ハルヒ「きょん!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「なによバカキョン!この童貞!」キョン「俺は非童貞だ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 09:50:39.04 ID:uvA6v3PB0

ハルヒ「きょんおそい!」

キョン「まだ集合五分ま……え¨」

古泉「…後でお話があります」ギロリ

キョン「な!俺は知らん!」

ハルヒ「きょんはやく!」グイグイ

キョン「ちょっと待ってくれ!」

みくる「ふぇぇ…^p^」

古泉「困ったものです」



ハルヒが幼児化したの誰かオネシャス!


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/06(月) 09:58:22.00 ID:uvA6v3PB0

〜喫茶店〜

古泉「今回は何を涼宮さんに吹き込んだんです?」ヒソヒソ

キョン「全く身に覚えがない」ヒソヒソ

ハルヒ「きょん!ヒソヒソばなししないで!」グイグイ

キョン「わかった!わかったから引っ張らないでくれ」ヤレヤレ

みくる「涼宮さん、なにを頼みましゅか?^p^」

ハルヒ「きょんといっしょのやつ!」

キョン「コーヒー。ブラックで」ドヤ

古泉「空気を読んで下さい」

ハルヒがキョンになついてる奴でオネシャス!

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 10:03:23.69 ID:uvA6v3PB0

ハルヒ「ここあおいしいねきょん!」ニコニコ

キョン「…ああ、おいしいな」

みくる「キョン君やさしい顔になってましゅ^p^」

長友「彼の中の父性が目覚めつつある」モグモグ

古泉「あの可愛らしさには抗えないようですね」


やさしいキョンでオネシャス!

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 10:12:34.28 ID:uvA6v3PB0

キョン「そろそろ行くか。ハルヒ、くじはあるのか」

ハルヒ「ないよ!きょうはみんなでいっしょにいくの!」ニコニコ

キョン「…そうか。じゃあ会計済ませてくるから外で待っててくれ」

ハルヒ「きょんだけはらうのはだめ!あたしもはらう!」バリバリ

キョン「ハルヒ…お前…」ウルウル

古泉「んっふ。しばらく様子を見ましょうか」

長門「そうすることを推奨する」

なかよしSOS団でオネシャス!

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 10:20:10.53 ID:uvA6v3PB0

カランカラーン

ハルヒ「きょん!てつなご!」

キョン「はいよ」ギュッ

古泉「涼宮さん、今日はどこに行く予定でしょうか」

ハルヒ「んー、ゆーえんちにいきたいなあ」

みくる「隣の駅に新しく遊園地がオープンしたみたいでしゅよ^p^」

古泉「そこなら親戚から丁度優待券を貰っていますので、たくさん遊べますよ」

ハルヒ「わー、こいずみくんありがとう!」ニコニコ


輝く古泉が見たいです!

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 10:25:43.83 ID:uvA6v3PB0

〜電車〜
キョン「もはや不思議探索でもなんでもないな」

ハルヒ「きょん、いやなの…?」ウルウル

キョン「いや、そんなことないさ」アセアセ

古泉「長門さん、今回もやはり…?」

長門「そう。涼宮ハルヒの願望実現能力によるもの」

古泉「さすがにずっとこのままは困りますね」

長門「ない。一時的なもの。更なる改変を引き起こさないためにも彼女を満足させることが重要」

古泉「なるほど」

みくる「お弁当持ってきておいてよかったでしゅ〜^p^」

かわいいみくるが見たい

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 10:30:22.38 ID:uvA6v3PB0

〜遊園地〜
ハルヒ「わー、ひとがいっぱいだね!」キラキラ

キョン「はぐれるなよ」

古泉「まずはなにに乗りましょうか」

ハルヒ「あれがいい!」

メリーゴーランド「ドン」

キョン「俺達があれに乗るのは勇気がいるな…」

古泉「腹をくくって下さい。今回もどうせあなたの一言が原因なんでしょうから」

キョン「くっ…(やっぱあれかな…)」

ハルヒ「きょん!はやくはやく!」グイグイ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 10:36:38.70 ID:uvA6v3PB0

代わってくれるならすぐ代わる

ハルヒ「きょん!いっしょにのろうね!」ニコニコ

キョン「わかったわかった」ヤレヤレ

みくる「うわー、すごいでしゅー^p^」

古泉「んっふ。実に微笑ましい光景ですね…ん?」

長門「かぼちゃ。二人のり」クイクイ

古泉「んふ。お伴させて頂きます」


古泉報われろ!

