設楽「え、と、じゃあここホントに雛見沢なわけ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「俺の初セックスの話でもしようか」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:11:19.40 ID:5NBFor2w0


【日村さんの家】

ピンポーン

日村 「あ〜、設楽さん。よく来たね。まあ、上がってよ」

設楽 「んじゃ、まあ、失礼しま〜す」

日村 「ちょっと、じゃあ、お茶でも入れるから、うん。そこ座っといて」

設楽 「あ、悪いね。あ、そうだ。これお茶菓子、持ってきた」

日村 「え〜、マジ?やった〜、ありがと、設楽さん」

設楽 「いいよ、ぜんぜん」



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:15:43.83 ID:5NBFor2w0


がざがさ

設楽 「あれ、日村さん、これ・・・こんなゲーム持ってたっけ?」

日村 「あ〜、それね・・・いや、別に俺は興味なかったんだけどさ。
     髭男爵がやれやれってうるさいからさ〜!」

設楽 「ふ〜ん、『ひぐらしのなく頃に』ってタイトルなんだ。どういうゲームなのこれ?」

日村 「いや、それがさ。まだ俺も買ったばっかで、全然やってないのよ」

設楽 「・・・なんかこれ、美少女系のゲームなの?」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:18:38.24 ID:5NBFor2w0


日村 「いや、だから、俺は全然興味ないのよ?でも、髭男爵がさ・・・」

設楽 「いや、別にいいじゃん。日村さんも自分で買ったってことは、
    ちょっとぐらいは興味とかあったわけでしょ?じっさい」

日村 「いや・・・そういや、まあ、そうだけど・・・」

設楽 「日村さん、いつもそういうとこあるよね」

日村 「いやいや、いつもなによ?w」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:21:19.92 ID:5NBFor2w0


設楽 「んー、なんか、人に言われたから、仕方なくやったみたいな」

日村 「いや、別にそんなことないよw」

設楽 「この前もさ、アメリカのロケいったじゃん。二人で。」

日村 「あー、行ったよ。うん。」

設楽 「なんかそんときも、普段まったくしないのに、サングラスとかしてさ」

日村 「いや、それは周りがみんなしてるからでしょw」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:29:11.37 ID:5NBFor2w0


設楽 「でも、日本だと全然ファッションとか、雑誌に合わせたりしないじゃん」

日村 「うん、まあ、そうだね」

設楽 「でしょ?でも、海外に行ったら途端に周りを気にしてるわけでしょ?」

日村 「うん・・・そうかな」

設楽 「だから、俺が言いたいのはさ・・・人の目とか気にしないで、堂々と
    自分の興味あることとか、好きなことをはっきりと示せばいいんじゃない?ってこと」

日村 「あー確かに、人の目とか海外だと特に気にしちゃってるかもしんない」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:33:46.78 ID:5NBFor2w0


設楽 「日村さんは、なんていうか、自分が周りからどう見られてるかってことに
     かなり神経質になっちゃってるからさ。
     日本だと、雑誌に載ってるような服装しないのは、あれでしょ・・・
     あいつなんかがあんなかっこして(笑)とか周りから思われてるとか
     そういうこと考えてなんじゃないの?」

日村 「あ〜・・・そうかも。日村のくせにおしゃれしてwとか思われてないかって
     考えるときあるわ」

設楽 「俺は、日村さんは、もっと自信持って、おしゃれしていいと思うしさ・・・
     こういうゲームが好きだったら、どうどうとさ・・・
     他の人には別にいいけど、せめて、俺だけ。俺だけにはどうどうと言ってよ」

日村 「うん・・・分かった。」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:35:41.68 ID:5NBFor2w0


設楽 「じゃあ、この話はここまでにして・・・
     今日は皆既月食を見に行くってことだから、そろそろいこっか」

日村 「そうだね、もうそろそろ月食の時間だし」


 設楽たちは、月食を見に出かけた。



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:38:05.55 ID:5NBFor2w0


日村 「あー!あれ、月がちょっと隠れてきてるよ!」

設楽 「あ、ほんとだ」

日村 「うわっ、すっげ!もう全部隠れるんじゃない、あれ?」

設楽 「それにしても、なんか暗すぎない?ほんとに真っ暗だよ、ここ」

日村 「あれ!?設楽さん!?どこいったの!?ね!?」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:40:08.19 ID:5NBFor2w0

・・・・・・
・・・・
・・


設楽 「・・・ん!?まぶしっ・・・」

設楽 「・・・あれ、俺月食見てたんじゃなかったっけ・・・?」

設楽 「日村さん!起きて、ねえ!」

日村 「ん〜、なに、もう?」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:42:43.51 ID:5NBFor2w0


日村 「・・・あれ!?なにここ!?なんで俺こんなとこいんの!?ねえ!?」

設楽 「さあ・・・でもなんかここ、すげえ田舎じゃない?アスファルトとか全然なくね?」

日村 「ほんとだ・・・てか、周りも山ばっかりじゃん!」

設楽 「ここさ・・・」

日村 「えっ!?なになに!」

設楽 「日村さんの持ってたゲームの背景に似てない?」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:47:35.78 ID:5NBFor2w0


日村 「え!?・・・いや、でも確かに。雛見沢っぽいよ、ここ」

設楽 「・・・ひなみざわ?」

日村 「いや、だから、ゲームの場所じゃん。雛見沢」

設楽 「え、と、じゃあここホントに雛見沢なわけ?」

日村 「いや、わかんねーけど・・・それっぽいよ、うん」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:50:16.32 ID:5NBFor2w0


設楽 「ふ〜ん・・・あっ、向こうから誰か来たよ?」

                      , -‐'"゙``ヽ、
                   , -'´‐- 、、   ヽ
               , - '´   _    ヽ   ヽ
              ∠ --‐'' "´,-‐'      ヽ  i
           , -'´  __ ,-‐ ' ,         ヽ i
       , -'´  ,-r‐'´     /ヽヘ        i |
     , -    / /     {  |   | iヽ  |   i |
   /     /  !  /|  i |‐廾ト  | /斗‐ i   i: |
  /     /    { /i i ヽi イ介ヽ  ,ィ介!ゝi  i::  |
  \    \    ヽ| ヽヽ N 辷j    {::。ソ / ノ:::: |
   \     ゝ、   ヽ| ヽ ゝ       // /::: |
      ヽ    |  `ヽ、_ \ `ヽ、 ヽフ  /|  /:::::: |
       `iヽ、 |      ̄ヽ ト-`i - イ  i /:::::::  |
        i:::::::::|  ヽ   :: ヽ!  l二二L__|/::::::::  i
        |:::::::::|   \  i    :::::::::::::::::/ ̄7 ̄``ヽ
        \::ノ    /         /  /     i

魅音 「あれ〜、おじさんたちここでなにしてるの?」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:53:13.25 ID:5NBFor2w0


日村 「あれ!園崎魅音じゃん!」

設楽 「え?だれそれ?」

日村 「だから、ゲームの登場人物じゃん!」

設楽 「あ〜そうなんだ・・・で、なんて言えばいいのかな?」

日村 「いや、バナナマンですって言えばいいじゃん」

設楽 「俺の記憶が確かならさ・・・あのゲームっ昭和59年って設定じゃなかった?
    俺らまだいねーだろそんとき」

日村 「あっ、ほんとだ!確かに。そうだよ、いねーじゃん俺たちw」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 18:58:04.10 ID:5NBFor2w0


設楽 「(しょうがねーな・・・)あ、俺たちは雑誌記者なんだ。
      田舎の自然をピックアップしようと思って。
      俺は、設楽って言うんだ。こいつは、俺の助手ね」

日村 「アシスタントの日村ですっ」

魅音 「へ〜、記者さんなんだ〜。
     雛見沢の自然はとってもいいよ〜!
     そうだ!案内してあげようか!?」

設楽 「あ〜・・・それじゃあ、お願いしようかな。ね、日村さん」

日村 「えっ!?あ、そ、そうだね。ぜひお願いします」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/16(金) 18:55:30.03 ID:o3m/X/vG0

日村はともかく設楽も話の概要知ってんのかよ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:01:18.37 ID:5NBFor2w0

>>20
冒頭でゲームのパッケージを見てる設定です


設楽 「えっと・・・君の名前は?」

魅音 「あ、園崎魅音です」

設楽 「ところでさ・・・今って何年だっけ?」

魅音 「いま?えーっと、昭和59年だよ」

日村 「マジじゃん、これ・・・」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:02:13.95 ID:5NBFor2w0


【古手神社】
         、,,                           ,
        `、`゙'''ー=============================ー'''゙´ノ
         `ゝl!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!イ´
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
        ,.r''"=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=`゙'、,,
      ,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|ヽ=`''、,,
   __,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|=`゙''-、__.;i;';.
:、;;`、エ@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@エr''´.;i;';.
;i;';.:;;:、;<__人__>-------<=二二二二二二二二二=>-------<__人__>.;i;';.Y;:;;::
:;;::、;;:。; |□|田田田田田||.(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;) ||田田田田田|□|;:。;:;;::。;:;;::、
`;`;;i`.:;:i..''|| :田田田田癶||ロロ|    .§. .   .. . |ロロ||癶田田田田 .||'`,:'':'`:Y:'';;::,:'':';:
`;i`.;` ;;i`´.||〒〒〒〒(:::::)ロロ|   .,--§--.、   .|ロロ(:::::)〒〒〒〒';.,,;;`;;i':';:;..,,:'':';:;"
`;;ii|!:;. ,,;...;)}{{.|llll|llll|llll|llll|┃||ロロ|____.| ̄ ̄ ̄ ̄||___|ロロ||┃llll|llll|llll|llll|.}}ヾ':';:;..,"i|!i|!,:'':';:;..
─-==-_─三─≡-=─-==-.::::; ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、:::..─-==-_─三─≡-=─-==-_
二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-:::::/: : : : : : : : : : : ヽ::::.-==-_─-==-_─三─≡-==-_
,,,,_,,ー,,,- ,,,- ,,,, _,:,, ,,-  ,,,::::r'' : : : : : : : : : : : : : :゙''、::::..ー,,,, ,,,,,,ー ,,,,- ,,,,,, -,,,,,,,- ,,,,ー ,,,, ,,
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\:::::::::
_______________|____________________|__________________|________________|_____________________|______________|_______
::::/::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::
__|__________________|_____________________|_______________________|_____________________|___________________|______
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::
_____|____________________|__________________________|________________________|_______________________|______________
:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::
__________|__________________________|_______________________________|___________________________|________________________

