キョン「お前は俺が知っている長門だよな!?」長門(犯される?!)


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「念・・・?」長門「念とはいわゆる超能力」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 17:41:34.50 ID:YxEk6HPp0

キョン「お前は宇宙人で」

長門「……」ビクッ

キョン「いつもは部屋の隅で本を読んでいて」

長門「……」オドオド

キョン「でも、ピンチのときはいつも助けてくれた長門だよな!?なぁ!!」

長門「ぁ……」

キョン「長門……答えてくれ……!!」

長門(絶対、犯される……)

長門(生理じゃないし……パンツは新しいし……ブラも大丈夫……コンドームはきっとない……)

長門「うぅ……優しくしてぇ……」

キョン「……悪い……そんなつもりは……ないんだ」

長門「……」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 17:45:09.32 ID:YxEk6HPp0

キョン「はぁ……」

長門「……」

長門(あ、あれ……)

長門(絶対にレイプするパターンだと思ったのに……)

長門(そんな気はないって……)

長門「……」

キョン「あ、大丈夫。何もしないから……」

長門(しないの……)

長門「そ、そう……」

キョン「悪い……ここに座るんだよな」スッ

長門「……」

長門(コンドームがないことを思い出したとか……優しい……)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 17:49:01.88 ID:YxEk6HPp0

長門「……」

キョン「……」

長門(いつまでいるんだろう……)

長門(まさか……学校から人がいなくなる時間を待っている……?)

長門(ということは……あと3時間ぐらい……?)

長門(コンドームってこのへんに売ってるかな……?)

長門(でも……つけないほうが気持ちいいって……この小説にも書いてあるし……)

長門「……」チラッ

キョン「……?」

長門(おぉ……目があった……)

キョン「なぁ……」

長門「な、なに?」

キョン「このパソコン、触ってもいいか?」

長門「?!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 17:52:06.97 ID:YxEk6HPp0

長門「少し待って」トテテ

キョン「……」

長門(えっと……この人の隠し撮り写真がいっぱいあるし……)

長門(壁紙もこの人だし……)

長門(急いで隠さなきゃ……)アセアセ

キョン「……」

長門「うぅ……」

長門(量が多すぎて移動するだけで一苦労……)

キョン「……」

長門(うわ……こっちみてる……急げ、急げ……)

長門「あ……とまった……」

長門「こんなときに……!!」バンバン

キョン「!?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 17:55:32.57 ID:YxEk6HPp0

キョン「お、おい……」

長門「あ、大丈夫。すぐに直る」

キョン「そ、そうか」

長門「よし……」カタカタ

キョン「……」

長門「……どうぞ」

キョン「悪いな」

長門「……」

長門(フォルダ見つけられたら一大事……見張ってないと……)

キョン「……」カチッ

長門「……」ジーッ

キョン「……」

長門「……」ジーッ

キョン(やりにくいな……何もないみたいだし……いいか)

長門「……」ジーッ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 17:58:33.55 ID:YxEk6HPp0

キョン「ありがとう」

長門「そう」

キョン「……」

長門「……」

キョン「あ、本でも読んでてくれ」

長門「……」コク

キョン「はぁ……」

長門(そうだ……)スタスタ

キョン「ん……?」

長門(扉の鍵は閉めておこう)ガチャン

キョン「……」

長門(これなら……いつこられても大丈夫)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:03:13.25 ID:YxEk6HPp0

長門「……」

長門(官能小説を読んでるから……私の体は受け入れ態勢が整っているけれど……)

長門「……」チラッ

キョン「はぁ……」

長門(肝心のあの人がずっと暗いまま……)

長門(一体……どうして……)

長門(実際、近づいてみると華奢すぎて萎えた……とか?)

長門(いや……でも、そんなの遠目からもわかると思うし……)

長門(獲物を前にした獣が諦める理由にはならない)

長門(―――わかった!!)

長門(眼鏡を外せば……)スッ

キョン「……」

長門「……」キラキラ

キョン「はぁ……」

長門(違う……むしろ、眼鏡はあったほうがいいと……)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:06:45.91 ID:YxEk6HPp0

長門(うーん……上着を脱いでみる……)ヌギヌギ

キョン「……?」

長門(ブラウス一枚だと寒い……)ブルブル

キョン「長門?」

長門「な、なに……?」ブルブル

キョン「寒くないのか?」

長門「平気……」ブルブル

キョン「いや……上着着ろって。風邪引くぞ?」

長門「……くしゅん!!」

キョン「ほら」

長門「でも……」ブルブル

キョン「俺のマフラーも貸してやるから」

長門「あ……うん……わかった……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:10:29.97 ID:YxEk6HPp0

長門(貴方の匂いがする……)ウットリ

長門「スーハー……スーハー……」

キョン「はぁ……」

長門(脱いでもだめ……)

長門(スカートをあげてみたら……どうだろう……)

キョン「……」

長門「……」ババッ

キョン「はぁ……」

長門(見てない……もう一度)

長門「……」ババッ

キョン「はぁ……」

長門(おかしい……)

長門(どんなパンツを履いてかな……?)ゴソゴソ

キョン「!?」

キョン(長門が……自分の股間を覗いている……!?やっぱり、俺の知ってる長門じゃないのか……)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:14:59.33 ID:YxEk6HPp0

長門(普通の白……)

長門(黒のほうが好み……?)

