんよ」

キョン「……ほんとか?」

古泉「僕も……その、前に一回子宮を突くと気持ちいいと聞いたんでやってみようとしたんですが……痛かったと」

キョン「……」

古泉「いや本当ですよ!」

キョン「俺子宮まで届いたことない……」

古泉「……」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:43:08.21 ID:CZm1cYKs0

キョン「大体さ……」

古泉「は、はい」

キョン「もっとなんか失敗談らしいのないわけ?お前」

古泉「えと、その……ちょっと向こうに圧倒されて恥ずかしい思いをしたことなら……」

キョン「言えよ」

古泉「いやそれはちょっと……」

キョン「いえよ!俺だけじゃ不公平だろ!」

古泉「あなたが勝手に言っただけじゃないですか……」

キョン「言うまで帰さんぞ」

古泉「……わかりましたよ。……絶対人に言わないでくださいよ」

キョン「それは俺のセリフだ。それにこんなこと人に言えるわけないだろ」

古泉「絶対ですよ」

キョン「くどい!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:45:26.20 ID:CZm1cYKs0

古泉「その……口でしてもらってた時のことなんですけど」
キョン「ふんふん」

古泉「その……口以外でも色々してくれるわけですよ、彼女。なんといいますか僕の反応を楽しんでいる節がありまして色々いじくってくるといいますが」

キョン「それで」

古泉「それでその……彼女の……。彼女の指が……僕の……後ろに……」

キョン「……おおぅ」

古泉「自分の意思とは無関係に声とあれが出るなんて初めてでしたよ……。それで調子に乗って更に……」

キョン「わかった。もうわかったから」

古泉「ちょっとした恐怖ですよ……」

キョン「……辛いよな。あれ。あひゃあああとか言っちゃうよな」

古泉「まさかあなたも……」

キョン「何も言うな。辛いことを聞いて悪かったな」

古泉「はい……」

キョン「それでお返しは?」

古泉「バッチリと」

キョン「さすがや」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:48:31.78 ID:CZm1cYKs0

古泉「というかたまに女性の方がフェチなんじゃないかって感じることありません?」

キョン「というと?」

古泉「その、僕の彼女はなんというかちょっと匂いフェチというか……やたら嗅いできますね。耳の後ろとか」

キョン「あー。でもそれは割と普通なんじゃないか?好きな匂いってあるだろうし」

古泉「そういうものでしょうか」

キョン「それをいうならあいつの方がおかしいぞ」

古泉「といいますと?」

キョン「あいつ精液の匂いが好きみたいなんだよ」

古泉「……それはそれは」

キョン「でも飲むのは嫌いみたいなんだ」

古泉「まぁ美味しいものではないですからね」

キョン「理不尽だよな」

古泉「理不尽ではないと思いますがそのお気持ちは理解できます」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:50:09.40 ID:CZm1cYKs0

キョン「味というか絡まるらしい」

古泉「僕の彼女もそんなことを言ってましたね。知りたくない知識ではありましたが」

キョン「関係ないけどフェラの後にキスするのってちょっと抵抗ない?」

古泉「僕は出した後でなければそこまで……」

キョン「……一回口移しさせられたよ」

古泉「……なんであんなことするんでしょうね」

キョン「お前もか……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:54:40.95 ID:CZm1cYKs0

古泉「理不尽と言えば……」

キョン「なんだ?」

古泉「たまに恥じらいのポイントが納得いかない時ってありませんか?」

キョン「あー」

古泉「僕の場合、裸を見てもそこまで怒られないんですが……」

キョン「ふんふん」

古泉「脱いだパンツとかを見ると怒られるんです」

キョン「……あー」

古泉「なんというかちょっと納得いかないというか」

キョン「それはお前、あれだ」

古泉「なんです?」

キョン「オリモノとか汚れがついてたら恥ずかしいからじゃないの」

古泉「……」

キョン「……」

古泉「……その発想はありませんでした」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 20:57:50.02 ID:CZm1cYKs0

キョン「まぁ俺もそれで一回酷い目に会ったからな」

古泉「と、いいますと?」

キョン「一回パンツについてるの発見しちまってさ」

古泉「……彼女の名誉のために何が、とは聞かないでおきます」

キョン「まー酷かったね」

古泉「そんなにですか」

キョン「いやなんというか宥めるのに時間かかったわ」

古泉「なんといいますか……お疲れさまです」

キョン「まぁ気持ちは分からんでもないんだがな」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 21:01:44.24 ID:CZm1cYKs0