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 10:40:41.18 ID:uvA6v3PB0

ハルヒ「わぁ。いがいとはやいねきょん!」

キョン「あ、あぁ(あったかくて、やわらかくて、いいにおいが…いかん…)」マエカガミ

みくる「わー^p^」

古泉「彼も涼宮さんも楽しそうでなによりです」

長門「楽しい」

ハルヒ「きょん!つぎはなにのろっか!」

キョン「…(ドラゴンボールの肉弾戦…ドラゴンボールの肉弾戦…)」

ハルヒ「きょん!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 10:47:23.87 ID:uvA6v3PB0

キョン「ふぅ…」

ハルヒ「たのしかった!つぎはあれのりたい!」

ジェットコースター「ドヤ」

キョン「身長たりないだろおまえ…」

古泉「あちらのミニコースターはいかがでしょうか」

ミニコースター「よう」

ハルヒ「えー…やだやだ!ジェットコースターがいい!」

キョン「そうは言っても乗れないものは乗れん」

ハルヒ「やだやだやだ!」

ミニコースター「┐('〜`;)┌」

みくる「皆さんお弁当食べながら考えるのはどうでしゅか^p^」

ハルヒ「お弁当?!お弁当食べたい!」キラキラ

長門「食べたい」

キョン「切り替えが早いな」ヤレヤレ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 10:51:12.53 ID:uvA6v3PB0

お弁当

ハルヒ「みくるちゃんこれおいしいよ!これ!」グイグイ

みくる「ありがとうございましゅ^p^」

古泉「朝比奈さんのお弁当は毎回すばらしいですね」

長門「美味」ホワホワ

キョン「ああ、毎日でも食いたいぜ」ホワホワ

ハルヒ「きょん!でれでれしないで!」プンスカ

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 10:55:28.08 ID:uvA6v3PB0

食後

ハルヒ「ああおいしかった!わたしおしっこいってくるね!」ドタドタ

キョン「おし……」

古泉「朝比奈さん、ついていってもらえませんか?」

みくる「ひゃい!涼宮さーん、待ってくだしゃーい^p^」

長門「…」モグモグ

キョン「長門、いつのまにフランクフルト買ってきたんだ」

古泉「混んできましたね…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 11:01:12.90 ID:uvA6v3PB0

〜20分後〜
キョン「ちょっと遅くないか?」ソワソワ

古泉「心配ですね…」

長門「…」

〜さらに10分後〜
キョン「おい、おかしいぞ」

古泉「そうですね、探しにいk」

みくる「すいましぇーん、涼宮さんとはぐれてしまいましたぁ」トタトタ

キョン「…っ」ダッ

古泉「…長門さん、涼宮さんの位置はわかりますか?」

長門「ない。情報プロテクトが涼宮ハルヒ自身によってかけられている」

古泉「とにかく我々も探しにいきましょう」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 11:07:06.92 ID:uvA6v3PB0

〜キョンの回想〜
キョン「最近妹が生意気になってきてだなあ。かわいげがないんだ」

ハルヒ「何言ってんのあんた。妹ちゃんはあんたのマイナス100倍かわいいわよ」

キョン「俺のかわいさ、もともとマイナス値かよ!」

ハルヒ「意外ね。あんた自分のことかわいいって思ってたの?」

キョン「そうじゃなくてだな…とにかく、妹が小さくて素直だったあの頃はもう帰ってこんのかと、な」シミジミ

ハルヒ「…あんた、小さくて素直な子が好きなの?」

キョン「小さいは正義だ」キリッ

ハルヒ「…」

〜回想終了〜

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 11:13:30.41 ID:uvA6v3PB0

キョン「俺は小さい子は好きだが…勝手にいなくなる子は好きじゃないぞ!」ダダダダ

キョン「ハルヒー!どこだー!ハルヒー!」

〜〜〜

キョン「くそ、見つからねえ」ハアハア

プルルルル

キョン「もしもし、古泉か。ハルヒは見つかったか」

古泉『いえ、目下全力で探していますが、まだ見つかりません』

キョン「そうか…ん?あれは…」

古泉『どうしました?』

キョン「見つけたぞあいつ…ブツッ」

ハルヒ「あ、きょーん!どこいってたのよ!みてみて!ジェットコースターのれるよ!」

ジェットコースター「俺は身長制限110cmだ。良かったなお嬢ちゃん」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 11:19:35.35 ID:uvA6v3PB0