長門「……」

キョン「はぁ……」

長門(この距離感もだめかもしれない……)

長門(一分で1センチずつ近づいていけば……)

長門(気づかれずに接近できる……!)

長門「……」ズズ

長門「……」ズズズ

長門「……」ズズズズ

キョン「……」

長門「……」ズズズズズ

キョン「長門」

長門「なに?」

キョン「なんで俺の隣に来る?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:19:07.01 ID:YxEk6HPp0

長門(しまった……焦りすぎた……)

キョン「……」

長門「……戻る」ズズズズズズズズ

キョン「……」

長門(変な子って思われた……?)

キョン(違う意味で変なやつになっちまったな……長門……)

長門(どうしたら……)

キョン「長門」

長門「なに?」

キョン「なんか、飲み物買ってくる。何がいい?買って来てやるよ」

長門「え……」

長門(まさか……媚薬を混入させるつもり……?)

長門(じゃあ……コーヒーはだめ……ジュースも……確か薬と一緒にのんじゃいけない……)

長門「お茶」

キョン「わかった。お茶な」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:24:36.34 ID:YxEk6HPp0

キョン「―――ただいま」

長門「……」ビクッ

キョン「はい」

長門「……」ゴクリ

長門(この中に媚薬が……!!)

キョン「……」ゴクッ

長門「ふぅー……ふぅー……」

長門(これを飲んでしまえば……きっと私は貴方の虜になる……あ、いや……もうなってる……)

長門(体が火照って……いや……体ももう十分火照ってる……)

長門(あれ……これ……媚薬入りのお茶飲んでも……現状に変化なんて……)

長門(ううん……きっと飲んでから数分後に『そろそろ感じて来たんだろう?』とかいって迫ってくるはず)

長門(そのときに私は『そんなことない』と嫌がればいいだけ)

長門「よし……」ゴクゴク

長門「ぷはぁ」

キョン(喉が渇いてたのか……あんな一気にのんで……)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:29:18.78 ID:YxEk6HPp0

長門「……」

キョン「……」

長門(まだ……?)ワクワク

キョン「あ、もうこんな時間か……」

長門(キタ━━(゚∀゚)━━( ゚∀)━━(  ゚)━━(  )━━(  )━━(`  )━━(Д` )━━(;´Д`)ハァハァ━━━ !!!!)

キョン「そろそろ帰るわ」

長門「え……」

長門「えぇぇ!?」

キョン「どうした?」

長門「な、なんでも……」

長門(まさかの放置プレイ……最初からそんな……)

長門(私がMだって……どこで……知った……?)

キョン「明日もまたきていいか?」

長門(しかも明日まで!?……これは……!!)

長門(悶絶死……あり得る……!!)

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:33:54.38 ID:YxEk6HPp0

長門(そ、そうだ……)

長門「待って……」

キョン「え……?」

長門(えーと……確か……)ゴソゴソ

長門(私の生理の日を計算した紙が……)ゴソゴソ

キョン「……?」

長門(あ、あれ……ない……あれ?あれれ?)ゴソゴソ

キョン「どうした?」

長門「あ……よ、よかったら……」

長門(入部届けしかなかった……)

キョン「……わかった」

長門「……」

長門(明日までおあずけ……今日は……早く寝よう……余計なことを考えると……)

長門「……」カァァ

長門「ハァハァ……」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:37:56.80 ID:YxEk6HPp0

通学路

長門「あぁ……体が熱い……」

朝倉「長門さん」

長門「あ……」

朝倉「どうしたの?ため息なんてついて」

長門「なんでも……」

朝倉「風邪?」

長門「ううん」

朝倉「そう」

長門「うん」

朝倉「そうだ。明日ね、お鍋でもしようかなって思ってるんだけど」

長門「うん」

朝倉「長門さんの家で」

長門(いい加減にして……)

長門(なんでいつも私の部屋に来るの……あの人のポスターも貼れない……)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:41:10.11 ID:YxEk6HPp0

自宅

長門「……はぁ」

長門「また朝倉さんが来る……」

長門「ポスター……剥がそう……」

長門「……」ベリベリ

長門「いつになったらこの部屋をあの人、一色にできるんだろう……」

長門「……」

長門「でも……今日はこれでいい」

長門「ちゃんとおあずけしないと……」

長門「……」

長門「……」ウズウズ

長門「はっ!!」

長門「駄目駄目……手は縛っておこう……」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:45:02.23 ID:YxEk6HPp0

