サトシ「おーい、ピカチュウ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「ミサトさんがお酒やめないなら僕はこの家から出て行きます」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 01:58:05.31 ID:p4qFUYMiO

サトシ「ピカチュウ、ピカチューぅ」

サトシ「おっかしいなぁ。どこ行ったんだ」

サトシ「ピカチュウ、ピカチュウ」キョロキョロ

ピカチュウ「!」ダッダッダッ

サトシ「んっ?」

サトシ(今のピカチュウだよな)

サトシ「ピカチュウ、どこ行くんだよ」ダッダッダッ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 02:04:13.74 ID:p4qFUYMiO

サトシ「あれっ?いない。しげみの中かな?
    もうすぐメシだってのに」ガサガサッ

ピカチュウ「…」ソワソワ

サトシ(? どうしたんだろ)

ピカチュウ「…」キョロキョロ

サトシ(とにかく様子を見るか)

ピカチュウ「…」

ピカチュウ「…」ブリブリ、ボトッ

サトシ(えっ)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 02:08:39.38 ID:p4qFUYMiO

サトシ「…」

ピカチュウ「ピィカァ…!」ボトッ、ボトッ

サトシ(うそだろ…。ピ、ピカチュウがううう、うん…う〇こしてる…)

ピカチュウ「…」ピタッ

サトシ(うそだ、うそだぁ…)ガサガサッ

サトシは無言のまま、その場を後にした。


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 02:14:07.73 ID:p4qFUYMiO

サトシ「うそだ、おれの…おれのピカチュウがう〇こしてたなんてうそだ!
    おれは信じないぞ!」ダッダッダッ

サトシ「そうだ、そうだよ!見間違いだ!あれは野生のピカチュウなんだ!
    野生のポケモンだったら排泄したってなんらおかしくない!」

ムックル「クルックルー」ビチャッ、ビチャッ

サトシ「!!」

サトシ(背中にいやーな感触が。しかも帽子にも…。まさか…)クンクン

サトシ「ゔぉ゙えーーーっ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 02:19:45.64 ID:p4qFUYMiO

サトシ「このクソ鳥が!」

サトシ「出てこいゴウカザル!あのう〇こたれにかえんほうしゃだ!
    焼き殺せ!」

ゴウカザル「ブワッシャーー!」

ムックル「」プスプス

サトシ「ちくしょう、くっせぇ…」クンクン

サトシ「戻って洗わないと。戻れゴウカザル!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 02:25:47.05 ID:p4qFUYMiO

タケシ「サトシ、ピカチュウはいたか?」

サトシ「それどころじゃねぇよ!大至急これ洗ってくれ!」ヌギヌギ

タケシ「ん?なんだこれは」

サトシ「フンかけられたよ…」

タケシ「ああ、鳥のフンか。なるほど。
    ならご飯の前に風呂で背中洗い流した方がいいぞ」

サトシ「えっ?」

タケシ「鳥のう〇こは衛生上よくないんだ。早く洗わないと臭いがとれなくなるぞ」

サトシ「マジかよ。くそっ…」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 02:30:44.35 ID:p4qFUYMiO

風呂
サトシ「あーきったねぇ。朝っぱらからついてないなあもう」ゴシゴシゴシ

サトシ「…」

サトシ「それにしてもあれは…やっぱりあれは…おれのピカチュウだったのか?」

サトシ「明らかおれを見て逃げたし、おまけにこの辺りにピカチュウは生息してないし」

サトシ「そんなの信じたくない…。でも…ポケモンが人間同様飲み食いする以上、排泄するのはごく当たり前のこと…」

サトシ「…」ゴシゴシゴシ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 02:35:11.85 ID:p4qFUYMiO

タケシ「ちゃんと洗ったか?」

サトシ「ああ。痛くなるまで磨きまくったよ。服は?」

タケシ「綺麗にしたよ。だが乾くまでに時間がかかる。寒いだろうが我慢してくれ」

サトシ「仕方ないよな。サンキュ、タケシ」

ピカチュウ「ピカッ!」

サトシ「!!」

タケシ「ピカチュウならサトシが風呂入ってる間に戻ってきたよ」

サトシ「そ、そう」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 02:40:49.09 ID:p4qFUYMiO

