灰原哀「このロリコン」夜神月「……!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「古泉にレイプされた…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 21:38:56.48 ID:95o4ZXd40

某日、朝。気晴らしの散歩中。
視界は登校中の小学生達を捉える。

変わらない光景。つまらない日常。
でも、彼女の存在だけは違って見えた。

僕は確信する。彼女のことが好きだと。
彼女こそが――新世界の『女神』だと。

リュ「何ボソボソ言ってんだ、ライト?」

月「ああ……あれを見てくれ、リューク」

リュ「ん? あのガキ達がどうかしたか?」

月「中に、茶髪の女の子がいるだろう?」

リュ「茶髪……? ああ、確かにいるが」

月「早い話、僕はあの子に恋をした」

リュ「……!」

リュ「……おいおい。らしくねぇじゃねーか」

リュ「新世界の神が……恋に落ちるなんてよ」

月「だから言ったろ――『女神』を見つけたって」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 21:41:27.14 ID:95o4ZXd40

リュ「……それで、お前はどうするつもりだ?」

月「もちろん、彼女にアプローチを仕掛けるつもりさ」

リュ「つまり……新世界の神は諦めるってことか?」

月「まさか。アダムとイヴ。2人で世界を創造するのさ」

リュ「そうか……まぁオモシロければ何でもいいが」

月「ところでリューク。最近はリンゴにご無沙汰だろ?」

リュ「そーいやしばらく食ってねーな。くれるのか?」

月「ああ……僕の言うとおりに動いてくれたらな」

リュ「ふっ。オレとお前の仲だ。お安い御用だぜ」

月「よし。じゃあ今から彼女を盗聴してきてくれ」

リュ「……盗聴? 会話を聞いてくるのか?」

月「そうだ。できる限り情報を集めてきて欲しい」

月「その“見えない体”を利用して、な」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 21:43:10.27 ID:95o4ZXd40

◆登校中://某所◆

歩美「じゃあコナン君の好きな食べ物って?」

コナン「オレは……肉じゃがとかかな……」

歩美「へぇ〜、そうなんだ〜///」

コナン「元太はどうなんだよ? やっぱりうな重か?」

元太「オレ……実はうな重……嫌いなんだ……」

歩美「えええええ!? そうだったのぉ!?」

光彦「元太君からうな重を引いたら何が残るんですか!」

元太「ああ? 何だと光彦!? やんのかコラッ!?」

コナン「おいお前ら。喧嘩はやめろって」

灰原「ねぇ……江戸川君……ちょっといい?」

コナン「ん? どうした灰原?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 21:45:50.46 ID:95o4ZXd40

灰原「誰かに付けられてる気がしない?」

コナン「はぁ? 付けられてるだぁ?」

灰原「ええ。さっきから、妙な気配を感じるの」

コナン「妙な気配……ねぇ……」

コナン(やはり灰原も感じていたか……)

コナン(だが、コイツをこれ以上、心配させるわけには……)

コナン「……なぁお前……ちゃんと睡眠とれてるか?」

灰原「え……?」

コナン「疲れて神経質になってるだけだろ?」

灰原「で、でも……もし正体がバレてたら……」

コナン「だったらジンやウォッカが接触してくるはずだ」

コナン「ところが現に何もない。バレてない証拠さ」

灰原「だと……いいけど……」

コナン「心配すんなって。それに――」

コナン「いざという時は、オレが助けてやっからよ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 21:48:40.42 ID:95o4ZXd40

◆同刻://少し離れた場所◆

リュ「――だそうだ」

月「なるほど、苗字は“灰原”というのか……」

リュ「それにどうやら訳アリみたいだぜ」

月「確かに……“正体”ってのが気になるな」

リュ「気になるといえば、隣にいた奴もそうだ」

月「“江戸川”……だっけか」

リュ「ああ、恐らく名前は“コナン”――ブッ」

月「……おい、今、何で笑ったんだ?」

リュ「あ、ああ。すまん……つい……」

月「つい、じゃない。何故笑ったか聞いてるんだ」

リュ「次から気をつける。許してくれ」

月「超えちゃいけないライン、考えろよ」

リュ「……ああ、悪かった(……コンプレックスか)」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 21:51:05.02 ID:95o4ZXd40

月「とにかく、コナンは“渾名”ということで話を進める」

リュ(まぁ、どっちでもいいけど……)

リュ(でも渾名ってのは強ち間違いじゃなさそうだ)

リュ(どういうワケか、あの2人だけは――)

リュ(“名前”と“寿命”が見えなかった)

リュ(奴らはもう人間じゃないのか……?)

リュ(それとも神を冒涜する何かをしたのか……?)

リュ(どちらにせよ、“正体”とやらに関係ありそうだ)

月「ん? どうしたリューク?」

リュ「……いや、なんでもない」

月「そうか。じゃあ帰るぞ」

リュ「え? もう彼女を追わなくていいのか?」

月「バカ。校内にまで入ったら、ただの変態だろう」

リュ「……確かに。学校名を知れただけで十分か」

月「ああ。帝丹小学校だ……よく覚えとけよ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 21:53:36.29 ID:95o4ZXd40

◆8時30分://夜神家◆

月「ただいま、母さん」

幸子「あら、ライト。おかえり」

月「今日はパートあるんじゃないの?」

幸子「今から行くところよ。そっちは学校いいの?」

月「創立記念日だって昨日も言ったじゃないか」

幸子「ああ、そうだったわね。最近忘れっぽくてやだわ」

月「ハハッ。じゃあ、いってらっしゃい、母さん」

幸子「いってきま――あ、ライト。粧裕をよろしくね」

月「粧裕? 学校に行ったんじゃないの?」

幸子「何か微熱があるみたいで、学校休ませたのよ」

月「微熱? わ、分かった。後で様子を見に行くよ」

幸子「ええ、お願いね。じゃあいってきます」

月「ああ、いってらっしゃい」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 21:55:32.55 ID:95o4ZXd40

◆同刻://夜神家/ライトの部屋◆

『バサッ』

月「……ふぅ……」

ベッドで仰向けになるライト。
今朝の運命的出会いを振り返る。

月(僕は彼女に恋をした……)

月(でも彼女はまだ、僕を知らない)

なんとも一方通行な出会い。
でも道は通じてる。前進は可能だ。

月「ジンに、ウォッカ……か……」

リュ「そういえば話題に上がってたな」

月「会話から察するに――」

月「彼女は何らかの理由でその2人に追われている」

リュ「でもジンとかって確か、人間界の酒じゃなかったか?」

月「ああ、その通りだよ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 21:58:41.70 ID:95o4ZXd40

月「彼女らが勝手にそう呼んでるだけか――」

月「それとも、本当にそんなコードネームなのか――」

月「最悪、“追われてること自体”、妄想かもしれない」

リュ「ま、普通の小学生ならその線が妥当だろうよ」

月「だが、小学生の会話に聞こえなかったのも事実だ」

リュ「それはオレも思った。アイツらレベル高すぎだぜ」

月「どちらにせよ、調べてみる価値はありそうだな」

リュ「ジンとウォッカについてか?」

月「ああ。もちろん彼女についても、な」

月「……さて、パソコンを起動させよう」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:01:34.43 ID:95o4ZXd40

Google「ジン ウォッカ 詳細」

月「……検索っと」

『カチカチッ』

月「……」

Google「灰原 帝丹小学校」

『カチカチッ』

月「……」

リュ「目ぼしい情報はなし……か」

月「だな……まぁ端から期待していないが」

月「一応、あのガキのことも調べてみるか」

Google「江戸川 コナン」

『カチカチッ』


≪江戸川コナン君、怪盗キッドから宝石を守る!≫


月「あん?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:04:38.55 ID:95o4ZXd40

リュ「なんかヒットしたな。怪盗キッドって誰だ?」

月「ただのコソ泥だよ。狙うものは宝石ばかり」

月「それも犯行予告なんてしやがるオールドタイプさ」

リュ「つまり犯罪者ってことか。ノートで殺さないのかよ?」

月「バカ。顔と名前が分かってたらとっくに裁いてる」

リュ「クックック。だよな。やっぱりライトはライトだ」

月「まぁ今は“コナン”についてだ。ちょっと記事を読ませてくれ」


≪殊勲のコナン君について、眠りの小五郎こと毛利探偵は≫

≪いやぁ〜、私の教育の賜物ですかね、グハハハハ≫

≪とコメントしており、かなり上機嫌な様子が伺えた≫


月(毛利小五郎だと……?)

月(“江戸川コナン”と、あの名探偵に繋がりがあるのか?)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:07:23.89 ID:95o4ZXd40

リュ「……結局、肝心の彼女については収穫ゼロか」

月「ああ。せめて名前くらいは知りたかったよ」

月「といっても、今から強引に調べてくるけどな」

リュ「強引? まさかお前、ハッキングするつもりか?」

月「ふふっ、その通りだよ」

リュ(マジかよ……たかが名前のために……)

月「今から、帝丹小学校のWEBサーバに侵入してくる」

月「学内のLANを駆け回れば、名簿くらい見つかるだろ」

リュ「……まぁ好きにしてくれ……オレは知らん」

月「ふふっ。リュークが思っているほど難しくないよ」

月「ウォーミングアップがてらに奪ってくるさ」

リュ(……ウォーミングアップ?)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:11:14.66 ID:95o4ZXd40

◆その頃://帝丹小学校/コンピュータルーム◆

小林先生「はい、みんな。パソコンは起動できたかな?」

小林「出来てない人は手を挙げて先生を呼んでね」

\はぁ〜い/\はぁ〜い/\はぁ〜い/

コナン「……最近は1年から情報の授業やるんだな」

灰原「良くも悪くも、時代の流れね」

コナン「ったく。ガキにネットを使わすとロクなことねーってのに」

灰原「それには同感だわ――って、どうしたの?」

コナン「この学校のコンピュータ、全部LANで繋がってやがる……」

コナン「校長のPCからWEBサーバ、職員のPCにファイルサーバまで……」

灰原「ふふっ、外部からハックされたら芋づる式ですっぱ抜かれるわね」

コナン「ああ。個人情報だだ漏れだ。大丈夫かよこの学校」

コナン「まぁ、オレ達には関係な――ん?」

コナン(妙だな……セキュリティソフトがフリーズしてる……)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:13:45.68 ID:95o4ZXd40

◆その頃://夜神家/ライトの部屋◆

『カタカタ……ッターン!』

月「よし。侵入成功っと」

リュ「随分とチョロイもんだな」

月「ああ。それに校長のPCまで見れるぞ」

リュ「でも欲しいのは名簿だけだろ」

月「まあな。でも一応貰えるだけ貰っとくよ」

≪コピー中  62%  残り50秒≫

≪コピー中  71%  残り40秒≫

≪コピー中  79%  残り30秒≫

『ピピッ』

月「!!」

リュ「ん? おいライト。なんか鳴ったぞ?」

月「ちっ……どうやら反撃されたみたいだ」

月「応戦しないとマズい」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:16:56.95 ID:95o4ZXd40

◆その頃://帝丹小学校/コンピュータルーム◆

『カタカタカタッ』

コナン「くっ、罠か! 気づかれちまった!」

灰原「ねぇ工藤君。さっきからどうしたのよ?」

コナン「説明は後だ! 奴を取り逃がしちまう!」

灰原「え? 本当に誰か侵入してきたの?」

コナン「ああ……奴らの可能性だってある!」

コナン「絶対に……逃してたまるかよ!」


◆その頃://夜神家/ライトの部屋◆

『カタカタカタッ』

月「くそっ、なんて素早い奴だ!」

リュ「クックック。なんか急に忙しくなったな」

月「静かにしてろリューク! 気が散るだろ!」

≪コピー中  100%  残り0秒≫

月「よし終わったか! このまま振り切るぞ!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:20:21.43 ID:95o4ZXd40

◆その頃://帝丹小学校/コンピュータルーム◆

『カタカタカタ……』

コナン「くっ……逃げられたか」

灰原「もしかして、負けちゃった?」

コナン「バーロー。相手は逃走経路まで用意してたんだ」

コナン「圧倒的にこちらの準備不足。実力の差じゃねーよ」

灰原「はいはい。でも、相手が誰か気になるわね」

コナン「ああ。オレ達を狙ってか、それともこの学校を狙ってか……」

コナン「まあ行動ログは取れたんだ。何かが分かるかもしれねぇ」

灰原「あら、凄いじゃない」

コナン「相手にとっても、オレの存在は想定外だったんだろう」

コナン「といってもデータは盗まれたし、IPは抜けなかったけどな」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:22:57.54 ID:95o4ZXd40

灰原「それで、盗まれたデータは何だったの?」

コナン「生徒名簿と時間割、あと校長のPCのデータだ」

灰原「じゃあ本命は、校長のデータかしら?」

コナン「断定はできないが、その可能性は高いだろうな」


小林「こーら、2人とも。さっきから何話してるの?」


コナン「あ、ごめんなさい……えへへ」

コナン(後で校長のデータを見てみよう)

コナン(もしかしたら、何か分かるかもしれねぇ)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:26:28.86 ID:95o4ZXd40

◆その頃://夜神家/ライトの部屋◆

リュ「結局、ライトが勝ったのか?」

月「ああ。ログを消し損ねたのが不満だが」

リュ「お前が失敗するなんて、相手はすげー奴だな」

月「ふん……別に大したミスでもない……」

リュ「で、彼女の名前は何だったんだ?」

月「“灰原哀”……帝丹小学校1年B組の生徒だ」

月「ちなみに“江戸川コナン”も同じクラスだったよ」

リュ「そうか……ん? 時間割まで取ってきたのか?」

月「ああ。体育の時間に、彼女を見に行こうと思ってな」

リュ(そんな理由で盗んだのかよ……変態だ……)