翌朝

長門「遅刻する……!!」

長門「でも……テープが剥がれない……!!」

長門「これはまずい……」

長門「ハサミ……」

長門「きゃ!?」ズデーン

長門「いたい……」

長門「……這っていこう」

長門「……」ズリズリ

長門「……ハサミ……じゃ、切れない……」

長門「どうすれば……」ウルウル

ピンポーン

長門「!?」

長門「朝倉さん……!!」

長門「この際、助けてもらおう」ズリズリ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:49:12.59 ID:YxEk6HPp0

長門「……」ガチャリ

朝倉「遅刻す―――なにしてるの?」

長門「切って」

朝倉「え、ええ……」チョキチョキ

長門「助かった」

朝倉「ほら、早く着替えないと」

長門「わかってる」トテトテ

朝倉「もう食べたものぐらい片付けないと」

長門「……」ヌギヌギ

朝倉「ほら、そうやって脱いだものをその辺に放らない」

長門「はい」

朝倉「全く……長門さんは駄目ね」

長門「……」カチーン

朝倉「昨日もカップめんで済ませたんでしょ?」

長門「……」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:52:46.21 ID:YxEk6HPp0

通学路

朝倉「いい?ちゃんと栄養のことも考えないと。口内炎、またできちゃうわよ?」

長門「……」

朝倉「常日頃から体調管理はしっかりと―――」

長門(もういや……)

長門「……あ」

キョン「……」トボトボ

朝倉「どうしたの?」

長門「え……な、なんでも……」

長門(パンツが……)

長門(どうしよう……替えをもってくるの忘れてた……)

長門(このままじゃ……本当に風邪を引くかも……)

長門「……」ブルブル

朝倉「長門さん?震えてるわよ?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:56:02.64 ID:YxEk6HPp0

学校 トイレ

長門「……」

長門(脱ごう……それしかない)

長門「……」スルスル

長門(乾かさないと……)

長門(そうだ……)


文芸部室

長門「椅子の背もたれのところに……干しておけば……」

長門「放課後にはきっと……」

長門「……よし」

長門「……」スースー

長門「……」

長門(垂れてこないことを願う……)

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 18:59:00.62 ID:YxEk6HPp0

昼休み

キョン「……」スタスタ

キョン「……」トントン

キョン「……」ガチャ

キョン「長門……」

キョン「いないか……」

キョン「そうだよな……俺の知ってる長門じゃないもんな……」

キョン「……」

キョン「何か……手がかりは……」

キョン「俺の知っている文芸部室とは少し違うんだ……!!」

キョン「きっと長門がなにかを……」

キョン「!?」

キョン「これは……パンツ……?」

キョン「これがヒントだっていうのかよ……長門……!!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 19:02:25.53 ID:YxEk6HPp0

キョン「他になにか……」

キョン「……!」

キョン「この本……長門が俺に貸してくれた本……!!」

キョン「……」ペラペラ

ハラリ……

キョン「ん……?」

キョン「……これは……!!」

キョン「鍵を揃えろ……?」

キョン「鍵……鍵……?」

キョン「このパンツとなにか関係があるってことか……?」

キョン「どういうことだよ……」

キョン「とりあえずこのパンツは預かっておくか」ゴソゴソ

キョン「鍵……鍵ってなんだ……?」

キョン「パンツ……白……だめだ……まるで見当がつかない……」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 19:06:49.39 ID:YxEk6HPp0

放課後

長門(パンツを回収しないと)

長門「……」ガチャ

長門「あれ……?」

長門「……」キョロキョロ

長門「パンツ……」キョロキョロ

長門「……」

長門「ない……」

長門「パンツ……ない……」

長門「パンツ……どこ……」

長門「机の下……?」ゴソゴソ

キョン「なが―――」

長門「パンツ……パンツ……」

キョン(スカートがめくりあがってる……)

キョン(長門ってノーパン派だったのか……)

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 19:11:00.94 ID:YxEk6HPp0

キョン(このまま扉を開けっ放しはまずいな)

キョン(そーっと閉めよう)

長門「ない……パンツが消失した……」

長門「……」

キョン「な、ながと」

長門「!?」ズサササッ

キョン「あ……あの……」

長門「な、なに……?」

キョン「スカート……めくれてる」

長門「あ……!?」ババッ

キョン「……」

長門「見た……?」

キョン「い、いや……」

長門「……」

長門(残念……見てないとは……)

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 19:15:57.75 ID:YxEk6HPp0

キョン「……」

長門「……」

長門(いつになったら襲ってくる……?)

長門(それとも……襲われるのを待っている?)

