キョン「付き合うなら絶対処女がいいよな」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「録画してたヱヴァ破でも観よっと」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 04:36:45.57 ID:NXPPbcxD0

谷口「でも処女は面倒だよな」

キョン「お前が言うと説得力がないぞ」

谷口「ははは、でもこういうセリフは一度は言ってみたいよな」

キョン「でも処女がいいよ、他人の物になった中古はいらん」

国木田「好きになった人なら何でもいいんじゃないかな」

谷口「でもその人が非処女より処女だった方が良いとは思うだろ?」

国木田「たしかにそうだけど・・・やっぱり処女がいいのかなぁ」

ハルヒ「・・・」

キョン「なんだハルヒ、お前にしてはやけに大人しいじゃないか」

ハルヒ「キョン、あのね・・・ちょっと後で話があるんだけど」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/16(木) 04:43:05.02 ID:NXPPbcxD0

放課後部室

キョン「どうしたんだ?」

ハルヒ「あのね、私・・・中学生のころ大学生の彼氏がいたの」

キョン「え?」

ハルヒ「中学生が年上の人に憧れるってよくあるじゃない?それで・・・」

キョン「そっ・・・そうか」

ハルヒ「それでね・・・私、処女じゃないのよ」

キョン「お・・・おう・・・」

ハルヒ「でもその人だけよ!その人意外とは経験ないのよ!本当に好きだったし」

キョン「それはお前の事であって俺にいう必要ないだろ・・・ははは・・・はは」

ハルヒ「さっきキョンが処女がいいって言ってたから・・・」

キョン「付き合うなら処女がいいって言ったんだよ、お前が処女じゃなくても別におれは構わんぞ」

ハルヒ「・・・そう・・・そうよね、別に私とキョンが付き合ってるわけじゃないのにね・・・はは・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/16(木) 04:47:16.84 ID:NXPPbcxD0

キョン「ハルヒが処女じゃなかったなんて・・・」

みくる「キョンくん、どうしたんですか?」

キョン「ああ、ちょっといろいろありまして・・・」

みくる「悩み事?相談なら乗りますよ?」

キョン「別に相談なんて・・・いえ、やっぱり聞いてください」

みくる「はい」

キョン「ハルヒの奴が処女じゃなかったんですよ」

みくる「そうなんですか、それで?」

キョン「え?処女じゃなかったんですよ?」

みくる「はぁ・・・高校生で経験するなんて今時珍しくないんじゃないですか?」

キョン「ハルヒが経験したのは中学の時だったんですよ」

みくる「中学の時ですか、私が経験したのもそれくらいだったですよ」

キョン「え・・・朝比奈さんも処女じゃないんですか?」

みくる「はぁ・・・そうですけど」

キョン(朝比奈さんが処女じゃなかったなんて・・・)


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/16(木) 04:56:54.92 ID:NXPPbcxD0

キョン「SOS団ってビッチばっかりだったんだな・・・まてよ、三年前に生まれた長門なら!」



長門「まず統合思念体は涼宮ハルヒと同じ主である人間の情報を集める事を目的とした」

キョン「えーっと、それはつまり」

長門「人間の生態の学習や遺伝情報などのサンプル採取、それを私が行った」

キョン「サンプル採取って・・・」

長門「人間の皮膚や毛髪や精液など」

キョン「精液?」

長門「それは人間の雄との生殖行動の学習も兼ねて行われた」

キョン「男とセックスしたってことか!?」

長門「そう、回数は93回、人数は53回、年齢や人種は数多くの情報を集めるためにさまざまなパターンを選び出し行われた」

キョン「こ・・・黒人とも?」

長門「ネグロイドは5人そのうち2人とは同時に行った」

キョン(長門が処女じゃないだけじゃなくて、黒人との3Rセックスも経験してたとは・・・)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 05:00:47.79 ID:NXPPbcxD0

3R?・・・





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン・ハルヒ「「ペルソナ!」」