月「だが思わぬ収穫があった。見てくれリューク」

リュ「ん? 何だよ収穫って?」

月「今日のこの時間帯、1年B組は情報の授業の最中だ」

リュ「それがどうかしたのか?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:29:26.44 ID:95o4ZXd40

月「使用教室が“コンピュータルーム”になってるだろ?」

月「そして帝丹小学校のPCは全て、一つのネットワークに繋がっていた」

リュ「なるほど。そういうことか」

リュ「お前が戦っていたのは“灰原哀”か“江戸川コナン”かもしれないと」

月「ああ。もちろん推測の域を出ないが、十分にありえる事実さ」

リュ「クックック。それが本当なら、オモシロッ、だな」

月「……さて、無事にウォーミングアップも終わったことだ」

リュ「そういえば、何に対するウォーミングアップだったんだよ?」

月「警視庁へのハッキングさ。“ジンやウォッカ”について調べるためのな」

リュ「……なるほど。学校へのハックは、その準備体操だったってワケだ」

月「その通り。まぁ、あそこまでハードになるとは思ってもなかったが」

リュ「それで、今すぐやるのか?」

月「いや、まずは警察官である父さんのPCに侵入する」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:33:51.88 ID:95o4ZXd40

『カタカタ――ッターン!』

月「よしっ、侵入成功」

月「チョコレートより甘いセキュリティーだ」

リュ「流石ライト。それで、どうするんだ?」

月「父さん個人がつけてる犯罪記録がある」

月「まずはそれを洗ってみよう」

『カタカタ……』

【検索ワード】 : ジン or ウォッカ
【オプション】 : 上記文字列をテキストに含むファイル

『カタカタ……』

【検索ワード】 : コードネーム and 酒
【オプション】 : 上記文字列をテキストに含むファイル

月「……ん?」

リュ「どうした、ライト?」

月「1件だけ、こんなファイルが見つかった」


【謎の巨大組織に関する備忘録】

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:36:19.04 ID:95o4ZXd40

**************************

この事件に関して、日本警察は驚くほどに消極的だ。

謎の巨大組織は確かに存在する。
にも関わらず、情報があまりにも少なすぎるのだ。

既知の事実といえばせいぜい

コードネームに酒が用いられてること。

それくらいである。
ふざけてるとしか思えない。

警視庁の上層部が、
情報を隠蔽しているのだろうか。

キラ事件が解決した暁には、
今一度、この問題に向きあおうと思う。


20××年×月×日

**************************

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:38:30.98 ID:95o4ZXd40

月「なん……だと……?」

リュ「……おいおい……いきなり当たりじゃねーか」

月「……いや、当たりと決め付けるのは早計だが……」

リュ「でもよ、有力候補には変わりないだろ?」

月「ああ……その通りだ……しかし巨大組織とは……」

リュ「警視庁へのハックはどうするんだ?」

月「もちろん中止だ……警視庁自体、敵かもしれん」

リュ「……だよな。無駄にハイリスクなだけだ」

月「こうなった以上……アプローチを変えた方がいいだろう」

リュ「アプローチを変える?」

月「ああ。夕方になってから、毛利探偵事務所に向かう」

リュ「ん? なんでそんなところにいくんだ?」

月「バカ。探偵なら何か知ってるかもしれないだろ?」

月(それに名簿によれば、“コナン”はそこに住んでいる)

月(行くだけの価値は十分にあるだろう)

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:42:30.46 ID:95o4ZXd40

◆その頃://帝丹小学校/コンピュータルーム◆

『カタカタッ……』

灰原「ちょっと、さっきから何してるのよ?」

コナン「奴が盗んでいった校長のデータを見てるんだ」

灰原「え? あなたもハッキングしたの?」

コナン「ああ。何か奴について、分かるかもしれねーからな」

灰原「そう……それで、何か分かった?」

コナン「いや、それはまだ――ん?」

コナン「!!!!!!!!!!!!!!!」

灰原「どうしたの?」

コナン「そんな……バカ……な……!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:44:53.06 ID:95o4ZXd40

コナン「……灰原、外に出るぞ」

灰原「え?」

コナン「あくまで自然にだ。疑われるなよ」

小林「2人ともどこに行くの? まだ授業中よ?」

コナン「灰原さんが、頭が痛いからお家に帰りたいって」

小林「え、ほんと? 灰原さん大丈夫?」

灰原「三」ブンブン...

小林「それは辛いわね。分かった。とりあえず保健室に――」

コナン「僕が家まで送って行くよ。すぐ帰りたいみたいだし」

小林「ダメよ。あなたには授業があるじゃない」

灰原「私……江戸川君に送ってほしい……///」

小林・コナン「「え?///」」

灰原「ねぇ先生……お願い……///」

小林「し、仕方ないわね……コナン君には後で宿題を出します」

コナン「う、うん……(灰原の奴、演技うめぇな……)」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:47:49.95 ID:95o4ZXd40

『ガラガラ』

元太「ん? アイツらどこに行くつもりだ?」

歩美「……」 光彦「……」

元太「もしかして、駆け落ちとかか? アハハハハ」

歩美「」ギロッ 光彦「」ギロッ

元太「ハハ……ハ……冗談だよ……冗談……」

元太「そんなに怒るなよ……」


◆同刻://帝丹小学校/校庭◆

灰原「ねぇ工藤君。一体どうしたっていうの!?」

コナン「ああ。校長のPCデータを見て分かったんだが」

コナン「この学校のオーナーは、あの阿笠博士だったんだ」

灰原「オーナーが……博士ですって?」

コナン「そうだ。全ては博士の思い通りだったってワケさ」

灰原「ちょっと。話が飛躍しすぎよ。ちゃんと説明して」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:50:25.62 ID:95o4ZXd40

コナン「博士はオレ達に学校へ行くよう勧めたろ?」

灰原「ええ。学校に通ってないと、怪しまれるって……」

コナン「だがそれは名目に過ぎなかった」

コナン「博士の真の目的は――」


コナン「オレ達を“隔離”、そして“観察”することだったんだ!」

コナン「自宅で“組織の研究”に取り組む時間を作るためにな!」


灰原「組織の研究……? あなたまさか……!」

コナン「ああ……信じたくないが……」


コナン「黒ずくめのボスは――阿笠博士だ」


灰原「なん……ですって……」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:54:02.38 ID:95o4ZXd40

灰原「……ちょっと待って。じゃあ何で博士は、私達を殺さないの?」

灰原「研究する上で私達が邪魔なら、生かしておく必要はないじゃない」

コナン「確かに博士にとって、オレ達は邪魔な存在だろう」

コナン「組織について嗅ぎまわってる、言わば敵なんだからな」

灰原「ならどうして!?」

コナン「それはオレ達が、研究成果そのものだからさ」

コナン「だから学校という施設に放り込み、生活を“観察”してるんだ」

灰原「……じゃあ校長のPCにあったのは、私達の生活報告書ってわけ?」

コナン「ああ。そして、その報告書の送信先メールアドレスが――」


『#969#6261』


コナン「――まさしくボスのそれだったってワケさ」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 22:56:56.99 ID:95o4ZXd40

◆その頃://夜神家/粧裕の部屋◆

『ガチャ』

粧裕「ぎゃっ!?///」

月「粧裕。調子はどうだ?」

粧裕「お、お兄ちゃん! ノックくらいしてよ!」

月「ハハハ、悪い。驚かせちゃったか?」

粧裕「そういう問題じゃないってば……」

月「ん? 何見てたんだ?」

粧裕「あ、これは……その……!///」

月「僕がテニスで優勝したときの学校新聞か……」

月「随分と懐かしいものを読んでるんだな」

粧裕「///」ブクブク

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:00:33.37 ID:95o4ZXd40

粧裕「と、ところでお兄ちゃん学校は?」

月「ああ、今日は創立記念日だよ」

粧裕「そうなんだ……ふふ」

月「ん? 何がおかしい?」

粧裕「ふふ……別にぃ」

月「変な奴だな……熱はどうだ?」

粧裕「コホッコホッ……まだある……かな?」チラッ

月「そうか……ちょっと額貸してみろよ」

『ピトッ』

粧裕「///」

月「ん〜……至って平熱な気がするが」

粧裕「そ、そんなことないもん……///」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:03:21.83 ID:95o4ZXd40

月「さてはお前、仮病しただろ?」

粧裕「ぎくっ……し、してないよ」

月「正直に言ったらプリンを――」

粧裕「てへへ、仮病です♪」

月「や ら な い」

粧裕「むむっ……よくも乙女の心を……」ジトッ

月「あのなぁ。お前のこと、母さん心配してたんだぞ?」

粧裕「だって、今日は行きたくなかったもん」

月「行きたくないって……何でだよ?」

粧裕「そんなの……気分だもん……」

月「気分? おい、それはダメだろ」

粧裕「もう……お兄ちゃんは鈍感だよ……」ボソッ

月「ん? 何か言ったか?」

粧裕「なーんにも」プイッ

月「……」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:06:17.77 ID:95o4ZXd40

月「そうか……じゃあ僕は外に行ってくる」

粧裕「え? さっき散歩から戻ってきたばっかりじゃん」

月「僕だって忙しいんだよ。仮病に付きあってる暇はない」

粧裕「ふーん……流石、モテる男は違うな〜♪」

月「バカ。家庭教師のアルバイトだよ」

粧裕「へ? お兄ちゃん、そんなのやってたっけ?」

月「今日から始めることにしたんだ」

粧裕「そうなんだ……相手は女の子?」

月「さあな」

粧裕「じゃあ女の子なんだ♪」

月「何故そうなる」

粧裕「にっしっし。照れなくてもいいんだよ?」

月「くだらない……もう行くぞ」

『ガチャン』

粧裕「……」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:09:35.69 ID:95o4ZXd40

◆10時00分://都内某所◆

リュ「家庭教師ってのは初耳だが」

月「当たり前だろ。話してないんだから」

リュ「まさか“灰原哀”のところに行くのか?」

月「ああ。住所は名簿で分かってるからな」

リュ「でも、小学1年生に家庭教師は無理だろ?」

月「それくらい分かってる。だから期待はしてないさ」

月「一番の目的は、彼女の保護者に会うことだよ」


◆10時30分://阿笠邸前◆

月「ここが彼女の家か……やけにでかいな……」

リュ「それに“灰原”じゃなくて、“阿笠”だってよ」

月「名字が違うか……ますます訳アリだな……」

月「まぁとにかく、全てはここから始まるんだ」


『ピーンポーン♪』

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:13:48.70 ID:95o4ZXd40

『ガチャ』

博士「何か用かのう?」

月「はい。僕は、夜神月といいまして」

月「家庭教師のアルバイトをしている者なんですが」

博士「家庭教師? なんで家庭教師がウチに……」

月「お宅の哀さんに力添えできればと思い」

月「この度は足を運ばせていただきました」

博士「ん? 何で哀君のことを知ってるんじゃ?」

月「……」

月(……しまった……よく考えてみれば――)

月(僕と彼女には……何の接点もないじゃないか)

リュ「ハハッ、ドジったなライト。いや、悪質業者め」

月(くそっ……彼に悪印象を与えるわけにはいかない!)

月(なんたって彼は……灰原哀の保護者なんだ……!)

月(早急に何か……言い訳を考えないと……!)

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:16:58.15 ID:95o4ZXd40

月「よく聞き取れませんでした」

博士「は? 聞き取れなかったってあんた……」

月「すみません。もう一度お願いしてもよろしいですか?」

博士「まぁ……それは構わんが……」

博士「ワシは“何故”、哀君を知ってるのかと聞いたんじゃ」

月「ああ、なるほど。今度は聞こえました」

月「おほん……それはですね……」


月「彼女が僕の――“妹”だからですよ」


博士「……な」

博士「なんじゃって!?」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:19:15.56 ID:95o4ZXd40

リュ「おいライト。何バレバレの嘘ついてんだ」

月(ふっ……そうでもないよリューク)

月(確かに、普通に考えたらバレる嘘だろうが)

月(この男と彼女では、苗字が違うんだ)

月(もしかすると、そこに抜け道があるかもしれない)

博士(……コヤツ……何を言っておる……)

博士(哀君に限って、兄がいるわけないじゃろう!)

博士(“灰原哀”というのは、架空の人物なんじゃぞ!?)

月「……信じがたいのは分かります。ですがこれは事実です」

月「妹はこのことを知らないと思うので、あなたも初耳でしょうが……」

博士(……最もらしい言葉を並べてるが、そんなことは絶対にありえん)

博士「急にそんなことを言われて、信じられるわけないじゃろう」

月「では、どうしたら信じてもらえるでしょうか?」

博士「証拠じゃ! 当たり前じゃが、証拠がないと話にならん!」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:23:45.30 ID:95o4ZXd40

月「証拠はありません。妹は、父の隠し子だそうなので……」

月「父は、不倫で子を作ってしまったことに対して、とても後悔していました」

月「ですが僕にしてみれば、彼女はこの世でたった一人の妹なんです……」グスン

月「……妹に会いたい……会って話をしてみたい……」グスン

月「それだけを胸に……僕は今日、ここまでやって来ました……」グスン

月「お願いします!! 哀に……僕の妹に会わせて下さい!!!!!」グスン

博士(……くっ……コヤツめ……下手な演技をしよってからに……!)