サトシ(ピカチュウ、何食わぬ顔していつも肩に乗っかってくるけど、今までう〇ちしたおしりをおれに向けてたんだ…)

ピカチュウ「ピカピ!」ピョン

サトシ「! あっ、靴ヒモが!」サッ

タケシ「おっと!急にしゃがむなよサトシ。危ないじゃないか」

ピカチュウ「ピカ?」

サトシ「あ、ああ、悪い。それよりさぁ!早くメシにしようぜ」

タケシ「そうだな」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 02:45:34.48 ID:p4qFUYMiO

サトシ「ふぅ、食った食った」

ピカチュウ「ピッカ」

タケシ「服が乾くまで食休みタイムにするか。サトシ、休んでていいぞ」

サトシ「ああ。いつも悪いな」

タケシ「もう慣れたよ」

ピカチュウ「ピカピッ」ダッダッダッ

タケシ「水飲みに行ったのかな。サトシ、一緒に行かなくていいのか?」

サトシ「…」

サトシ「なあ、タケシ」

タケシ「んー?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 02:51:25.55 ID:p4qFUYMiO

サトシ「ポケモンってさ、う〇こするのかな」

タケシ「そりゃあするに決まってるさ。っつーかさっきフン落とされただろ?」

サトシ「そうだけど、でもさ、初めてだったもんだからおれ…すっげぇショックでさ」

タケシ「毎日生きてりゃフンをかけられることだってあるさ。
    すぐ洗えばなんの心配もない」

サトシ「いや、鳥のフンじゃなくて実はピカチュウがさ…」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 03:00:14.79 ID:p4qFUYMiO

タケシ「?」

サトシ「はぁーっ、信じたくないよ…」

タケシ「言いたいことは大体分かった。
    サトシはずばり、ピカチュウがう〇ちをしてるところを目撃したんだな?」

サトシ「…」

サトシ「メシの前にいなくなっただろ?で、探し回ってたらしげみの中でさ、ぶりぶりって」

タケシ「ふむ。それで?ピカチュウは排泄中、お前に気づいたか?」

サトシ「いや、ピカチュウさ、最初おれと目が合って逃げたんだ。
    変だなぁと思いつつ様子を見ようとそーっと草むらを覗いたら…………言わなくても分かるよな」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 03:04:45.16 ID:p4qFUYMiO

タケシ「つまり、サトシはピカチュウに気づかれないように盗み見してたんだな?」

サトシ「人聞き悪いこと言うなよ。でもまぁ無言でその場を去ったからあながち間違ってはないけど」

タケシ「それで正解だよサトシ。声をかけなかったのは懸命な選択だったぞ」

サトシ「どういうことだ?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 03:14:49.96 ID:p4qFUYMiO

タケシ「いいか、サトシ。
    ポケモンの大半はな、排尿や排泄行為を誰かに見られるのを非常に嫌うんだ。
    無論お前のピカチュウとて例外ではない」

サトシ「そ、そうなのか?」ゴクリ

タケシ「そうだ。よしんば同種の仲間であってもこの習性は変わらない。
    特に人間にうっかり見られてしまった際は…羞恥心のあまり襲いかかると聞いたことがある」

サトシ「ってことは、もしおれがあの時後ろから声をかけてたら…」

タケシ「今ごろは全身痛い目にあってただろうな。
    お前の目を盗んでしげみで出すくらいだから、ピカチュウは相当見られることに抵抗があるんだろう」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 03:22:30.15 ID:p4qFUYMiO

サトシ「そうか…だからピカチュウはおれを見た途端、慌てて逃げたのか…」

タケシ「我慢してたのもあるだろうが、なにより相棒であるサトシに見られてしまうのを避けたかったのが一番の理由だろう」

サトシ「ピカチュウ…」

タケシ「まあでもショックを受けるのも無理はない。
    何年も一緒にいるポケモンがいきなり目の前でう〇ちをしたら誰だって動揺するさ」

サトシ「うん…」

タケシ「ちなみにオレのグレッグルはすっかり慣れっこだがな。
    ほら、今も樹の下で」

サトシ「?」

グレッグル「フーン、フーン、ケッ」ブリブリ、ボトッ

サトシ「うわっ…」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 03:30:52.59 ID:p4qFUYMiO

