長門「最近胸やお尻が大きくなってきた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「俺。未来から来たって言ったら笑う?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/21(火) 05:03:48.64 ID:2WQPvwWn0

キョン「本当なのか?」

長門「そう、涼宮ハルヒが原因だと予想される」

キョン「ハルヒがそれを望んでいるということか」

長門「それはわからない、涼宮ハルヒの願望が間接的に反映されているだけかもしれない」

キョン「ということは、問題は別の形で起こってる可能性もあるわけか」

長門「そう」

キョン「・・・なぁ、その胸の事なんだが」

長門「何?」

キョン「そのまま胸が大きくなって女になったりするのか?」

長門「その可能性は非常に高い、確認してみる必要がある」

キョン「そうだな、国木田の様子を見に行ってみるか」

長門「わかった」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 05:12:42.01 ID:2WQPvwWn0

キョン「ん、どうして国木田のまわりに人が集まってるんだ?」

男子1「なぁ、今度の日曜日一緒にあそばねーか?」

男子2「国木田、放課後暇か?」

国木田「いや・・・その・・・」

キョン「国木田、どうしたんだ?」

国木田「あっ・・・キョン!」

キョン「よう、国木田」

国木田「僕、キョンと約束してたんだよ、だから放課後も今度の日曜日も行けないよ、ごめんね」

男子1「なんだよ、またこいつか」

男子2「あーあつまんねーな」

キョン「何があったんだ?」

国木田「わかんない、なんか最近男子達が話しかけてくるんだよ、他のクラスからも来る人もいるし」

キョン(胸がふくらんでるのは今の状態からはわからんが、なんか全体的にふっくらというか、軟らかくなってる感じはするな」

国木田「ごめんね、断るのにキョンを利用してさ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 05:17:41.15 ID:2WQPvwWn0

キョン「・・・それじゃ今度の日曜日、どこに行く?」

国木田「え・・・いや、それは断るための嘘であって」

キョン「俺と一緒に日曜日を過ごすのは嫌か?」

国木田「嫌じゃないけど・・・」

キョン「なら決まりだな」

国木田「うん・・・嫌っていうか、なんかちょっと嬉しいかな」

キョン「え?」

国木田「いや変な意味じゃないよ!」

キョン「そ・・・そうか」

国木田(なんで僕ドキドキしてるんだろう・・・)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 05:28:46.08 ID:2WQPvwWn0

谷口「ん、国木田、今日の体育見学か?」

国木田「うん、ちょっと体調が悪くてさ」

キョン(体操服になると大きくなった胸や尻が目立つからか)

谷口「なんだお前生理なんじゃないのか?」

国木田「えっ・・・へっ変なこと言わないでよ!」

谷口「そんなに怒るなよ、冗談だろ冗談」

国木田「もう・・・」

キョン(生理か・・・そこまで女体かが進んでいる可能性もあるな)

国木田「・・・」

谷口「最近国木田って、キョンを恋する乙女の目で見つめてるときあるよね」

キョン(何!?)

国木田「谷口!!」

谷口「冗談だって冗談・・・なんだよ国木田、最近怒りっぽいよな」

キョン(確かに最近国木田から視線を感じるな)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 05:38:19.49 ID:2WQPvwWn0

長門「スイッチ・・・私のお腹にスイッチがることに初めて気がついて」

長門「押してみよう・・・」

長門は爆発した





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの執事