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:03:15.19 ID:5NBFor2w0

::::::::::│                                  .. . .. . .. .. . : ::::   : : ::::l  ! .: :: ::::::::: |::::
::::::::::│................................ ..........................  ................................. :::::::::::: ,.  -─……… -   i  ! ::::::::::::::::::|::::
::::::::::│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: :: ::: : / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ! ::::::::::::::::::|::::
::::::::::│:::::::::::::::::::::::::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::: ::::::: ::::::: : : :::::::::::::: / :::/:/ ' : | :::::\:::::::::::::::::::::: ヽ : ::::::::: |::::
::::::::::│ ::: : :::: : :: :: : :: :: :: :: :: :: : : : ::: : : :: : : :: :::: : : :: ::: :./::/::::/:::| : :| ::::ヾ::::ヽ:::::::::::::::::::::::V::::::::: |::::
::::::::::│:;:;: : : : : : : : : : : : : : : : ノ:;:; : : : : : : : : : : : : : : : : l:/ :::::: ' : :| : :|::::::::::|_ノ ::::::::::::::::::::::::|:::::::::::|::::::
::::::::::│;::::.,.,..,., :::::::::.,.   ;::;;:':;:;:;::;:;::;ヽ :: : : :: ,., __ ,..,... :;:;\ / :::::j ::::|__::::イ:::::::::::::::::: l::::::::::|:::::::::::|:::::::
::::::::::│人;::;:;:;:;:"' ノ:;:;:;:;::;:;f:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;:;:::;:`Y"´:;;::;:;:;:;:;::;:; ;:;:;:;:;::;:;丁::::`ー|::::::::::::ヽ :::::::::::: | ::::::::| ::::::::::::::::
::::::::::│:;:;:;: . :;:;:;:;:;:;::;:;:., ':;:;:;:;:;:;::::::::::::::::;::;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;: Y : :;:;:;::;:;:;::;│:::::::::|!:::::::::::::: ' , ::::::::::',::::/::! ::::::::::::::::
::::::::::│;:;:;::;:;:);::;:;:;:;:;:ノ;;;;::;:;:;:;:;:;;::::::::::::::: ノヾ:;:;:;:;:;::;:;: /:;:;:;:;:;::;:;:;:;:: │:::::::ハヽ.::::::::::::::\::::::::V:::::! ::::::::::::::::
::::::::::│:;:;:ノ ⌒ v':;:;:;:;:;::;:;:;::::::::::::::::::::j;::;:;:;:;::;ヽ ;:;:;:;::;:;::::::;:;:;::;:;:;:;::;│::::/`ー |! ` ー- 、:::ヽ:::::|::::| ::::::::::::::::
::::::::::│´":;:;::;:;:/:;:;:;:;:;:;::;:;:;:::::::::::::::::::; '":;:;:;:;:;:;:;::ヾ:;:;:;:;:;:;:;::;:;::;:;:;:;::; |:::::l :;:;:;:/ゝ) --ァ⌒:ヾ ::: |::::| ::::::::::::::::
::::::::::│::;:;: :::::::::::::>:;;:;::::;:;:;::;:;:;:;: /:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:::::;i;:;:;:;:;::;:;:;ヾ:;:;:;:;: |:::::| ;: /:::::/ / /  ::::::V::|::::| ::::::::::::::::
::::::::::│:;:;:;::v '":;:;:;:;;::;:;:,,,. ::;:;:;:;:;:/;::;:;:;:;:;::;:;:::::;:;::;:;:;i;::;:;:;:;:;:;::;:;:ゞ:::;:│:::| :::l:: ノノ /   ::::::: |::::::::', :::::::::::::::
::::::::::│:;:;:;::;;ヾ.:;:;:;:;:;レ ':;::;:;:V:;:;:;ゞ:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:::;:;:ノ ::;:;:;:;:;::;:;:;::;:;:; │:::|;:: レ′  | Y ::::::: | :::::::ハ ::::::::::::
::::::::::│:;:;:;:;::;:;:;:V`:;:;:;:;:;:;:;:;:::::;::;:;:;:;::;:;:;::;:;:;:;: ,.  ⌒  、 :; :;:;:;:;::;:; │:│:│   :|  ! :::::::::/ :::::: |: ', ::::::::::::
::::::::::│,.;;.:;::;::;::;:;i ';::;:;:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;:;:;:;::;:;:;: /   l  \:;:;::;:;:;:;:;:│:/ ハ    `ー| :::: ハ ::::::: |::::V :::::::::
::::::::::│;:;:;:;:;::;:;:;: v ;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:; /  :::::::::::: |::::::::. \ : : :::::;::;:;::: } i      | :::::| j::::::::: ! :::| ::::::::::
::::::::::│ ; : : : :: :::: ヽ :;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;::;:;ハ .::::::::::::::::|:::::::::::   \_ :;:;::; _ 人 i      | :::::|ノ ::::|::::! :::| ::::::::::
::::::::::│"ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;::;:\ :;:;::::;::;:;:;::;:;:;: Y ` 、:::::::::::|::::::::::::::::::::  √::「      . ::::::: | :::::| ::::: |::::| :::| ::::::::::
::::::::::│:;:;:;:;):;:;:;:;:;::;:;:;:;:: ):;:;:;:;:;:;::;:;::;:;::; |  :::::\:::: |:::::::::::::::::::::::::::! :::|::::........... :::::::::: | :::::| ::::: |::::|:::ノ :::::::::::

     また・・・この季節が来たわ。昭和59年6月・・・。
     いったい私は何度同じことを経験すればいいの・・・?
     そして私は何度殺されないといけないのだろう・・・?

     もう疲れた・・・。


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:04:32.31 ID:5NBFor2w0



魅音 「お〜い!梨花ちゃ〜ん!」


     , '  /      /    /   il   ハ    ヽ      \
     /  / , ' / /   /    /     !l     ハ    ',   ヽ    ヽ
    /  , ' , ' / /   ./    〃    il !    i    ,   ',    ヘ
    `ヽ/  /  ,' ,'   /     //    〃l     l    l   ', ヽ /
     /  /  .,' ,'  / _-_‐_≠z... ___// L_-_‐_‐.l‐- 、  .!     i  >
     ``i  ,' .i   ̄ ,' z=、=ミ、       z==、ミ、ー- 、」     .l '´
        └‐ '、__ ' ̄ノ¨7/ト-イ::ハ          ト-イ:::ハヽ l L - ┬ '' l
         //    .ハ ! {:::ソ }          ! {::::リ`} .〉l    l  l   みぃ〜?どうしたのですか?
         //    '   ゝニノ        ゝニノ  .!     !   ',
         //    /`、        '         /l    !.  ',
        〃'    イ`ーヽ        ―         /‐1    l   ヘ
      〃'     //   ヽ、           , ィ´  ‖   .l   .ヘ
.     〃'     〃'      `` ー ... _  ,, イ   !l   l l.   ‖   ヘ
     〃,'     〃'   l l   l  l   `´   l   ',ヽ リ l   l.l    ヘ
.   〃 '     〃'    l !  l  ノ        l   ヽ` ./ l   l l     ヘ
   〃 ,'    /,','    _  ,  '         `丶、  ,' !    l l     ヘ
.  〃 '    /,',' _ .. ィ'r '`´ー―‐- 、   ' `ー――`,'  !   l l.     ヘ



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:08:31.96 ID:5NBFor2w0


魅音 「それがさ、雑誌の記者の人を案内してあげてるんだ。
     雛見沢の自然を見たいって言うからここにさ。」

設楽 「うわ・・・めちゃめちゃ眺めいいじゃんここ」

日村 「うわ、すげっ!」

魅音 「彼女は、古手神社の古手梨花ちゃんだよ」

日村 「(梨花ちゃまじゃん・・・キーパーソンだよ、このゲームの)」

設楽 「あ〜・・・梨花ちゃん?ちょっと話を聞かせてもらってもいいかな?あっちで」

梨花 「いいのですよ」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:12:09.72 ID:5NBFor2w0


設楽 「実はさ・・・俺らは、雑誌記者じゃないんだ。
     本当は、理由は分からないけど、2011年から来ちゃったんだよ」

梨花 「・・・・・・」

日村 「確かに、馬鹿げてると思うよ!?こんな話さ!
     でも、ほんとうなんだ!ほんとうに俺らは2011年から来たんだ」

:::::::::::::::::: : : : : :/ ',        _..lゝ-―- ..ト_、    ヽ     l   /   ,'
::::::::::::::::: : : : .:/  ヽ.       ̄l ̄ヾ二_‐l‐-¨ニ、=' ト、     l   /l.   /  l
::::::::::::::::: : : .:/    \     l , z==≧、l二_‐ ヽ. l !   `=lニ≠/=、 ./   l
:::::::::::::::::: .:.:.l l l      ヽ、  /Vィ  ):::::ヽ`ヾ   V l}   ム≦/  ,ィ′ /
:::::::::::::::::::::::::! ', ',       l` V ト:才::::::lヾ}      ,ィノ  ,ィ{._ノV ハ´ ,'  /
ヽ:::::::::::::::::::::l ', ',        l   l´ {:::::::ノ. ,'      / /,'ィ::::lイ l l /  , '     /
 iヽ:::::::::::::::::', ヽ ヽ.     ヘ  ゝ、 ̄ _ノ       ' ´  .l {::::ノ,' 〃/ /      /
 l  `丶、::::::ヽ  ヽ ヽ     ヘ    ̄           ゝニノ  イ7 ,  梨花・・・
 l /   `ー- -`  ` ` 、   ヾ、           l       //
 l /     /  ヘ.     ヘ`ー---`        __ ′  _... - '´ _..  彼らの言うことは本当なのですよ。
 /     /   lヽ.    ヘ.              ̄´    `フ ̄ l
./     ,〃   l  ヽ   ト、! 丶、            ,, ィ´ ', / かけらは、時々別のかけらと衝突をしますです。
    //   / /  ∧  !     丶、      , ィ ´}    }∨
  ./ /   r‐ =ニ/ ', /        `7 ‐- ´ /  l    /   その時、極一部の場所で要素の入れ替わりが起きますです。
/  ,'   r└‐-、 `丶、レ′       /   ./   !   /
   .i    |     `丶、 `ー- 、      /   /    | /     彼らはその入れ替わりをしたんだと思いますです。