長門(いやでもそういう女の子は引かれるって聞いた事あるし……)

長門(でも……この人に限って言えば違うかもしれないし……)

長門「……」

キョン(長門が頭を抱えてる……)

長門(どうしたら……)

キョン「長門」

長門「なに?」

キョン「それそろ帰るよ。邪魔したな」

長門「わかった」

キョン「もしかして……俺が帰るのを待ってたのか?」

長門(え……あ、もうこんな時間……)

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 19:19:08.69 ID:YxEk6HPp0

通学路

キョン「……」

長門(一緒に帰ってる……)

長門(というか……流石に二日目はきつい……はやく……してほしい)

キョン「……」

長門「ハァハァ」

キョン「長門?だいじょうぶか?」

長門「平気……ハァハァ」

キョン「そんな風には見えないんだが」

長門「……ハァハァ」

キョン「じゃ、じゃあ……俺はこっちだ―――」

長門「まって」

キョン「え?」

長門「家に来て……私の家……」

長門(もう我慢できない……)ハァハァ

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 19:22:20.55 ID:YxEk6HPp0

自宅

長門「入って」

キョン「……」

キョン(部屋はあまり変わらないんだな……)

キョン(多少、物はあるけど……)

長門「お母さんもお父さんもいない」

キョン「あ、ああ」

長門「だから安心」

キョン「何がだ?」

長門「お風呂、入る?」

キョン「え?いや、いい」

長門「そう……臭うほうがいい?」

キョン「何を言ってる?」

長門「……」ヌギヌギ

キョン「お、おい……長門……」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 19:27:44.19 ID:YxEk6HPp0

長門「……」

キョン「暑いか?」

長門「……」

キョン「長門?」

長門「……」スルスル

キョン「ぶっ!?」

長門「……貴方と図書館で出会ってから……ずっとこうしたいって思っていた」

キョン「長門……」

長門「私はいつも根暗だといわれ……多くの同級生には空気のような扱いを受けてきた」

キョン「お……い……」

長門「図書館で貴方が私の図書カードを代わりに作ってくれたとき……体の奥が熱くなるのを感じた」

キョン「すごい性癖だな……」

長門「これが恋だと確信した……だから……」

キョン「まて……俺は……」

長門「私をいじめて……」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 19:32:51.35 ID:YxEk6HPp0

キョン「やめろ……長門……!!」

長門「まずはお尻から叩いて……」

キョン「なにを……」

長門「真っ赤になるまで叩いて……」

キョン「やめろ……!!」

ピンポーン

長門「!?」

キョン「?!」

長門「……はい?」

キョン(びっくりした……まさか下半身丸出しで迫ってくるなんて……)

長門「え……でも、今は……ちょっと……」

キョン「……?」

長門「どうしても……?明日に……え、だめ?」

キョン(誰だ……?)

長門「鍋はいつでもできる……でも……いやじゃないけど……今は……」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 19:39:24.28 ID:YxEk6HPp0

長門「わかった……」

長門(折角のチャンスだったのに……)トボトボ

キョン「あ……長門……そのまま出たら……」

朝倉「おじゃましま―――きゃぁぁあぁぁぁああ?!!??!」

長門「どうしたの?」

朝倉「いや……長門さん下!!下!!」

長門「あ……」

朝倉「何をしていたの!?」

長門「まだなにも」

朝倉「まだってなんなの?!」

長門「いや……これから……」

朝倉「ちょっとどいて」

長門「あ……」

朝倉「……?!」

キョン「朝倉……!?」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 19:44:22.48 ID:YxEk6HPp0

朝倉「……」

キョン「……」

長門「あの……」

朝倉「どうして貴方がここにいるの?」

キョン「えと……誘われて」

朝倉「誰に?」

キョン「長門に……」

朝倉「へえ……そうなんだ?」

長門「……」

朝倉「そんなわけないでしょ?」

キョン「いや……本当だって」

朝倉「それが本当だったとして……どうして長門さんは下半身を露出させてるの?」

キョン「それは長門が勝手に……」

朝倉「男っていつもそうよね。女が勝手にとかいいだすもの……貴方……今から警察に行く?」

キョン「なに!?」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 19:49:42.59 ID:YxEk6HPp0

長門「や、やめて!!本当なの!!私が―――」

朝倉「長門さんは黙ってて」

長門「あ……ぅ……」

朝倉「これは立派な犯罪よ?」

キョン「待てって!!本当に俺は―――」

朝倉「この状況でどうやって信じろっていうの?」

キョン「それは……」

朝倉「長門さん……ほら、スカートはいて」

長門「う、うん……」

朝倉「良くても退学にはなるでしょうね」

キョン「お、おい……!!」

朝倉「……さてと、長門さん電話を借りるわね」

キョン「待ってくれ!!笑えない!!」

朝倉「笑えないのはこっち」

長門「や、やめて!!お願い!!」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 19:53:35.47 ID:YxEk6HPp0

朝倉「どいて。警察が呼べない」

長門「い、いや……あの人は何も悪くない……」

朝倉「長門さん……どうしたの?もしかして弱みでも握られているの?」

長門「ち、違う……!!」

朝倉「……じゃあ……仕方ないわね」スタスタ

長門「え……」

キョン「朝倉……?」

朝倉「警察を呼べないなら……仕方ないわ」

長門「……?」

朝倉「―――キョンくん、死んで?」ギラッ

長門「ひぃ!?」

キョン「おま……!?」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 20:13:12.64 ID:YxEk6HPp0