キョン「お前ってちゃんとつけてる?」

古泉「……まぁマナーですから」

キョン「ホントに?」

古泉「……」

キョン「わかる。わかるよ。しかたないって。俺ら若いんだし」

古泉「いや毎回じゃないですよ。たまにですよたまに」

キョン「わかってるわかってる」

古泉「普段はちゃんとしてるんです。……最後だけみたいな時もありますけど」

キョン「仕方ない仕方ない」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 21:04:33.49 ID:CZm1cYKs0

キョン「……なぁ」

古泉「はい?」

キョン「ビデオって撮ったことある?」

古泉「それは、えーと……いわゆる」

キョン「ハメ撮り」

古泉「えーと……」

キョン「いや正直に言ってみって。引かないから」

古泉「……記録を残すのは好きなので」

キョン「うわ……」

古泉「ちょっと」

キョン「冗談だよ。……でもそっか。あるのか……」

古泉「……それが何か?」

キョン「いやーそのな、あいつそういうの嫌がるからさ……」

古泉「お願いして断られたと」

キョン「そういうこと」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 21:07:31.24 ID:CZm1cYKs0

キョン「お前どうやってお願いしてんの?」

古泉「一度こなしてしまえば抵抗感はだいぶ拭えてしまうものですよ」

キョン「うわ……」

古泉「……もう話しません」

キョン「ウソウソ、ジョーダンだって」

古泉「……」

キョン「でもさ、やっぱそれでも最初は抵抗感あったわけだろ。それはどうしたわけ?」

古泉「それはまぁ……」

キョン「さっきのは謝るからさ、教えてくんねーか」

古泉「うーん……」

キョン「頼むよ、な」

古泉「なんでそんなに必死なんですか……分かりましたよ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 21:13:40.63 ID:CZm1cYKs0

古泉「あくまで僕の場合なんで……参考になるかはわかりませんが」
キョン「いい、いい。それでいい。教えてくれ」

古泉「まぁ、僕は写真を撮るのが結構好きでして。いいカメラとかがあるとたまに買ってしまうんですよ」

キョン「ほう。それで?」

古泉「その日も僕の新しいカメラをお披露目してて、色々パシャパシャ撮っていたわけです」

キョン「ほうほう」

古泉「まぁそれで、当然ながら被写体は彼女になるわけですよね」

キョン「まぁそうだな。自画撮りなんて痛いことにならなければ」

古泉「それで、なんというますか……撮っている間に興が乗ってしまいまして。色々なポーズをお願いしたりするようになりまして」

キョン「あー」

古泉「彼女も最初は恥ずかしがっていたみたいですが途中からは乗ってきてくれたみたいで。それがエスカレートしていって自然に……という感じでしょうか」

キョン「なるほどねぇ。まずはカメラを買わなきゃだな……」

古泉「持ってなかったんですか……といいますかそれでどうやって」

キョン「携帯」

古泉「ああ……でもそれじゃすぐ一杯になってしまいますよ」

キョン「マジか」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 21:17:48.71 ID:CZm1cYKs0

キョン「でもさー。そういうデータあると怖くないか。流出とか」

古泉「セキュリティは万全ですから」

キョン「お前の場合本当に万全そうで怖いな……」

古泉「自信ありです」

キョン「ちょっと見せ……」

古泉「……」

キョン「じょ、冗談だよ……。そんなこえー顔すんなよ……」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 21:23:08.95 ID:CZm1cYKs0

キョン「お前らってさ、ケンカとかしないの?」

古泉「しますよ」

キョン「ほぉ。少し意外かな」

古泉「人間ですからね。意見が対立する時もあります」

キョン「ちょっと想像できんな。どうなるんだ?」

古泉「スネられます」

キョン「は?」

古泉「そして地味な嫌がらせが始まります」

キョン「たとえば?」

古泉「この前なんか僕の着信音勝手にアニメソングに変えてわざと人ごみの中で電話かけてきたりするんです」

キョン「……地味にキツイな」

古泉「周りの視線が痛かったです」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 21:31:48.12 ID:CZm1cYKs0

古泉「あなたはどうなんですか?」

キョン「そりゃするさ。まぁ謝って終わるけど」

古泉「あなたがですか?」

キョン「……まぁ」

古泉「最近ではどんなことでケンカになったんですか?」

キョン「いやーその……」

古泉「今日はぶっちゃけトークなんですよね?」

キョン「……わーったよ。その……あいつといたしてた時なんだけどさ」

古泉「はい」

キョン「そん時俺ちょっと疲れててさ……。一旦動くの休憩してたんだけど」

古泉「ふむふむ」

キョン「……そのまま寝落ちしちゃって」

古泉「……」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 21:39:18.70 ID:CZm1cYKs0

