のび太「もう!しずかちゃんのビッチ!!!!!!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「有希の本を床にドーンwwwwwwww」

ツイート

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 01:51:36.78 ID:yW7k2eOxO

しずか「違うわ、のび太さん誤解しないで」

のび太「出来杉はまだライバルと思ってるけど…」

しずか「出来杉さんとも何もないわ」

のび太「ジャイアンやスネ夫とも怪しいじゃないか!」

しずか「お友達ですもの、仲良くはするわ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 01:54:12.75 ID:yW7k2eOxO

のび太「でも…」

しずか「のび太さん、私を信じてないの?」

のび太「信じたいから苦しいんだよ!」

しずか「私も苦しいわ…」

のび太「えっ」

しずか「のび太さんに信じてるって言ってもらえなくて…」

のび太「しずかちゃん…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 01:56:17.44 ID:yW7k2eOxO

しずか「私、悲しいわ」シクシク

のび太「し、しずかちゃん」

しずか「のび太さんだけなのに」シクシク

のび太「泣かないで、しずかちゃん」

しずか「無理だわ、悲しいもの」シクシク

のび太「泣かせちゃってごめん」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 01:58:33.04 ID:yW7k2eOxO

しずか「のび太さんは悪くないわ」シクシク

のび太「…」

しずか「のび太さん信じてもらえない私が悪いのよ」シクシク

のび太「そんな…」

しずか「のび太さん、疑わせちゃってごめんなさい」

のび太「しずかちゃん…」キュン

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:01:10.52 ID:yW7k2eOxO

しずか「私が悪いの…」シクシク

のび太「しずかちゃん、僕の方こそ疑ってごめん」

しずか「のび太さん…」

のび太「もう泣かないで、ね?」

しずか「…信じてるって言ってくれるの…?」

のび太「当たり前じゃないか、こんなにしずかちゃんが泣いてくれてるんだもの」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:03:52.28 ID:yW7k2eOxO

しずか「の、のび太さん…」シクシク シクシク

のび太「わああ、しずかちゃん泣かないで」

しずか「違うの、ごめんなさい、嬉しいの」シクシク

のび太「え?」

しずか「のび太さんが、私を信じてくれることが、嬉しいの」シクシク

のび太「しずかちゃん…」キュン

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:06:47.97 ID:yW7k2eOxO

しずか「こんなに嬉しいなんて…私、のび太さんのことがとっても大事なのね」

のび太「!」ズキュン

しずか「のび太さん…ありがとう」

のび太「改まって…照れちゃうよ」

しずか「…ウフフ」ニコ

のび太「えへへ」デレデレ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:09:02.95 ID:yW7k2eOxO

しずか「のび太さん…」ウルウル

のび太「えっ、あっ、し…しずかちゃん!?」

しずか「…なんでもないわ」

のび太「そ、そう…」

しずか「えぇ」

のび太「そ、そろそろ帰るよ、遅いし」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:11:30.98 ID:yW7k2eOxO

しずか「そう、わかったわ…私もピアノのお稽古があるし」

のび太「あ、そっか!うん」

しずか「のび太さん…また、今度、ね?」ニコ

のび太「う、うん!またね!」ドキドキ





しずか「…余計な智恵がついてきたわね…チッ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:13:43.91 ID:yW7k2eOxO

しずか「単純に騙されてればいいのに」

しずか「本当に私を独占できると思ってるのかしら?」

しずか「またあんなことあったら…面倒くさいわね」

しずか「…」

しずか「イライラしてきた」

しずか「財布と買い物にでも行こうかしら」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:17:27.37 ID:yW7k2eOxO


〜街のカフェ〜

スネ夫「お待たせ」

しずか「スネ夫さん…」

スネ夫「あ、コーヒー」

店員「かしこまりました」

しずか「ごめんなさい、急に呼び出したりなんかして…」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:19:28.79 ID:yW7k2eOxO