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:14:31.26 ID:5NBFor2w0


梨花 「じゃあ、どうすれば彼らは元の世界に戻れるの?」

                __
          ,. ' ⌒´    ` ,
         ,.イ,. -        \
       , ':::/´ 、  !   i! ! ヽ ヾヽ   次のこの世界と2011年のかけらの衝突は
        l:::::.' 、 \j   |! | ! !  !:::'   今日から一週間後の6月19日の0:00に起きますです。
         l::::ハ 、lゝニ.`ヽハ,ニ,!メ  |::::|
       ゝ! ! Yij    iハi  j:ノ   その時に、衝突地点に彼らを導けば戻れると思いますです。
           | `:rゝ  _'_   ィ' イ
           ノ __,:>-、 r 'ニく:j  |     でも、その為には”明日”が来ないと無理なのです。
        , '´  ハ !:=: Yij: ̄:l ヽ ',
    /イ /ハ ノ: : : l!|: : : : ト、人. \    梨花の望む”明日”が・・・
   // /  '´Vi!: : : : | : : : :ハ!::ヽ ヾ \


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:18:05.07 ID:5NBFor2w0

     /  /  .,' ,'  / _-_‐_≠z... ___// L_-_‐_‐.l‐- 、  .!     i  >
     ``i  ,' .i   ̄ ,' z=、=ミ、       z==、ミ、ー- 、」     .l '´
        └‐ '、__ ' ̄ノ¨7/ト-イ::ハ          ト-イ:::ハヽ l L - ┬ '' l
         //    .ハ ! {:::ソ }          ! {::::リ`} .〉l    l  l    (分かったわ・・・)
         //    '   ゝニノ        ゝニノ  .!     !   ',
         //    /`、        '         /l    !.  ',    元の世界に戻るには・・・
        〃'    イ`ーヽ        ―         /‐1    l   ヘ
      〃'     //   ヽ、           , ィ´  ‖   .l   .ヘ   私を助けること。
.     〃'     〃'      `` ー ... _  ,, イ   !l   l l.   ‖   ヘ
     〃,'     〃'   l l   l  l   `´   l   ',ヽ リ l   l.l    ヘ 私や私の仲間を殺されずに、綿流しの次の日へ生かすこと。
.   〃 '     〃'    l !  l  ノ        l   ヽ` ./ l   l l     ヘ
   〃 ,'    /,','    _  ,  '         `丶、  ,' !    l l     ヘ これが条件です。
.  〃 '    /,',' _ .. ィ'r '`´ー―‐- 、   ' `ー――`,'  !   l l.     ヘ


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:21:19.89 ID:5NBFor2w0


設楽 「なるほど・・・
     そうすれば、元の世界に帰れるってことね・・・
     日村さん、このゲームの攻略法って知ってる?」

日村 「いや、知らねえって。だって、まだ一回もやってねーんだもん!
     髭男爵から中身をちょっと聞いただけだよ」

設楽 「う〜ん・・・なんかキーワードとかないの?」

日村 「えっと・・・確か”オヤシロさまの祟り”がどうとか言ってたな」

梨花 「オヤシロ様の祟りは、4年前から起きているのです」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:23:37.08 ID:5NBFor2w0


梨花 「
     1年目はダムの現場監督が殺害され、作業員一人が行方不明。
     2年目は北条夫妻が転落死、夫の遺体は発見されたが、妻は行方不明。
     3年目は私のお父さんが病死、お母さんが行方不明。
     4年目は北条の義母が殺害され、聡史が行方不明
     そして、今年は富竹が自殺し、鷹野が焼身自殺します・・・。
     .その後・・・私は殺されます。
     」

設楽 「ていうか、なんでそれを梨花ちゃんは前もって知ってるの?」

梨花 「・・・この世界を何度もループしているからなのです」




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/16(金) 19:23:12.10 ID:44kKyaBA0

全く同じ内容の髭男爵バージョンのやつ昨日か一昨日あったよな


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:29:25.31 ID:5NBFor2w0

>>37
あれをバナナマンに変えて、内容を修正しました


設楽 「ループねえ・・・それで何度やっても、やっぱダメなんだ?」

梨花 「・・・はいなのです」

設楽 「あと、鷹野ってひとさ・・・なんで行方不明じゃなくて自殺なんだろね・・・」

日村 「あ、確かに。今までだと、一人は死んで、もう一人は行方不明って決まってるじゃん!」

設楽 「あとさ・・・祟りの殺され方で、殺害されるって、なんかピンとこないんだよなあ」

日村 「確かに!自殺とか病死とか事故死なら分かるけど、殺されるってなんかちょっと違う気がする!」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:32:31.42 ID:5NBFor2w0


設楽 「この富竹って人はだれなの?」

梨花 「富竹はフリーのカメラマンです。
     年に何度かここで写真を撮っていますです」

設楽 「ふ〜ん・・・そうなんだ。
    じゃあ、鷹野って人は?」

梨花 「鷹野は入江診療所の看護婦さんです。
    診療所ができたときからいるらしいのです」

設楽 「・・・じゃあ、とりあえず、次は、その入江診療所に行ってみようか」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:34:15.93 ID:5NBFor2w0


日村 「おーい、魅音ちゃん。ごめんね、待たせちゃって」

魅音 「おっ!やっとおじさんの出番だね〜。
     待ちくたびれたよ。
     診療所はこっちだよ。ついてきて」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:35:58.02 ID:5NBFor2w0


【入江診療所】

       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;:;;;::::::::::::: ::::::::::::::::::::: :::::::::::::: ::: ::: :: :: : : :
                 |::「::l :| |;;:::::::::::::|          _____
         ,,, ,,,       |::::: :: | |;;:::::::::::::|            |_|__|
          ;;;;;;::;;;:.. .. ..... .. |::「::「:| |;;「::::「: :|  「 「 「 「   ||  | ||............
          lll iii!:;: :: :: :: :::| ::::::: | |;;:::::::::::::|        __,, !!--'‐ '''''"" ゙""
         ,,. ;:''':::::::::::.::::::::::゙::":::::‐-- ..,,,__ |__,,,.. --‐'''''"": : : .: : : : : : .:



  !    !      ! /        / /  ハ    !  !   !
  |    |      ! /      , /  /  ./  ! !   |  .!   |
  |    |     .!/   _ ,, ∠,    / ./  ヘ.|!  .!  .!   |
  |    |     .|  ' "〆    ゛  // ' '' ト 、!.!  !   !   !
  |    |     .| ,/===t、  /   ,ィェ,,_  .! ! !   /   .!  あらあら・・・魅音ちゃんに梨花ちゃん。
   !    .!     <.K レ:.,ii,.:リ   /    ´て ミc?、',!  /    .!
   !    !     !゜‐ゝ‐ ′        ゝ ',ツ / ! /    !  それと・・・こちらのかたはどなたかしら?
   |    !     !                ゜  / /     !
   |    λ     .!.          |      / ./      !
   |     !     !          ,!     /〆    |  !
   |    ! !     !、     t――ッ     / !     | !
   |    !  !      ! ' 、         , " !      ! !
   |    !  .!      !   ゛ ,,    ,  "   !     ∧!
   !   ,!  !     ! 、   '' -ヒ、      !      ! |!



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:38:22.39 ID:5NBFor2w0


魅音 「雑誌の記者さんだって。
     設楽さんに日村さんだよ」

梨花 「この村の自然を取材しているのです。」

設楽 「えっと・・・この村に一つしかない、限界医療の現状も書きたいと思って。
     よければ病院を見学してもいいですか?」

鷹野 「ええ、もちろんですわ。ご案内しますね」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:42:55.20 ID:5NBFor2w0


【見学後】

             ,. -──-  、
              /.:..:._:.:.:.:_.:.:.:.:\
           /.:.:.:∧ハ∨//∧.:.:.:.:丶  入江京介です。
           /.:.:./  ̄ ̄ ̄ ̄`l.:.:.:.:.:.l
          _//.:/_   , = 、 l.:.:l.:.:.:|  こんにちわ。雑誌の取材か〜緊張するねハハハ。
          7:l.:l´辷fj)-、l 弋fj>l.:.:l.:.:.:l
           l|:l.:ll`- ' / ヽ - ' /l.:.l.:.,イ
          l.:l.:lヽ  、─‐,  //l.:ll.:/ !
           ? 丶 ` ´ / l/ l/
            _ , -`>‐_'´─- 「 ̄l
         , - '´/ /Vl: ∧:::::/  .ト 、_
       / l /   /:::/∨::::∨     | /⌒ヽ
       /  /   /:::/: :/::::::/     l l    '.

設楽 「・・・この病院にある医療機器は、ここにあるだけで、全部ですか?」

入江 「・・・ええ。そうです」

設楽 「この病院には、スポンサーとかいます?」

入江 「・・・いいえ、一応、村が一部のお金を出してくれています」

設楽 「・・・ふ〜ん」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:45:22.61 ID:5NBFor2w0


鷹野 「じゃあ、そろそろ次の患者さんがお見えになるので・・・」

設楽 「あ、そうですね・・・ありがとうございました」

梨花 「どうでしたか?なにか分かりましたですか?」

設楽 「・・・胡散臭い」

梨花 「えっ?」

日村 「えっ?」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:48:16.83 ID:5NBFor2w0


設楽 「まず、あり得ないほど金が掛ってるよ、あの病院」

日村 「えっ、なにどういうこと?建物とかちょーぼろかったじゃん!」

設楽 「建物なんて、どうでもいいんだよ。問題は機材のほう」

梨花 「機材がどうかしたのですか?」

設楽 「まず、入江先生のとこにパソコンあったじゃん」

日村 「うん、あったね」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:50:49.99 ID:5NBFor2w0


設楽 「あれは、この時代の最速のスパコン『Cray-1S』だよ。
     こんな田舎の病院じゃ絶対にいらないやつ」

梨花 「・・・・・・」

設楽 「あと、案内で見せてもらったとき、レントゲン室が2部屋あったじゃん」

日村 「あ〜、あったね。一つだけドア開けて中見せてくれたやつでしょ?」

設楽 「もう一つの部屋は見せてくんなかったじゃん」

日村 「まあ、同じの2回見てもしょうがないからじゃないの?」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 19:55:34.33 ID:5NBFor2w0


