キョン「……あー……何もしたくねえ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:オリーブオイル「最近サラダ油ちゃんと仲良いよね」もこみち「え?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 18:34:40.47 ID:1OGX3ZG20


―休日―

キョン「あー……」

キョン「………………」

キョン「おっぱい」

キョン「………………」

3分後

キョン「おっぱいって何だよ」

キョン「おっぱいってなんであんなエロいの?」

キョン「……そもそもなんでおっぱいなんだ?」

キョン「誰かに聞きたい」


>>5

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 18:35:50.71 ID:yCqTeKmc0

ルヒハ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 18:39:57.17 ID:1OGX3ZG20

キョン「そうだ……ハルヒに聞こう」

prrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr


ハルヒ『何よ』

キョン「おっぱいって、何だと思う?」


ハルヒ「……ちょ、え、はあ!?アンタ頭おかしいんじゃないの!?死ね!」


ブチッ

キョン「んだよ、糞ビッチ。肝心なときに役にたたねえなあ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 18:40:20.81 ID:1OGX3ZG20

キョン「あ、そうだ」

prrrrrrrrrrrrrrrrrr

ハルヒ「死ね。切るわよ」

キョン「待て、実は俺はジョン・スミスなんだよ」

ハルヒ「っ……な、何でアンタがその名前を……」

キョン「知りたければおっぱい」

ブチッ

キョン「最終手段でも駄目だったか。次いこう」

>>15




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/26(月) 18:42:59.39 ID:VPd5vw640

春日

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 18:46:58.46 ID:1OGX3ZG20

キョン「芸能人なら分かるかもしれない」

―15分後―

キョン「案外すぐに電話番号分かったな」

prrrrrrrrrrrrrrr


マネージャー「もしもし」

キョン「あ、もしもし。私○○と言うものなんですけど、春日さんに用があってかけました」

マネージャー「すいません……いまちょっと番組の収録中なんで……折り返し、電話返させていただきます」

キョン「あ、分かりました。では」

プツ

キョン「……次行くか」

春日保留

>>21

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/26(月) 18:48:13.05 ID:z5Qr0mFi0

朝倉

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 18:52:27.60 ID:1OGX3ZG20

キョン「朝倉……決定だ」

キョン「あわよくばおっぱいを触らせてもらおう」


prrrrrrrrrrrrr

朝倉『はい、朝倉ですけど……どうしたの、キョン君』

キョン「おっぱいを、触らせてくれないか?」

朝倉『殺すわよ?』

キョン(電話を切らなかった事を後悔させてやる)

キョン「ああ、殺してくれてもいい。だからお前のおっぱいを俺に触らせてくれ」

朝倉『やだ……かっこいい……。なわけないでしょう。何よいきなり。最低よ』

キョン「お願いだよ朝倉ああああああああああ!俺死んじゃうよおおおおおおおおおおおおおおおおお」

朝倉『わ、分かったから。ちょっと待って!落ち着きなさい』


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 18:55:57.14 ID:1OGX3ZG20

キョン「きたあああああああ!いつお前の家行けばいい?」

朝倉『えっ、来るの?流石にそれは……』


キョン「死ぬ、今すぐ死ぬ。ハルヒを殺して俺も死ぬ」

朝倉『それだけは勘弁してくれない!?分かった、私でよければなんでもするから……』

キョン「その言葉、忘れるなよ」

ブチッ


キョン「………………きたあああああああああああああああ」


キョン「朝倉とセクロスだぜ!ひゃっほう!」

キョン「急がねば」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 19:00:05.03 ID:1OGX3ZG20


―朝倉のマンション―


ピンポーン

ピンポーン

ピンポーン
ピンポーン
ピンポーン
ピンポーン

朝倉「ちょ、本当怖いからやめて!」ガチャ

キョン「う、うもおおおうはうおおおおお!」ガバッ

朝倉「きゃああああああああああああああああ!」


キョン「朝倉いいにおいだよ朝倉」

朝倉「気持ち悪いわよ!本当に貴方キョン君なの!?」

キョン「ああ、すまん。俺としたことが性欲が爆発してしまった」

朝倉(うええええ……なんでことに……)


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 19:07:40.67 ID:1OGX3ZG20

キョン「で、朝倉。おっぱいの事なんだが……」

朝倉「単刀直入ね……。でも流石にもませるのは抵抗があるわ」

キョン「だったらレイプしかねえな。よろしい、そこを動くな」

朝倉「ちょ、ちょっと……本当やめて……いやああああ」ビリッ

キョン「服を破るというAVや同人誌でしか叶わない夢をかなえてしまったぜ」

朝倉「本当、やめてください……私だって一応女の子なのよ」

キョン「うるさい、バカ、黙れ。どうでもいいでしょそんなこと」

朝倉「よかないわよ!」

キョン「良い。では乳首から、いただきます……」ペロッ

朝倉「ひゃうっ……ちょ、本当……警察を……」

キョン「はっはっはっ、何でもあがくがよい。あれ……なんか……こ、これはっ……」

キョン「母乳が……でている……」

朝倉「いやあああああああああああああ!なんでえええええ!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 19:14:01.66 ID:1OGX3ZG20