スネ夫「いや、全然構わないよ」

しずか「…ありがとう…」

スネ夫「で、どうかしたの?なにかあったの?」

しずか「…」

スネ夫「…やっぱりのび太のことか」

しずか「…」コクン

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:22:01.49 ID:yW7k2eOxO

スネ夫「のび太がどうかしたの?うまくいってないの?」

しずか「…うまくいってない、ね…」

スネ夫「うん?」

しずか「そう言われればそうかもしれないわ…」

スネ夫「しずかちゃん…」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:25:16.59 ID:yW7k2eOxO

しずか「…のび太さん…私のこと…信じてくれてなくて…」

スネ夫「のび太が?しずかちゃんを?」

しずか「えぇ…いつも不安だって」

しずか「誰かにとられそうで不安なんだって…」

スネ夫「呆れた、のび太のやつ、学校のアイドルと付き合ってそんなこと言うんだ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:27:26.94 ID:yW7k2eOxO

しずか「最近…そんなケンカばかりで…」

スネ夫「バカだなのび太は」

しずか「…」

スネ夫「アイドルと付き合ってる自覚がなさすぎるよ」

スネ夫「それに自信もないんだろうな」

スネ夫「しずかちゃんという彼女がいながら…もったいない」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:29:20.29 ID:yW7k2eOxO

しずか「…そんな…」

スネ夫「しずかちゃんが人気なのはわかってたことじゃないか」

スネ夫「なのに今更不安だって?まったく、情けない奴だ」

しずか「スネ夫さん…」

スネ夫「…ごめん、言い過ぎたかな」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:34:20.55 ID:yW7k2eOxO

しずか「…ううん…」

スネ夫「しずかちゃんの選んだ男なのに、歯がゆくてさ」

しずか「スネ夫さんって大人ね…」

スネ夫「?」

しずか「私…なんだか…ちょっと嬉しい、なんて…思っちゃってる…」

スネ夫「!」ドキッ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:38:18.37 ID:yW7k2eOxO

スネ夫「なに言ってるのしずかちゃん」ドキドキ

しずか「…」ジッ…

スネ夫「…」ドキドキ

しずか「…私には、別の愛もあったのかしら…?」

スネ夫「!さ、さぁ…どうだろ?」ドキドキ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:41:40.80 ID:yW7k2eOxO

しずか「…私、小学生の時、スネ夫さんのことが好きだったの」

スネ夫「え!?!?!?」

しずか「そんなに驚かないで」

スネ夫「だ、だってそりゃ…びっくりするよ…」ドキドキ

しずか「でもスネ夫さんったら、ちっとも気付いてくれないんだもの」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:44:04.96 ID:yW7k2eOxO

スネ夫「…本当に?」

しずか「…」コクン

スネ夫「ぼ、僕もずっと…しずかちゃんのこと好きだったんだよ」

しずか「えっ…?」

スネ夫「あ、いや、小学生の時!昔だよ!」

しずか「…私たち両想いだったのね…」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:45:54.71 ID:yW7k2eOxO

スネ夫「そう、みたいだね…」ドキドキ

しずか「どこですれ違っちゃったのかしらね…」

スネ夫「…」ドキドキ

しずか「…」ジッ…

スネ夫「…」ドキドキ ドキドキ

しずか「…今日はありがとう、スッキリできたわ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:49:02.52 ID:yW7k2eOxO

スネ夫「え?あぁ、それなら良かったよ」

しずか「…懐かしい、でもとっても大事な思い出話もできたし…」ジッ

スネ夫「ホントだね」ドキドキ

しずか「私、気晴らしにショッピングして帰るわ、スネ夫さんどうする?」

スネ夫「…ぼ、僕も一緒に行っていい?」ドキドキ

しずか「えぇ、もちろん」ニッコリ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:52:42.99 ID:yW7k2eOxO

〜ショッピング中〜

しずか「あっ、見てスネ夫さん!とってもかわいいわ」

スネ夫「本当だ、しずかちゃんに似合いそうだね」

しずか「あら、ありがとう、ウフフ」

しずか「あっ、こっちも素敵!これも!」

スネ夫「なんだかずいぶんはしゃいでるね」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:55:00.75 ID:yW7k2eOxO