\ザワザワ/

博士(ちっ……野次が集まってきたか……早く黙らせたほうがいいな)

博士「君はお父さんに騙されておる! それが分からんのか!?」

月「父は誠実な警察官なんです!! 嘘をつくとは思えません!!」グスン

博士「不倫なんぞする警察官が、誠実なわけないじゃろう!!」

\カワイソーニ/ \イモウトニ アワセテアゲナサイヨ-/ \アノコッテ ヤガミサントコノ ライトクン ジャナイ?/

博士(ッ!! 野次は完璧にコヤツの味方か……涙に騙されおって!)

月(ふっ……計画通り)

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:26:13.28 ID:95o4ZXd40

月(しかしこの男、僕の真っ赤な嘘に対して、あまり反論してこないな)

月(まさか、『灰原哀の“正体”に関わることだから反論できない』のか?)

月(まぁ何にせよ、反論してこないなら追い打ちをかけ――)


灰原「ねぇ……あなたが私の、お兄ちゃんなの?」


月「…………え」

月「!!!!!!!!!!」

月(なっっっっっっっっ!!!?)

月(な、何で彼女が……ここにいるんだ!!!!?)ガクガク

月(まだ学校にいるはずじゃ……!!!!)ガクガク

月(ダ、ダメだ……動揺するな……冷静になれ!!)

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:30:50.75 ID:95o4ZXd40

月「……お前が……哀なのか……?」

灰原「そうよ……私はあなたの妹なの?」

月「ああ……お前が僕の……たった一人の妹だ」

灰原「そう……私も死んだお母さんによく聞かされてたわ」

灰原「『あなたには、お兄さんがいるのよ』……って」

月「!!!!!」

月(なっ……なんだとっ!? どういうことだ!?)

月(まさか彼女には……本当に生別れの兄がいるのか!?)

灰原(……工藤君……これで本当に良かったのよね?)

――――
―――

◇5分前://通学路/某所◇

コナン「おそらく博士には、既に校長から連絡が来てるだろう」

灰原「頭痛の私を、あなたが家まで送ってるって?」

コナン「ああ。だから博士は、組織の研究を一時中断し――」

コナン「普段の博士に戻って、俺たちの帰りを待ってるはずさ」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:34:38.97 ID:95o4ZXd40

灰原「ところで、校長のPCへのハックはバレてないわよね?」

コナン「ああ、それなら心配ない。ログはちゃんと消したからな」

灰原「そう……ならいいわ」

灰原「それで名探偵さんは、これからどうするつもりかしら?」

コナン「流石にいきなり対決は無理だろう。考える時間が欲しい」

灰原「やっぱり彼らに挑むのね……止めても無駄だから止めないけど」

コナン「ハハッ、悪いな……」

コナン「あと組織を潰す準備が整うまで――」

コナン「お前には今まで通り、博士と暮らして欲しいんだが」

灰原「ええ。もちろんそのつもりだから、心配しないで」

コナン「サンキュー……極力、博士と2人きりにはさせねーから」

灰原「心配いらないっていってるでしょ」ジトッ

コナン「バーロー。案外お前、心の方は強くないだろ?」

灰原「なによそれ? バカにしてるの?」ジトッ

コナン「いや、バカにしてるわけじゃ――ん?」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:39:51.87 ID:95o4ZXd40

\ザワザワ/

コナン「……博士の家の前に……野次が集まってるな……」

灰原「……まさか……博士が何かしてるんじゃ……!」

コナン「落ち着け。黒ずくめの頭だぞ? 目立つ真似はしないさ」

『とんとん』

知り合い「あらコナン君、どうしたの?」

コナン「ねぇ、何でこんなに人が集まってるの?」

知り合い「なんかね、哀ちゃんにお兄さんがいたんだって」

灰原・コナン「「……は?」」ポカーン

コナン「ハハ……それ……何かの間違いじゃ……」

知り合い「いや、アレは嘘をついてる人間じゃ――って哀ちゃんじゃない!?」

知り合い「ほら、お兄さんが来てるわよ! 会いに行かないの!?」

月「お願いします!! 哀に……僕の妹に会わせて下さい!!!!!」グスン

コナン(誰だよアイツ……一体何を企んでやがる……)

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:42:30.67 ID:95o4ZXd40

灰原「知ってると思うけど、私にはお姉ちゃんしかいないから」

コナン「ああ、分かってる。それに奴は今、“哀”って言ったろ?」

コナン「灰原哀は架空の人物。兄なんか間違っても存在しない」

灰原「とんだペテン野郎ってワケね……どうする?」

コナン「そうだな……」

\ザワザワ/

粧裕「……」

\ザワザワ/

コナン「空気は完全に奴を味方している……か」

灰原「ええ。博士としては、最悪の居心地ね」

コナン「なぁ……ここはひとつ、博士を助けてやらないか?」

灰原「え? 博士を助けるですって?」

コナン「ああ。お前が妹として、奴の前に現れるんだよ」

灰原「……一応聞いてあげるけど……理由は?」ジトッ

コナン「お前と博士と奴の3人で暮らせば、何か進展するかもしれないだろ?」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:45:14.71 ID:95o4ZXd40

灰原「呆れた……そんな曖昧な理由で、私に妹役を演じろっていうの?」

灰原「それに、あんな得体の知れない奴と暮らすなんて、絶対いやよ」

灰原「第一博士は、灰原哀に兄がいないことを知ってるじゃない!」

コナン「確かにそうだが、言い訳くらいどうにでもなるだろ」

コナン「『あの場を収めるには、妹として名乗り出るしかなかった』」

コナン「『しばらくしたら、彼には出て行ってもらうつもりだ』……ってな」

灰原「そこまでは別にいいわ。でも一緒に暮らすのは絶対ごめんだから」

コナン「そう言うなって。もしかしたら奴は味方かもしれねーぞ」

灰原「ちょっと。何でそこまで彼に肩入れするわけ?」

コナン「別に肩入れしてるわけじゃねーけど……」

灰原「私は別に、博士と2人で暮らしても平気だって言ってるじゃない」

灰原「研究成果である私達は殺されない、そう言ったのはあなたでしょ?」

コナン「確かに言った……だけど灰原……オレの言うことを聞いてくれ」

灰原「はぁ? 意味不明よ」

コナン「理由は後で必ず説明する……だから今は、オレを信じてくれ」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:48:17.42 ID:95o4ZXd40

◆11時00分://阿笠邸/リビング◆

野次馬が去ったのち、
阿笠邸に靴を脱いだ4人。

大して言葉も交わさぬまま、
対面式ソファに腰を掛ける。

博士、コナン、灰原、ライト。
異物も認める異物混入だ。

空気は痺れて悲鳴を上げ、
部屋には無音が鳴り響く。

コナン「灰原、頭痛はもう大丈夫か?」

口火を切ったのはコナン。

灰原「ええ、もう大丈夫よ……それより今は彼」

月「……」

月(江戸川コナン……お前は彼女とどういう関係なんだ?)

月(2人揃って学校を早退するような仲、というのは分かったよ)

月(問題は……それ以上か、以下なのか……)

月(答えによっては、僕はお前を許さない)

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:52:06.67 ID:95o4ZXd40

月「改めまして、僕は夜神月といいます」

コナン「夜神……らいと?」

月「“月”と書いて“ライト”と読むんだよ」

月「ハハハ。変わってるだろ?」

月「だが人の名前を笑うのはよくない」

月「笑うのはここまでにしよう」

コナン「う、うん……(……コンプレックスか)」

月「それで君は?」

コナン「僕は江戸川コナン。両親が海外に行ってて――」

コナン「――今は毛利探偵の事務所に住んでるんだ」

月「へぇ〜、毛利探偵って……あの眠りの小五郎の?」

コナン「うん、そうだよ」

月「それじゃ近いうちにまた会えそうだな」

コナン(ん? どういうことだ?)

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:54:55.30 ID:95o4ZXd40

月「失礼ですが、あなたは?」

博士「ワシは阿笠博士。一応、肩書きは科学者じゃ」

博士「哀君の親ではないが、彼女の面倒はワシが見ておる」

月「そうですか……(あがさひろし……か)」

灰原「ねぇ、そろそろ本題に入らない?」

月「ああ、そうだな……哀の言うとおりだ」

灰原「ちょっと……名前で呼ばれるの、気持ち悪いんだけど」イラッ

コナン「おい何言ってんだよ灰原! お前のお兄さんだろ?」アセアセ

灰原「ふん」プイッ

月「いや、いいんだコナン君。彼女の意見も一理ある」

月「距離が縮まらない内は、“灰原さん”と呼ぶことにしよう」

灰原「ほんと、いちいち気持ち悪いわね」

月「」< グサッ

月「……コナン君。彼女はいつも、こんなに辛辣なのかい?」

コナン「アハハ……今日は機嫌が悪いんじゃないかな?」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:58:34.44 ID:95o4ZXd40

月「おほん。ところで君は何故、阿笠さんに引き取られたんだ?」

灰原「両親が事故で死んだからよ。文句ある?」

月「」< グサッ

月「……それは……気の毒だね……」

リュ「クックック。すげぇ嫌われようだな、ライト」

月(おかしい……彼女はさっき外で、僕を兄と認めたはずだ)

月(まさかあれは、本人の意志じゃなかったというのか?)

月(彼女は母親に、『実は兄がいる』と聞かされていたらしいが)

月(それもただのつくり話で、全てが芝居だったというのか?)

月(……だとすると、彼女は誰かの指示で動いていることになるな……)

月(……そしてその誰かってのも、おおよそ検討がつく)

コナン「?」

月(阿笠と僕はずっと口論していた。だからコイツしかいない)

月(ふっ……やはりただの小学生ではないか……)

月(お前の“正体”とやら、いつか拝ませてもらうよ)

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:03:59.68 ID:r6Ltmomn0

月「ああ、そうだった」

月「阿笠さん、家庭教師の件……お願いしますね」

博士「え? ラ、ライト君。その話は本気だったのか?」

月「はい。家庭教育を通して、兄妹関係を修復できればと考えています」

博士「ハハハ……なるほど……。ちょっと失礼……」

博士「(おい哀君。いつまであの男の妹を演じるつもりなんじゃ?)」ボソッ

博士「(野次馬も去ったことだし、さっさと追いだした方が良いじゃろう?)」

灰原「(そうね……でもそれは無理よ博士)」

灰原「(彼を追い出すには、私が妹でないことを証明しなきゃいけないから)」

博士「(そ、そんなの簡単じゃろう? 灰原哀は架空の人物――はっ!?)」

灰原「(そう。証明するには、私の正体をバラさなきゃいけないの……)」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:07:31.54 ID:r6Ltmomn0

博士「(だったらあの男と同じように、ハッタリを掛けるってのはどうじゃ?)」

灰原「(同じ土台に上がるっていうの? いたちごっこになるだけじゃない)」

博士「(……なら、あの男の父親に不倫の事実を否定してもらうとか……)」

灰原「(そんなのダメ……不倫なんて、あろうがなかろうが否定するでしょ)」

博士「(くっ……だとしたら最終手段として、DNA鑑定しかないな……)」

灰原「(ええ、それが唯一の方法ね……拒否されたら終わりだけど……)」

博士「(流石に拒否はできないじゃろう? 兄妹じゃないと言ってるようなもんじゃ)」

灰原「(……いい博士? こちらは一度、兄妹であることを認めてるのよ?)」

灰原「(なのにDNA鑑定をしようだなんて提案したら、彼は何て言うと思う?)」

灰原「(『兄妹の信頼関係に傷が残る』とか言って、拒否するに決まってるわ)」

博士「(むむむ……じゃあワシらにあの男を追い出す術はないのか……)」

博士「(おい哀君……どうして彼の妹だなんて嘘をついたんじゃ……!)」

灰原「(仕方ないでしょ。あの騒ぎを収めるには、これしか方法がなかったんだから)」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:12:53.73 ID:r6Ltmomn0

月「あの……何かご不満があるようでしたら僕に」

博士「あ、いや、すまん……続けてくれて構わんよ」

月「ちなみに料金は一切頂きませんのでご安心ください」

博士「なんと……それは本当か?」

月「ええ。その代わり、住み込みが絶対条件ですが」

博士「す、住み込みじゃとッ!? 流石にそれは無理じゃ!」アセアセ

月「阿笠さん。失礼を承知で申し上げますが――」

月「僕と彼女は、7年も空白のある兄妹なんです」

月「その時間を取り戻すには、少しでも長く一緒にいないと」

博士(じょ、冗談じゃない! コヤツは何を考えておるッ!?)

博士(そんなことをされたら、ここで研究できなくなるじゃないか!)