キョン「まー気づいたら大激怒ですよ」

古泉「……」

キョン「まーそりゃやってる最中寝られたらキレるわな。なははは」

古泉「……」

キョン「……わかってるよ。完璧に俺が悪いよ。そんな目見んな」

古泉「いやその、仕方ないんじゃないでしょうか……」

キョン「ん?」

古泉「人にはほら、事情ってものがありますし……。故意にしたことでもないんですから……。うん、仕方ないですよ」

キョン「古泉お前……」

古泉「……」

キョン「……最低同士、仲良くやろうや」

古泉「……ホント仕事忙しくて……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 21:46:56.19 ID:CZm1cYKs0

キョン「大変だったろそれじゃ」

古泉「それが……」

キョン「ん?」

古泉「起きたら……疲れてたんだね。無理させてごめんねって抱きしめられて……」

キョン「……」

古泉「このまま寝ちゃおうかって言われて……頭なんて撫でられてしまって……」

キョン「なにその聖母」

古泉「まだ怒ってもらった方がよかったですよ……。罪悪感でも人は死ねるんだと知りました」

キョン「……まぁそっか……」

古泉「その日は休みだったんでメチャクチャ頑張りました」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 22:08:47.78 ID:CZm1cYKs0

キョン「寝起きといえばさ」

古泉「はい」

キョン「相手のオナニーって見たことある?」

古泉「寝起き関係なくないですか」

キョン「いやさ……泊りがけで遊びに行った時なんだけどさ」

古泉「はい」

キョン「午前中遊び疲れたみたいで宿についた途端あいつ寝ちゃってさ。仕方ないから先に風呂入って戻ってきたんだけど」

古泉「ふむ」

キョン「寝てると思ったからノックしないで入ったら布団被ってて。それで具合悪いのかって聞いたらなんかトゲトゲしい対応されてさ」

古泉「あー……」

キョン「とりあえず風呂いってきたらどうだって言ったらモソモソと部屋出てって……」

古泉「布団からこもった匂いがしたと」

キョン「……俺は今でもなぜもう少し早く風呂から上がれず、もう少し慎重に部屋に入ることができなかったのかと今でも悔やんでいる」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 22:14:46.04 ID:CZm1cYKs0

キョン「で、お前はどうなの?」

古泉「……まぁ」

キョン「……いいなぁ」

古泉「しみじみ言わないでくださいよ……」

キョン「どういう状況だったんだ?」

古泉「僕は……まぁ学生の身分ではありますが一人暮らしをさせていただいてまして」

キョン「ああそうだったな」

古泉「彼女に合鍵も渡しているんで……たまたま家にもどったら……」

キョン「……詳しく聞いていいか?」

古泉「……えー」

キョン「頼むっ!」

古泉「だからなんでそんな必死なんですか……わかりましたよ」

72 名前:書き溜めが切れた[] 投稿日:2012/02/21(火) 22:22:09.56 ID:CZm1cYKs0

古泉「まぁ……靴があったからああ来てるのかってぐらいしか思ってなかったんですが」

キョン「ふんふん」

古泉「ちょっと驚かしてみようと思ってこっそり部屋に入ることにしたんです。そしたら彼女が部屋で寝転んでいて」

キョン「それでそれで」

古泉「寝ちゃってるのかなぁっと思って近づこうとしたらなにやらもぞもぞしてるわけです」

キョン「ほう!」

古泉「それで僕も動きが止まってしまって……」

キョン「動向を見守ることにしたわけだ」

古泉「……まぁ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 22:36:15.04 ID:CZm1cYKs0

古泉「なんといいますか……彼女は下半身をこちらに向けた状態だったので僕に気づいてないみたいでした」

キョン「集中してたのかもな」

古泉「僕も見てはいけないとは思ったのですが……足が動かなくて」

キョン「誰もお前を責められやしないさ。それで?」

古泉「その、さっきも言いました通り彼女は少し匂いフェチなところがあるようでして。僕のシャツに顔を埋めてしてました」

キョン「なるほど。もっと詳しく」

古泉「ため息のような声を漏らしている彼女が新鮮でした」

キョン「ほほう」

古泉「それで彼女の腰が浮いてプルプルと震えていたかと思うとダランと力を抜いて寝転びました」

キョン「終わったのか……」

古泉「僕がどうしたものか迷っていると彼女はすっきりとした顔で起き上がりました。そして目が合いました」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 22:41:20.75 ID:CZm1cYKs0