設楽 「見せてもらったレントゲン室に、酸素ボンベあったじゃん?」

日村 「うん、あったよ」

設楽 「あれ、普通何で外側できてるか知ってる?」

日村 「う〜ん、鉄じゃないの?」

設楽 「そうそう、普通あれ鉄で出来てんだけど、あれは、アルミニウム製だったんだよ」

日村 「別に、アルミでも鉄でもどっちでもいいんじゃないの?」

設楽 「ちがうね。大違いだよ」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 21:20:28.65 ID:5NBFor2w0


設楽 「アルミのボンベの方が値段がかなり高いんだ」

日村 「じゃあ、なんでわざわざアルミのやつなんて使うのよ?」

設楽 「そりゃあ、磁石にくっつかないからじゃん」

日村 「いや、設楽さん、磁石なんてどこにもなかったじゃん」

設楽 「あの部屋にはないよ。隣の部屋にあんだよ、たぶん」

日村 「磁石が?となりに?なんで?」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 21:27:35.91 ID:5NBFor2w0


設楽 「磁気共鳴影像法検査装置があるから、たぶん」

日村 「じきき?え?なによそれ、いったい?」

設楽 「あ〜、日村さん、この前人間ドックでMRIってやんなかった?」

日村 「あ、やったやった。なんか狭い円の中に入って行ったわ」

設楽 「あれのこと。脳とか骨髄とか見るのに使うんだけど、
    今の時代にはまだ実用化されてるかもわかんないし、
    もしされてても、いまの値段で150億以上はするよ」

日村 「たっけ!」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 21:31:53.62 ID:5NBFor2w0


設楽 「150億をペイできるような患者数がいるはずないじゃん、ここにさ」

日村 「そうだね、こんな田舎で・・・あ、いや、ごめんね、梨花ちゃん」

梨花 「いいのです・・・ほんとのことですから・・・」

設楽 「患者じゃないとしたら・・・なんかの研究のためにあるって考えるよね普通」

日村 「たしかに・・・うん。でもなんの研究?」

設楽 「それは、わからない」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 21:38:12.10 ID:5NBFor2w0


梨花 「・・・雛見沢症候群なのです」

設楽 「・・・」

日村 「え、なにそれ?どういうやつなの?」

梨花 「雛見沢に存在する寄生虫が原因と思われている感染症なのです。
     発症のレベルでL1から5まで分類されていますです」

設楽 「直せるの?その病気は?」

梨花 「根本的治療法はまだ確立されていないのです。
    L4までは投薬で調整できるみたいですが、L5は治りません」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 21:42:45.45 ID:5NBFor2w0


日村 「え!?なに!?じゃあ、俺らもそれに感染してんじゃないの?」

梨花 「おそらく、雛見沢に踏み入れた人間は、感染すると思いますです」

日村 「でも、まだ治療法ないんでしょ!?やばくない!?」

設楽 「まあ、もとに戻るときに浄化されるかもしんないしさ。
    それか、治療法も見つけて帰ればいいじゃん」

日村 「なに、その自信!?どっからでてくんの?ねえ!」

設楽 「・・・で、俺らは梨花ちゃんのお眼鏡にはかなったのかな?」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 21:46:24.71 ID:5NBFor2w0


梨花 「・・・・」

日村 「ちょっとなに?またよくわかんないよ」

設楽 「雛見沢症候群のこと、梨花ちゃんは知ってて黙ってたじゃん。
     俺らが教えるに値する奴かどうか、試したんだよね?」

梨花 「・・・ごめんなさいです」

日村 「・・・でも、まあ、それはしょうがないじゃん。
     いきなり会った奴にすぐ話すことでもないしさ・・・」

設楽 「いや俺は全然気にしてないよ」




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 21:55:30.12 ID:5NBFor2w0


魅音 「もうそろそろ日が暮れるけど・・・
     二人は泊まるとこはあるの?」

日村 「そういえば、全然考えてなかった」

梨花 「古手神社の使ってない物置小屋があるのです。
     そこを使ってもいいのですよ」

日村 「いやー、助かった。マジで野宿とか、もう無理だし」

魅音 「よかったね。じゃあ、あたしは、これで失礼するから」

設楽 「あ〜、ありがとね、魅音ちゃん」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 21:57:57.39 ID:5NBFor2w0


【物置小屋】

日村 「いや〜、今日はもう何が何だか分からない日だった」

設楽 「いきなりゲームの世界だもんな〜」

日村 「これ、次の”決めてほしい話”で話したらウケるかな?」

設楽 「ジュニアさんに切れられるんじゃない?」

 1日目 終了・・・



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:00:04.90 ID:5NBFor2w0


翌日・・・

【物置小屋】

 ドンドンドン!

日村 「んもう!なんだよ、こんな朝早くに・・・
     はいはい、なんですか?」

梨花 「今日は、友達がお弁当を作ってくれたのです。
     よかったら一緒に食べませんですか?」

設楽 「・・・ちょうど、食べるところもないし、行こうか」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:02:48.86 ID:5NBFor2w0


【古手神社】

レナ 「いーっぱい作ったから、たくさん食べてね!」

全員 『いただきまーす!」

もぐもぐもぐ

レナ 「!?」
魅音 「!?」
沙都子 「!?」

設楽 「もぐもぐもぐ」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:05:39.90 ID:5NBFor2w0

         ,. '"´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::;.: --─---─-、:::::::::::::ヽ
    ./::::::::::::/ィC¨ヽ      \:::::::::::l  あんっ・・・んぐっ
   /:::::::::/  └¬'´,   ィC¨ヽ';:::::::::!  あんっ・・・んぐっ
  ./::::::::イ        / ,.  ヽ `¬┘';:::::::!  あんっ・・・んぐっ
  l::::::::::::l       /ハ ハ }     ヾ::::j
  {::::{⌒l:!      / `   ' ヽ   V}
.  ';:::l ゝリ     l ,/ ̄¨ヽ  ',    }l
  ヾヽ__j     { {,. -−‐‐ヘ    {,l
    ヾ::::|   i  ヽ ヽェェェェェノ     {
    }:::l   ヽ    ` ̄¨´   ノ   }
     ヾ;k    \_  __  ,/   }
     "|       ̄ ̄ ̄    ノ
  _,. -‐"\              フー-、_
'"´      `ヽ、          /


設楽 「あ〜、あれ日村さんの食べ方だからw
    日村さん、歯ないから、顔を上に向けて飲むのw」

レナ
魅音   『あははは、日村さん面白いねー!』
沙都子

設楽 「(ふーん・・・)」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:09:05.00 ID:5NBFor2w0


【昼食後】

 みんな用事があるので帰宅

梨花 「見せたいものがあるのです」

設楽 「見せたいもの?」

梨花 「亡くなったお母さんが、困ったときに見なさいといった辞書があるのです」

設楽 「・・・辞書、うん。分かった。見せてもらうよ」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:13:05.65 ID:5NBFor2w0


【梨花の部屋】

梨花 「これなのです」

日村 「英和辞典じゃん」

設楽 「なんか、これ印が付いてるね・・・」

梨花 「ところどころに、カラーペンで丸印がついているのです」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:23:40.76 ID:5NBFor2w0


設楽 「印がついてるのは・・・
     no, tennis, wave, say,
     ignore, dentist, nothing,
     naitive, kaaba, yuk,
     as, it, a, oh, orenge 」

日村 「まったく意味が繋がらないよね」

設楽 「色分けは・・・上の順番で
     no, tennis:赤
     wave:オレンジ
     say, ignore, dentist:黄色
     nothing, naitive, kaaba:黄緑色
     yuk, as, it, a:水色
     oh:青
     orenge:紫 」

日村 「これも意味不明だ」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:30:25.97 ID:5NBFor2w0


梨花 「どうですか?」

設楽 「・・・ダメだわ。さっぱり、分かんねえ」

日村 「同じく!」

設楽 「日村さん、うるせえよw」

梨花 「そうですか・・・(がくっり)」

設楽 「これ、ちょっと写させてもらっていいかな?」

梨花 「いいですよ。これ、書くものなのです」

設楽 「どうも、あんがとね」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:42:59.07 ID:5NBFor2w0


日村 「それじゃあ、今日の晩御飯、なにか買いにいかない?」

設楽 「そうだな」

梨花 「商店までは、少し遠いのです。僕が案内しますです」

日村 「おおー、ありがとう梨花ちゃん」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:46:35.23 ID:5NBFor2w0


【商店】

日村 「とりあえず、こんなもんでいいかな」

設楽 「そうだね、こんだけあれば大丈夫じゃない」

梨花 「沙都子!どうしたのですか?」

沙都子 「梨花、どうしたじゃありませんことよ。
      家の調味料がなくなってしまったんですわ。
      なくなりそうになったら買っておいてっていつも言ってますのに」

梨花 「あはは・・・ごめんなさいなのです」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:48:29.48 ID:5NBFor2w0


日村 「沙都子ちゃん、一人でお使いなんだ?
     えらいな〜」

 なでなで

沙都子 「このぐらい当然のことでしてよ!」 ぷいっ

日村 「そうなんだw ははは」

沙都子 「・・・///」

設楽 「ふーん」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:50:24.39 ID:5NBFor2w0


沙都子 「じゃ、じゃあ私はこれで失礼しますわ」

梨花 「僕たちも帰るところなのです」

日村 「そうだよ、沙都子ちゃん。いっしょに帰ろう」

沙都子 「しょ、しょうがありませんわね!いいですわ」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:53:07.64 ID:5NBFor2w0


【物置小屋】

梨花 「今日の日村は、百点満点でした。ぱちぱちぱちなのです。
    沙都子もきっと、にーにー(悟史)が帰ってきたような気がして、
    とても楽しかったと思いますです。」

設楽 「その、悟史って人は・・・どこにいったの?兄弟なんだよね?沙都子ちゃんたち」

梨花 「そうなのですが・・・悟史は”転校”してしまったのです」

設楽 「転校・・・」

梨花 「それじゃあ、沙都子が待ってますです。これで失礼しますです」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 22:56:56.89 ID:5NBFor2w0


