キョン「おっぱい揉ませてくれよ」ハルヒ「死ね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみんとかのSS書くよ〜

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/14(土) 18:36:29.14 ID:dJDnkrnJ0

キョン「いいだろ別に減るもんじゃなしに」

ハルヒ「それ以上喋ったら蹴っ飛ばすわよ」

キョン「頼むよちょっとだけでいいk」

ハルヒ「しっ!」ドゲシッ!

キョン「あふぅっ!・・・なんで蹴るんだ」

ハルヒ「あんたがおかしなこと言うからでしょ」

キョン「普通じゃないことをするのがSOS団なんだろ」

ハルヒ「屁理屈をこねるな」

キョン「なんで揉ませてくれないのか」

ハルヒ「どこにいきなり胸揉ませろって言われて揉ませる女がいるのよ」

キョン「揉ませてくれないなら帰る」

ハルヒ「帰れば」

バタン

ハルヒ「・・・・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/14(土) 18:40:17.90 ID:dJDnkrnJ0


ガチャッ

みくる「あれー?今日は涼宮さんだけですかぁ」

ハルヒ「・・・」


翌朝 教室

キョン「よぉ」

ハルヒ「昨日はなに勝手に帰ってんの」

キョン「お前が帰れって言ったんだろ」

ハルヒ「はぁ?帰れって言われたから帰るとか小学生でもやんないわよ」

キョン「じゃあおっぱい揉ませてくれ」

スパーン!

キョン「痛い」

ハルヒ「口を開くな」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/14(土) 18:47:07.54 ID:dJDnkrnJ0

放課後 部室

ガチャッ

キョン「待ってたぞ」

ハルヒ「・・・・・・」

キョン「なぁハルヒ。お願いがあるんだが」

ハルヒ「頭に『お』がつく単語言ったら殴るから」

キョン「乳揉ませてくれ」

ハルヒ「・・・・・・」

キョン「無言は肯定と取るぞ」

ハルヒ「一歩でも近づいたら椅子で殴る」

キョン「・・・はぁ。お前のわがままも困ったものだな」

ハルヒ「あんた頭でも打ったの?」

キョン「どうして」

ハルヒ「平凡だけが取り柄のあんたがこんなこと言いだすなんてなにかあったと思うのが当然じゃない」

キョン「この年頃の男なんて5分に一回はおっぱい揉みたいと思うのが普通だ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/14(土) 18:52:31.96 ID:dJDnkrnJ0

キョン「頼む。この通りだ」ゲザッ

ハルヒ「・・・・・・」

キョン「こんなにしても揉ませてくれないのか」

ハルヒ「くだらないこと言ってる暇があったら不思議なことでも見つけてきなさい。それもできないなら喋んないで」

キョン「なんで揉ませてくれないんだ。理由をきかせてくれ」

ハルヒ「嫌だから」

キョン「なんで嫌なんだ」

ハルヒ「嫌なものは嫌だから」

キョン「なるほど・・・・・・」

ハルヒ「わかったらもう口閉じろ」

キョン「そこまでおっぱいを揉まれるのは嫌なのか・・・」

ハルヒ「喋るなってのg」

キョン「お前はそこまで嫌なことを朝比奈さんにやらせたわけだ」

ハルヒ「っ!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/14(土) 18:57:57.06 ID:dJDnkrnJ0

キョン「しかもほぼ面識がない他人に揉ませたうえ写真まで撮ってたな。パソコンが欲しいっていうだけで」

ハルヒ「あ、あれは団の活動に必要だったから!」

キョン「自分が嫌だから朝比奈さんにやらせたと」

ハルヒ「あたしは写真撮らないとだったから」

キョン「朝比奈さん泣いてたよな」

ハルヒ「・・・」

キョン「どう思う長門」

長門「・・・最低」

ハルヒ「っ・・・」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/14(土) 19:03:22.95 ID:dJDnkrnJ0

キョン「なぁハルヒ」

ハルヒ「・・・なによ」

キョン「おっぱい揉ませてくれないか」

ハルヒ「・・・やだ」

キョン「じゃあ帰るわ」

バタン

ハルヒ「・・・・・・」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/14(土) 19:18:44.49 ID:dJDnkrnJ0

翌日 部室

キョン「よぉハルヒ」

ハルヒ「・・・はやいわね」

キョン「まぁな」

ハルヒ「あっ、教室に忘れものしたみたい。ちょっといってくる」

キョン「おっぱい揉ませてくれ」

ハルヒ「っ!」

キョン「ちょっとでいいから」

ハルヒ「いやだっつってんでしょ」

キョン「おっぱいおっぱいおっぱい!」

ハルヒ「うるさい!!」

キョン「おっぱい!!おっぱい!!」

ハルヒ「いい加減にしろもうなんなのあんた!!」

キョン「じゃあおっぱいはいい。腕揉ませてくれ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/14(土) 19:25:15.48 ID:dJDnkrnJ0

キョン「おっぱいが嫌だっていうのはわかった。俺もこれ以上無理は言わない」

キョン「だから腕で我慢しようと思う」

ハルヒ「馬鹿じゃないの。そもそもあたしがあんたに付き合う必要がないじゃない」

キョン「朝比奈さんは胸を触らせて自分は腕すら触られたくないと・・・お前はそういう奴だったんだな」

ハルヒ「・・・」

キョン「それに、握手とか普通にするんだし腕くらいなんでもないだろ?なぁ長門」

長門「なんでもない」

キョン「ほら」

ハルヒ「・・・・・・腕くらいなら」

キョン「さすが団長!じゃあ腕出してくれ」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/14(土) 19:33:09.28 ID:dJDnkrnJ0

キョン「じゃあ腕出してくれ」

ハルヒ「なんであたしが・・・」スッ

キョン「ふーん・・・ハルヒは右なんだな」ニヤニヤ

ハルヒ「エロイ顔すんな!!」バシッ

キョン「いてっ!」

ハルヒ「やるならさっさとしなさいよボケキョン!」

キョン「じゃあ失礼して」モミッ

ハルヒ「・・・」

キョン「ほぉー・・・なるほどなぁ・・・」モミモミ

ハルヒ「・・・もういいでしょ」

キョン「まだ始まったばかりだろ」モミモミ

ハルヒ「・・・」

キョン「・・・」スススッ

ハルヒちょっ!どこ触ってんの!?」

キョン「なにって二の腕だが?」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/14(土) 19:40:21.51 ID:dJDnkrnJ0

キョン「ここも腕だろ?」

ハルヒ「っ・・・変なとこ触ったら許さないわよ」

キョン「ほほぉー・・・なるほどなるほど」モミモミ

ハルヒ「・・・んっ・・・」

キョン「へぇーほぉー」モミモミ

ハルヒ「なにうなずいてんのよ」

キョン「二の腕の柔らかさってさ」モミモミ

ハルヒ「なによ」

キョン「おっぱいのやわらかさと同じなんだって」モミモミ

ハルヒ「っ!?」バッ

キョン「なんだよーまだ途中だろ」ニヤニヤ

ハルヒ「うるさいボケ!!変態!!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/14(土) 19:42:26.30 ID:dJDnkrnJ0

ガチャッ

古泉「僕のお尻のほうが柔らかいですよ」

キョン「ほんとか!」

古泉「どうぞ」プリーン

キョン「おーうファンタスティック!!」モミーン


終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「せ・・・セックスの仕方ぐらい知ってるわよ!」