朝倉「だって……長門さんを守るにはこれしかないでしょ?」

キョン「や、めろ……!!」

長門「ちがう!!」バッ

朝倉「!?」

長門「わ、わたしから……本当に襲ったの……」ガクガク

朝倉「長門さん……」

長門「信じて……」ガクガク

キョン「長門……」

朝倉「……わかったわ。じゃあ、お鍋のようにするわね」

長門「……う、うん」

朝倉「すぐにできるから待っててね」

長門「……」ヘナヘナ

キョン「長門……大丈夫か?」

長門「うん……」

キョン「それより……はやくスカートはいてくれ……目のやり場に困るんだ」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 20:16:38.31 ID:YxEk6HPp0

朝倉「ふんふーん」トントン

長門「……はぁ」

キョン「……朝倉って怖いな」

長門「いつもは優しいんだけど……」

朝倉「はい、よいしょ」

キョン「……」

朝倉「キョンくん、はい、上着かして」

キョン「ああ、サンキュ」

朝倉「……」

長門「美味しそう」

キョン「そうだな」

朝倉「……」ゴソゴソ

キョン「朝倉?」

長門「どうしたの?」

朝倉「……長門さん?この下着に見覚えは?」スッ

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 20:20:06.58 ID:YxEk6HPp0

長門「え……?」

キョン「あ、それは……?!」

朝倉「……」

長門「それ……私の……」

キョン「?!」

朝倉「やっぱりね……この下着を奪われて……言いなりになっていたのね」

長門「え……ちが……!!」

朝倉「キョンくん……もう言い逃れはできなわね」

キョン「ま、まってくれ……!!それは……!!!」

朝倉「それは?」

キョン「お、俺が元の世界に戻るために必要なものなんだ!!」

朝倉「……」

長門「……」

キョン「……」

朝倉「完全犯罪ってどうやるか、知ってる?」ギラッ

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 20:24:37.79 ID:YxEk6HPp0

長門「ち、ちがうの!!」

朝倉「気になっていたのよ。衣類は散乱しているのに下着だけが見当たらなかったからね」

長門「あの……」

キョン「おい……」

朝倉「さあ……警察を呼ばれて社会的に殺されるか」

キョン「やめ……」

朝倉「私に殺されるか……選ばせてあげる」

長門「朝倉さん……!!」

キョン「信じてくれ……!!」

朝倉「寝言は寝て言いなさい」

キョン「あぁぁ……!!」

朝倉「……バイバイ」

長門「待って!―――この人が無実だって、証明するから」

朝倉「え……」

キョン「長門……」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 20:28:25.60 ID:YxEk6HPp0

長門「……」ゴソゴソ

キョン「長門……?」

朝倉「長門さん?」

長門「……ごめんなさい。今まで、貴方のことをずっと追ってた……カメラで」

キョン「カメラ……?」

長門「これ……」

バサッ

朝倉「これ……全部キョンくんの写真?!」

キョン「長門……!?」

長門「……」

朝倉「長門さん……」

長門「うぅ……本当は見せたくなかった……でも……助けないとって……」ウルウル

朝倉「……」

長門「この人は……何も悪くない……」ポロポロ

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 20:31:20.41 ID:YxEk6HPp0

朝倉「でも……貴方のパンツを盗ったことには変わりないわ」

長門「それは……」

キョン「あ……」

長門「わ、わたしが彼のポケットに忍ばせたの……!」

朝倉「え!?」

キョン「長門……!?」

長門「気を惹こうと思って……」

朝倉「そこまでして……」

長門「ごめんなさい……もうしない」

朝倉「わかったわ。信じる」

長門「朝倉さん……!!」

朝倉「キョンくん?」

キョン「な、なんだ……?」

朝倉「命拾いしたわね?」ニッコリ

キョン「そ、そうだな……」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 20:35:29.32 ID:YxEk6HPp0

朝倉「それじゃあ、そろそろ帰るわね」

キョン「じゃあ、俺も……」

長門「……」ギュッ

キョン「え?」

長門(今日は逃がさない……絶対に……)

キョン「えーと……」

長門「……」

朝倉「どうしたのキョンくん?」

キョン「あ……えと、トイレ」

朝倉「早くしてよね」

キョン「……トイレ、借りるな」

長門「……あ、トイレ、今壊れてるから、流さないで。詰まる」

キョン「そ、そうか」

長門「……」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 20:39:22.39 ID:YxEk6HPp0

キョン「ありがとう」

長門「……」ギュッ

キョン「……おい」

長門(今日を逃したら……もうない……!)