設楽 「・・・なあ、日村さん、この辞書ってなんの意味があるんだろうな?」

日村 「・・・」

設楽 「ん?日村さん?」

 じゃかじゃかじゃか♪

設楽 「ちょっと待て、なんでお前iPodもってんだよw」

日村 「ん?いや、ポケットに入ってた。俺、家にいるとき音楽聞かないと落ち着かなくて」

設楽 「ちぇ、お前も考えろよ」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:01:57.54 ID:5NBFor2w0


翌日・・・

梨花 「設楽!日村!起きて!」

設楽 「ん!?どうしたの梨花ちゃん?」

日村 「すかぴー(ずんずんずん♪」

設楽 「こいつ、音楽聞きながら寝てんのかよ・・・おい、起きろって」

日村 「んー、どうしたの?」

設楽 「梨花ちゃんがそこ来てる」




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:07:24.42 ID:5NBFor2w0


梨花 「沙都子が・・・あいつが帰ってきたのです・・・」

設楽 「あいつって、悟史?」

梨花 「違うのです!沙都子の伯父の『北条鉄平』が戻ってきたのです」

設楽 「沙都子ちゃんの伯父さん?なんで戻ってきたの?」

梨花 「沙都子と悟史は、両親の死後、叔父(鉄平)夫婦に引き取られ、
     そして、虐待を受けていたのです。
     でも叔母は、綿流しの祭りの時期に殺害され、
     そして悟史は行方不明になったのです。
     叔父(鉄平)は、これは祟りだと思って怖がり、興宮の愛人宅に逃げてしまったのです。
     一人残された沙都子は、梨花と一緒に住むことになったのです」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:10:33.93 ID:5NBFor2w0


梨花 「おそらく、その愛人に追い出されたんだと思いますです。
     それで、沙都子のところに戻ってきたんだと思います」

日村 「沙都子ちゃんは、どうしてるの?」

梨花 「今日は、学校に来ませんでした。
     一緒に、沙都子の家に行ってほしいのです!」

日村 「わかった!いくよ!」

設楽 「行ってどうすんだよ、日村さん」

日村 「もしかしたら、また虐待されてるかもしれねーじゃん!」

設楽 「ただの躾ってこともあるだろ。親子関係に口出すもんじゃないと思うけど」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:11:35.82 ID:5NBFor2w0


日村 「だったら、お前はここにいろよ!俺一人でも行く!
     梨花ちゃん、案内して!」

設楽 「・・・待てよ。俺も行くよ」

梨花 「分かりましたです」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:16:25.67 ID:5NBFor2w0


【北条家】

梨花 「沙都子!だいじょうぶなのですか!?」

沙都子 「梨花・・・私は大丈夫ですわ。
      ちょっと体調が良くなかったから、学校は休みましたけど」

鉄平 「沙都子!沙都子はどこにいったんじゃ!!」

沙都子 「ひっ・・・」

鉄平 「お、なんや。こんなとこにおったんかい!
     おまえ、やかんに火かけっぱなしで出て行ったやろ!
     このダホが!」

どかっ!ばき!


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:18:43.94 ID:5NBFor2w0


日村 「おい!子供に手え出すんじゃねえよ!」

鉄平 「ああ!?なんね、お前は!?」

日村 「友達だ!」

鉄平 「なんやと、このロリコン野郎が!
     いてもうたるぞ!こら!」

 どかっ!ばきっ!ぼこっ!

日村 「うっ!ぐほ!がはっ!」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:20:26.41 ID:5NBFor2w0


沙都子 「止めてください!私が、悪いのですわ!
      次は気をつけますから、許して下さい!」

鉄平 「はあ、はあ、はあ。さっさと飯作れや」

沙都子 「はい・・・」

 ガラガラ・・・ピシャ!

梨花 「日村、大丈夫ですか!?」

日村 「ふう・・・ふう・・・」

設楽 「・・・・・・」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:22:18.19 ID:5NBFor2w0


次の日

日村 「設楽、俺今日は町まで行って病院に行ってくる」

設楽 「ああ、入江診療所じゃなくて、町まで行くの?」

日村 「ああ」

設楽 「分かった、気をつけてな」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:25:33.34 ID:5NBFor2w0


設楽 「今日はなにをするかな・・・」

魅音 「あ、設楽さん!」

設楽 「魅音ちゃん、おはよう」

魅音 「おはよう!そうだ、これから学校に行くんだけど
     設楽さんもよかったら見学していかない?
     学校とかも記事にしてよ!」

設楽 「あ〜・・・分かった。じゃあ、ちょっと見ようかな」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:28:00.62 ID:5NBFor2w0


魅音 「知恵先生〜、実はかくかくしかじかで」

知恵 「じゃあ、校長先生に相談しますね・・・
     校長先生はぜひ見ていただきたいと言っています」

設楽 「あ〜、どうもすいません」

魅音 「ここの学校は、この一クラスで全学年がいるんだ」

設楽 「へ〜。全部でこんだけしかいないんだ」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:30:07.02 ID:5NBFor2w0


魅音 「そうだよ〜。だから上級生が先生になって教えるんだ」

設楽 「へ〜、魅音ちゃんも何か教えるの?」」

魅音 「私は、勉強はからっきしだからさ〜。
     唯一、美術だけ教えてるんだ、ははは」

 設楽は、美術の教科書を手に取る

設楽 「へ〜、この時代って教科書はこうなってんだ」

魅音 「へ?この時代って?」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:33:22.00 ID:5NBFor2w0


設楽 「!?」

 設楽は、教科書を放り出して、駈け出した

魅音 「ちょっと!授業は!?」

設楽 「ごめん!ちょっと急用!」

 設楽は、梨花ちゃんに目で合図する

梨花 「ごめんなさいです!今日は、熱があるみたいなので早退しますです!」

知恵 「え、ちょっと梨花ちゃん!?」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:35:04.21 ID:5NBFor2w0


【古手神社】

梨花 「はあ、はあ・・・設楽いったいどうしたのですか?」

設楽 「辞書の暗号がやっと解けた」

梨花 「ほんとなのですか!?」

設楽 「ああ、たぶんこれであってると思うぜ」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:38:39.39 ID:5NBFor2w0


設楽 「この辞書の色分けは、色相スケールだったんだよ。

     no, tennis:赤
     wave:オレンジ
     say, ignore, dentist:黄色
     nothing, naitive, kaaba:黄緑色
     yuk, as, it, a:水色
     oh:青
     orenge:紫

梨花 「色相スケールですか・・・?」

設楽 「そう。色相っていうのは、赤、黄、緑、青といった
     色の様相の相違なんだよ。
     これは、赤を0度にして黄色、緑、青、紫といった順番で
     円環を成すんだ」


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:40:45.26 ID:5NBFor2w0


梨花 「意味がよくわからないのです・・・」

設楽 「答えは、単純だよ。

     no, tennis:赤
     wave:オレンジ
     say, ignore, dentist:黄色
     nothing, naitive, kaaba:黄緑色
     yuk, as, it, a:水色
     oh:青
     orenge:紫

    この順番で、英単語の初めの何文字かを
    意味の通るように繋いでごらんよ」



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:44:03.64 ID:5NBFor2w0


梨花 「 no te ノート・・・
      wa  わ・・・
      sa ig den さいぐでん・・・
      no na ka のなか・・・
      yuk as it a ゆかした・・・
      o を・・・
      hore ほれ・・・ 」

設楽 「そう・・・
     【ノートは祭具殿の中、床下を掘れ】 」

梨花 「祭具殿の床下に何かあるのですか!?」

設楽 「さっそく、掘り返してみようか」


  

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:51:21.81 ID:5NBFor2w0


【祭具殿】
         (ゝ__________ノ)
         ε(@ )3))__))__))__))__))__))__))__))
         /A ヘ∧ ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ
        :く`77/''λ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ
       く777/⌒λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ
      :ぐ777/⌒゙λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ''
     /`777/⌒`λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:;
  ;(乂_/`777,,γ⌒ヽ∧゙_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ/乂_ノ)
  乂んんんんん乂(0)んゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ_(,,ノ
    ロ/ ロ/ ロ/ ロ/─|"|""|-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ'''
    |"||r────|. |  | ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|| ̄|  | :
    |. || r──┐ |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | .
    |. || |「「「「「| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | : ;
    |. || |l_l_l_l_l_| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | .
  C=============○===Ω ||「「「「「「|「「「「「「||  |Ω==○ :
  |}|::::|. ||,,____|}{|  | | i| || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||  || i||::::|}{| : : : :
:『[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[【】]]]]]]]]]]]] ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|]]]]]]]]]] : :
: : : | | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. |  |;;;;;;;;; |   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| | : : : : : : :
  . | | 二二二二二二|. |  |二二|      ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| .
:爻rw从wfwvrw从jwwiiwjWvwjw爻wv,,,,,, ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|wkWwj,,wj
Www爻wj""w"~"~~`"w~~""ww"f"~W"""~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~`"

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:52:47.16 ID:5NBFor2w0


梨花 「この下に・・・この下にお母さんの残した物が・・・」

 がっがっがっ!

