サトシ「え!?学歴書いてない?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「そういう事か……そういう事かハルヒ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 01:32:01.12 ID:P0xVaSQU0


面接官「そう。君は学校いってないのかな?」

サトシ「えっと・・・はい・・・」

面接官「中学も卒業してないのによく受けにこれたね」

サトシ「・・・・・」

面接官「はぁ・・君は今までなにしてたのかな?」

サトシ「ポケモンマスターになるめに・・・ボソボソ」

面接官「え?なに?聞こえない?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 01:41:26.51 ID:P0xVaSQU0

サトシ「俺はポケモンマスターを目指して世界を旅してました!!」

面接官「つまりあなたは学業すっぽかして、遊んでいたわけですね」

サトシ「遊びなんかじゃないです!ポケモントレーナーは・・」

面接官「あなたねwww世の中なめてるでしょwww」

サトシ「そんな・・」

面接官「もういいですよ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 01:48:58.67 ID:P0xVaSQU0

面接官「早く出ってもらえませんか次の人に迷惑です」

サトシ「ちょっと待ってください!オレは世界を旅して色んな経験をしました
そこで出会った人たちポケモンたちに・・・仲間の大切さや・・・」

”オレは一体何をしていたんだ?”

結局どこも相手にしてもらえず
おれはポケモンブリーダーの資格を得るべく専門学校へ入学した

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 01:55:29.45 ID:P0xVaSQU0

母「とりあえず1年分のお金はあるけど・・サトシあなたどこからその
お金を・・」
サトシ「いや・・・別にちょっとね昔集めてた物売ったんだ」

母「そう・・・あなたなにか集める趣味とかあったのね」

サトシ「うん・・・」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 02:09:47.66 ID:P0xVaSQU0


ポケモンバトルに勝ったとしてもせいぜいお小遣い程度の
賞金だった
これじゃ学費の足しにもならない
だからオレは・・・・・・・


数年前までオレはポケモンセンターを転々とし
なんとか生活していた
センターでの暮らしは苦ではなかった
寝床もあるし食事もある
しかしいつまでもこうしてはいられないと心の中では思っていた
しかしマサラタウンに戻ろうと決意した時にはもう遅かった

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 02:19:33.47 ID:P0xVaSQU0

サトシ「やばいよ・・・ピカチュウ・・オレどうしたらいいんだ・・・」

ピカチュウ「まぁ元気だせや な? それよりもう一個不思議なアメちゃんくれや!
舐めとったら気持ちええんやわ 頼むわ」

サトシ「ピカチュウ・・・どうして・・・」


全部オレが悪かった

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 02:26:20.41 ID:P0xVaSQU0

ピカチュウ「なんやねん くれへんのかぁ? ええよべつに
もうなんもせぇへんからな ええねんな
あ、 お前に一回十万ボルトしたろか
いままで冗談でビリビリしまくってたけど
本気ですんぞ なぁ? まだ死にたくないやろ?」

サトシ「・・・・・」
オレはこっそり眠り粉をかけて渡してやった

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 02:41:53.76 ID:P0xVaSQU0

サトシ「どうだ・・?おいしいかピカチュウ?」

ピカチュウ「なかなかのじょうもんやなぁ サトシたまには役に立つなぁ
あれ? なん・・や・・気分が・・」

サトシ「どうした?ピカチュウ」ニヤッ

ピカチュウ「いや?なんかな うちぃ 身体あつうなってきた・・」

サトシ「え??」

ピカチュウ「ハァ・・ハァ・・ なんやいつもより気持ちええわぁ」

サトシ「な・・・に?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/21(水) 02:46:33.15 ID:P0xVaSQU0


行き詰ってきたんで
おわります



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:森「涼宮さんに言ってはならないことがあります」キョン「それは?」