コナン「別にいいじゃねーか博士。部屋の一つくらい余ってるだろ?」

博士「(おい新一! 何故この男の肩を持つんじゃ!?)」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:14:02.88 ID:r6Ltmomn0

コナン「(別に肩を持ってるわけじゃねーよ)」

コナン「(奴は100%、灰原の演技に気づいている――)」

コナン「(だから『演技の狙いは何か』、疑問に思ってるはずさ)」

博士「(……確かにそれは思ってるだろうが……)」

コナン「(オレ達も、『相手の狙いが分からない』点では奴と同じだろ?)」

博士「(……つまり……ワシらと奴で、戦況はイーブンだと?)」

コナン「(ああ。だからこそ、今は自然な行動が求められるんだ)」

博士「(ちょっと待て。奴をウチに泊めることが、自然だというのか?)」

コナン「(奴を灰原の兄として考えるならそうだろう)」

博士「(むむむ……そこまで兄妹関係が重要じゃろうか?)」

コナン「(この勝負は、より自然な兄妹を演じた方が勝つんだ)」

コナン「(不自然に振る舞えば、相手に情報を与えちまうからな)」

博士「(……はああ……分かったよ……)」

博士「(……とりあえずは、奴を泊めることにしよう……)」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:17:49.38 ID:r6Ltmomn0

博士「分かった……住み込みを許可する」

月「ほんとですか!? ありがとうございます!」

灰原「でも、変なことしたらすぐに追い出すから」

月「ハハハ。それは大丈夫だよ」

博士「ちなみに君は、どこの大学に通ってるんじゃ?」

月「大学ですか? 僕は東応大学に通っています」

博士「なんと! じゃあ家庭教師は期待できそうじゃな」

博士「良かったのう、哀君。お兄さんの頭が良くて」

灰原「ええ。少し見直したわ」

月「ハハハ。灰原さんに言われると照れるなぁ〜、ふふっ」

灰原「気持ち悪いのは変わらないけど」

月「」< グサッ

リュ「クックック。この関係は、しばらく続きそうだな」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:21:57.08 ID:r6Ltmomn0

かくしてライトと灰原の同居が始まった。

ライトの目的は、灰原との距離を縮めること。
灰原達の目的は、ライトの目的を知ること。

表向きには兄妹を演じながら、
4人ともが、違った思いを巡らせる。

博士(研究の邪魔をされるのは不本意だが、仕方ない)
博士(あまり拒むと、新一に疑われるからな)

コナン(よし……これで博士の動きに釘を打てた)
コナン(その間にオレは、組織を倒すメドを立てねーと)

灰原(工藤君……これで本当に良かったの?)
灰原(この男、今朝と同じ、妙な気配を感じるんだけど……)

月(正直、ここまで上手くいくとは思ってなかったよ)
月(……これを機に、彼女との距離を縮めるぞ……)

リュ(クックック……そこまでしてあの茶髪女がいいとは……)
リュ(だがな、ライト……)


リュ(いつまでも、思い通りにいくと思うなよ?)


                              〜前編・完〜

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:24:20.26 ID:r6Ltmomn0

ネェクストコナンズヒーンッ! 「憎しみのホモ祭り」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:25:05.07 ID:r6Ltmomn0

◆12時00分://キラ事件捜査本部◆

L「夜神さん。そろそろ休憩してください」

総一郎「ああ、そうだな。悪いがそうさせてもらうよ」

L「ところでライト君は、来ないつもりでしょうか?」

総一郎「いや、今日は来ると言ってたはずなんだが……」

L「……もしかして……ライト君の身に何かが……!」ガタッ

総一郎「ハハハッ、あのライトに限ってそれはないだろう」

L「そんなの分かりませんよ! 連絡とか入ってませんか?」

総一郎「ライトからの連絡か……一応見てみる」

携帯電話『ぱかっ』

総一郎(ん? 幸子からメールが一件きてるな……)

粧裕が風邪を引いたみたいだから、学校を休ませたわ。
もし私より先に帰ったら、声を掛けてあげてね。

総一郎「なっっっ……!?」

総一郎「……粧裕が……風邪を引いただと……?」ガクガク

総一郎「ダメだ、こうしちゃいられない!」ドタドタガタンドン!!

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:28:23.29 ID:r6Ltmomn0

L「ちょっと夜神さん。どこに行くつもりですか!?」

総一郎「娘が風邪を引いたそうなんだ!」

総一郎「悪いが今日は帰らせてもらうぞ!」

L「そうですか……まぁ、それは構いませんが」

L「もし自宅にライト君がいれば、ここに来るよう伝えて下さい」

総一郎「ああ、分かった! この埋め合わせはいつか必ずする!」

ドア『ガチャン!』

WC『ジャーーーッ』

松田「ふぅ……ん、どうしたんですか? 目暮警部?」

目暮「ああ、娘さんが風邪を引いたらしく、夜神局長が帰宅された」

松田「アハハ……局長の親バカっぷりには困ったものですね」

佐藤「ちょっと松田君。髪の毛にゴミがついてるわよ?」パサパサッ

松田「あ、すみません佐藤さん。わざわざ取っていただいて」アハハ

佐藤「もう。松田君って、ボーッとしてるからほっとけないのよね///」

高木「……」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:31:06.99 ID:r6Ltmomn0

僕と松田は4年前に警視庁に入庁した同期。

彼とは、何から何まで、本当にそっくりで、

「違うのは名前くらいだ」って、

先輩からはよく言われた。

でもその名前の違いが、現に僕を悩ませている。

佐藤さんには昔、“松田”という殉職した同僚がいたらしい。

そして不幸なことに、彼女は彼に恋をしていたそうだ。

彼女は松田にばかり優しくする。

それはきっと、彼と重ねているからだろう。

高木(……お願いです、佐藤さん)

高木(僕にそんな笑顔を見せないで下さい)

高木(おい松田……お前、何へらへらしてんだよ……)

高木(くそっ……お前なんか……お前なんか……)

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:35:06.85 ID:r6Ltmomn0

◆12時10分://都内某所◆

おかしい……。

総一郎「ハァハァ」

何かがおかしい……。

\……ヒソヒソ……/

\……デタデタ……ウワサヲシテイレバ……/

総一郎(何故こんなにも、住民の視線が冷たい?)

\……オクサン ト コドモサン ガカワイソウ ダワ……/

総一郎(この私が、何をしたというんだ?)

\……ケイサツカン ノクセニ 不倫 ダナンテ シンジラレナイ……/

総一郎(不倫!? 今、不倫って聞こえた気が……)

幸子「あなた、ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

総一郎「さ、幸子!? お前、パートはどうした!?」

幸子「抜けてきたわ。あなたに会いたくてね……」

幸子「……続きは家で、“じっくり”話しましょ?」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:39:09.77 ID:r6Ltmomn0

◆12時20分://夜神家/リビング◆

幸子「おいおいおいおい、総一郎さんよぉ!!」グググ

幸子「どういうことか説明しろよッ!! ああん!!?」

総一郎「すまない……私には何でお前が怒ってるか……」

幸子「こんだけ噂になって、知らないわけねぇだろがボケッ!」

総一郎(くっ……忘れてた……幸子は元ヤンだった……)

幸子「不倫だって? いい度胸してんじゃねーかゴルァ!!!!!!」

総一郎「バ、バカを言うな! 私が不倫なんてするわけ……!」

幸子「嘘つけよ!! 火のないところに煙は立たねーだろが!!」

幸子「それにお前、最近やけに帰りが遅かったじゃねーか。あ!?」

総一郎「私は警察官だ! 帰りが遅いのは仕方のないことだろ!」

幸子「それが怪しいっつってんだ!! バカかてめぇ!!」

総一郎「やましい事は何もない! 信じてくれ!! 幸子!!」

幸子「だったらこの黒い噂は、どう説明してくれんだよ!? おい!?」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:43:53.21 ID:r6Ltmomn0

総一郎(なんてことだ……ヤンキーは卒業すると言ったから結婚したのに……)

総一郎(くっ……長男にライトとかいう変な名前をつけた時点で気づくべきだった)

総一郎(幸子からはまだ……ヤンキー成分が抜けていない……!!)

幸子「おいおいおい! 黙ってねーで何か言い訳してみろよコラッ!!!!」

総一郎「頼む!! 信じてくれ!! こんな噂、罠に決まって――」

粧裕「……ねぇお母さん……お父さんが不倫してたの、本当だよ……」

幸子・総一郎「「!!!!!!」」

幸子「おい……どうなんだコラ……?」

幸子「風邪を引いて、外に出歩けない粧裕が知ってるんだぞ?」

幸子「お前、噂とか関係なしに、不倫してんじゃねーかよ!!!!」

総一郎(さ、粧裕……どうしてそんな嘘を……はっ!?)

総一郎(まさか粧裕は……私に離婚してほしいのか?)

総一郎(幸子と離婚して……私と2人で暮らしたいというのか?)

総一郎(ふふっ……なんだ……そういうことだったのか……)

総一郎(……お父さん、嬉しいぞ)

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:48:30.05 ID:r6Ltmomn0

総一郎「すまない幸子……確かに私は不倫をした……」

総一郎「慰謝料でも何でも払う……だから……」

総一郎「……私と……離婚してくれないか……」

幸子「!!!!!!!!!」

幸子「……ちょっと……それ本気なの?」

総一郎「ああ。私にはもう、お前と会う資格はない」

幸子「べ、別にそこまで言ってないじゃない……」

総一郎「いや、私と粧裕は、この家から出て行く」

総一郎「お前はこれから、ライトと2人で暮らしてくれ」

幸子「何よそれ……私とライトを見捨てるっていうの?」

総一郎「ライトはお前、粧裕は私が名付け親なんだ」

総一郎「こう別れるのが自然だろう」

幸子「別れ方なんか聞いてない! 私が言いたいのは――」

総一郎「準備が出来次第、すぐに出て行く」ガチャンッ!!

幸子「うぅっ……どうして……」ガクッ

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:52:34.49 ID:r6Ltmomn0

◆13時00分://阿笠邸/リビング◆

灰原「はい。お待ち遠様」コトッ

コナン「そういえば、灰原の手料理は初めてだな……」

月(彼女の手料理……ゴクリ……生きてて良か――ん?)

博士「ほう……ご飯に味噌汁、そして肉じゃがかぁ……」

博士「ワシは、カップメンを食べたかったんじゃが……」ボソッ

灰原「何? せっかく作ってあげたのに、文句でもあるの?」

博士「いや、ないです……」

灰原「まったく。少しは高血圧を自覚しなさいよね」

リュ「おいライト……肉じゃがってことは、まさか彼女……」

月(バカ……偶然に決まってるだろリューク……)

月(彼女に限って……そんなことはありえない……)

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:56:27.59 ID:r6Ltmomn0

月・コナン「「いただきます」」パクパクパクッ

博士「……」

月・コナン「「!!!!!!!!!!」」

月・コナン((な、何だこれ……まずいにも程があるぞ……!?))

月・コナン((これじゃまるで……馬のエサじゃないか……!))

灰原「どう、江戸川君? 口に合うかしら?」

コナン「え? あ……えーっと……」

月(はっ……これはチャンスだ!)

月「うまいっ! 凄くおいしいよ灰原さん!」

灰原「……え?」

月「ぱくぱくぱくっ! うまい! うますぎる!」

月「灰原さん! おかわりをくれないか!」

灰原「え、ええ。ちょっと待ってて……」

コナン(嘘だろ……コイツの舌、どうなってんだ……?)

博士(……マジキチ……マジキチじゃ……!)

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:01:16.89 ID:r6Ltmomn0

灰原「はい、どうぞ……」コトッ

月「ぱくぱくぱくっ! うまい! うますぎる!」

コナン「そ、そんなに好きなら、僕の分も食べていいよ……」

月「おおっ! こんなにうまいんだ! 喜んで頂くよ!」

月「パクパク! んんっ! 灰原さんは料理の天才だ!」

灰原「……あ、ありがとう……」

月「パクパク! うまい! ハハハ! うま――」


月「お……おうぇええええええええええ!!!!!!!」

『ペチャベチャッ!』 『ポタポタ……』


灰原「」

月「……」 コナン「……」 博士「……」

リュ「……吐いたら……ダメだろ……」

灰原「ッ!!!///」グスッ

平手打ち『パァーン!!!』

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:04:47.98 ID:r6Ltmomn0

◆14時00分://都内某所◆

月「……ああ……まだヒリヒリする……」

リュ「ハハハ。追い出されちまったな」

月「違う。荷物を取りに帰るだけだ……」

月「まぁ反省もしてこいって言われたけど……」

リュ(クックック。相当怒ってたからな、彼女)

『PRRRRR♪ PRRRRR♪』

月「ん? 父さんからメール……何だろう?」

『今すぐ捜査本部に来てくれ』

月「捜査本部か。そういえば今日はまだ行ってないな」

リュ「別にいいじゃねーか。そんなのほっといても」

月「家より近いんだ。少しだけ、顔を出しにいこう」

リュ「……」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:09:00.78 ID:r6Ltmomn0

◆14時30分://キラ事件捜査本部◆

『ガチャッ』

月「こんにちは、皆さん」

『ガタンッ』

L「ライト君……遅いですよ!」

月「悪い。野暮用があったんだ」

L「それは構いませんが……連絡ぐらい下さい」

月「ああ、分かった。次からは気をつけ――」

粧裕「……」

月「!!!!!!!!!!!!」

月「なっ……! 粧裕じゃないかッ!?」

月「何でこんな所にいるんだよ!?」

総一郎「ふっ。ようやく気づいたか、ライト」

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:14:14.61 ID:r6Ltmomn0

総一郎「私と粧裕は、今日からここに住む」

月「……は?」

総一郎「……幸子とは、さっき離婚の話をつけてきた」

月「母さんと離婚……? おい……急に何言ってんだ……」

総一郎「嘘じゃない。紛れもない事実だ」

月「離婚って何だよ!? ケンカでもしたのか!?」

総一郎「馬鹿を言うな。そんな子供染みた理由ではない」

総一郎「……私は常日頃から思っていたのだ……」

総一郎「……粧裕とエッチがしたい、とな」

月「!!!!!!!!!!!!!!」

佐藤「くっ……! それが父親の言う事か!」

目暮「こらえろ佐藤ッ!!」

佐藤「し、しかし警部!」

目暮「ワシらには人質がいるということを忘れるな……!」

松田「んー! んー!」

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:18:20.00 ID:r6Ltmomn0

佐藤「松田君ッ……!」

松田「んー! んー!」

L「夜神さん、本当に私、やっちゃっていいんですか?」(腰を振る動作)