設楽 「ふう、ふう・・・こりゃ大変だな・・・」」


    / /  / ,'   ,'  l   l    .l l    i.  ハ   〉   !  ',  !  ',
.   / /  / .,'   .i   !    !    .ll ll   _ .l   ,!  ,イ   l  ', l  i
  ヽ/  /   !   l  .l   l    l.ll l/__...」-イレ ' .l    l   ', !   !
   ,'  ,'   .l   .!   .!    !   ,lイ -,,ィチヾ`>l  l    l l   ', !   !   ガサッ
  L.._ i   l    l  l   l _ニ´┘´べ.ノ_::ノぅl l  l    l l !   ', l  l
    ¨l   l    l  l  /,!´      ゞ= '' .ll  l    l .l ト、  ', l  l  !?これは・・・?
      ̄``l     l  .l //,ィチュ、         l   l    l/`ヽヽ. ', l   l
        L.... _  l / ll {ヽ'、ツr〉  ,    ぅ !  l    l ./  ̄ ̄`ヽ、
           ll`i'   .ll `丶、~´   `  ー´´   ! .l    l /        ヽ
           ll l l  ll   lヽ、      __ ノ! l    l/
           ll l l  ll   l .  ̄ ,二ニ,´-zイ_ l l    l         ヽ.
           ll l l  ll   lヽ / i  /::<´  {l l    !          ',
           ll l l  ll   lィV  .l i:::::l ヽ /.l !   l

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:54:23.98 ID:5NBFor2w0



【ノート】

 このノートをあなたが読んでいるということは、もう私はこの世にいないかもしれません。

 隠していてごめんなさい。私は、巫女さんではありません。

 いい言葉が見つかりません。

 スパイ・・・かもしれません。

 入江診療所は、ただの病院ではありません。

 日本の有力者をバックにもつ権力集団【Tokyo】が運営する研究施設です。

 研究テーマは、雛見沢に由来する「雛見沢症候群」を引き起こす寄生虫です。

 Tokyoは表向きはこの寄生虫のワクチンを作ることですが、実情は違います。

 実際は、この寄生虫を軍事転用するつもりです。




122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:57:39.14 ID:5NBFor2w0


【ノート】

 (中略)

 寄生虫は、人間の脳に寄生します。そして、脳細胞を刺激し、
 被害妄想、強迫観念、殺人衝動等を引き起こし、
 最終的には自殺衝動を引き起こし喉を掻き毟って自殺します。
 軽症をL1から重症をL5までランク付けしてあります。

 雛見沢という土地にいる間は、症状は安定していますが、
 土地を離れると、症状が悪化します。

 その理由は、『音』です。

 雛見沢という土地は、谷を吹く風が特定のパターンの周波数を出します。
 通常、これは耳には聞こえませんが、脳の活動パターンに影響を与えています。
 その音のおかげで、雛見沢では、症状が安定しているとみられています。

 自然発生では、L5にまでいたるケースはまれです。
 しかし、入江と鷹野はL5を人為的に発生させる方法を見つけました。

 方法は、特殊なスピーカーから特定の音域の音を、特定のリズムで流すことです。
 その音に寄生虫は反応し、一気にL5まで活性を高めます。



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/16(金) 23:59:44.79 ID:5NBFor2w0


【ノート】

 私は、Tokyoの不穏な動きを監視するために「内閣情報室」より派遣された特別調査員です。
 表向きは、Tokyoの組織の一員ですが、実際は違うのです。

 そして、私は鷹野の野望を知りました。

 雛見沢終末作戦・・・彼女は伯父のためにこの村を犠牲にして、自らの成果を世に知らしめようとしています。

 その準備段階が「オヤシロ様の祟り」。

 毎年、一人が死に・・・一人が消えるという現象を繰り返し、村人にその存在を信じ込ませる・・・

 イカレています。

 しかし、私はこの寄生虫に対する唯一のワクチンを見つけました。

 それは、あなたのDNAにあります。

 寄生虫に対する今唯一の対抗策です。

 無菌化したウイルスにあなたのDNAの一部を組み込み、患者に投与すればいいのです。

 鷹野と入江はまだこの事実には気づいていません。
 あなたのDNA情報は、私が書き換えておきました。

 梨花・・・なんとかあなたがこの事件を終わらせることを期待します。

 そして・・・最後に。ありがとう。愛しています。

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:02:37.43 ID:Ft3fkfhp0

   //               ハ   ヽ ヽ  \    .>'ト、   ヘ
   〃/ /   ,   /         ',     ハ  ヽ  ヽ  / l ',  l. ハ
   / / /  / /  /        i i   ',   ハ   ヽ/  .l  ',  l ハ
    / /  / ,'   ,'  l   l    .l l    i.  ハ   〉   !  ',  !  ',
.   / /  / .,'   .i   !    !    .ll ll   _ .l   ,!  ,イ   l  ', l  i
  ヽ/  /   !   l  .l   l    l.ll l/__...」-イレ ' .l    l   ', !   !
   ,'  ,'   .l   .!   .!    !   ,lイ -,,ィチヾ`>l  l    l l   ', !   !   どうして・・・お母さんが・・・
  L.._ i   l    l  l   l _ニ´┘´べ.ノ_::ノぅl l  l    l l !   ', l  l
    ¨l   l    l  l  /,!´      ゞ= '' .ll  l    l .l ト、  ', l  l
      ̄``l     l  .l //,ィチュ、         l   l    l/`ヽヽ. ', l   l
        L.... _  l / ll {ヽ'、ツr〉  ,    ぅ !  l    l ./  ̄ ̄`ヽ、
           ll`i'   .ll `丶、~´   `  ー´´   ! .l    l /        ヽ
           ll l l  ll   lヽ、      __ ノ! l    l/
           ll l l  ll   l .  ̄ ,二ニ,´-zイ_ l l    l         ヽ.
           ll l l  ll   lヽ / i  /::<´  {l l    !          ',
           ll l l  ll   lィV  .l i:::::l ヽ /.l !   l

設楽 「・・・音」

梨花 「・・・設楽?」

 設楽は、駈け出した

梨花 「どこに行くのですか!?」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:06:21.79 ID:Ft3fkfhp0


【物置小屋】

設楽 「日村!」

 しーん・・・

設楽 「日村・・・どこいった・・・?」

 がさがさがさ・・・

 ばらばらばら

設楽 「ちっ、辞書をメモした紙がバラバラになった・・・
     あれ、おれこのメモ用紙、ペーパークリップで留めたのにな・・・」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:09:36.15 ID:Ft3fkfhp0


かさっ・・・

設楽 「なんだこのレシート・・・」

 病院A 処方箋 ジズルフィラム
 病院B 処方箋 ジズルフィラム

設楽 「ああ、日村の病院の処方箋か・・・」

梨花 「はあ、はあ、どうしたのですか?いったい」

設楽 「やべえかもしんねえ・・・」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:12:55.75 ID:Ft3fkfhp0


【北条家】

ドンドンドン!

設楽 「沙都子ちゃん!設楽だ!開けてくれ!」

沙都子 「・・・どうしたのですか、こんな時間に」

設楽 「今日、日村が来なかったか!?」

沙都子 「・・・来ていないですわ」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:15:11.01 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「・・・今日は、伯父さんはどこにいる?」

沙都子 「今日は、いませんわ・・・」

設楽 「どこにいる?」

沙都子 「知りませんわ、そんなこと・・・」

設楽 「・・・沙都子ちゃん、日村に何か頼まれたんじゃないか?」

沙都子 「びくっ」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:17:24.81 ID:Ft3fkfhp0


梨花 「はあ、はあ・・・設楽説明してほしいのですよ!」

設楽 「日村に頼まれたんだろ!?

     ”伯父さんに、この酒を飲ませてくれ” って!」

沙都子 「・・・だって・・・だって・・・」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:24:43.23 ID:Ft3fkfhp0


沙都子 「だって、日村さんが、全部うまくいくからって・・・
      自分の言うとおりにしてくれればいいって・・・
      えっぐ・・・ひっく・・・」

設楽 「あの処方箋にあった ”ジズルフィラム”ってのは、
     強力な禁酒剤だ。
     それを酒に混ぜて、鉄平に飲ませたんだ」

梨花 「日村が、鉄平を殺したのですか!?」

設楽 「いや・・・ジズルフィラムだけでは、意識を失うか強い酩酊状態に
     なるだけで、死にはしない」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:26:31.44 ID:Ft3fkfhp0


沙都子 「うっ、ひっぐ・・・」

設楽 「たぶん、あいつは、鉄平をどこか人目のつかない場所に
     連れて行って、そこで殺すつもりだ・・・」

梨花 「どうして、ここで殺さないのですか?」

設楽 「・・・沙都子が悲しむからだ。
     日村は・・・あいつは、誰よりも人の痛みが分かるんだよ・・・」



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:28:08.11 ID:Ft3fkfhp0


 設楽は、駈け出した。

設楽 「くそっ!あいつはどこにいんだよ!?」

梨花 「ま、まって下さいです!はあ、はあ」

設楽 「おーい、日村!!!」

梨花 「日村は、L5になったのですか!?」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:31:05.50 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「たぶん、そうだ・・・
     昨日から、あいつの行動はおかしかった」

梨花 「どうして、日村が・・・」

設楽 「音だ」

梨花 「音・・・?」

設楽 「日村は、ずっとiPodで音楽を聞いていた。
     雛見沢症候群発症の因子は、雛見沢固有の音を
     一定期間聞かなかった場合だからな」


     

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:32:31.16 ID:Ft3fkfhp0


梨花 「ノートに書いてありましたです」

設楽 「あいつを殺人者にしたくねえ・・・
     それに、ノートにはL5発症者は、自殺するってあった・・・
     日村・・・どこにいんだよ・・・」

梨花 「・・・」



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:36:32.33 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「くそっ!どこにいんだ!あいつは!」

梨花 「・・・設楽、止まってください」

設楽 「・・・あ!?」

梨花(羽入) 「私の手を握りなさい。
         そして、日村のことを心から信じなさい。
         お互いに信用していれば、分かるはずです」

設楽 「(なんだこの神々しさ・・・)ふら〜」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:38:46.71 ID:Ft3fkfhp0


 梨花は、設楽の頭をそっと胸に抱き寄せた。

設楽 「・・・」

梨花(羽入) 「他のことは考えないで。
         日村のことだけを信じて・・・」

設楽 「・・・」

梨花 「・・・もう分かりましたね」

設楽 「・・・はい」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:41:17.48 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「あいつは・・・祭具殿だ!」

 設楽は、駈け出した

設楽 「メモ帳を挟んでいたペーパークリップがなかった・・・
     鍵を開ける針金に利用したんだ
     こんな田舎で唯一鍵がかかっていて
     人目に付かない場所・・・
     祭具殿しかない!」



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:44:11.37 ID:Ft3fkfhp0


【祭具殿】

日村 「お前は、生きている資格がない」

鉄平 「うー!うー!」

日村 「私の友達を傷つける人間は許さない」

 日村は、大きなナイフを持った。

鉄平 「ううー!ううー!!」



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:46:02.28 ID:Ft3fkfhp0


日村 「死んでしまえ!」

 日村がナイフを振りかざした。

鉄平 「うううう!!!」

設楽 「へへ・・・落ちつけよ、日村さん・・・らしくねえよ」

 設楽が、ナイフの刃をがっちりと握っていた。
 その手から鮮血が、滴り落ちる。



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:52:05.93 ID:Ft3fkfhp0


日村 「ああっ!ああ!ああ!」

 日村は、ナイフから手を放して、うろたえた。

 友達を傷つける人間を許さないと信じていた日村が

 一番信用している設楽を傷つけてしまったのだ。

沙都子 「はあ・・・はあ・・・はあ・・・
      日村さん!ごめんなさい!ごめんなさい!」

 沙都子は、日村を抱きしめて謝った。



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:55:32.56 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「ノートでは、梨花ちゃんのDNAをウイルス媒介で注入すれば
     よかったんだよな・・・
     でも、いまここじゃそれはできない・・・」

 設楽は、禁酒剤を混ぜた酒を手に取り、
 日村の口に突っ込んで飲ませた。

沙都子 「設楽さん!なにをするんですの!?」

設楽 「こいつはL5だ!発症を止めるために、眠らせておくだけだ・・・」



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 00:57:29.26 ID:Ft3fkfhp0


 もともと酒に非常に弱い日村は、

 すぐに意識を失うようにして倒れた。

設楽 「おい!おまえ!
     次、沙都子の前に現れたら、絶対にぶっ殺す!」

鉄平 「ひい!ひい!はい!!