ハルヒ「きょーん!一緒にのろ!」ニコニコ

キョン「…」ハアハア

ハルヒ「…きょん?」

キョン「このバカハルヒッ!!」クワッ

ハルヒ「…ッ」ビクッ

キョン「どんだけ俺が…心配したと…」フルフル

ハルヒ「あ…ごめ…」ウル

キョン「あれ?(安心したら涙が…)」
ポロポロ
ハルヒ「うぇ…あ…びえー!きょんなかないでー!」ブワッ

キョン「はあ…馬鹿…」ポロポロ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 11:23:53.48 ID:uvA6v3PB0

ハルヒ「きょん…ごめんね…ごめんね…」グシグシ

キョン「もういいって。俺も怒鳴って悪かったな」ナデナデ

ハルヒ「ん…」

キョン「よし、みんなのとこ行くか」

ハルヒ「もうちょっとなでなでしてて」グイグイ

キョン「はいはい」ナデナデ



古泉「涼宮さんの中の高校生の部分が、彼に見つけてほしかったと」

長門「そう。それ故に情報プロテクトがかかっていた」

みくる「よかったでしゅ…」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 11:28:58.94 ID:uvA6v3PB0



キョン「だいぶ時間をロスしちまったな」

古泉「そうですね。残念ですが次が最後の乗り物でしょう」

キョン「うし、じゃあジェットコースターのって帰るか」

ハルヒ「…あのね、きょん」

キョン「なんだ?ジェットコースターに乗りたいんじゃなかったのか」

ハルヒ「さいごならね、みんなでかんらんしゃにのりたいなあ」モジモジ

キョン「おまえ…」ウルウル

古泉「おやおや」ニコニコ

みくる「私もみなさんでのりたいでしゅ」ニコニコ

長門「乗りたい」

キョン「よし。観覧車に乗るぞ!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 11:33:38.10 ID:uvA6v3PB0

〜観覧車〜

ハルヒ「みくるちゃん!いい景色だね!」

みくる「そうでしゅね^^」

キョン「ハルヒはもとにもどるのか?」ソワソワ

古泉「おや、やはり元の涼宮さんの方がよろしいですか?」

キョン「バッキャロー!そんなんじゃねえやい!」

古泉「彼女はきっと今日1日満足なさったと思いますよ」ニコニコ

キョン「そ、そうか…」ホッ

長門「きれい」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 11:38:09.92 ID:uvA6v3PB0

帰り際
キョン「ったく、寝ちまいやがって」

ハルヒ「zzz」スヤスヤ

古泉「では、お願いしてもよろしいですか?」

キョン「おう。どうせこのハルヒを一人で帰らせるわけにはいかんしな」

みくる「キョン君お願いします。」

長門「明日には戻ってるはず」

キョン「任せてください。それじゃあ」

古泉「それでは」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 11:45:37.09 ID:uvA6v3PB0

涼宮家の前

キョン「おいハルヒ、着いたぞ。起きろ」ポンポン

ハルヒ「んー…どこ?」グシグシ

キョン「お前の家の前だ。降ろすぞ」スッ

ハルヒ「あ…みんなにバイバイいってない…」シュン

キョン「また明日会えるさ。明後日も、そのあともな」

ハルヒ「ん…そうだキョン、ちょっとかがんで?」

キョン「ん?」スッ

チュ

ハルヒ「見つけてくれた時…お礼言えなかったから…ありがとね!」モジモジ

キョン「」

ハルヒ「じゃあねキョン!また明日!来なかったら死刑だから!」ガチャバタン

おしまい

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 11:46:40.33 ID:uvA6v3PB0

かきためも構想も山も意味もオチもなし

お目汚し失礼しました


誰かオネシャス!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マスオ「ええっー!おとうさんも決闘者なんですか」波平「左様」