総一郎「もちろん。おい高木、お前も好きにしたらどうだ?」

高木「ええ。そうさせていただきます」

『ギュゥぅぅぅぅ!』

佐藤「!!!!!!!!」

高木「佐藤さん……僕、すごく苦しかったんですよ?」

高木「僕と松田の、何が違うっていうんですか?」

佐藤「ちょっと……! 離れなさいよ高木君!!」

高木「ふふっ……嫌です。もう一生離しませんから」

おっぱい『むにゅ むにゅ』

佐藤「くっ……///!! この……クズがぁ……!!」

高木「あれ、得意の反撃はどうしましたか? 佐藤――」

高木「いや……美和子さん?」

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:19:16.54 ID:r6Ltmomn0

月「何だよこれ……いったい捜査本部に何があったんだッ!?」

目暮「1時間ほど前、局長は娘さんをここに連れてきたんだ……」

目暮「それからLは、ワシと佐藤君に休憩の指示を与えたんだが」

目暮「何も知らないワシらは、言われるままに外出したんだよ……」

月「……それで戻ってきたら……この有様だった、と?」

目暮「ああ。松田はロープで縛られ、局長は拳銃を構えていたワケさ……」

月「くっ……おい父さん! これは一体どういうことだよ!?」

総一郎「簡単なことだ。今日は私と粧裕にとっての記念日」

総一郎「人間ならエッチしたいと思うだろう?」

月「ちっ……おい高木……それからL! お前らは!?」

高木「僕は美和子さんを、松田の目の前で犯したかった」

高木「だから松田を人質にした。ただ、それだけのことさ」

L「私は正直、ライト君をキラと疑っていますから」

L「私のペニスを、ライト君のアナルに監禁しようと思っています」

月「……くそっ……この、クズどもが!!!」

330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:22:32.01 ID:r6Ltmomn0

月「おい粧裕! お前も何で黙ってるんだよ!?」

粧裕「だって粧裕は……ただの人形だもん」

月「はぁ!? こんな時に何言ってんだ!?」

粧裕「じゃあお兄ちゃんにとって、粧裕って何?」

月「バカ。大切な妹に決まってるだろう!」

粧裕「……嘘つき……お兄ちゃんなんか……」

粧裕「……お兄ちゃんなんか……大っキライ!!!」

月「!!!!!!!!」

総一郎「……決まりだな。粧裕は私が好きと言っている」

月「言ってないだろ」

総一郎「ふっ。どうなんだ、粧裕?」

粧裕「いいよ……粧裕を好きにしても……」

月「!!!!!!!!」

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:25:23.50 ID:r6Ltmomn0

『ガッ!』

月「!?」

L「もうよしましょう」

月「なんだと……?」

L「まだ気づきませんか?」

月「……何のことだ?」

L「ほら、部屋の片隅を見てください」

月「!」

ワタリ「……こんにちは」

ライフル『カチャ』

月「ワ、ワタリ! お前……!」

L「そうです。彼はあなた達を銃で狙っています」

月「なるほど……僕らが変な動きを見せたら……」

月「ライフルで容赦なく殺すってわけか……!」

L「ええ、その通りです。流石ライト君ですね」

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:27:49.58 ID:r6Ltmomn0

月(くそっ……一体どうすれば……!)

もはやキラ事件捜査本部は、
黙る子も泣くカオス劇場と化していた。

人質として、ロープを纏った松田。

パーを駆使し、佐藤の胸を揉みしだく高木。

好きな男の前で、痴態を受ける佐藤。

怒りを噛み締め、それを眺める目暮。

部屋の隅から、銃を構えるワタリ。

ライトの股間を、卑猥にまさぐるL。

そんな状況の中、策を考えるライト。

拳銃片手に、粧裕を味わう総一郎。

人形となり、父に痴漢される粧裕。

……もう何がなんだか、分からない。

月(何か……何か手はないのか……)

月(この絶対的ピンチを逆転する何か……!)

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:30:22.52 ID:r6Ltmomn0

リュ「もう……我慢できねぇ……」

月「リュ、リューク!?」

突如デスノートを取り出す死神。

月「おいお前……何をするつもりだよ?」

L「ん? ライト君、誰と話しているんですか?」

リュ「どうせ死ぬなら、お前以外皆殺しにしてやるよ」

月「……僕以外を皆殺し……だと……?」

リュ「ふっ……ほんとお前は鈍感だな……」


リュ「死神だって……恋はするんだぜ……?」


月「!!!!!!!!!」

月「まさか……お前……」


リュ「ああ……オレはお前のことが……好きだ……」


月「!!!!!!!!!!!」

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:34:06.82 ID:r6Ltmomn0

L「ライト君。独り言はやめて私と会話してください」

L「さもないと……その口にお仕置きしますよ?」

ペニスを繰り出し、ライトの口に近づけるL。

月「おいリューク! 皆殺しなんて絶対――ぐぼぉ!?」

L「ああ……ライト君の口……ヌルヌルしてます……///」シュボシュボ

月(んがぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!)

リュ「くっ……コイツ……よくもオレのライトに……!!!」

リュ「殺す!!! 絶対に殺してやる!!!!!」

月「fgあdgへw;おいえfじょあうぇjhgwじゃf!!」

L「あ……おっ……うんっ……この最高の感じ……///」

リュ「なぁライト……お前が灰原哀に恋をしたと言ったとき……」

リュ「実はオレ……かなりショックを受けてたんだぜ……?」

月「dか;えgfjg@おいえhwふぁあじあwhぎおあwげわ!!」

リュ「でもオレは嫌われたくないから、お前に協力する道を選んだ!」

リュ「盗聴とか、会話の相手とか……結局全て無駄だったけどな!!」

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:36:30.65 ID:r6Ltmomn0

リュ「やっぱり死神と人間じゃ……恋愛なんて無理だったんだ……!」

高木「ふっふっふ。美和子さん……どんどん揉みますよ!!」
佐藤「ちょっとやめ……あっ!!///」モミモミ
松田「んー! んー!」

総一郎「クックック……粧裕の思春期おっぱい……!!」
粧裕(……もう……どうなったっていいもん……)モミモミ
目暮「くっ……この外道が!! 警察官の恥を知れ!!!」

L「ああ……何だか来てます……来てますよぉ!!」
月「sだfhがううぇgpふあwrふえあはっwあゃ!」
ワタリ「右よし、左よし、異常なし」カチャ

加速するマジキチ。しかしリュークは続ける。

リュ「……でも聞いてくれライト……オレはな――」

リュ「今でもお前の事を、心の底から愛してるんだ!!」グスン

リュ「だから今から、ノートにLの本名を書き――」

リュ「ここにいる奴らも全員、皆殺しにする!!」

リュ「キラにとって捜査本部は……百害あって一利なしだからな!!!」

カオスの渦の中、ノートに名を刻む死神。

Lのチンコで口の塞がったライトに、
暴走したリュークを止める術はなかった……。

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:39:36.26 ID:r6Ltmomn0

*******************

◆DEATH NOTE◆

「エル・ローライト」
「キルシュ・ワイミー」
「夜神総一郎」
「夜神粧裕」
「目暮十三」
「高木渉」
「佐藤美和子」
「松田桃太」

*******************

L「ライト君! 喉に……喉に出します――くっ!?」ドクンッバタッ!
ワタリ「なっ!? どうしましたエr――うっ!?」ドクンッバタッ!
総一郎「へへっ……粧裕のふくらみかけおt――ぐっ!?」ドクンッバタッ!
粧裕(私……ずっとお兄ちゃんのこと……――うっ!?)ドクンッバタッ!
目暮「よし局長が死んだ! 今回ばかりはキラに感――謝!?」ドクンッバタッ!
高木「僕は美和子さんの全てを揉み続け――まっ!?」ドクンッバタッ!
佐藤「くっ……いつまで揉んでるのよ高g――うっ!?」ドクンッバタッ!
松田「んー! んー! んー! んー!?」ドクンッバタッ!

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:42:06.63 ID:r6Ltmomn0

月「……嘘……だろ……?」

次々と周りの人間が倒れていく中、
その突如残酷な光景に、ライトは声を荒げる。

月「うああああああああああああああ!!!」

リュ「ふふっ……ざまぁみやがれってんだ……Lめ……」

そして死神もまた、徐々にその姿を消しつつあった。

月「リュークッッ!!!! 何故殺したぁあああ!!!」

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:44:26.72 ID:r6Ltmomn0

リュ「何言ってんだ……お前らしくもない」

リュ「もしあの状況で、Lだけを殺してみろ」

リュ「お前へのキラ疑惑は、より濃厚なものになるぞ?」

月「キラ疑惑だと……? ふざけるなッッッッッッ!!」

月「だからといって粧裕達に何の罪があるんだッッ!!!」

リュ「血迷ったかライト。目撃者ほど有害な存在はないだろ?」

リュ「キラから見れば……合理的な判断だったと思うが」

月「ああああああああああああああああ!!!!!」ガンガン!!

リュ「むしろ褒められることを……期待してたぐらいだぜ」

月「この死神がああああああああああああ!!!!!」

リュ「さて……オレに残された時間も……あとわずかだ……」

リュ「最後に一つ……いいことを……教えてやろう……」


……『江戸川コナン』と『灰原哀』……。

……奴らは……デスノートで……殺せない……。

394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:46:38.15 ID:r6Ltmomn0

◆16時00分://キラ事件捜査本部◆

嵐は過ぎ去った。
夢も希望も奪われた。

青年に残されたものといえば――

目前に散らばった8人の遺体と……、
死神が落としていった黒いノートだけ……。

粧裕「――」 佐藤「――」 目暮「――」 松田「――」

月「……佐藤さん……」グスン

月「……目暮さん……松田さん……」グスン

月「……くっ……粧……裕……!」グスン

月「うあああああああああああああああ!!」ガンガン!!

一人荒れ狂うライト。理性は遠の昔にふっとんだ。

しかし考えなければならない――考えなければ前に進めない。

まずはこの状況……死体の問題……警察に通報すべきか……。

でも通報したらどうなる? キラだと自供するようなものだ。

苦しい……いっそのこと……自分も死んでしまいたい……。

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:48:34.59 ID:r6Ltmomn0

◆16時30分://都内某所◆

思考を停止し、外をフラフラ歩く。

結局死体は、放置したまま。


(……あ……)


立ち止まるライト。

ちらほら降り始める雪。


(……ははっ……こりゃいいや……)

(……雪はきれいだし……)

(……死体も長持ちするしな……)


死んだ思考回路。

空っぽの気概。

心の支えが必要だった。

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:52:31.22 ID:r6Ltmomn0

足は自然と自宅へ向かっていた。

きっと母親を求めてのことだろう。

唯一の肉親に、宥めてほしかったのだ。

しかし…………


◆17時00分://夜神家/リビング◆

家に着き、リビングへ向かうライト。

そこでは母親が首を吊って死んでいた。

「世界が壊れたので死にます」

幸子にとって、総一郎は全てだった。

高校時代、ろくでなしだった彼女。

とある新米の警察官に助けられ、

その人生は順風満帆なものへと姿を変えた。

彼とは結婚し、子供も2人授かり、まさに幸せだった。

突然、不倫の事実を突きつけられ、

離婚してくれ、と言われるまでは……。

407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:55:52.35 ID:r6Ltmomn0

月「ははっ……はははははははははは!!」

月「何だよこれ! ははっ! おかしいだろ!!」

錯乱。爆笑。絶叫。マジキチ。

月「ふふ……ふははははははははは!!」

過度な精神負荷によるものだった。

月「この短時間に、何人死ねば気が済むんだよ!?」

月「ひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!!!!」

月「うあああああああああああああ!!!!」

月「フゥーハッハッハッハッハ!!!!!」

月「があああああああああああああ!!!!」

月「八八ははっははっはハハハは!!!!!」


数分後、異常に気づいた隣人が警察に通報した。

411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:58:36.66 ID:r6Ltmomn0

◆18時00分://夜神家/リビング◆

警官A「あー、これは流石に自殺だな」

警官B「ええ。遺書と家計簿の筆跡が一緒ですしね」

警官C「それで……夜神局長にこのことは?」

警官B「いえ、まだ知らせてないはずですが」

警官C「そうか。じゃあ宇木田に電話するよう言ってくれ」

警官B「分かりました。娘の粧裕さんにも連絡してきます」

警官C「ああ、よろしく頼む」

警官A「……ライト君、落ち着いたらでいいんだけど」

警官A「一応、事情聴取させてもらえるかな?」

月「……クックック……だまってろよ……豚虫が」

月「お前ら警察なんて所詮……皮をかぶったペニスだ」

警官A「え? ちょっとどうしたのライト君?」

月「……いるんだろ? 上層には組織の仲間が」

警官A「組織?(頭がいかれちゃったのかな……)」

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:01:59.40 ID:r6Ltmomn0

月「ふっ……まぁお前ら下っ端には関係ないことか」ガチャ

警官B「なっ!? おいどこに行くんだ!?」

月「どこって……今日は家庭教師のバイトがあるんだ」

警官B「バイトだぁ!? こんな時に何を言って――」

警官A「(やめろ。母親が死んだんだ。察してやれ)」

警官B「し、しかし!!」

警官A「ライト君……じゃあ事情聴取は後でいいから」

月「……ふん」

『ガチャン!』

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:05:18.18 ID:r6Ltmomn0

◆18時30分://阿笠邸◆

『ピーンポーン』

『ガチャ』

コナン「あ、家庭教師のお兄さん」

月「……彼女は……まだ怒ってるかな……?」

コナン「アハハ……まぁ、ね……」

421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:06:54.41 ID:r6Ltmomn0

◆同刻://阿笠邸/灰原の部屋の前◆

『ガt』

月(あ……人の部屋に入るときはノックがいるんだっけ……)