 鉄平は、腰を抜かしながら逃げて行った。



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:00:48.97 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「もうすぐ夜が明けるな・・・
     今日は綿流しの祭りの日だ」

梨花 「そうでした。今日がその日です」

設楽 「まだ、やることが残ってる・・・」

 【ノート】
 自然発生では、L5にまでいたるケースはまれです。
 しかし、入江と鷹野はL5を人為的に発生させる方法を見つけました。

 方法は、特殊なスピーカーから特定の音域の音を、特定のリズムで流すことです。
 その音に寄生虫は反応し、一気にL5まで活性を高めます。

設楽 「この計画をぶっつぶしてやる!」



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:05:01.58 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「村人全員に聞かせられるぐらいの大きさのスピーカー・・・
     そんなもんいったいどこに隠してあるんだ・・・?」

梨花 「分からないのです・・・」

レナ 「スピーカーならダムにあったよ?」

梨花 「レナ!どうして、ここにいるのですか?」

レナ 「えへへ、だって今日は綿流しのお祭りでしょ
    眠れなくて」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:07:26.96 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「ダムか・・・ダムなら人目に付かないし
     放流サイレンとして置いておけばカモフラージュになるな」

レナ 「えっへん!」

設楽 「レナちゃん、そこに案内してくれ!」

レナ 「いいよ、こっちだよ!」

 設楽は、日村を振り返る。

設楽 「日村、絶対にもとの世界に帰って、
     バナナムーンGOLDやるからな・・・」



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:09:39.56 ID:Ft3fkfhp0


Tokyo武装グループ
 「監視中の男1名と梨花、レナの2名がダムへと向かいました」

鷹野
 「・・・殺して」

Tokyo武装グループ
 「了解・・・」



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:11:55.97 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「これが・・・スピーカーか・・・」

 眼前にある巨大スピーカーの大きさに目を剥く。

 その背後から男が近づいてきた。


    l:::::〃 i       ` ′      ヽゝ:::::l
    l::::/ィ ノ    __ノ'  `ー‐--- 、  ヽ:::l
    l::::::7  - ''  ̄ -、    ´ ,ィ‐┬ァ  ゛l/ヽ.
      !:::::,'   <I二!` ,  ', ー ̄    .lイ !  どういうつもりかしらんけどな・・・
    ,ゝ、l        ´   i           l 〉 }
    ヽ' ヽ.           l         /l /  知り過ぎたらあかんこともあるんやわ。
     l 、lヽ       {.  ! ノ     ' l ,'
     ヽ、`ヘヽ、     `ー '    、  l′   かわいそうやけど・・・ダムに沈んでもらうで。
        ヽ_ヽ   < --‐‐‐ '''' ´  ′/l
         l \     -‐'''    , ' .l
           !  `丶、        /  l
         r、!  \ ヽ、__ ....ノ/  l-、
       /フ `丶、 ___   _ ... - '  ヘ-、
      / {/        , ゝ-'-、       ', ヽ.

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:14:57.70 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「梨花ちゃん、レナちゃん・・・下がって」

梨花&レナ 「でも・・・」

設楽 「ここは、俺が喰いとめる。
     君たちは、スピーカーにこれを入れてきてくれ・・・」

 設楽が、缶を渡す。

設楽 「いけっ!」

 梨花とレナは駈け出した



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:16:24.83 ID:Ft3fkfhp0

    l::::/ィ ノ    __ノ'  `ー‐--- 、  ヽ:::l
    l::::::7  - ''  ̄ -、    ´ ,ィ‐┬ァ  ゛l/ヽ.
      !:::::,'   <I二!` ,  ', ー ̄    .lイ !
    ,ゝ、l        ´   i           l 〉 }   こっちには銃があるんやぞ?
    ヽ' ヽ.           l         /l /
     l 、lヽ       {.  ! ノ     ' l ,'    素手で俺にかなうと思ってんのか?
     ヽ、`ヘヽ、     `ー '    、  l′
        ヽ_ヽ   < --‐‐‐ '''' ´  ′/l
         l \     -‐'''    , ' .l
           !  `丶、        /  l
         r、!  \ ヽ、__ ....ノ/  l-、
       /フ `丶、 ___   _ ... - '  ヘ-、
      / {/        , ゝ-'-、       ', ヽ.



設楽 「銃なんていらねえ・・・
     おらあああああああああ!!!!」



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:18:20.28 ID:Ft3fkfhp0

バン!
    バン!
        バン!

設楽  「遅え!遅えんだよ!」

小此木 「こいつ、玉を避けてるのか!?」

設楽  「銃弾の速度は800km/h以上・・・
      そんなものこの距離で避けられるわけないじゃん?」

小此木 「うっ!?背後に回られた・・・」 ピタ

設楽  「俺が避けているのは、あんたの目線と手足の動き、
      そして空気から感じられる未来の姿だな」

小此木 「こいつ・・・」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:21:31.98 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「おまえ、しばらく寝てろ」

 ばきっ!

小此木 「うっ・・・」

 どさっ

設楽 「梨花ちゃんたちは・・・?」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:22:58.71 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「あと少しか・・・・ん?」

 梨花の服にある赤い光・・・

 レーザーポインターだ。

設楽 「梨花!!!だめだ!!!引き返せ!!!」



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:24:13.88 ID:Ft3fkfhp0


レナ 「えっ、引き返せって・・・」

梨花 「いやだ!私は、未来を取り戻す!」

 だだだだだ・・・

設楽 「よせえええええええ!!!!」




193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:27:31.61 ID:Ft3fkfhp0

               _  [][]
              |  |
              |  |__
              |  ___|
              |  |
              |  |
                ̄
                        `
                         \ ,,_人、ノヽ
                          )ヽ    (
                       - <       >─
                          )     て
                         /^⌒`Y´^\
                                         __
                                        |__|
                                                /\
                                              / /
                                         ___/ /
                                         |___/

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:30:19.35 ID:Ft3fkfhp0


日村 「ううう・・・」

梨花 「日村!?どうしてここにいるのですか!?」

日村 「設楽・・・ごめん・・・みんな・・・ごめん・・・」

梨花 「意識を失うほどアルコール濃度があるはずなのに・・・」

日村 「はやく・・・い・・・け・・・」

梨花 「・・・ありがとうなのです、日村!」



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:33:01.39 ID:Ft3fkfhp0


 設楽は、梨花を狙っていたスナイパーを倒していた。

設楽 「日村さん・・・やっぱすげえよ・・・」

梨花 「入れたよ!設楽!」

 設楽は、スナイパーの銃を構えた。

設楽 「これで、ゲームオーバーっだ!」



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:35:01.64 ID:Ft3fkfhp0

              __
           /三三\  ∠三〉         / ̄\
             /:.三三三〉〈三/∠三〉     ∧__〉                       __
         /:ミ三三/     〈三/      V'゙二゙/                        /\  |
          /:三三:〈____                   U                  〈 ̄ ̄\|
          /:三三:三三三三三〉                 |               \_/
       /三三三三三三三/                      |
      /:三三/´ ̄ ̄ ̄ ̄                      ‖                    _  _
      〈ミ三:三/                               ‖                      |三| |三|  _
     \:三:/                                  ‖            / ̄》、   |三| |三| |川|
                        / ̄|\             ‖          〈__∠/    .____ノ川|
                     / /\|            ||  《〉               〈三三三三彡'
                     〈∠_/       \    ||     /
              _                   }\='' :==、,,/{   |            / ̄ ̄\
             「\\          /\   ∠三:.     .:::三\  |           / ̄>―<〉
             |  \〉         | ̄\〉 /#:.=  : :.   ::.―:=#', ‖          く_∠___/
             L_/           L_/  {:.        ―=三三} ||  >=====<
                                   ヾ≧=         ムノ{、∠三       \
               .,.,,.、 .,   .,.,,、         /三      .:――=≦_:;;;》三=―     ―=#:
         .,,.、 .,. ,..       《〉    v,w,.vw V:.三               Y        |―=Y:》

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:37:11.95 ID:Ft3fkfhp0

                バラバラバラ                                                    |||
                            ._,,,_                                     ,r‐--、
ヾヾヾヾ.二二二二二二ニニニニヾヾヾ二二ニニニ=(=())=((===ニニニニニニニニニニ二二二二二二〃〃〃〃〃 .||||||lllllllliiii(   /illll||
                            |_||_|_                                    /゙ー'''/
                   ._,,,v--――'''''ニ,r―――――、ー---,r‐-、                         /   /
               ,,,r'''''゙゙゙       (二) )=)>   )  .(;;;;;;;;;;)―--、,,,,_                  ./   /l
           ,r'ニニニニニニニ''''ヽ        `'ー――――'―---`ー'''.ヾ ゙゙゙̄'''ー-゙゙ニニ'''ー--v、,,,,,_       ./   /.|||
         // / / ./゙r' ̄`i.     r―v      ,,,,,,,   ゙i,   .゙i,         ゙゙゙̄'''ー‐--、、ニニ''''‐‐-' (⊂=======
        // / /   ./.r'   |     |( ゙)     .i';;;;;;;;;゙i. (_()   .i            i .i. i i. i .i    ゙゙゙̄'''ヽ
    _,,v'''゙゙゙ ̄ ゙゙゙̄''''゙ー―‐' .'ー―‐'' 03  ー‐'' .       ゞ;;;;;ソ  !    .i           海上自衛隊     ,,v-'
    ,r'  ̄ ̄r―‐,i                               !    .i   ______/_/.//./_/_,,,,,,,r''゙ー'
.  (---r‐、-'、__,r'―――――― r‐、――r―、――ヽ二r―‐、ヽ―――!''''''゙゙゙゙゙゙ ̄  _,,,,,,,v---‐‐‐'''''゙゙゙゙゙゙
    `i_、.ioi_,`r――――――――\.ニニ、ー‐i'――‐r'゙ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ―――''''''''゙゙゙゙゙||〉
        ゙ー―――――――'   . `((〇)   .ゝ――――''゙         .(('(()
                            ゙゙''''゙
 そこまでだ!Tokyo!おとなしく投降しろ!武器を捨てろ!繰り返す!武器を捨てろ!