キョン「(トイレに張り紙はっておいた。みてくれ)」

長門「え……」

朝倉「ほら、キョン君」

キョン「じゃあな」

長門「……」

バタン

長門「……」トテテ

長門「……」ガチャ

長門「……メモ」

『また明日、部室で』

長門「こ、これって……部室で……初めてが学校なんて……!!」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 20:43:47.13 ID:YxEk6HPp0

翌日 部室

長門「二日も自分を慰めるのを我慢したのは小学生以来……」

長門「さぞかし気持ちいいはず……」

長門「私のパンツをこっそり盗ったぐらいだから……やっぱりあの人は私に気があるはず」

長門「……」

長門「……」ゴソゴソ

長門「あ……だめ……」

長門「もうすぐ来るから……それまで我慢……」

長門「きっとめちゃくちゃにしてくれるはず……」

長門「もう優しさなんていらない……」

長門「私は彼の思うがままに……」

長門「……」

長門「うぅ……」

長門「カーテン閉めとこう」シャッ

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 20:51:08.34 ID:YxEk6HPp0

長門「……」

長門「こない……」

長門「……」

長門「……」ウズウズ

長門「……」クチュクチュ

長門「ふぁ……」

長門「んっ……んっ……」クチュクチュ

長門「はぁはぁ……」

長門「……」ゴソゴソ

長門「んぁ……」ヴヴヴヴヴヴ

長門「きも……ちぃぃ……!!」ヴヴヴヴヴヴヴヴ

キョン「長門ー」ガチャ

長門「……!?!?!?!?」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 20:53:55.56 ID:YxEk6HPp0

キョン「悪い遅くなった」

長門「あ……」

長門(隠さないと……!!)ズボッ

長門「ふっにゅ!?」

キョン「長門?」

長門「な、なんでもない……」

ハルヒ「こんにちはー!!!」

長門「え?」

古泉「失礼します」

長門「え?え?」

朝比奈「ななな、なんですか?」

長門「……」

長門(5P!?)

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 20:58:33.29 ID:YxEk6HPp0

長門(電源切らないと……中で暴れて……)ヴヴヴヴヴ

ハルヒ「へー、中々いい部屋じゃない」

長門「あの……」

ハルヒ「貴方が長門さんね。ジョンから聞いてるわ!」

長門「ジョン……?」

キョン「あだ名みたいなもんだ」

長門「ぅ……」ヴヴヴヴヴ

長門(電源……)

朝比奈「あの……これから何をするんですか?」

古泉「涼宮さんなにか考えが?」

ハルヒ「そうねえ……なにしましょうか?」

キョン「ノープランかよ」

長門(あれ……電源……どこ……)ヴヴヴヴヴ

ハルヒ「これをお探し?」

長門「あ、はい……あ……ん……ひぁ……」ヴヴヴヴヴヴ

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 21:03:46.74 ID:YxEk6HPp0

キョン「どうした?」

ハルヒ「なんでもないわ、ね?」

長門「(あの……返して……)」

ハルヒ「(学校でなんてことしてるのかしら……ふふふ……)」

長門「ぁぁ……」ヴヴヴヴヴ

ハルヒ「(一番強くしてあげる……)」カチッ

長門「おぉぉぉお!??」ヴゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

キョン「長門?!」

朝比奈「どうしたんですか?!」

古泉「どうなさいました?」

長門「な、なんでもない……」ヴゥゥゥゥゥゥゥン

ハルヒ(意外とがんばるのね)

PC『』ピポ

キョン「?!」

長門「んぁぁ……!!!」ヴィィィィィィィン

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 21:09:32.75 ID:YxEk6HPp0

ハルヒ「ジョン、どうかしたの?」

キョン「ちょっとまってくれ」

古泉「……?」

朝比奈「なんですか?なんですか?」

長門「ぉぉぉ……あぁぁ……」ヴィィィィィィン

ハルヒ「……」チラッ

長門「か、え……し―――」

ハルヒ「……」カチッ

長門「んひぃぃぃ……!!!!」ヴィンヴィンヴィンヴィン

キョン「悪い長門、少し静かにしてくれ」

長門「くっ……ふっ……ふぅー……ふぅー……」ヴィンヴィンヴィンヴィン

ハルヒ「……」カチッ

長門「ほっ……!?!?」ヴォンヴォンヴォンヴォン

長門(だめ……でちゃう……はっ……これ……だめぇ……)ガクガク

ハルヒ(かわいい……)

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 21:14:55.55 ID:YxEk6HPp0

キョン「……そういうことか」

古泉「あの……」

朝比奈「どうしたんですか?」

ハルヒ「ちょっと、ジョン。いい加減にしなさいよね。からかってるの?」

キョン「あははは……そうか……」

ハルヒ「もう……」カチッ

長門「ふにゃぁぁぁ……!!!」ヴェンヴェンヴェンヴェンヴェン

ハルヒ「……」カチッ

長門「あ……はぁ……はぁ……とまった……?」

キョン「長門」

長門「え……」

キョン「これ……入部届け……返すよ」

ハルヒ「……」カチッ

長門「あ……!?!?!?」ヴィィィィィィン

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 21:20:31.35 ID:YxEk6HPp0

キョン「俺には必要なかったんだ……悪いな」

長門「ふぉ……んぁ……」プルプル

キョン「……」

長門「けっはっ……!」ヴィィィィィィン

ハルヒ「……」カチッ

長門「おぉぉぉ!??!」ヴィンヴィンヴィン

キョン「長門?」

長門「あ……は……」ヴィンヴィンヴィン

キョン「本当に悪い……その……受け取っておいて返すなんて……怒って当然だと思う……」

長門「ちが……ぅ……」ヴィンヴィンヴィン

ハルヒ(あら……もう床に滴り始めてるわね……)

