シンジ「アスカにタイガードライバーをぶち込んでやる!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「新年会をやるわよ、キョン」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 09:27:41.46 ID:gCPKopHSO

シンジ「・・・」カチャカチャ

アスカ「コーヒー飲みたい」

シンジ「・・・」

アスカ「聞いてんの?」

シンジ「た、たまには自分でやってよ」

アスカ「は?なんか言った?」

シンジ「自分でやってよそれくらい!僕はアスカの奴隷じゃないっ!」

アスカ「・・・」

シンジ「・・・」

アスカ「みっともない。男のヒステリーなんて」

シンジ「・・・」

アスカ「・・・なんとか言いなさいよ」

シンジ「・・・」

アスカ「・・・だっさ」スタスタ

シンジ「・・・待てよ」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 09:33:41.22 ID:gCPKopHSO

アスカ「はぁ?」

シンジ「待てって言ってるんだよこのジャーマンポテト女!!!」

アスカ「誰がジャーマンポテト女よ!!」

シンジ「いっつもいっつもわがままばっかり言ってるアスカなんてジャーマンポテト以下だよ!!」

シンジ「いつまでも僕が言いなりになると思うな!!くらえ怒りのタイガードr」ガシッ

アスカ「どこ触ってんのよ変態!!」バキッ

シンジ「いぃっ!?」

アスカ「変態!!変態!!」ドカッ!ドカッ!

シンジ「痛いっ!!痛いアスカやめてよ!!」

アスカ「うるさい馬鹿!!くぬっ!くぬっ!」ボコボコ

シンジ「うわああああああ!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 09:39:33.05 ID:gCPKopHSO

シンジ「うぐっ・・・ひぐっ・・・」ボロボロ

アスカ「・・・」

シンジ「もう許してよ・・・僕がなにしたって言うんだ・・・ぅぅ・・・」

アスカ「これに懲りたら二度と生意気なこと言うんじゃないわよ」

シンジ「・・・・・・」

アスカ「返事は!?」

シンジ「はひぃっ!すいませんでした・・・」

アスカ「ったく・・・無駄なカロリー消費させないでよね」スタスタ

シンジ「・・・・・・隙ありだこのアスカやろ」ガッ

アスカ「ふんっ!」グイッ

シンジ「うわああああああパンツ見えげふぉっ!!」グシャッ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 09:48:39.31 ID:gCPKopHSO

シンジ「はい・・・反省してます・・・海より深く反省してます・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「この度は本当に・・・自分で自分が情けないです・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「・・・でもこの時期にパンツ一枚は寒いしそろそろ許してくれていいと思います」

アスカ「あ?」

シンジ「すいませんでした」

アスカ「・・・・・・」

シンジ「・・・」

アスカ「・・・次は許さないから」

シンジ「はい・・・本当に申し訳ありませんでした・・・」

アスカ「・・・」スタスタ

シンジ「・・・っとここで碇のボマイエが炸裂だー!」ガッ

アスカ「っ!」

シンジ「油断していたアスカ選手のケツに強烈なボマイエ!ボマイエボマイエェ!衰えをしらないボマイエだ!!」ガッガッガッガッ


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 09:57:43.36 ID:gCPKopHSO



シンジ「・・・もう勘弁して下さい・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「肋骨三本は折れてますよこれ・・・もう半分しかない・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「いつつ・・・僕だからなんとか生きてるけど普通の人なら確実に死んでる・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「違うんだよ・・・アスカが隙だらけだったから・・・むしろ僕は被害者っていうか」

バシッ!

シンジ「へゃっ!!」ズサー

シンジ「・・・いたい・・・なんで無防備な人間を蹴れるの・・・これがジャーマンスタイル?」

アスカ「・・・」

シンジ「調子に乗りましたすいません・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「心が張り裂けそうなくらい申し訳ない気持ちでいっぱいです・・・見せてあげたいくらいだよほんと・・・見せられないのが残念で仕方ないっていうか・・・」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 10:01:56.74 ID:gCPKopHSO

アスカ「・・・次は殺す」

シンジ「肝に命じておきます」

アスカ「・・・」

シンジ「・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「・・・」

アスカ「・・・」クルッ

シンジ「・・・」スッ

アスカ「っ!」バッ

シンジ「ふぅーふ、今日の夕飯はどうしようかなー」

アスカ「・・・」ジィーッ

シンジ「寒くなってきたし鍋なんか、おーっとここは常夏の楽園第三新東京だった」テヘ

アスカ「・・・」スタスタ

シンジ「・・・」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 10:08:56.80 ID:gCPKopHSO



シンジ「・・・・・・」


シンジ「・・・くそっ!!!くそっ!!くそっ!!」

シンジ「あの生意気なドイツ女・・・なにも悪くない僕をぼっこぼこにするなんて・・・最低だ!!」

シンジ「ちょっとケツ蹴っただけで逆上するなんてどんな教育受けてるんだよ!!しかも変な格闘術みたいなの使うなんて!!」

シンジ「レスラーなら技を受けるのが礼儀だろ!!」

シンジ「絶対に許さない・・・」

シンジ「タイガードライバーで勘弁してやろうと思ってたけどもう怒ったぞ・・・」

シンジ「禁断のあの技で敗北を味わわせてやる・・・!!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 10:16:35.90 ID:gCPKopHSO

シンジはアスカの寝込みを遅い
タイガードライバー91を叩き込もうとするも返り討ちにあいました


終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉一樹の憂鬱