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:38:29.01 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「まったく、おせえっつの」

梨花 「日村!しっかりしてください!日村!」

日村 「うう・・・友達は・・・守る・・・」

梨花 「日村・・・ありがとう・・・ありがとう・・・」



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:41:12.25 ID:Ft3fkfhp0


○○ 「梨花・・・遅れてごめんなさい・・・」

梨花 「誰なのですか?」 くるっ

/    /      !       /       |!    !      !      Y  ハ
     /      !     ./!       |!     !      !       !   !
゜"'' 、/      ! __二 ,,,_/_L      |.!     !       !      !   !
      7 ト 、  |  _,,_ / |     ゝ, | !     !       !      !   .!
      |    T''” ブ=f=ミミt、      |'ト .、   !      |      !   !
      |     ト ri!'' ん″::ふl  ̄ー- _ | !___ 'ト .!,       |      !   !
      |     | !ヾ {l:: ,illi :l}       メ てミミ=,,-L__   |!     |   」
      |     | |   弋n_ :リ        ひ″::::ミトミ、 |   ̄ ̄ー―テ―’"|
     |    .| |   ゝ- '           l!:: ,illi ::l} _!      / /!  !  |
     |    .| .!.              弋n__、::/ ト!!     / / !  |   |
     |    .| ト、       '       ゜トミダ  ィ     / / .|  |  |
     |    .| | .ヘ、     、            /      / / |  |  |  あ・・・
     |    .| | !.  \     "'           /      / /  .!  |  |
     !    .| | !   /:\           ,, ''/     /  /  |  .|  |
     !  r- ―"‐- v.:.:.:.,, ト==   -   ''"  /    /  / |  !  |  |
     .! / 、 ゛ト 、 !.:/  y'  !ヘ      ン/    /  ∧ |  |   |  |
     レ  ,_ ゛ト、 / .//   /  ハr ー- -  '" /    /  /  >、 !   |  |
    / __  ヽ  ! 人// -―く // |       /   /  .//:.:.:.,ヽ |   .|  |
    r'   ヽ、 ト ' し〃    ´ i''r ''ニニ ' ヽ、./    /  〃.:.:.:/  \   |  .!
   ,|    ′ '' , ィ'"/ \    /.|'" y   \  /  〃.:.:/     \ |   !

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:44:22.21 ID:Ft3fkfhp0


梨花 「お母さん・・・?」

梨花(母) 「ごめんなさい・・・梨花」

梨花 「どうして、ここにいるのですか?」

梨花(母) 「私は、鷹野に裏切りを知られてしまったの。
        そして、沼に沈められた・・・
        でも私は仮死状態で沼に沈められ
         なんとか生きていた・・・」



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:46:09.54 ID:Ft3fkfhp0


梨花 「ならっ!ならどうしてもっと早く
     来てくれなかったのですか!?」

梨花(母) 「あなたに危害が加わると思ったの・・・
        だから、私は行方不明になったことにして
        密かに情報を集めていた」

梨花 「危害なら・・・もう100年以上味わったのです!!!」



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:48:37.04 ID:Ft3fkfhp0


日村 「ふるふる・・・」

梨花 「・・・日村」

 梨花は、日村が何を訴えているのか分かった。

梨花 「分かりましたです・・・」

 梨花が日村の手を放した。

梨花 「お母さん!会いたかった!ずっと待ってた!」

 二人は固く抱きしめあった。



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:50:32.09 ID:Ft3fkfhp0


 【 6月19日 23:50 】

設楽 「あ〜、なんとか間に合った」

日村 「いつつつ・・・もう大変だったよ」

梨花 「ありがとうなのです、設楽、日村!」



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:52:42.83 ID:Ft3fkfhp0


梨花 「最後に教えてくださいです。
     日村は、どうしてそんなにやさしいのですか?」

日村 「えっ!?おれ!?いや、そんなこと言われてもねえ〜設楽さん?」

設楽 「じゃ〜、俺から説明しようか。
     日村さんのご飯の食べ方覚えてる?」

梨花 「んがああ、ごく なのですw」

設楽 「そうそう。似てるねえ」



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 01:55:25.92 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「日村さんがああいう食べ方なのはさ・・・
     歯がないからなんだよ・・・
     それで、子供のころから、いじめられてたんだ」

日村 「・・・」

設楽 「いじめられてたから、相手の気持ちが
     痛いほど分かる奴なんだよ」

梨花 「笑ったりしてごめんなさいなのです・・・」


    

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 02:00:07.06 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「いや、君たちのあれは、全然馬鹿にしたものじゃなかったよ。
     見下したものじゃなかった。
     だから、日村さんは、君たちを友達だって思ったんだよ。
     命がけで守る価値のあるさ・・・
     ね〜、日村さん?」

日村 「いや、それはちょっと買いかぶりすぎでしょ、やっぱり」

梨花 「くすくすw
     それと、沙都子からプレゼントがあるみたいです」

沙都子 「こ、これ。クッキーを焼いたのですわ」

設楽 「おお、かわいい包みに入ってるじゃん。ありがと」

日村 「おお!俺のもちょーかわいいじゃん!ありが・・・」

 ちゅ・・・



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 02:01:45.74 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「・・・いや〜、それは、完全に犯罪ですよ」

日村 「え!?ちょっとなに!?いま何かあったの!?」

沙都子 「もう知らないですわ!」

魅音 「もうそろそろ、0時だよ〜!」

梨花 「みんな、離れてくださいです」



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 02:02:42.63 ID:Ft3fkfhp0

        T¨¨ < `>r;=ト!ゝ- __l l:.:.:__:.:.-:、⊥:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.|!:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.!
        |:.:.:.:.:.l ,〃戈::::::l `     `>≠ミ、:.l!`:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:j
        |:.:.:.:.:.l L! l:::::::::::!      ' r._)::::::::`ムL_:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l::l_ノ:.:.:.:./
        |:.:.:.:.:.l  トイrv,′      /:::::::::::::lヽト:.:`:.-:.」:.:.:.:.:l::.:.:.:.:.:.:.:./
        |:.:.:.:.:.l  `¨¨¨´         l:,ィ_r;::::;′ハ!:.:.:.:.:.:.T>'::.:.:.:.:.:.:.:.'  設楽、日村・・・
        |:.:.:.:.:.ハ      '      `弋ム∨ ,イ:.:.:.:.:.:.:.:::::/::/:.:.:.:.:.:.:.:.'
        |:.:.:.:.:.:.::\    ` ー       ̄´ l:.:.:.:.:.:.:.:.:::/::/::.:.:.:.:.:.:.:,′  二人とも本当にありがとうなのです。
        |:.:.:.:.:.:.:::::::l ヽ           _. ィ:.:.:.:.:.:/:.:/:.:イ::.:.:.:.:.:.:.:,′
        |:.:.:.:.:.:.::::::l::::::::::` 、____  -  7::::/.:.:.:.:./:.:::::::::l!:::.:.:.:.:.:.:.:'    向こうの世界でも活躍してくれることを
        |:.:.:.:.:.:.:::::l::::::::::::::::::::::l      !:::/.:.:.:.:./:.:.:.:::::/l:::.:.:.:.:.:.:.:l
        |:.:.:.:.:.:.::::l:::::::__,rvィ´ j     ∨.:.:.:.:./:.:.::::::/:::l:::.:.:.:.:.:.:.:!    祈っていますです。


              /   |               |  |  |       ヽ
           /    |                }、 ハ   |        |
             /      ハ   :!\        ーーミA、∧        |
        r‐v     |   \ 斗  ヽ.      .' /  j/` !   /   ト..、
.      /:::::::|    ヽ   /\ ≦ \   //イ孑示、|   /    :!:::::::\   かけらが衝突しますです!
        {::::::::::|     ` ー‐ ≦孑k  } /   ん'' ∧!  イ     |::::::::::::::ヽ
       ∨:::::::ヽ、       ∨ ん   ハ  }´   弋  イり从v      ∧::::::::::::::::}
.        ∨::::::::::|`¨   ー ム弋込 り      ` ー= ′ /    ィ' |:::::::::::::/
          ∨::::::::'.       ヽ  ゞ ´     '        /   / / /:::::::::::.'
         ∨:::::∧      \     r‐ ヘ    ≦ _  ィ ´ / /::::::::.ィ
         ∨:/  ヽ`ト 、   ≧     ー‐′       /.'   / /:::/  !
.           ヽ    }\人  ̄}ゝ、           ィ / / //   |
                /    '.  !     >  ,_ . ´   _トム´          |
            //`Y ヽ |    / ∧     //Y ` V⌒ Y  ̄ ̄_二_ヽ
            〃 /ヽ  ヾ  / / /'    ///⌒ヽ. ヽ.  |  /   ヽ \
           /    ./⌒Y Y   l l   // /⌒ヽ `    .| /     '.
.            八         l |   .l l / /   {_ハ        |'        |

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 02:03:04.41 ID:Ft3fkfhp0

           '''''''--;;;;;;;;;;;::::::::::::::::             :::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;-''
               :::::::::::''''''''''''''''''''-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,-'''''''''''''''''
                   ◇               ピカ・・・
                  /\
                  /  /
                  \/
                 /\
                /   \
               /     /
               /     /


227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 02:05:14.86 ID:Ft3fkfhp0


設楽 「・・・戻ってきたんだよな?」

日村 「・・・たぶん、そうでしょ」

設楽 「おわ!もうバナナムーンの収録はじまるじゃん!」

日村 「えー!ちょっと!まだ痛いって、痛いのに、ねえ、設楽さん〜!」


   終わり



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 02:06:10.29 ID:Ft3fkfhp0


今回も、長々とお付き合いありがとうございました。

前回と違って、希望のある終わり方にしましたw




ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「謎のおっさんに違いないわ!」