しずか「…久しぶりだからかしら…」

スネ夫「うん?」

しずか「こんなに穏やかに楽しく過ごせるの、久しぶりなの」

スネ夫「そっか…」

しずか「…」ニコッ

スネ夫「…」ドキッ

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:57:14.89 ID:yW7k2eOxO

しずか「さぁ、行きましょう」

スネ夫「あれ?買わないの?」

しずか「えぇ、見るにはとっても素敵だけど、手がでないもの」

スネ夫「…」

しずか「見てるだけでも、楽しめるしね」

スネ夫「あの、僕が買ってあげるよ!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 03:00:11.03 ID:yW7k2eOxO

しずか「そんな…悪いわ、急に呼び出して付き合わせちゃってるのに…」

スネ夫「いや、そんなの全然構わないんだよ」

しずか「あの頃と違うのよ…スネ夫さんの気持ちに甘えちゃう訳にはいかないわ」

スネ夫「じゃあ、あの頃の僕に買わせてよ」

しずか「えっ?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 03:01:56.79 ID:yW7k2eOxO

スネ夫「あの頃の僕は、しずかちゃんを好きなのになにもできなかった」

しずか「そんなこと…」

スネ夫「あの頃できなかったことを、今、させて欲しい」

しずか「でも…」

スネ夫「あの頃の僕の気持ちを受け取ってよ、しずかちゃん」

しずか「スネ夫さん…」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 03:05:47.81 ID:yW7k2eOxO

〜ショッピング後〜

しずか「スネ夫さん…こんなに、どうもありがとう」

スネ夫「いいよいいよ、しずかちゃん」

スネ夫「あの頃の気持ちが…やっと満たされた感覚だよ」

しずか「スネ夫さんったら…本当に…優しいのね…」ジッ

スネ夫「いや…し、しずかちゃんにだけ、だよ」ドキドキ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 03:11:06.28 ID:yW7k2eOxO

しずか「スネ夫さん…」ウルウル

スネ夫「…しずかちゃん…」

しずか「…明日も、会える…?」ウルウル

スネ夫「明日?大丈夫だよ」

しずか「会いたい…」ウルウル

スネ夫「…しずかちゃん…そんな…」

しずか「いけないこと?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 03:14:06.00 ID:yW7k2eOxO

スネ夫「…」

しずか「私たち、お友達でしょう?」

スネ夫「うん…」

しずか「会うの、おかしくないわよね…?」

スネ夫「…うん…」

しずか「…明日、会ってくれるわよね…?」

スネ夫「…悪い、のび太」ボソッ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 03:24:43.91 ID:yW7k2eOxO

しずか「えっ?」

スネ夫「ううん、何でもないよ」

しずか「明日…」

スネ夫「同じ場所でいいかな?」

しずか「えぇ、時間は…」

スネ夫「僕、待ってるから」

しずか「…」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 03:26:37.70 ID:yW7k2eOxO

スネ夫「しずかちゃんのこと、待ってる」

しずか「…わかったわ」

スネ夫「…じゃあ」

しずか「また明日、ね?」

スネ夫「また明日」





しずか「ウフフフフフ」

しずか「大量大量!さすが金持ち!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 03:33:22.45 ID:yW7k2eOxO

しずか「ちょっと好きなフリするだけの簡単なお仕事です、ってね」

しずか「まさかこ〜んなに買ってもらえるなんて…ウフフ」

しずか「てゆーか好きじゃなかったし」

しずか「待ってるからとか、うける」

しずか「まぁ、家を買ってもらえるまで頑張ろう」

しずか「頑張るのよしずか!ファイトしずか!」

しずか「なんてね、ウフフフフフ!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 03:43:15.72 ID:yW7k2eOxO

しずか「ふー」

しずか「まぁ、物欲は満たされたわね」

しずか「あとは…体、かしら?」

しずか「…」

しずか「いってみるかしら、何事もチャレンジね」

しずか「しずかったらイケナイ子」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 03:45:57.44 ID:yW7k2eOxO

〜剛田家〜

トントン トントン

ジャイアン「うるせーなぁ」

トントン トントン

ジャイアン「誰だよ、こんな時間に…」

ジャイアン「うるせ…しずかちゃん!?」

しずか「た、たけしさん…」シクシク

ジャイアン「どうしたんだ!?」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「授業中、不意に勃起することってありますよね」