月(……いや……粧裕はもうこの世にいないんだ……)

月(ノックをしなくたって……誰も怒らないか……)

『ガチャ』

灰原「ッ!?」

灰原「ちょ、ちょっと……!!!」

灰原「入るならノックくらいしなさいよ!」

月「……え……?」

灰原「え、じゃないわよ! 常識でしょ!!」

月「……」

灰原「まったく。そんなことも分からないの?」

僕を叱る彼女。でも何だかそれが、とても心地よかった。

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:10:02.51 ID:r6Ltmomn0

『ギュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥぅぅぅッッ!!』

衝動だった。

灰原「!!!!!!!!!!!!!」

僕は彼女を抱きしめた。

月「……ごめん……」

謝りつつも、その力は増す。

胸にぽっかり開いてしまった穴を、
彼女の全てで埋め尽くしたかったから。

灰原「何……やってんのよ……あんたっ!?」

灰原「離れな……いと……警察……呼ぶわよ!!」

彼女はもがく。拒絶は目に見えていた。
それでも僕は、彼女を抱きしめ続ける。

瞳からは、今日初めての涙。
別に我慢していたワケではない。

……ようやく現実を理解したのだ。

月「ううっ……うああああああああああ!!!」

泣いて、泣いて――泣く、泣く。

434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:12:30.94 ID:r6Ltmomn0

灰原「な、何泣いてんのよ……」

月「ごめん……ごめん……!」グスン

ただ謝る。とにかくこのままでいたかった。
彼女の小さな体は、僕にとっては大きい。

灰原「……何があったか知らないけど」

灰原「……これ、犯罪だから」

月「……ごめん……ごめん……!」グスン

消えない罪悪感。僕はひたすら謝る。

灰原「はぁ……まったく……」


灰原「このロリコン」

月「……!」


ジト目の彼女から放たれた言の葉。

それ自体は侮蔑に他ならない。

でも何故かこの瞬間――

僕は彼女に認められた気がしたんだ。

439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:17:10.50 ID:r6Ltmomn0

◆18時45分://阿笠邸/灰原の部屋◆

言葉と態度に刺が残るが、
途中から抵抗しなくなった彼女。

同情だろうか? 作戦だろうか?
それとも僕の涙に共感したのだろうか?

彼女は両親を無くしたと言っていた。

もしかすると、僕が今流している涙は
彼女が流した事のある涙なのかもしれない。

灰原「ちょっと……いつまでこうしてるつもり?」

月「あぁ……ごめん……」

灰原「まったく……人の料理にあんなケチの付け方して」

灰原「よくもまぁ、そんなことができるわね?」ジトッ

月「あれは……」

灰原「まぁいいわ。何があったか知らないけど」

灰原「今あなたは、私の家庭教師。やるべきことをやれば?」

月「……うん……ありがとう……」

月「ところで……阿笠さんは?」

441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:19:31.25 ID:r6Ltmomn0

灰原「博士なら出かけたわ」

月「え……?」

灰原「おそらく江戸川君も事務所に帰ると思う」

月「……じゃあ2人きりになるのか……」ボソッ

灰原「何か言った?」

月「いや、何も言ってないよ」

月(……ついにここまで来たか……)

灰原「それで、何からやるの? 国語? 算数?」

月「ああ……うーん……そうだな……」

月「……まずは君の事を教えてくれないかな?」

灰原「……え?」


月「君は何故、僕の妹の……ふりをするんだい?」


灰原「!」

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:22:55.61 ID:r6Ltmomn0

灰原「……思ったより早かったわね……」

灰原「……でもそれはこっちのセリフでもあるわ」

月「ふっ……お互い無意味な演技をしていたワケだ……」

灰原「それで、どうなのよ?」

月「僕は君に近づきたかった……それだけさ」

灰原「……目的は何なの?」

月「……簡単なことだよ……」


月「……僕は君の事のことが……好きなんだ……」


灰原「」

灰原「……」

灰原「…………は?」

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:25:06.12 ID:r6Ltmomn0

月「初めて君に会ったとき、僕は震えた……」

月「人を好きになったのは……生まれて初めてだったから」

灰原「ちょっと……何が狙いなの……!?」

月「狙いって……」

灰原「そんな冗談を言って、私を誑かすつもり?」

月「嘘じゃない。僕は本気だ!」

灰原「じゃあ何で突然、兄妹の関係を打ち切ったのかしら?」

灰原「兄妹じゃないなら、あなたはただの変質者よ?」

灰原「この家からそんなに出て行きたいわけ?」

月「僕は君と、兄妹でない、普通の関係でありたいんだ」

月「それに君は、この家から僕を追い出せないはずだよ」

灰原「ッ!!!」

月「コナン君に頼まれたんだろ? 僕と暮らすようにって」

灰原(……バレてたってワケね……)

453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:29:27.40 ID:r6Ltmomn0

月「何で、妹だなんて嘘をついたんだ?」

灰原「さぁ。私は江戸川君に従っただけだから」

月「……じゃあ君たちの正体って?」

灰原「!!!!!?」

灰原「……やっぱり……私たちの会話を聞いてたのね」

月「……え?」

灰原「今朝の登校中、妙な気配を感じたのよ」

灰原「そしてあなたと初めて会ったときもまた……」

灰原「全くと言っていいほど、同じ気配を感じたわ」

月「……なっ……?」

灰原「……どういうワケか、今は感じないけどね」

月(ちょっと待て……それってまさか……)

灰原「そのせいか、少し油断してたみたい……」

灰原「……あなたこそ……一体何者なの……?」キッ

457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:33:11.13 ID:r6Ltmomn0

◆???://???◆

博士「大変なことになった」

ジン「どうしました、ボス?」

博士「これからは自宅で研究できん」

ジン「……何故ですか?」

博士「夜神月……という男を知っているか?」

ジン「夜神月……おいウォッカ! すぐに調べろ!」

ウォ「へい、わかりやした兄貴」カタカタ

ジン「それで、そいつが何か?」

博士「ああ……実は、ワシの家に住む事になった」

ジン「」 ウォ「」

ジン「……何故そのようなことに……」

博士「いろいろあってな。とにかく始末してくれ」

ジン「……分かりました。すぐに準備します」

博士「うむ……できるだけ穏便に頼む」

461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:36:28.73 ID:r6Ltmomn0

博士「全てはワシら組織の夢のため」

博士「そう。全世界の女性を――」

博士「ロリっ子に幼児化させるという、夢のためのな」

ウォ「へへっ……パイパンパイパン」カタカタ

ジン「……ところで最近のキラの動きは?」

博士「キラ? いや、特に目立ったことは――」

『PRRRRR♪ PRRRRR♪』

博士「ん? 警視総監からの報告メール……」

本日、キラに大きな動きがありました。
Lを含めたキラ事件捜査本部が心臓麻痺で全滅したそうです。
これにより、『キラは顔や名前を知らずとも殺せる』、
といった可能性が警視庁内で浮上してきています。
事実判明まで、組織の活動は控えた方が良いかと。

博士「な、なんじゃって!?」

469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:41:00.77 ID:r6Ltmomn0

ジン「何か、あったんですか?」

博士「……Lがキラに殺されたらしい」

ウォ「なっ!? それは本当ですかい?」

博士「うむ。だから今は活動を控えろ、とのことじゃ」

ジン「……では、夜神月の件も……」

博士「いや、活動を控える必要はない」

博士「キラにとって、Lは対をなすライバル」

博士「そんなLを殺せたということは――」

博士「キラの中で、何か変化があったということじゃ」

ジン「……と、言いますと?」

博士「おそらく、キラはかなり、Lに接近したんじゃろう」

博士「顔や名前を知らなくても殺せるというなら」

博士「全世界同時生中継(笑)のときにLを殺せたはずだからのう」

ジン「つまり……殺しに顔と名前が必要なのは変わらないと」

博士「そういうことじゃ。だから心配せんでもよい」

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:45:19.27 ID:r6Ltmomn0

ウォ「なっ、なんだとっ!?」

ジン「ん? どうしたウォッカ?」

ウォ「夜神月について調べてたんですが――」

ウォ「とんでもないことが分かりましたぜ!」

博士「とんでもないこと?」

ウォ「ええ! バーボンからの情報ですが――」

ウォ「夜神月は先月から――」

ウォ「キラ事件捜査本部に加入しているそうです!」

博士「な!? なんじゃって!?」

ジン「……夜神月が……Lに接触しているだと……?」

博士「お、おい! 他に捜査本部に加入したメンバーは?」

ウォ「いえ……新加入は奴だけですぜ」

ジン「……ということは……キラの正体は……」

博士「」ガクガクブルブル

ウォ「ん? どうかしましたか、ボス?」

479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:49:36.08 ID:r6Ltmomn0

博士「……ワシは夜神月と……同居しとるんじゃぞ……?」ガタガタ

ジン「落ち着いてください。ボスは表世界でも著名人です」

ジン「顔や名なんて、最初からバレてるも同然――」

博士「違う! ワシが言いたいのはそんなことじゃない!」

博士「奴が何故、ワシの家へやってきたか、ということじゃ!」

ジン「それは……」

博士(哀君の兄などと、見え見えの嘘を吐いていたんじゃ……)

博士(奴の真の狙いは……おそらくワシら組織をつぶす事……)

博士(そのために、まずはボスであるワシに接触し――)

博士(ワシら組織の実体を掴もうとしたんじゃ……!)

博士(くっ……なんて大胆かつ舐めきった行動!!)

博士(しかし身の危険が迫れば、ワシを脅せばよいだけ……)

博士(……計算し尽くされておる!!)

492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:53:45.00 ID:r6Ltmomn0

ウォ「じゃあ早急に奴を始末する必要がありますね」

博士「馬鹿者! そんなことをすればワシの命が危ないわ!」

ジン「……では、いかがしましょうか?」

博士「……計画を前倒しにする……!」

ウォ「なっ!? しかしまだ薬は未完成ですぜ!?」

ウォ「それに成功例の観察もまだ不十分かと思いますが」

博士「そんなことは分かっておる! だが時間がないんじゃ!」

博士「夜神月に殺される前に、目的を果たさなければ……!」

TV『えー! ここで緊急ニュースが入って参りました!』

博士「……ん?」

TV『警視庁に、あの怪盗キッドから犯行予告が届いたようです!』

TV『犯行予告時間は今夜9時、そして今度のターゲットは――』


TV『ありとあらゆる女性の――貞操だそうです!』


博士「なっ、なんじゃって!?」

505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:00:00.21 ID:r6Ltmomn0

ウォ「何だこれ……どういうことだ……!?」

TV『次にキッドからのメッセージを読み上げたいと思います』

レディース、アーンドジェントルメーン!
全国の女性の味方こと、怪盗キッドです。
今夜もまた、宝石を盗みに参上いたします。

それも皆さんの秘部に眠る――
――とびっきりのダイヤモンドをね。

僕に貞操を盗んでほしい女性の皆さん、
今夜9時に米花町のどこかで待っていてください。
それでは、シーユーアフターナイン。

TV『以上、緊急速報でした』

ジン「……ボス……これはいったい……」

博士「……分からん……だがこれは絶好のチャンスじゃ……」

博士「……この機会を逃す訳にはいかんな……」

ジン「……では……“花火”の準備を……始めるのですね?」ゴクリ

博士「うむ。既に環境だけは整っておる……」

博士「実行は今夜9時……それまでに薬のコピーを急ぐんじゃ!」

ジン・ウォ「「……了解!」」

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:05:45.73 ID:r6Ltmomn0

◆19時00分://阿笠邸/灰原の部屋◆

灰原「……あなたこそ……一体何者なの……?」キッ

僕を睨みつける彼女。

さっきまでの優しさは何だったんだ。
妙な気配消失による油断? ふざけるな。

過去、救いの手をくれた彼女に。
今、奈落へ突き落とされた。

絶望の底。半端ではない喪失感。
低下する思考力。締め付けられる胸の内。

狂いそう。抉れそう。壊れそう。
崩れそう。犯しそう。死にそう。


月「えっ? 僕の正体? キラだけど?」


それは自分の中で、何かが裏返る感じ。

519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:12:19.01 ID:r6Ltmomn0

灰原「……は?」

月「本当だよ」

灰原「ついていい嘘と、悪い嘘があるんだけど」

月「本当だよ」

灰原「……じゃあ証拠は……?」

月「今、この場で犯罪者を裁く」

灰原「……は?」

月「だからもし嘘じゃなかったら、僕と付き合ってほしい」

灰原「……ちょっと、自分で何言ってるか分かってる?」

もちろん分かっていた。

その論理が破綻していることも。
自分が壊れつつあることも。

月「今からテレビをつけて――」

月「最初に映った犯罪者を裁いてみせるよ」ククク

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:16:11.72 ID:r6Ltmomn0

『ピッ』

TV『えー! ここで緊急ニュースが入って参りました!』

TV『警視庁に、あの怪盗キッドから犯行予告が届いたようです!』

TV『犯行予告時間は今夜9時、そして今度のターゲットは――』

月「うあああああああああああああああ!!!!」

『ガシャンッ!! パリ―ン!! グシャ!!!』

僕はテレビを壊す。壊す。

月「何でよりによってお前なんだよ!! 死ね! 死ね!」

『パリーン!! ガシャン!! ガシャン!!』

TV『……』

月「……クックック! 殺してやったぞ!! ざまぁみろぉ!!!」

月「ハハッ! 雑魚キッドめ!! ハッハッハッハッ八八!!!」

灰原「……」

月「さぁ! 殺したよ! 僕と付き合ってくれ!!」

527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:19:13.83 ID:r6Ltmomn0

灰原「出てって……」グスン

月「ああ? 僕は約束を守ったじゃないか!」

灰原「お願い……だから……」グスン

月「ちっ! お前をそんな悪い女にしたのは誰だ!」

月「さては江戸川コナンだな?」

灰原「……」グスン

月「あのクソガキがあああああああ!!!!!!!」

『ガシャン!! ガシャ!! パリーン!!』

もはや夜神月という面影はない。

月「おいお前、アイツのことが好きなんだろ?」

灰原「……」グスン

月「何で答えねーんだよゴルァ!!!!!」

月「殺す!! 江戸川コナン!! 絶対殺す!!」

月「クックック。どうせ探偵事務所に行く予定だったんだ」

月「今から殺しに行く! フハハハハハハハハハッッ!!」

535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:23:23.54 ID:r6Ltmomn0

◆19時50分://米花町/某所◆

\ザワザワ/

記者「えー、ご覧下さい! この寒空の下、雪の中!」

記者「キッド様に抱かれたい女性達がもう集まっています!」

記者「お話を伺ってみましょう――いつから待ってるんですか?」

腐女子「キッド様が生まれる5秒前からですよwwwwデュフwww」

記者「そうですか! ところで、もちろん処女ですよね?」

腐女子「自明wwww33年ワレメ一筋、キッド一筋wwww」

記者「なるほど! スタジオ聞こえましたか? すごい熱意です」

記者「かくいう私も待ちきれなかったりします!!!」クパァクパァ

記者「さて、キッド様はこの大勢の女性達をどう捌くのか!」

記者「非常に見物ですね! それでは一旦返します!」

TV『――現場の記者さん、ありがとうございました』

TV『えー、今夜9時が非常に楽しみですね』

TV『それでは次のニュースです』

539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:27:23.58 ID:r6Ltmomn0

くだらない。何だこの騒ぎは?