キョン「成る程……赤ちゃんプレイか」

朝倉「一回、一回でいいからやめてちょうだい……」

キョン「何だ、朝倉」

朝倉「貴方なんでそんな私を犯そうとするの?別に私じゃなくたっていいじゃない」

キョン「おいおい、メンヘラかよ。好きな人を犯すのに理由が要るのか?つまりそういうことさ」

朝倉「大アリよ!私は貴方が嫌いよ!かえって!」

キョン「ええ……さんざんフラグ建てといてそれはない」

朝倉「フラグって何!」

キョン「俺のロケットことさ」ボロッ

朝倉「な……にそ……れ」バタッ

キョン「俺のチンコを見て気絶したか……」

キョン「まあいい、このままやろう」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 19:17:52.33 ID:1OGX3ZG20


キョン「…………おい」

朝倉「…………」

キョン「返事が無いな。屍のようだ」


キョン「むっ…………屍……?」


キョン「はっはっはっ……」


キョン(初体験が死姦まがいのものになるのか……」

キョン「
うむ、しかしよかろう。死体にほぼ近い気絶、それが初体験というのもまた趣がある」

キョン「乳首はもういただいたから……」

キョン「まんこ行くか」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 19:23:18.61 ID:1OGX3ZG20

朝倉「…………」ペラッ

キョン「うおおおおおおおお!性欲を刺激する紫の下着とは分かっていらっしゃる!」

キョン「近頃は縞パンだのなんだのと……ハイカラ過ぎるぜ」

キョン「…………まずはパンツの上から舐める。これ鉄則」

キョン「…………」ペロッ

朝倉「」ビクッ

キョン「体が動いてるぞおおおおおおおおおおお!いいいいいいいいやっほう!これはエロい!」ペロペロペロ

朝倉「」ビクッビクッビクッ

キョン「……やべ、俺いつから早漏になったんだよ。ちょっと汁でてきちまったぜ」


キョン「次はどこをせめるか……」

>>45

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 19:24:39.14 ID:7GypoOOQI

ksk

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 19:28:55.61 ID:1OGX3ZG20

キョン「俺は加速するぜ…………」ビュン


キョン(どれぐらいだせる……最低4……いや、限界は5までか)

キョン(ならばまずは視姦すべきだろ……)

キョン(すなわち、オナニーだ)


キョン「…………加速」シコシコシコシコ


ビュルッ!ドピュッ!


キョン「……ふう。……帰るか」

朝倉「ちょっと待ちなさいよ!」

キョン「!?あ、朝倉」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 19:34:58.21 ID:1OGX3ZG20

朝倉「何でここまでして自慰で帰るのよ!」

キョン「いや、だって、満足しちゃったし……」

朝倉「なんで自慰で満足しちゃうの!?普通するでしょ」

キョン「うるっせえなあ!男には賢者タイムってもんがあるんだよ糞アマ!ぶっ殺すぞ!」


朝倉「」ビクッ

キョン「……悪い、そこまでいうならやるか……つーかお前嫌がってなかったか?」

朝倉「えっ……?だって……その……」

キョン「?」

朝倉「キョ、キョン君が私の汚いとこ舐めるから濡れちゃって……その」

キョン「オーケイ、もう言わなくていい。俺に任せろ」

朝倉(やだ……かっこいい)

キョン(これぞハードボイルド。できる男)

キョン(ただし童貞)



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 19:41:08.95 ID:1OGX3ZG20

キョン「じゃあまずこのオナニーで汚れた俺のチンコを掃除してくれ」

朝倉「ええ!いれてくれないの……?」

キョン「俺はSなんだ。焦らしてやる」

朝倉「意地悪…………」カリッ

キョン「おい、歯をたてるなよ!」

朝倉「ご、ごめんなさい……」

キョン(やべ、可愛い)

キョン「もう駄目だ!なんかお前見てると我慢ができん!」

キョン(童貞だからなのかっ……これは)

キョン「奥で全部飲め!」

朝倉「んっ!?んぐっ……んるしい……おえっ」グイッ

キョン「でるぞっ!」ビュッ

朝倉「おえっ……おえっ……ゲホッ」ゴク

キョン「よく飲んだ。じゃあ、本番いくか」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 19:46:04.18 ID:1OGX3ZG20

キョン「脱がすぞ……」

朝倉「うん……」スルッ

キョン「これが……あわび……ヌルヌルじゃねえか」

朝倉「あんまり見ないで欲しいんだけど……」

キョン「あ、ああ、すまん。俺としたことが見惚れてたぜ。
じゃあいれるぞ……」

朝倉「//////////」


ヌプッ

キョン(……なかなかはいらな……うおっ!)

バタッ

朝倉「きょ、キョン君?キョン君、えっ?なんで、え?」

朝倉「死んでる……」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 19:51:36.97 ID:1OGX3ZG20

キョン

年齢:16

享年:16

死因:テクノブレイク



朝倉「どうして……」

古泉「恐らく、朝倉さんたちの話を聞くと彼は生前おっぱいのことばかり放していたそうですから、それで……その、限界がきたのでしょう」

長門「…………残念。彼にはテクノブレイクを超える進化の可能性があった」

朝比奈「私のせいですぅ……うぅ……」

ハルヒ「……本当に馬鹿よアイツ……うっ……ぐす」


              ―完―

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 19:54:45.67 ID:1OGX3ZG20

飽きたんじゃない

繰り返す

飽きたんじゃない


ただ、俺はオナニーしただけなんだ。そしたら体が勝手に……うっ……。





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「俺は無限少女になる……!」