キョン「長門……」

長門「あ……下をみないで……私をみつめて……」プルプル

キョン「え……」

長門(私の足元……今……非常事態……な……水溜りが……)ヴィンヴィンヴィン

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 21:25:43.87 ID:YxEk6HPp0

キョン「長門……」

長門「うぅ……」ヴィンヴィンヴィン

キョン「本当に……すまん」

ハルヒ「……」カチッ

長門「ふぁるふぃ……!!!」ヴェンヴェンヴェンヴェンヴェン

ハルヒ「なに?呼んだ?」

朝比奈「あ……」

長門「とみゃて……もぅ……だみぇぇ……」ヴェンヴェンヴェンヴェンヴェン

ハルヒ「えー?」

キョン「長門?」

長門「あ……いく……いくぅ……!!」ヴェンヴェンヴェンヴェンヴェン

ハルヒ「……」ニヤニヤ

古泉「す、すずみや……さん……?」

長門「いぐぅぅ!!!」ガクガクガクガク

長門「あ……あぁ……はぃ……ぉ……」ビクッビクッ

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 21:31:06.80 ID:YxEk6HPp0

長門「あっ………はぁ……はぁ……はぁ……」ペタン

キョン「長門!?どうしたんだ!?」

長門「はぁ……はぁ……」トロン

ハルヒ「あらあら……恍惚としちゃって……涎までたらして……」ニヤニヤ

朝比奈「あ、あの……これって……」

古泉「……」

キョン「ハルヒ……長門になにしたんだ?」

ハルヒ「別に。気持ちよくなる手伝いをしただけよ」

キョン「長門……」

長門「おっ……ぉ……」ピクピク

長門(二日も我慢したから……?)

長門(それとも……この人の前だから……?)

長門(こんなに気持ちよくなったの……初めて……)

ハルヒ「さてと……今からやることは決まったわね」

キョン「え……?」

302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 21:35:46.96 ID:YxEk6HPp0

ハルヒ「おら、立ちなさい!」グイッ

長門「うぅ……」

キョン「ハルヒ!?」

ハルヒ「さ、外に行くわよ」

長門「え……!?」

古泉「一体なにを……?!」

ハルヒ「何をって決まってるじゃない……こんな逸材、中々いないわよ」

キョン「まずい……はやくエンターキーを……!!」

朝比奈「どうするんですか?」

ハルヒ「この子の性癖を鍛えてあげるのよ」

キョン「!?」ピクッ

長門「せ、いへき……?」

ハルヒ「人前で見られると感じちゃうんでしょ?」

長門「ち、ちがう……」

キョン(長門の性癖を……鍛える……だと……?)

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 21:39:02.68 ID:YxEk6HPp0

ハルヒ「いくわよー」

キョン「やばい……」

キョン「早く……決断を……」

キョン「でも……長門の性癖を鍛えたい……!!」

キョン「元の世界じゃ……そんなことできない……!!」

長門「あぅあぅ……」

古泉「一体どこでなにをするんですか?」

ハルヒ「とりあえず駅前でローターで弄りまくりよ」

長門「そ、そんなの……」

キョン「……」

朝比奈「だ、だいじょうぶですか?」

ハルヒ「だーいじょうぶ。長門さんが昇天したら即撤退を繰り返すから」

長門「な、何度も……やる……?」

ハルヒ「当たり前でしょ?」

キョン「……」ゴクリ

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 21:42:39.12 ID:YxEk6HPp0

ハルヒ「ほら、ジョン。いくわよー」

キョン「……」

ハルヒ「なにしてるの?」

古泉「どうかされましたか?」

朝比奈「……?」

長門「あ……たすけ……て……」ポロポロ

キョン「……」

キョン(もし俺がいなくなったら……きっと長門は辱め……)

キョン(でも……帰らなきゃ……今しかチャンスはない……)

長門「うぅ……」

キョン「……」

キョン「―――くそったれぇぇぇぇ!!!!!!」

長門「ひぃ?!」ビクッ

ハルヒ「ジョン?!」

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 21:47:15.58 ID:YxEk6HPp0

朝比奈「―――来た」

キョン「……」

朝比奈「では……いきましょう」

キョン「はい……」

キョン「……」

キョン(長門……)

長門「……」

長門「……」ヴィヴィヴィヴィヴィヴィヴィ

朝比奈「すごい時空震……!!世界が再構築されていく……!!」

キョン「……」

長門「ん……んっ……」ヴィィィィィィン

キョン「長門……そこまでだ」

長門「!?!?!?」

キョン「……」

長門「ど、どうして……ここに……?」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 21:51:02.70 ID:YxEk6HPp0