僕は今から毛利探偵事務所に行くんだぞ。

邪魔なんだよカスどもが。

\キッド様ー! キッド様ー!/

月(不愉快なんだよ! その名を口にするな!)

くそっ。早く奴を殺さないと腹の虫が収まらない。

コナンめ。デスノートで殺せない所が余計にムカつくな。

小学生のくせに偽名なんぞ使いやがって。

てか死神の奴も。本名くらい言ってから死ねよ。

ん? 着いたか。


『毛利探偵事務所』


月「ふふふ。待ってろよ……江戸川コナン!」


                              〜中編・完〜

547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:30:08.01 ID:r6Ltmomn0

ネクストコナン図ヒント 「カオス」

556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:33:41.14 ID:r6Ltmomn0

◆???://毛利探偵事務所◆

小五郎「何だ何だ。この人盛りは」

蘭「お父さん知らないの? キッド様が原因よ」

小五郎「キッドだぁ? そんなの聞いてねーぞ」

蘭「ふぅん……じゃあ、私もそろそろ行こうかな♪」

コナン「え? どこに?」

蘭「キッド様の所だけど……どうかしたの? コナン君?」

コナン「いや、だって蘭姉ちゃんには……新一兄ちゃんが……え?」

蘭「新一? そんな奴は記憶から消滅したけど?」

コナン「……嘘……だろ……おい……」

蘭「んふふ♪ どんな下着履いていこうかな?」

コナン「らあああああああああああああん!!」

――――――
――――

コナン「はっ、夢!?」

英理「あら起きた? コナン君」

559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:36:31.86 ID:r6Ltmomn0

◆20時00分://熟女ヘルス『LawYer』◆

コナン「あれ……僕、どれくらい寝てた?」

英理「ふふっ。ほんの数時間くらいかしら」

コナン「……そう……なんだ……」

英理「それよりびっくりしたわ」

英理「久しぶりだもんね、コナン君が来るの」

コナン「アハハ。今日は英理おばさんに会いたい気分だったんだ」

コナン(ははっ……恥ずかしくて言えるわけねーよな)

コナン(この世をロリで埋め尽くすという、博士の目的を知って)

コナン(熟女派のオレが焦って熟女ヘルスに来たなんて……)

英理「あら? コナン君、何か隠してない?」

コナン「か、隠してないよ」

英理「ふふふ。そう」

英理「ところでコナン君が寝てる間に大変なことがあったのよ」

コナン「大変なこと?」

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:42:13.49 ID:r6Ltmomn0

英理「キッドが警視庁に犯行予告を出したみたい」

コナン「なっ!? キッドだと!?」

コナン(まさか、さっきのは……正夢!?)

コナン「……ターゲットはもしかして……」

英理「確か女の子の貞操って言ってたけど」

『ガタンッ』

コナン「蘭の処女が危ない!」

英理「えっ?」

英理「ちょ、ちょっとコナン君! どこに行くの!?」

コナン(熟女好きでありながら処女厨という矛盾……)

コナン(しかしそれがオレである以上――葛藤している場合ではない!)

コナン「最高の矛と、最高の盾が争うならば――」

コナン「オレは剣士として、漁夫の利を得るだけさ!」

そう言い残し、名探偵は熟女ヘルスを出発した。

向かうは毛利探偵事務所。熟女も大事だが、処女も大事だ。

575 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:48:31.93 ID:r6Ltmomn0

◆20時00分://毛利探偵事務所/玄関◆

『ピーンポーン』

蘭「はぁーい、今出ますね」

『ガチャ』

月「こんばんは。名探偵に相談があります」

蘭「相談ですか? あ、あの。もう営業は終わったんですが」

月「そうですか……それは残念」

『ガシッ!』

蘭「ッ!!」

月「動くな。動くと首がふっとぶぞ」

ライトは素早く回り込み、蘭を羽交い締めした。

手にはナイフが握られている。

蘭「ぅ……ぁ……」

とっさの出来事に、蘭も空手を繰り出せない。

579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:51:59.01 ID:r6Ltmomn0

◆同刻://毛利探偵事務所/客間◆

蘭「……ッ!」

小五郎「蘭!! お前、どうした!?」

月「これはこれは名探偵。夜分にすみません」

小五郎「貴様ァ!! 蘭に何してんだッ!!!」

月「おっと、動くと蘭さんの命はありませんよ」

小五郎「……くっ……要求は何だ?」

月「流石は元刑事……随分と理解が早いですね」

小五郎「元刑事……オレのことを調べたようだな」

月「いや、警察関係者の身内から偶々聞いただけですよ」

月「最近、あなたの探偵としての台頭は著しいですからね」

小五郎「……さっさと要求を言え」

月「ここに江戸川コナンがいるはずだ。奴を出してもらおう」

小五郎「ふっ。何が狙いか知らねーが、コナンならいねーぞ」

月「何?」

584 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 03:59:56.97 ID:r6Ltmomn0

月「嘘をつくな。小学一年生が出歩く時間じゃないだろう」

小五郎「何だそのマヌケな見解は? さては童貞か?」

月「おい!! 口を慎め!! 僕は新世界の神だぞ!!」

小五郎(ちっ……目が逝かれてやがる……)

月「さっさと出せ!! 奴を僕の目の前に!!」

『スッ』

蘭「うっ……!」

人質の首から、赤い線が滴る。

小五郎「……くっ……てめぇ……!!」

月「江戸川コナンはここに住んでいる。それは間違いない、な?」

小五郎「……ああ……今年の春から住んでいる……」

月「なるほど……今年の春とは興味深い」

月「つまり、眠りの小五郎が売れ始めた頃と同じ、ってワケだ」

小五郎「!!!!!」

592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 04:04:46.40 ID:r6Ltmomn0

小五郎「……何が言いたい?」

月「ふふっ。江戸川コナンの正体と関係があるのでは、と思いましてね」

小五郎「……コナンの正体……だと……?」

月「だっておかしいじゃないですか。眠りの小五郎だなんて」

月「当たり前ですけど、眠った人間は喋らないんですよ?」

小五郎「!!!」

月「答えてください。あなたは、眠ったフリをしているんですか?」

小五郎「……ッ!」

月「答えないという事は、蘭さんの命がどうなっても?」

小五郎「分かった! 分かったから蘭を傷つけないでくれ!」

月「なら、どうなんです?」

小五郎「……ああ……オレは……眠ったフリをしている……」

月「では、眠ったフリをして、実は推理を喋っていたと?」

小五郎「……いや、違う……実際に推理をしてるのは……コナンだ……」

月(……なるほど、見えてきたな)

597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 04:11:23.95 ID:r6Ltmomn0

蘭「ちょっとお父さん! それってどういう――」

月「黙れツノ男!!」

月「自分が人質だということを忘れるな」

小五郎「……おい、もういいだろ?」

月「いいや。まだです」

月「コナンの正体について、あなたにも思う所があるのでは?」

小五郎「……いや……ない……」

月「嘘が下手ですねぇ。そんなに蘭さんを殺したいですか?」

小五郎「くっ……!!」

月「あなたも頭が悪い。正直に言えばいいものの」

小五郎「……オレだって探偵の端くれだ」

小五郎「毎回、効果の無くなった麻酔銃を打ち込んでくる少年……」

小五郎「……そんな怪しい奴の正体を、考えないわけがないだろ……」

月「ほう。では、その正体とは?」

610 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 04:22:07.50 ID:r6Ltmomn0

小五郎「……オレの推理では……コナンの正体は……」


小五郎「……工藤……新一だ……」


月・蘭「「!!!」」

蘭「えっ……お父さん何言って……」

月「喋るなこのヘアスタイルがっ!!」

月「……毛利探偵。あなた、自分が何を言ってるか分かってます?」

月「高校生が、小学生になるはずないでしょう?」

小五郎「最初はオレもそう思ったさ。だが、今はそれしか考えられねぇ」

小五郎「あの推理力、顔立ち、新一行方不明後のコナンの登場……」

小五郎「あの声を変えるメカ、そして新一との通話時におけるコナンの留守率」

小五郎「まだ他にもある……裏付けるものが多すぎるんだよ……!」

月(……嘘をついてるようには見えないし、根拠はあるようだな……)

月(……信じられないが、一応ノートに名前を書いておくか……)

618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 04:27:16.43 ID:r6Ltmomn0

『工藤新一』

僕は2人に気を配りながら、
デスノートにそう刻む。

小五郎「おい……何をしてる?」

月「ああ、これは申し遅れました」


月「僕は世間一般に……キラ……と呼ばれているものです」


蘭「……え……」

小五郎「……な……に……?」

月「このノートはデスノートといって――」

月「名前を書くと、その人間を殺す事ができるんですよ」ニヤリ

蘭・小五郎「「!!!!」」

月「ちょっとコナン君には恨みがありましてね」

月「死んでもらう事になったわけですよ」ニヤリ

蘭・小五郎「!!!!!!!!!!!!!」

620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 04:31:11.39 ID:r6Ltmomn0

蘭「……取り消し……なさいよ」

月「あん? 誰が喋っていいって――」

蘭「取り消せって言ったのよ!!!!」

『ピシュンッ!』

蘭「んぁ……!!」

月「おい。まさかお前も奴のことが好きなのかよ」

蘭「ねぇ……新一は……無事なの?」

月「ふっ。まぁどっちでもいいが」

月「もし好きだったなら残念なお知らせがある」クックック

月「江戸川コナンこと工藤新一は、あと5秒で死亡だ!!」

蘭「えっ?」

月「4 3 2 1」

月「ゼロ!!!! ハッハッハ!!! さらばだコナ――」

サッカーボール『ギュルルルルルルルルルル!!!』

月「がぁ!!」< ずどーん!

631 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 04:39:23.89 ID:r6Ltmomn0

???「随分な始末じゃねーか、お兄さんよぉ」

月「……くっ……誰だ! 僕にボールをぶつけたのは!!」


コナン「江戸川コナン……いや」

コナン「工藤新一……探偵さ」


月「江戸川コナン!? お前、何で生きてるんだ!!」

コナン「バーロー。ノートに名前を書くだけで死ぬ方がおかしいだろ」

小五郎「おいコナン……お前、本当に……新一……なんだな……」

コナン「おじさん、今まで騙しててごめん」

小五郎「……オレはいい! 他に謝る人間がいるだろう!」

コナン「うん。分かってる……」

コナン「蘭……待たせたな……」

蘭「……本当に……コナン君が……新一なの……?」

コナン「ああ。遊園地のデート、一緒に帰れなくて悪かったよ」

蘭「……新一の……バカァ!」グスン

635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 04:45:21.14 ID:r6Ltmomn0

月「何故死なない!? こんなのは認めないぞ!!」

月「さてはお前、工藤新一じゃないだろ!」

小五郎「フン。キラごっこは終わりのようだな」

月「遊びじゃない! 僕は本当にキラなんだ!!」

小五郎(……目が血走ってる……どうかしてるぜコイツ……)

コナン「夜神月……お前の狙いは何だったんだ?」

月「お前を殺す事に決まってるだろ! そして組織も潰して」

月「灰原さんと2人で仲良く暮らすつもりだったんだ!!」

月「それをお前は! お前は……!!」

コナン「……組織? まさかお前……」

月「ああ! コードネームに酒を用いる組織のことだ!」

月「知らないとは言わせないぞ!!」

コナン「やはり、今朝の登校中に聞かれてたんだな……」

コナン「……知ってるよ。ボスの名前も、奴らの狙いも」

月「!!!!!」

643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 04:49:55.86 ID:r6Ltmomn0

月「おい教えろ! 僕はキラなんだ!!」

月「ボスの顔と名前が分かれば、ボスを殺す事が出来る!」

コナン「……悪いが、お前はキラじゃない」

月「キラだって言ってるだろ!」

月「じゃあこの女を殺せば信じるな? そうだろ?」

蘭「!」ビクッ

コナン「……そんなことをする奴に、教えると思うか?」

月「クズがっ! お前は灰原さんを救いたいとは思わないのか!!」

コナン「……」

小五郎「おい新一。こんな狂人の戯れ言に耳を貸す必要はない」

月「狂人だと? 僕のどこが狂っているっていうんだ!!」

月「狂ってるのは、お前の方だ江戸川コナン!」

月「お前が本当に工藤新一なら、何故心臓麻痺で死なないんだ!!」

コナン(……本当にコイツ……何言ってんだ……?)