タケシ「体勢を変えずにさらりと出す。
    あれが本来ポケモンのあるべき姿なのかもしれんが…世の中そうはいかないんだよな」

サトシ「じゃあヒカリのポッチャマやパチリス、おれのブイゼルやムクホークも…?」

タケシ「そう。オレたちの知らぬところで今もどこかで排泄あるいは排尿を済ませているのだ」ニヤリ

サトシ「で、でもさ、おれさっきムックルにう〇ちかけられたぜ?
    どうして空中であんなに堂々と排泄できるんだよ」

タケシ「鳥というのは排泄も交尾も一瞬で終えるからな。
    単にサトシに気づかなかっただけだろう」

サトシ「そういうもんなのか…。なんかう〇この話してたら催してきちゃったよ」ソワソワ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 03:38:36.74 ID:p4qFUYMiO

タケシ「大丈夫、オレもだ。よし、じゃあ今から10分間う〇こタイムにするか」

サトシ「ああ、そうしようぜ」ダッダッダッ

―トイレ―
サトシ「うぅっ、もれるもれる」ヌギヌギ

サトシ「ふぅっ、危なかっぜ…」ブリブリボトボトッ

サトシ「…」

サトシ(確かに…よくよく考えれば至って普通の現象だよな。
    ポケモンだって生き物だ。
    おれたち人間と同じ命を持ってるんだ。
    だからう〇こやお〇っこするのは当たり前なんだ)

サトシ(それなのにおれときたら…肩に飛び乗ろうとしたピカチュウをかわして、あまつさえ汚らわしいモノを見るような目でピカチュウを…)ブリブリ、ボトッ

サトシ(……ごめんな、ピカチュウ)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 03:43:07.38 ID:p4qFUYMiO

サトシ「ウォシュレットボタンは、あっ、これか」ピッ。プシャーーーー

サトシ「いたたたっ、水勢最大になってんのか」プシャーーーー

サトシ「…」

サトシ「あとでピカチュウのケツ…洗ってやろっかな」

サトシ「ふぅっ。出た出た」バタン

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 03:47:25.51 ID:p4qFUYMiO

サトシ「タケシはまだか」キョロキョロ

ピカチュウ「ピカピー!」ダッダッダッ

サトシ「ピカチュウ!」

ピカチュウ「ピカッ!」ニッコリ

サトシ(たかがう〇ちごときで軽蔑なんてするもんか。
    ピカチュウはピカチュウだ)

サトシ「ピカチュウ、おいで」

ピカチュウ「ピカッ!」ピョン

サトシ「おっと。ナイスキャッチ」ギュッ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 03:53:58.28 ID:p4qFUYMiO

サトシ「…」尻穴クンクン

ピカチュウ「?」

サトシ(うん。さっきのムックルのう〇ことおんなじだ。
    でもなにも見てないことにしよう)

ピカチュウ「ピカッ?」

サトシ「ノド渇いちゃったよ。おいしい湖水飲みに行くけどピカチュウも行くか?」

ピカチュウ「ピカッ」ニッコリ

サトシ「よし。けどその前に服着ないとな。
    やけに寒いと思ったら上半身裸なの忘れてたよ、ははっ」

ピカチュウ「ピッカァ♪」ふざけて乳首をチューチューチュー

サトシ「こらこら。おれはお〇ぱいは出ないぞ?」

ピカチュウ「ピッカッチュ♪」ニコニコ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 03:59:15.99 ID:p4qFUYMiO

サトシ「ピカチュウ、ついでに身体洗ってやるよ」

ピカチュウ「ピカッ?」

サトシ「冷たい水で洗えばきっと気持ちいいぜ」

ピカチュウ「ピカピ!」ギュッ

サトシ「おしりの穴は念入りに洗ってあげるからな」ボソッ

ピカチュウ「ピッカーピッカーピッカッチュ♪」ニコニコ

サトシ「ははっ、すっかりご機嫌だなピカチュウ。
    おーい、グレッグルもこいよー。
    一緒に行こうぜー」

グレッグル「…ケッ」トコトコトコ

サトシ「さあ、みんなで仲良く身体を洗いに行こうぜ!」スタスタスタ







おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒが臭いニオイにハマったようです。