キョン「お前こそ……」

長門「……散歩……してて……それで……気持ちが高ぶって……」

キョン「長門……」

長門「でも……これが初めてだから……外でするのは……いつもは家で……」

キョン「もういいんだ……長門」

長門「え……?」

キョン「俺が―――」

朝比奈「キョンくん!!!」

朝倉「―――ふっ」ズブッ

キョン「はぅ!?」

長門「え……?」

朝倉「ふふふ……」

キョン「あ……あさくら……?」

朝倉「お尻……気持ちよくしてあげる……」カチッ

キョン「んごぉ!?!?」ヴィィィィィン

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 21:56:26.55 ID:YxEk6HPp0

キョン「あがぁぁ!!!うぐぅぅ!?!?」ヴィヴィヴィヴィ

朝倉「あはははは!!私が長門さんを守る!!あはははは!!!」

長門「あ……あぁぁ……」

キョン「ふぁぁああ……!!!とめ……て……!!」ヴィヴィヴィヴィヴィ

朝倉「い、や♪」カチッ

キョン「おぉぉぉおぉおぉお!?!?!?!」ヴォンヴォンヴォンヴォンヴォン

長門「い、いやぁぁぁ!!!」

朝倉「あはははは!!!あはははは!!ほら、みてよ、長門さん!!こんなにもだらしなく先っぽが濡れてるよ?!」

キョン「やめろ……みるなぁ……」ヴィィィィィン

長門「う、わぁ……」

朝倉「ほら……もうピクピクしてきたわ……もうすぐ出るわね……」

長門「で、でる……」カァァ

朝倉「実際に見るのは初めてでしょ?」

長門「う、うん……」

キョン「やめてくれぇぇぇ……おぉぉあぁぁぁ!!!!」ヴィィィィィィン

330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 22:01:19.21 ID:YxEk6HPp0

朝倉「ほら……もっと顔を近づけて」

長門「こ、これくらい……?」

朝倉「もっと……」

長門「これくらい……?」

朝倉「そうそう……匂いはどう?」

長門「くさい……」

朝倉「キョンくん……臭いって」

キョン「あぁぁぁ……ぎぃ……!!!」ヴィヴィヴィヴィヴィ

長門「あ……白いのが―――」

キョン「ひぁ……で……るっ!!!」ドピュドピュ

長門「あ……」ベタァ

朝倉「あーあー……長門さんの顔にかかっちゃった」

キョン「長門……」

長門「……」

長門「……くさい」ボソッ

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 22:05:18.55 ID:YxEk6HPp0

キョン「あ……ふぅ……」ウトウト

朝倉「あれ?気持ちよすぎて眠くなったの?」

キョン「うぅ……」

朝比奈「キョンくん!キョンくん!!」

キョン(あれ……)

朝比奈「ごめんなさい!!ごめんなさい!!」

「お前はよくやったよ」

キョン(誰だ……?)

「あとは俺に任せておけ……今から朝倉、二人の長門、あと二人の朝比奈さんを俺一人で相手にする」

キョン(なんだと……)

「安心して今は眠っとけ」

キョン(お、い……)ガクリ

朝倉「きゃぁぁ!!長門さんの後ろはまだ!!」

「うるさい!!」パンパン

長門「あん!あん!!」

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 22:08:23.95 ID:YxEk6HPp0

病院

キョン「―――は!?」

長門「……」クチュクチュ

キョン「長門……」

長門「……」クチュクチュ

キョン「長門」

長門「?!」

キョン「おはよう」

長門「……貴方を危険に遭わせてしまった」

キョン「いいよ」

長門「私の処分が検討されている」

キョン「なに……?」

長門「今後、同じエラーが発生するとも限らない」

キョン「こっちこい、長門」

長門「……」コク

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 22:13:36.29 ID:YxEk6HPp0

キョン「……俺はお前を離さない」ギュゥゥ

長門「……」

キョン「もしお前が消えたらハルヒに全部話して、信じさせて……あいつの力を使ってでもお前を取り戻す」

長門「……」ペロペロ

キョン「ん……だから……安心していい……」

長門「……」ジュポジュポ

キョン「おぉ……!?」

長門「……」グチュグチュ

キョン「くっ……!!」ドクンドクン

長門「……」ゴクッ

キョン「そう伝えろ……」

長門「わかった」

キョン「……」

長門「……」

キョン「フェラ、うまくなったな」

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 22:19:02.54 ID:YxEk6HPp0

キョン(俺はきっともう一度、三年前にいかなくてはいけない)

キョン(そうしないと俺があのまま朝倉に陵辱されてしまうからだ)

キョン(だが……過去の俺にはもうしばら朝倉に犯されていてもらおう)

キョン(だってそうだろう?)

キョン(今から俺は……)

キョン(ハルヒ、朝比奈さん、長門から退院祝いを貰うのだ)

キョン(貰ってからでもいいだろ?)

キョン「……」ガチャ

ハルヒ「キョン、遅いじゃない」

長門「待ってた」

朝比奈「早くしてください……」

キョン「はい……いますぐ……」

キョン(―――長門の望んだ世界はきっと、俺に調教されることなく進んでいく時間だったのかもしれないな)

長門「もう……我慢できない……」

キョン「お淑やかな長門も良かったが……淫乱な長門が俺は好きだ……!」
                                                   END



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンってお小遣いくら貰ってるの?」