古泉「初めてでしたね。あれだけ狼狽した彼女を見たのは」

キョン「そりゃあなぁ」

古泉「終いにはちょっと痒かっただけなんて小さな子供みたいな言い訳まで始めてしまって」

キョン「へぇ」

古泉「僕も動転していたせいで自慰なんて誰でもすることですよなんて口走ってしまって」

キョン「そりゃアカンわ」

古泉「初めてでしたね。彼女のあんな奇声を聞いたのは」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 22:52:10.07 ID:CZm1cYKs0

キョン「どうやって宥めたんだよ」

古泉「そのままベッドに雪崩れ込んで……」

キョン「……鬼畜ぅ」

古泉「いや仕方なかったんですよ。クッションに顔埋めてバタバタしてるもんで会話ができなかったんですから」

キョン「そんなに?」

古泉「声なんて外に聞こえるぐらいですよ」

キョン「おー……」

古泉「もうそれしか手がなくて」

キョン「まぁ、なんだ……大変だったな」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 23:03:31.50 ID:CZm1cYKs0

キョン「まぁ、なんだ。やってる時はいいけど終わった後の始末とかはちょっと面倒だよな。特に自分のとかさ」

古泉「え?自分でやってるんですか?」

キョン「は?」

古泉「え?」

キョン「……お前まさかやってもらってるの?お掃除的な?」

古泉「いえその……自然とやってくれるもんで……」

キョン「まぁ俺も頼んでたまにやってもらうけど……すげーなお前」

古泉「い、いやさすがに後ろとか使った時は自分でしますよ」

キョン「……後ろまで調教済みとか……。お前のことちょっと尊敬してしまいそうだわ」

古泉「え、あ、うー……」

キョン「いや悪いことじゃないと思うよ。ちょっと驚いたけど」

古泉「……」

キョン「……今度どうやるか教えてくんない?」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 23:13:21.72 ID:CZm1cYKs0

キョン「話は変わるんだけどよ」
古泉「なんですか?」

キョン「毛が絡まる時ってない?」

古泉「あー」

キョン「あれ男だけだよな多分」

古泉「そうでしょうね」

キョン「不公平じゃね」

古泉「まぁ構造的に」

キョン「地味に痛いんだよなあれ。もし女もそうだったらどうなるんだろう」

古泉「まぁ僕の彼女は無縁でしょうね」

キョン「え、なんで」

古泉「あ……」

キョン「なんで」

古泉「えーと……」

キョン「……もしかして生えてないの?」

古泉「……」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 23:22:28.75 ID:CZm1cYKs0

キョン「うわ、ちょっと意外だわ」
古泉「……」
キョン「……つるつるってどんな感じ?」
古泉「……ノーコメントで」

キョン「なんだよいいじゃん」

古泉「本人気にしてるみたいなんですよ」

キョン「あー、まぁそっか」

古泉「……」

キョン「しかしそっか……生えてないのか……」

古泉「ちょっと何想像してるんですか」

キョン「そ、想像ぐらいいいじゃねーか……」

古泉「許可できませんね」

キョン「……お、そうこうしてる内に迎えが来たな」

佐々木「やぁ。随分盛り上がっていたね。何の話をしていたんだい?」

キョン「いやなに。下らん話だ。な?」

古泉「え、ええ」

佐々木「ふぅん。ま、いいさ。男の子同士の話もあるだろうしね。それじゃ帰ろうか」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 23:30:09.56 ID:CZm1cYKs0

ギュッ
古泉「ええ。それじゃお先に失礼しますね」

キョン「おうおうお熱いこって。またな。……あ、そうだ古泉」

古泉「はい?」

キョン「ケガ無くて良かったな」

佐々木「何かあったのかい?」

キョン「いや何もないさ。今日もケガなくすんでよかったってだけさ。傷一つなくつるつるだよ」

古泉「ちょ」

佐々木「……とりあえず帰ろうか。話はゆっくり聞くから。ゆっくり」

キョン「そんじゃな」

古泉「……恨みますよ」

佐々木「早くくる!」ぐいっ

古泉「あたたた……」



キョン「ざまぁ。たっぷり絞られちまえ」

キョン「さて、俺もハルヒのとこ行って帰るかね」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 23:32:17.64 ID:CZm1cYKs0

終わり。

この前みた佐々木と古泉のSSが可愛かったから書き始めた。
名前は伏せとこうかと思ったけどせっかくだし出してしまおうと思った。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「和光市………だっけ?」【東上線・西武線方面 ローカルネタ】