649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 04:55:30.29 ID:r6Ltmomn0

月(待てよ。まさかリュークが放った言葉の、本当の意味って……)

月(コナンが偽名を使っている、なんてレベルではなく……)

月(そもそもデスノートで殺せない人間って意味なのか?)

月(……でもそんな人間が……この世に存在するワケ……)

コナン「おじさん、どうするこの人?」

小五郎「コイツはもう、何の脅威も無いただの狂人なんだ」

小五郎「警察がキッドの件で忙しい今――」

小五郎「無理に通報する必要はないだろう」

コナン「だよね。その辺の縄に縛り付けておこうか」

月(いや……でも“江戸川コナン=工藤新一”が本当なら――)

月(コイツは“時を遡った”ということになる……)

月(それが神の逆鱗に触れて――)

月(人間の称号を剥奪されたとしたら……)

月(ちっ……リュークめ……具体的に言ってから死ねばいいものの)

656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 04:59:52.63 ID:r6Ltmomn0

コナン「蘭、貞操は無事だろうな?」

蘭「やだっ、新一ったら……もう……///」

3人「「「わははははは」」」

月(クソがッ! こっちは真剣に考えてるんだぞ!)

月(僕は灰原さんと全然うまくいって――ん?)

月(……そういえば……コナンのことばかり考えてたが)

月(灰原さんに対しても……全部同じ事が言えるんだよな)

月(……待てよ……ってことはまさか……)

月(……灰原さんも……時を遡ったというのか……!?)

月「…………」

月「うあああああああああああああああああああ!!!!」

3人「「「!!!!!」」」

小五郎「……おい新一。奴に麻酔銃を打て」

コナン「いや、ダメだよ。この麻酔銃、強化してるから死んじゃう」

小五郎「そうか……なら仕方ねえな」

658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 05:03:30.73 ID:r6Ltmomn0

月(……落ち着け……僕は今の彼女が好きなんだ……)

月(……たとえ彼女が……既に人でなくとも……)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

リュ「やっぱり死神と人間じゃ……恋愛なんて無理だったんだ……!」

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

月「!!!!!!」

月(違う……何を考えてるんだ……)

月(彼女が死神なわけ――)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

灰原「今朝の登校中、妙な気配を感じたのよ」

灰原「そしてあなたと初めて会ったときもまた……」

灰原「全くと言っていいほど、同じ気配を感じたわ」

灰原「……どういうワケか、今は感じないけどね」

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

月(……ハハハ……ありえない……人間が死神になるなんて……)

661 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 05:08:15.79 ID:r6Ltmomn0

月「おい……江戸川コナン……」

コナン「……ん?(……何だ急に改まって)」

月「……お前は、死神って信じるか……?」

コナン「死神? 何だよ。今度は御伽話ってか?」

月「……真面目な話だ……」

コナン「バーロー。んなもんいるワケねーだろ」

蘭「そう? 私はいると思うな」

蘭「死神は人間を不幸にするから好きじゃないけどね」

月「……人間を……不幸にする……だと……?」

小五郎「ああ……昔からそういう言い伝えがあるな」

月「ハハハッ……じゃあ彼女が死神なわけないな……」

月「だって僕は今、こんなにも幸せ……ッ!?」

月「……こんなにも……しあわ……せ……」グスン

月「ハハハッ……ハハハハハハハハハハッ!!!」グスン

665 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 05:12:27.06 ID:r6Ltmomn0

月「……毛利探偵……コナンが来て、何か不幸なことは……?」

小五郎「不幸だぁ? むしろ収入が上がって大福だぜ大福!」

月「……それってつまり……身の回りで殺人が増えたって事だよな……?」

小五郎「……え……オホン……それはまぁ……そうだな……」ポリポリ

小五郎「確かにコナンを連れて行くと、そこで殺人事件は必ず起こ――」

小五郎「ちょっと待て。よく考えてみれば異常な程起こってる……」

コナン「……てめぇ……何が言いたい?」ガクガク

月「……お前……身体が小さくなったのは……組織のせいだろ?」

コナン「……ああ。奴らに変な薬を飲まされ、身体が縮んだ……」

月「……そうか……全てはその薬のせいだったのか……」

コナン「……どういうことだよ?」

月「……お前、もうじき黒い羽根が生えてくるだろうよ」

月「そしたら死神界に召されて、死神大王からデスノートを貰う」

月「後に顔は醜くく変わり果て、そして不老不死の身体を得る……」

670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 05:18:05.16 ID:r6Ltmomn0

コナン「……ハハハ……何言ってんだよ……」ガクガク

月「何って……時に逆らった……神からの罰さ……」

月「その組織はな……知ってか知らずか……」

月「……死神を作り出しているんだよ……」

コナン「ちょっと待て……」

コナン「……組織の目的は、ロリを量産することのはずだ……」

月「……なるほど……じゃあ知らずに死神の薬を作ってるわけだ……」

コナン「ふざけるな。証拠がないだろ」

月「証拠? フッ。こんな状況になって、まだそんなことを言うか?」

月「灰原哀と江戸川コナンに出会った今朝から――」

月「僕の運命はメチャクチャにされたんだぞ……」

月「家族は死に、仲間は死に、僕の心は、もう廃れてしまった……」グスン

コナン「……何をバカなこと……そんなことあるはず……」ガクガク

月「こんなことになるなら……最初から彼女に……」グスン


月「……出会わなければ良かった……」グスン

679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 05:24:37.95 ID:r6Ltmomn0

◆20時55分://帝探小学校/校庭◆

帝探小学校という名の、組織の基地。

被験者を観察するだけにはもったいなく、
その地下には隠された秘密があった。

雪が降りしきる中、
グラウンドから突如現れる巨大装置。

――通称“花火”。

勃起したペニスのようなそれは、
まるで願いを届けるように夜空を仰いでいた。

そして玉袋部分に白い粉を次々と注ぎ込む黒い人影。
これこそ、APTX4869(改)である。

ウォ「天候は雪と、最適ですね」

ジン「ああ。きっとうまくいく」

博士「……じゃあ行くぞ。準備はいいか?」

ジン・ウォ「「はい!」」

博士「ロリコンの願い……天まで届け!!!」

『ポチッ!』

686 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 05:29:31.12 ID:r6Ltmomn0

『ドォォォォオォォォォォォォォォオオンッッッ!!!!!』

とてつもない爆音と共に、
とてつもない量のAPTX4869(改)が放出される。

それは水に溶けない魔法の粉。
雪と区別がつかない白い粉。
呼吸で吸えてしまう軽い粉。

午後9時00分。

「我先に」キッドに犯されようと、全国から集まった女達。
薬の効果により、次々と倒れていく。

それに対し、「興奮しすぎたのか?」と思った連中は時既に遅し。
薬の効果により、次々と倒れていく。

それに対し、「我こそは」と、意気込む人種も時既に遅し。
薬の効果により、次々と倒れていく。

やがて集まった女性達および、
外出していた人間全てが倒れていった。

そこに遅れてやってくるキッドだが、

キッド「おい!! 僕の名を語って、予告状を出したのは……」

キッド「……誰……だ……!」

彼もまた、儚くも散る……。

693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 05:33:38.07 ID:r6Ltmomn0

起き上がる人々。
その数は全体の1割程度にも満たない。

コナンや灰原のように幼児化した肉体。
そして変声期を迎える前の声で泣き叫ぶ。

それはもう、何かの誕生を告げるように……。

どうしてこうなった。

どうしてこうなった。

その声の数は、およそ5000人。

もう彼女らは人ではなく……死神の子。

今までバランスを保っていた米花町だったが、

リュークとコナン達が、出会ってしまったことが運の尽き。

死神の力は、町の整合力を遥かに凌駕し、
結果として夜神月の不幸、キッド信者の発狂を生み出した。

そして今度は、5000という圧倒的な数。
その計り知れない死神の力は、さらなる絶望の幕を上げる――。

697 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 05:39:53.50 ID:r6Ltmomn0

『ガシャ! グシャ!!』

歩美「ふふふふふ!! 死ね!! 死んじゃえ!!」

『ガシャ! グシャ!!』

光彦「勉強? いやですよ! 死んで下さい!!」

『ガシャ! グシャ!!』

元太「よくも昨日、うな重に椎茸を入れやがったな! 死ね!」

それぞれの親を殺す歩美、光彦、元太の3人。

ジン「よくも今まで扱き使ってくれたものだ」

博士「――――」ポタポタポタ

ウォ「それはこっちのセリフだよ!」

『ガン!!』

ジン「ぐぁ!!」

ウォ「死んで詫びな。お二人さんよぉ……」

どんどん広がる、死神の力……。

701 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 05:46:56.77 ID:r6Ltmomn0

小五郎「オラオラオラオラ!!」

『ギシギシ』

蘭「あんあんあんあん!!」

子を犯す親。

優作・有希子「「一緒に死のう」」

仲良く心中する夫婦。

英理「あれ? 何で私、ヘルスなんてやってるの? 死の」

自殺する弁護士。

総一郎「ぷはぁっ!」

何故か生き返る親父。

総一郎「うううう!! があああああ……」

そして死ぬ親父。

カオスの輪は広がり続ける。

710 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 05:59:49.21 ID:r6Ltmomn0

そして世界は、終焉を迎える……。

720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 06:05:18.51 ID:r6Ltmomn0

バーボン「……ついにこの世界も終わり、か……」

???「ああ。これで最高の奉仕ができた。感謝する」

バーボン「ふっ。礼なんていらない……」

???「いや、実際。お前が居なきゃ達成できなかった」

バーボン「オレだって、お前のノートに気づかなきゃ死んでたさ」

???「あの捜査本部のやつか? あれは気づいたお前の方がスゲぇ」

バーボン「まぁ実際、信じるかどうかはかなり迷ったがな」

???「ハハハ。随分、無茶なことが書いてあっただろ?」

バーボン「まぁな。でもそのノートの効力のお陰で信じられたわけだ」

???「ふっ、それにしてもキッドを使うのは名案だったな」

バーボン「んっ? キッドを知ってたのかお前?」

???「ああ。つい最近、教えてもらったんだ」

バーボン「そうか。まぁ結果、組織の連中を上手い事誘導できて良かった」

729 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 06:13:14.66 ID:r6Ltmomn0

???「この姿になって、話すのは何回目だろうな」

バーボン「さぁ、結構頻繁に会ってるんじゃないか?」

バーボン「ライト君が生きてる間も会ってたし」

???「何言ってんだ。ライトはまだ生きてるぜ?」

バーボン「はいはい。でも実際、かなり負担が掛かってたと思うぞ?」

???「まぁ……それは否定できないな……」

???「実際ライトも、自分が壊れていくのを悟ってたみたいだし」

バーボン「だろうな。無意識に二重人格になってんだから」

バーボン「所々記憶も飛ぶし、何せもう一つの人格は死神だ」

バーボン「死神の力に影響され、とても正気じゃいられなかったはずさ」

???「……そうだよな……二重人格……なんだよな……」

バーボン「ん?」

???「いや、ライトの奴、オレが死んだと思ってるんだろ?」

???「……何だかそれが悲しくてな」

734 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 06:22:03.83 ID:r6Ltmomn0

バーボン「仕方ないだろ。『お前がLを殺す=お前が死ぬ』って思ってんだから」

???「でもよ、あの天才ライトだぜ? 気づいてくれてもいいだろう……」

???「Lはライトに恋をしていた。だからLがライトの寿命を縮めるわけがない」

???「それに他の奴らは取るに足らない連中。だからオレは死なないって……」

バーボン「でも、その隙があったからライト君の中に入れたんじゃないか?」

???「確かに……抜け殻状態になったライトに入ることは容易かったけどよ」

バーボン「終わった事にくよくよするな。これから創るんだろ?」


バーボン「新世界」


???「ああ、そうだな……アダムとイヴ、2人で新しい世界を創るぜ」

???「もちろんアダムはライト。イブはオレだけどな」

バーボン「ハハハ。それでいい。勝手にしてくれ」

???「そして上手くいった暁には、2人で禁断の果実を食う!」

???「それが今のオレと、ライトの夢……だなっ!」

738 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 06:30:59.59 ID:r6Ltmomn0

バーボン「禁断の果実って……リンゴだろ……ショボいな……」

???「おい! リンゴをバカにするなよ!」

バーボン「はいはい。じゃあまたどこかで会おうな」


(???)月「おう。ありがとな、バーボン……いや、宇木田」


(バーボン)宇木田「いいってことよ」


宇木田「このデスノートは、貰っていくぜ?」

月「構わねえ。オレにはライトのデスノートがあるから大丈夫だ」

宇木田「ふっ、礼を言う。じゃあな、リューク」

月「ああ、また会おう……新しい世界でな」


世界は滅び、地球が死神界と化した今、

ライトとリュークは、再び歩き出した。


                              〜後編・完〜



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「コンマで新羽島」【新鉄道ローカルネタ・名鉄】